コラム「スポーツ編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2006-06-10

このジーコに対するインタヴューは、3年前の2003年6月18〜22日に行われたコンフェデレーション・カップ(日本はニュージーランドに3−0で勝利したもののフランスに1−2、コロンビアに0−1で敗れ、決勝トーナメントに進めなかった)と、国内(国立競技場)でのナイジェリア戦(3−0で勝利)のあとに行ったもので、同年9月に発売された『スポーツ・ヤァ!』(角川書店)に掲載したものです。ワールドカップ・ドイツ大会でのジーコ・ジャパンの大活躍を祈念して“蔵出し”します。

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

 ジーコジャパン国内初勝利! スポーツ新聞各紙に、大きな見出しが踊った(2003年8月20日の対ナイジェリア3−0の試合を指す)。しかし、それは文字で表された事実以上の何物でもなかった。そのことを、すべてのサッカーファンがわかっていた。
 主力を欠き、コンディションも不十分だったナイジェリア。親善試合というにもお粗末な「代表」を相手に「完勝」はしたもののジーコ監督の指導力に首を傾げるファンは少なくない。

 5月31日の韓国戦では、まるで内容の伴わない凡戦で敗退(0対1)。6月のコンフェデレーションズ・カップでも決勝トーナメント進出という「ノルマ」を果たせず、ジーコ監督の唱える「クリエイティヴで自由なサッカー」に対する不安と疑問の声は消えない。いや、高まるばかり、ともいえる。

 あんなナイジェリアに勝っただけで子供のように喜んでいていいのか?
 「自由なサッカー」とは、指導者が何もしていないことではないか?
 これで、ワールドカップ・アジア予選は大丈夫なのか? ・・・等々。
 そんな「声」をジーコ監督に、真っ正面からぶつけてみた。

*****

ジーコ 批判の声があるのは、もちろんわかっています。でも、そういうことをいう批評家の方々が、どういう経歴の持ち主なのか、ということを問いたいですね。サッカーの経験がどれほどあるのか。評論家やコメンテイター、アーティストやミュージシャン。私は彼らの仕事を批判しません。それは彼らの仕事を尊重しているからです。逆に彼らが私の仕事をどれほど知っているというのでしょう? 内部にいる人間以外は本当のことはわからないはずです。だから、互いの仕事を尊重してほしいですね。まあ、監督批判はブラジルでもどこでもあることですから、批判は覚悟のうえですが(苦笑)。

――ジーコさん自身の「経験」を疑問視する声があるのは御存知ですよね。監督経験がないのではないか・・・と。

ジーコ 私には監督経験がありますよ。

――アントラーズで?

ジーコ ええ。鹿島でもそうですし、住友金属時代も、リオデジャネイロでも、監督の仕事をしました。鹿島での11年間でゼロからチームをつくりあげたことが評価され、現在の大任を与えられたのに、たまたま選手と同じユニフォームを着てピッチのうえで動いていたというだけで、選手と違う服を着てベンチにいなければ監督として認められない、というのですか?

――おっしゃる意味はわかりますが、たとえばコンフェデ杯で背広を着てベンチにいたとき、自分がピッチで動けないもどかしさというか、ベンチでイライラするようなことはなかったですか?

ジーコ そういうことはないですよ。真剣勝負の本番の試合のなかで、選手と一緒にひとつのものをつくりあげる。そういう作業が私は大好きですし、自分でプレイできなくても、そういう作業に生き甲斐を感じています。とりわけコンフェデ杯では、コンペティティヴなサッカーをすることができました。これまでの日本代表は、いいサッカーをするのですが、相手にとっては怖くなかった。少々荒削りでもいいから相手ゴールに向かってどんどん出て行く、積極的な攻撃を仕掛ける、という場面が少なかった。コンフェデ杯の3試合では、レフェリーの面でデメリットを負ったりもしましたが、そんななかでも、積極的な動きがありましたから、内容的には非常に満足しています。

――ベンチで胃が痛むようなことは?

