コラム「スポーツ編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2006-01-09

この原稿は、ちょうど1年前の2005年1月に発売された月刊「BOSS」(経営塾)に書いたものです。ストの余韻も消え去った今日、「プロ野球改革」が忘れられないために、ちょっと長い原稿ですが、ここに全文を“蔵出し”します。

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

 大山鳴動して鼠が数匹・・・といってしまっては、史上初のストライキを決行したり、その回避に尽力したプロ野球関係者に対して、失礼の度が過ぎるかもしれない。しかし、昨年(2004年)巻き起こった「プロ野球騒動」を、いま改めて振り返ってみると、そんな言葉が頭に浮かんでしまうのも事実である。

 昨年(2004年)6月13日、近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブ両球団の合併が発表されたのを契機に、プロ野球界は一気に「1リーグ制(10球団)」へと動き出した。
 この動きが「合併反対」「2リーグ制存続」を訴えた選手会のストライキ(9月18、19日)と、それを支持する大多数のファン(国民)の声によって阻止され、新規参入球団として楽天が仙台を本拠地にしてパ・リーグに加わり、今年(2005年)も「12球団2リーグ制」でペナントレースが行われることになった。

 この結果自体は、たしかに「奇蹟としかいいようのない素晴らしい出来事」(松原徹プロ野球選手会事務局長)と高く評価できるものである。古くは1978年の「江川事件」(さらに古くは1949年の「別所毅彦引き抜き事件」)以来、「横暴」「横車」といわれながらもことごとく実現されてきた「巨人軍の意向」が、70年におよぶプロ野球史上初めて阻止されたのだから、「奇蹟」という言葉もけっして大袈裟とはいえない。

 しかも、これまで交渉相手として認知されなかった選手会が、球界の運営に対して意見を出せるようにもなり(プロ野球構造改革協議会への参加)、長年話題になりながら実現されなかったセ・パ交流試合も実現することになったのだから、選手にとってもファンにとっても、一定の実質的成果のあった1年だったと総括することはできるだろう。

 しかし、今後日本のプロ野球界がさらなる大きな発展に向けての歩みを開始できるか、という観点からこの「成果」を見直してみるなら、悲観的にならざるをえない部分も多々ある。
 その第一点は、選手会(とファン)が「勝ち取った」かに見える「成果」も、じつは終始プロ野球機構側(巨人軍を中心とする球団の親会社連合)が主導権を握り続けていた、という事実である。

 昨年(2004年)9月10日、機構側と選手会による協議・交渉委員会(団交)は一定の合意に達し、翌日(11日)と翌々日(12日)に予定されていたストライキはひとまず回避された。会議後の記者会見の席で古田選手会長は瀬戸山選手関係委員長(ロッテ球団代表)との握手を拒否したが、「大阪に近鉄を残す可能性を探していただける」と機構側の姿勢を評価した。
 また、「これまでは却下、却下といわれ続けただけなのに、初めてきちんとした議論ができた」(松原事務局長)というコメントが示すとおり、会談は穏やかに進み、「1リーグ制への移行」は取り下げられ、「セ6球団・パ5球団以上」が「確約」された。

 ところが次の16日の協議で機構側は一転して強気に出た。機構側は「合併の撤回はあり得ない」と主張し、新規参入に名乗りをあげているライブドアや楽天の可能性に対する回答も不明として拒否。
 「1度目の交渉のときはストを回避したいという雰囲気が機構側にもありましたが、2度目にはそれが感じられなかった。オマエら手を引けという高圧的な態度でした」(松原事務局長)

 なぜ機構側はそんな態度に出たのか? 最も理解しやすい解釈は、巨人のスケジュールの問題である。土日に限って予定されたストライキの1度目(11、12日)は東京ドームでのヤクルト戦。2度目(18、19日)はナゴヤ・ドームでの中日戦。
 巨人が自チームに損失の出ない(中日に損失の出る)ストなら一度やらせてみようと考えたかどうかはさておき、元西武・ダイエーで球団代表を務めた坂井保之氏は、テレビに出演してこのときのストライキ突入を「機構側が選手会を追いつめたもの」と喝破して、激怒した。

 それは不思議なストライキだった。
 18日のスト突入後に本来ならば翌日のスト回避へ向けての労使交渉が開かれて当然なのに、それが開かれなかった。選手会は開催を希望したが、「予定にない」としてテーブルに着こうとしなかった機構側は、ストライキに対するファンの動向を静かに伺っている(あるいは拒絶反応を期待している)ようにも見えた。

 そして巨人は親会社である読売新聞の社説で「ファン裏切る億万長者のスト」と選手会を批判するキャンペーンを展開。選手会はサイン会などのファン・サービスに努め、結果的に圧倒的な数のファンが選手会のストライキを支持した。そこで、機構側は選手会の要望を受け入れる形で、球団数減少に反対するファンと選手会の声を満足させる回答を約束せざるを得なくなったのだった。

 そして9月23日に選手会と機構側は最終合意に達するのだが、その協議の席で最大の懸案となったのが、オリックスと近鉄の合併(1球団減)にかわる新規参入球団(1球団増)の保証だった。最終合意文書では「来季(2005年)にセ・パ12球団に戻すことを視野に入れる」との表現にとどまったが、この文言から「12球団維持の保証」と信じるのは、よほどの能天気というほかない。
 その点を選手会関係者の糺すと、「いや、具体的にはお話しできませんが、確約がとれたので、これでいいんです」という答えが返ってきた。

 その後、様々な関係者に取材した結果、どうやら次のような事情が存在したように思われる。
 最後の交渉が行われた席で、古田選手会長は当然のことながら、機構側に新規参入球団を受けいれる「保証」を求めた。が、その時点で新規参入を正式に申し入れていたライブドアと楽天に関しては、ヒヤリング(査定委員会)が予定されており、機構側の代表(球団社長・球団代表)レベルでは、ヒヤリングの前に「どちらかを必ず入れる」と答えることは不可能だった。

 そこで、保証が得られないなら再度ストライキも辞さない、という選手会側の主張に困惑した西武球団の星野社長は、堤オーナーに電話をした。すると堤オーナーは「古田君をこの携帯電話に出しなさい」といった。労使交渉の最中の「ボス交」もどきの誘いを古田選手会長は拒否したが、他球団の代表や社長も加わっての説得もあり、堤オーナーとのホットラインに出たところが、「来シーズンは楽天が新球団として加わるから安心しなさい」との言葉が受話器に響いたという。

 この言葉は、約2か月半前の7月7日、26年ぶりにオーナー会議に出席し、パ・リーグ各球団の赤字による窮状