ジーコ ないですよ。1〜2年しかサッカーの経験がない人ならそういうこともあるでしょうが、私は30年以上サッカーに関わって、いろんな選手のいろんな場面を見てきましたから、いつも冷静でいられます。まあ、不当なオフサイドや稲本がPKをとられたジャッジなどには憤りを覚えて興奮もしました。他の国では起こりえないジャッジが、日本の試合では起こるんですからね。最後のコロンビア戦でも、ウルグアイの審判が笛を吹いた。彼のジャッジは悪くなかったかもしれないけど、同じ大陸の審判がジャッジするような公正さを欠く人選には疑問を持ちましたし、憤りを感じましたね。

――決勝トーナメントに進出できなかったという結果については・・・?

ジーコ もちろん、いい結果が出るに超したことはありませんが、現時点では、成績とか勝敗というものを、私はさほど気にしていません。評論家の方々がなんといおうと、最終目標はW杯の本大会に進むことであって、さらにその本大会でいい結果を出せるよう、いまは準備をしている状態なわけです。

――ジーコ監督はすでに日本人の特徴をきちんと把握されていると思いますが、「自分で判断して」「自由に」「クリエイティヴに」とはいっても、日本人には、ある程度の「型」(システム)を決めたほうがいいとは思われませんか?

ジーコ 監督によっていろんなやり方があるでしょうが、「型」を強いるというやり方で日本が過去にいい成績を収めたことがありましたか? そのあたりを考えて、私を見込んで、私に代表監督をやらせてるわけでしょう。私は、何をしてもいいというような変な意味での自由ではなく、選手のクリエイティヴな部分を引き出す自由さがいちばん大切だと思っています。ヒデ(中田)や俊輔(中村)を「型」にはめて、どんないい結果が生まれるというのですか?

――たしかにそうでしょうが、結局いまの代表チームは中田と中村のチームでしかないという声もあります。彼らが欠けると、どうにもならないチームだと・・・。

ジーコ それは、どんな強い国にもいえることではないですか。ロナウドのいないブラジル、ベロンのいないアルゼンチン、ジダンとアンリのいないフランス、ベッカムとオーウェンのいないイングランド、バラックのいないドイツ・・・。理想をいえばヒデと俊輔の座を揺るがす選手が出てくれば最高ですが、現時点では中田と中村が日本の二大選手であり、大きな戦力であり、彼らがいるだけで相手チームの意識も変わる。そんななかで、彼らがいないとどうするかということもふくめてW杯予選を闘っていくわけです。

――中田英寿選手は、ジーコ監督のいうクリエイティヴなサッカーが日本人には最も苦手だけど、それをできないと上のレベルには進めない、といってますね・・・。

ジーコ そのとおりです。歴代のW杯優勝国を思い出してください。ブラジル、フランス、アルゼンチン・・・。そこには、ロナウド、リバウド、ロナウジーニョ、ジダン、ピレス、アンリ、マラドーナ・・・。世界を制する国には必ずクリエイティヴな選手がいます。「システム」だけで大きな大会に優勝することなどありえません。大切なのは個人の創造性です。

――どうして日本人は創造性に欠けているんでしょう?

ジーコ 根本的な理由を語るのは難しいですが、まだプロのサッカーが生まれて10年ですからね。いますぐクリエイティヴなハイクオリティの選手を何人も求めるのは無理でしょうね。時間はかかると思います。でも、徐々に出てくると思いますよ。かつてはジャパンマネーがほしいという理由でヨーロッパから求められていた日本人選手が、最近では実力と技術を求められるようになっていますからね。ヒデも俊輔も、それに小野もそうですね。稲本、鈴木、高原なんかもそうなんですが、コンスタントに試合に出ていないと、代表チームにとっては非常に困る。試合勘が失われて戻らないんです。能活(川口)も非常にいいキーパーなんですが、その点がマイナスですね。

――選手を育てるうえで、住金や鹿島時代のジーコさんは、サッカーシューズを汚れたまま放置していた選手を怒鳴りつけたり、プロ意識のなさを強い口調で叱ったりされましたが、日本代表ではそういう「教育」はされてないのですか?

ジーコ いまでもやってますよ(苦笑)。けど、あのころはアマチュアからプロに移る分岐点で、細かいことを一つ一つ教えなければならなかった時期で、それから10年以上経ってプロの自覚も生まれてますし、代表選手は飲み込みも早いですから、私が声を荒げることもないでしょう。基本的には彼らをプロとして尊重しています。必要とあらば、いつでも声を荒げる用意はできてますけどね(笑)。

――これからW杯予選までのあいだに出てきてほしい選手のポジションは?

ジーコ 守備的な部分。最終ラインの選手ですね。とくに左のサイドバック。最近のJリーグは3バックのチームが多いので、攻撃的なウイングバックが求められる。でも、サイドバックは非常にディフェンシヴな要素が強く求められるんです。まあ、感覚の違いでしょうが、そのあたりが難しいんですよ。

――三都主ががんばっていますが・・・。

ジーコ 彼は予想以上によくやってくれてます。彼は代表で初めてサイドバックをやったのでなく、過去にもやった経験もあって、前線に飛び出す姿勢は素晴らしい。ただ、サイドバックはまずディフェンスが重要で、そのあと飛び出す。そのあたりをもう少しじっくり話し合う必要がありますが、体力的なことも問題ないし、あとは感覚だけですね。

――日本代表はつねに得点能力のなさが問題にされてますが・・・。

ジーコ フォワードのゴール不足は否めません。(コンフェデ杯までで)本当の意味で素晴らしいフォワードのゴールは、韓国戦での大久保の一本だけでした。それをオフサイドと判定されてしまったのですが、日本のメディアはもっと審判のミスを批判すべきです。審判の教育のためにもそれが必要です。サッカー先進国のように、テレビで何度もオフサイドか否かというシーンを放送し、審判がミスしたならそれを指摘し、審判に一つ一つのジャッジの責任の重さを理解させてほしいですね。マラドーナの「神の手」によるゴールが美化されて語られてますが、あの反則が見落とされたことでイングランドの4年間の苦労は報われなくなった。大久保のゴールも、ジャッジミスがなければ、日本のフォワードに対する評価まで変わったはずですから。

――たしかにそうでしょうが、コンフェデ杯では、あと一歩でゴールが奪えないという展開が何度もありました。

ジーコ そうですね。フランス戦では、大きな決定的なチャンスが8度ありました。それを決められなかった。それでは試合に勝てません。そこをどうするかが課題ですが、決定的なチャンスをつくるまでの力がついたのは事実なんです。そこからほんの少しの部分、たとえば技術が足りなかったのかもしれないし、ボール半個分の正確性が足りなかったのかもしれない。ディフェンス面でも、絶対にミスを犯しては行けないところでミスを犯してしまい、相手に得点をされ、負けてしまったわけです。
 その結果、フランス戦は引き分けられたのではないか、コロンビア戦は勝てたのではないか、もっとうまくやれば決勝トーナメントに進出できたのではないか、といった批判も出てくるのでしょう。けど、そういった批判は選手もわかっているわけで、頭でわかっていることがプレイとしてまだできないから、ああいう結果になったわけで、その結果こそがいまの日本代表の状態だと思っています。
 でも、これから、それらの問題点に対処していけばいいわけです。国立競技場での韓国戦のときのように、スリッピーなピッチ状態とはいえシュートが1本しかなく、それもまともなシュートではなく、シュートに至る状態も作り出せなかった。そんな試合では、私自身も不安になりました。けど、コンフェデ杯では決定的な場面を創り出すことができたわけですからね。あとはフィニッシュをするときの落ち着きとか、修正する課題は見つかったわけです。

――韓国戦とコンフェデ杯、どっちが日本代表の現状だと思われますか?

ジーコ どっちが本当、とはいえないでしょうね。どっちも日本代表として闘ったわけですから。ただ、コンフェデ杯では本当に強い相手と闘ったわけです。弱い相手と闘っても強化にはなりません。その意味では、コンフェデ杯は内容的にも満足していて、評論家の方がどういう批評をしようと、自分が監督を務めている期間のなかで、日本代表チームは、いい進化をしていると思います。

――韓国戦のあと、メンバーががらりと入れ替わりましたが、W杯予選までに、さらに入れ替えることは?

ジーコ それは状況によりますね。いまの時点で、いつ、どんな、とはいえませんが、それが必要だと自分が感じたとき、そうすることがベストだと思ったときは、迷わずそうします。自分も完璧な人間ではないですから判断ミスもするでしょうが、でも、必要だと思えば大胆な選手の入れ替えも実行しますよ。

――ジーコ監督はアントラーズの選手を優先的に選び、ジュビロの選手を選びたがらない、という声もありますが・・・。

ジーコ そんなことはない。それこそ偏見ですよ。最初にベースにしたのは鹿島と磐田で、それは両者が常勝チームで、決勝戦の雰囲気を身体で知っている選手を選びたかったからです。あとは選手のケガや調子で取捨選択しただけで、選手を選ぶ公平さについては、自分はきちんと兼ね備えていると思っていますよ。

――決定的チャンスをゴールにつなげ、さらにチームが進化するために、今後どのような作業を行われるんですか?

ジーコ いちばん大切なのは、なぜここでゴールを決められなかったのか、なぜここでミスをしてしまったのか、ということを具体的に説明してあげることです。そしてそれをチーム全体の共通理解として持たせる。ミスをしたから選手を変える、というのでは、その選手は死んでしまいますし、ミスを納得させ、周囲の選手も同じ意識を持つことでチームがはじめて進歩できるのです。それと、とにかく私自身の経験をもとにして、こういうふうにすればゴールが決まるんだということをいいつづけ、それを繰り返し練習に生かすことでしょう。こういうシチュエーションなら、こういう形でフィニッシュすればもっと精度が上がるとか、細かくそういうことを強調していきたいと思っています。

――その結果、コンフェデ杯では決められなかったゴールが、W杯予選は決められるようになりますか?

ジーコ サッカーというのは難しいゲームで、なかなか思い通りになるものではありませんが、そうなるように最大限の努力はします。

――W杯アジア予選のスケジュールが変更され、来年2月には日本の試合が始まることになりましたが・・・。

ジーコ そのスケジュールに従って調整するつもりですが、やはり欧州組の選手をふくめて、どれくらいの期間、ベストメンバーで闘えるかがいちばんのポイントになるでしょうね。

――どのような予選の形態になるかわかりませんが、最初の段階では欧州組は必要ないのでは、という声もありますが。

ジーコ それについては、まだ何も言えません。でも、一昔前のサッカーと違って、現在のサッカーは確実に勝てる相手なんて存在しません。去年のW杯に優勝したブラジルでも、予選で最後のベネズエラ戦に勝って、やっと本大会に進出したのですよ。所詮はアジアの国が相手じゃないかというのでなく、予選となると一戦一戦が本当に重要な試合ばかりで、親善試合とはまったく違う状況が生まれます。だから私が強く心に決めているのは、どんな状況でもベストメンバーを組みたい、ということです。いままでは状況を考えて、ある選手が来れなくても仕方ないと思うこともありましたが、これからの公式戦は、ケガやコンディションの悪い選手を除き、つねにベストメンバー全員を招集したいと思っています。

――コンフェデ杯の3試合が終わったあと、「このままで日本代表は大丈夫か?」と落胆する声と、「まだまだW杯予選までには時間があるから大丈夫だ」と楽観視する声が錯綜したように思いますが、どっちの感想が正しいと思われますか?

ジーコ 両方とも正しいですね(笑)。なぜかというと、落胆したというのは本当に期待して強い関心を持ってくれた結果ですから、監督としてはそれだけ期待してくれたことをありがたく思います。また、冷静に考えて、あれだけハイレベルの8か国のなかで闘ったことをこれからの糧にするという考えも間違っていません。最近相当に力をつけてきたアメリカも負けた、ブラジルも実力を出し切れずに負けた。サッカーではそういう事態は起こりうるわけです。そういう闘いのなかでの敗戦で、ニュージーランドやフィリピンといったチームに敗れたわけではないんですから。

――いまのふたつの意見のほかに、「あのジーコが監督をやってるのだから大丈夫」という声もあると思いますが・・・。

ジーコ その意見が正しいことを、私も祈りたいですね(笑)。でも、サッカーというスポーツは、勝ったり負けたりの繰り返しで、そういう厳しい闘いを私自身30年以上つづけてきて、そんな勝ったり負けたりが未来もつづくこともわかっています。その意味で、私が日本代表の監督を引き受けることで、私がこれまでに築いてきたものがすべて崩れ去るかもしれないわけです。そういうことを、周囲の人からもよくいわれました。それでもやるのか、と。でも、これこそ私が日本に対してできる最大限の仕事だと思って引き受けたわけです。それによって私の地位や名誉が地に落ちるかもしれない。けど、あえて日本のために、それをやろうと心に決めたわけです。
 私としては、自分のサッカーに対する知識をすべて出し、全身全霊で日本のためにいい仕事をしたいと思っています。その結果、川淵キャプテンが、もうジーコではダメだというのであれば、それは仕方ない。自分の哲学を変えてまで監督をやろうとは思いません。ディフェンスがしっかりして、積極的なサッカーで得点をとり、皆さんを感動させるようなサッカーをしたいし、そのなかで結果がついてくるというのが私の望んでいることです。これから先のW杯アジア予選や本大会で、川淵キャプテンや私のくだした判断が正しかったのかどうかが出るわけですが、その判断が正しかったと思われるように全力を尽くすだけです。

*****

 「私は何も心配してませんよ。コンフェデ杯も試合内容はよかったからね」
 と、川淵キャプテンはいった。
 「1年が過ぎて、代表監督とはどういうものか、ということがジーコにもわかったと思う。その経験がこれから発揮されるはずだから」

 ただ、「まったく心配がないというわけでもない」と、彼は言葉をつづけた。
 「マジメすぎるんだな。本当に一生懸命やってくれてるのはいいんだけど、もう少し肩の力を抜いて、といいたくなるくらいマジメなんだ。だから彼と次に話す機会を持ったら、『君子は豹変する』という言葉を教えようと思ってるんだよ」

 「自分のサッカー哲学は変えない」というジーコに、代表監督ならば「豹変」も可能なことを、どこまで納得させることが可能か・・・。とはいえ、ジーコの哲学である「クリエイティヴで自由なサッカー」を選手が実現させることができるなら、ジーコの「豹変」など無用の心配といえるのだろうが・・・。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

スポーツとは何か? と訊かれて貴方は答えられますか?〜神奈川のスポーツの発展に望むこと

東京五輪へバリアフリーの充実を!

東京五輪のゴルフ場問題 都営の若洲変更しかない

天才ラガーマン、ミスター・ラグビー平尾誠二氏の早すぎる死を悼む〜戦い続けたラグビー人生

東京五輪の真の意義を見つけ出そう!

スポーツは政治に負けた・五輪の価値考え直す時

五輪選手は平和復興の戦士

長嶋茂雄を知らない学生たち/野球を文化にするために

リオ五輪閉会式に安倍首相登場/場に相応しくない人選

高校生のための高校野球!高校生監督の実現を

君が代は国歌ではなく日の丸は国旗ではなし 森元首相はオリンピック憲章を読め!

五輪開催は経済のため?問題続発で返上論も噴出

東京五輪ゴルフ競技会場問題第2弾・霞ヶ関CCで消える億円単位の巨額血税

「賭博」は犯罪なのか?

清原を呑んだ薬物汚染/球界が講ずべき処方箋

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる! ようやく「誤訳」が改められる

2020東京五輪ゴルフ開催コース「霞ヶ関CC決定」に“慶応人脈”の暗躍

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する“意義”を忘れはならない!

石巻に設置された旧国立競技場聖火台/格闘術が武道に進化する民主主義とスポーツの関係

スポーツ庁で日本のスポーツと社会の大変革/スポーツ庁は東京五輪最高のレガシー(遺産)となれるか?

復活できるか?ラグビー人気

スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか?

高校野球から「軍事色」の消えるのはいつ?

新国立競技場に毎月P・マッカートニーを呼べますか?神宮外苑に戦艦大和が出現する!建設費も維持費もドンブリ勘定

2020年東京オリンピックの新種目は?野球&ソフトボールも見たいが、綱引も面白そう

日本人はスポーツを知らない。その大問題に気づかなければ……

「女性のスポーツ」を学ぼう!

東京五輪開催の目的は、スポーツ立国の実現にあるはずだが……

高校野球の本質を考えよ――タイブレークに疑問……高校生に娯楽の主役を演じさせるナンセンス

『週刊アサヒ芸能』新連載! NIPPONスポーツ内憂内患 第1回 「スポーツとは何か?」という問いに貴方は答えられますか?

スポーツとは言えない箱根駅伝に、大騒ぎするな!

高校野球問題の本質を考えよ

「朝日新聞問題」の元凶は、甲子園!?

日本のスポーツ界の発展を妨げてるのは……?

日本のスポーツ界の現状と課題

「オリンピズム(オリンピックの理念)」を理解せず、2020年を迎えられるのか?

サッカー映画『ネクスト・ゴール』の素晴らしさ〜世界最弱のサッカー・チームが「夢の1勝」をあげるまでの人間ドラマ

ドイツW杯優勝はブンデスリーガの勝利!

日本のスポーツ界はサッカーを見習え!

日本のスポーツ文化とワールドカップ

今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!

新国立競技場は本当に建設できるのか?

野球が五輪競技に復活?! そのときはスピードアップの7イニング制?

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定記念講座 「オリンピック」とは何か?〜その意義と意味を考える 2020東京オリンピック・パラリンピックで日本はどう変わる?

オリンピックは[スポーツ+政治」。東京五輪2020で日本はどんな政治的メッセージを発信するのか!?

体育からスポーツへの大転換の時代――スポーツ・ジャーナリズム、スポーツ・ジャーナリストに求められることは?

『NIPPONスポーツ宣言2013』への賛同署名を求めます

2020年東京五輪を開催する意義とは…?

東北楽天日本一/3・11から11・3へ/スポーツの存在理由示した

1964年東京五輪聖火台を被災地へ!

読売・朝日・毎日が支配する野球界の不可思議な構造は、いつ終わる?!

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より

2020東京五輪招致成功!それは体育からスポーツへの大転換!しかし……。

オリンピックは「外交力」の勝負!/東京五輪がどうなろうと、招致結果にとらわれず……。

オリンピックって何?――オリンピックの存在意義

プロ野球「飛ぶボール事件」の本質

新しいネット・スポーツメディア誕生!!

日本のバレーは「お家芸」だから弱体化?

猪瀬都知事「失言」後の「東京五輪招致」に必要なことは?

「長嶋茂雄ラストショー(最後の賞?)」後の日本プロ野球の未来は?

民主主義がスポーツを生んだ

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

五輪招致の今こそスポーツ行政改革を!

柔道は日本の生んだ「反暴力」のメッセージを含むスポーツ/日本人は今こそ、スポーツ(柔道)の真の理解を!

今も体罰肯定論が横行:我が国の体育教育は異常だ

桜宮高校事件をきっかけとした新しい体育教育への提言

くたばれ!箱根駅伝!大学スポーツ否定論

2020年東京五輪で、オリンピックとパラリンピックの合体を!

60年代のスポーツ――その「光」と「陰」と…

2020年東京オリンピックは「初音ミクと團十郎」!?

左投手はなぜサウスポーと呼ばれるのか? スポーツ文化の重要性

メディアの「文化(スポーツ)支配」の危険性

共同通信社・編『心の聖地 スポーツ 闘いの記憶』岩波書店・刊(1,800円+税)

「オリンピック」って何?〜東京五輪招致にとって大切なことは…

韓国サッカー選手の「愚行=五輪政治利用行為」を、日本政府とメディアは絶対に看過するな!

ロンドン五輪「メディア革命」の行方/2020年東京招致〜私はこう考える

対談・スポーツで語る新世紀 第1回 ゲスト・猪谷千春(IOC委員)「オリンピックの描き出す人類と地球の未来」

対談・スポーツで語る新世紀 ゲスト・ェ仁親王「日本のスポーツの未来を憂える」

プロ野球人気を拡大するには…

チーム作りは誰のため?

国連スポーツ保障理事会(S保理)北朝鮮非難決議

東京マラソンで考えたこと

メディアとスポーツ 求められる批判者(ジャーナリズム)の視点

オリンピックから「世界」が見える

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

NPB(日本のプロ野球)はマイナーリーグ?

被災地に聖火を!

SPORTSその世界●近鉄バファローズ監督・西本幸雄

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

新潟にプロ野球新球団誕生か!?それを計画するプロ野球人は誰?

女子スポーツの発展は男子スポーツも支える

「体育」では「体づくり」だけでなく「スポーツの歴史・文化」も教えてほしい。

東京五輪招致落選。国際政治の追い風は吹かず。今後は日本のスポーツ環境を整えるべし。

「記録の神様」宇佐美哲也氏への感謝

「時代」はヒーローを産む 斎藤佑樹投手は「どんな時代」の「どんなヒーロー」か…?

何のための五輪招致か?

冬季五輪の「変貌」は、オリンピック全体の「大変化」につながるのか?

歌やスポーツとともに震災からの復興を!

「スポーツ基本法」を御存知ですか?

相撲は現代スポーツになりえない!?

震災とスポーツ

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

スポーツの教科書を作りたい!

世界一お馬鹿なスポーツ 「ビアポン」を知ってますか?

「球団」と「球場」どっちが大事?

『60年代のスポーツ』――その光と影と……

1974年10月14日――長嶋茂雄がバットを置いた日

スポーツ中継・スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

美しい「JUDO」が見たい!

スポーツが現代人に教えてくれること――グローバルに考えてローカルに行動

賭博は「悪」か? 「必要悪」か?

日本のサッカーの弱点は…?

人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は、人類生誕の地(アフリカ)で、新たな時代を拓く

スポーツにおける日本人のオカシナ常識

「野性味」は「体育教育」から生まれない

日本サッカー青春時代の闘い

「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

「自民党=政府」でなくなった「二大政党制」の時代に、「スポーツ政策」を構築するのは誰?

冬の五輪は「自然」との闘い

長嶋茂雄・著『野球は人生そのものだ』 不世出の野球人の述懐

貴乃花親方は理事に若すぎる?

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

民主党政権で日本のスポーツは変わるか?

2016年五輪はリオに決定。東京に欠けていたものは何か?

東京五輪招致の真の敗因

「熱帯の日本」は「ウィンタースポーツ」もできる不思議な国?

2016年、東京五輪・パラリンピック招致〜玉木正之氏「東京五輪に賛成する理由」-前編-

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

開発と規制の狭間で

WBCよりも大切なこと

ON時代の真の終焉

2016年東京にオリンピックがやってくる?

2016年東京五輪開催の可能性

野茂英雄投手の功績と日本球界の課題

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

日本にスポーツジャーナリズムは存在するのか?

野茂の功績と日本球界の課題

人類は4年に一度夢を見る

水着で「言い訳」をしたのは誰?

世界史のススメ

『玉木正之のスポーツジャーナリスト養成塾』夏期集中講座

Jack & Bettyは駅の前

五輪とは死ぬことと見つけたり

セールスマンの死

日本人野球選手のMLBへの流出が止まらない理由

深い衝撃

大学はスポーツを行う場ではない。体育会系運動部は解体されるべきである。

スポーツニュースで刷り込まれる虚構 <森田浩之・著『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる〈日本人〉』NHK出版生活人新書>

メディアのスポーツ支配にファンが叛旗

スポーツと体育は別物

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第5回(最終回)「W杯守備重視の傾向は今後も続く?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第4回 「ブラジルは何故ロナウドを使い続けた?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第3回 「個人のサッカーの差がこんなに大きかったとは…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第2回「世界のランクBからAへ昇るには…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第1回「追加点を取るという国際的意識に欠けていた」

巨人の手を捻る

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」(加筆版)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

「朝青龍問題」再考

大相撲の改革の契機に

“日本のサッカー”は“現代日本”を現す?

スポーツとは合理的なもののはずなのに……

世界陸上と日本のスポーツの未来

デデューの「復帰」に学ぶ「カムバック」に必要なもの

特待制度は「野球の問題」か?

学校はスポーツを行う場ではない!

動き出すか?球界の真の改革

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

日本スポーツ界における「室町時代」の終焉

「水泳ニッポン」は復活するのか?

スポーツはナショナリズムを超えることができるか?

「歴史の重み」による勝利は、いつまで続く?

スポーツ総合誌の相次ぐ「廃刊・休刊」に関して考えられる理由

廃刊の決まった『スポーツ・ヤァ!』をなんとか継続できないものか!?

日本の野球選手はなぜアメリカを目指すのか?

日本のプロ野球と北海道ファイターズに未来はあるか?

私の好きな「スポーツ映画」

東京・福岡「五輪招致」のナンセンス?

政治と格闘した宿命のチャンピオン〜モハメド・アリ

日本のスポーツ界は「中田の個人の意志」を前例に

「求む。新鋭ライター」〜玉木正之の「第5期スポーツ・ジャーナリスト養成塾夏期集中講座」開講のお知らせ

1個のボールが世界の人々を結ぶ

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

社会はスポーツとともに

「日本サッカー青春時代」最後の闘い

スポーツは、学校(教育の場)で行われるべきか?

常識を貫いた男・野茂英雄(日本人ヒーロー/1995年大リーグ新人王獲得)

「玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト養成塾第4期GW期集中講座」開講のお知らせ

最近のプロ野球は面白くなった!

人生に「アジャストメント」は可能か?

「栄光への架け橋だ!」は、五輪中継史上最高のアナウンスといえるかもしれない。

スポーツの「基本」とは「ヒーロー」になろうとすること?

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

アジアシリーズ日韓決戦レポート『日本の野球はどのように進化したか?』

2005日本シリーズに見た「短い闘い」と「長い闘い」

イーグルス1年目をどう総括する?

スポーツとは経験するもの? 想像するもの?

阪神電鉄VS村上ファンド――正論はどっち?

高校野球の「教育」が「暴力」を生む

『スポーツ・ヤァ!玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト実践塾』進塾希望者への筆記試験

ナニワの乱痴気

スポーツが開く未来社会

タイガースって、なんやねん 第10回「星野監督・阪神・プロ野球/それぞれの未来」

タイガースって、なんやねん 第9回「この先は、どんな時代になるんやねん?」

タイガースって、なんやねん 第8回「ミスター・タイガースはおらんのか?」

タイガースって、なんやねん 第7回「誰がホンマのファンやねん?」

タイガースって、なんやねん 第6回「関西は「豊か」やからアカンのか?」

タイガースって、なんやねん 第5回「星野さんは、コーチやなくて監督でっせ」

タイガースって、なんやねん 第4回「球団職員にも「プロの仕事」をさせまっせぇ」

タイガースって、なんやねん 第3回「星野監督は当たり前のことをする人なんや」

タイガースって、なんやねん 第2回「今年のトラにはGMがおりまっせ」

タイガースって、なんやねん 第1回「今年はバブルとちゃいまっせ」

「関西・甲子園・タイガース」=バラ色の未来――あるタクシードライバーの呟き

第V期スポーツジャーナリスト養成塾夏期特別集中講座・配布予定資料一覧

失われた「野球」を求めて――「楽天野球団」は「新球団」と呼べるのか?

浜スタから金網が消えた!

わたしが競馬にのめり込めない理由(わけ)

プロ野球ウルトラ記録クイズ

島田雅彦vs玉木正之 対談 『北朝鮮と闘い、何がどうなる?』

野球は、なんでこうなるの?

投手の真髄――PITCHING IN THE GROOVE

「球界第二次騒動」の行方は?

2005年日本スポーツ界展望〜「真の新時代」の到来に向けて

日本のスポーツの危機

野球は「学ぶもの」でなく、「慣れ親しむもの」

ライブドア堀江社長インタヴュー「落選から西武買収まで、すべて話します」

球団・選手「金まみれ」の甘えの構造

地域社会に根ざすスポーツ

新球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に望むこと

闘いはまだまだ続く

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」

奇蹟は起きた!

さようなら、背番号3

プロ野球ストライキと構造改革

「メディア規制法」とスポーツ・ジャーナリズム

黒船襲来。プロ野球維新のスタート!

パラリンピックを見よう! 日本代表選手を応援しよう!

アテネ大会でオリンピック休戦は実現するか?

「NO」といえるプロ野球

プロ野球選手が新リーグを創ってはどうか?

買収がダメなら新リーグ

「逆境こそ改革のチャンス!」

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

F1― それは究極の男の遊び

「戦争用語」ではなく「スポーツ用語」を

スポーツは国家のため?

阪神優勝で巨人一辺倒のプロ野球は変わりますか?

「高見」の論説に感じた居心地の悪さ

原稿でメシを食ったらアカンのか?

アメリカ・スポーツライティングの世界

<戦争とスポーツ>

長嶋野球の花道と日本球界の終焉

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

ニッポン・プロ野球の体質を改善する方法

草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?

理性的佐瀬稔論

新庄剛志讃江――過剰な無意識

無精者の師匠、不肖の弟子を、不承不承語る

誰も知らないIOC

日本のスポーツ・メディア

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る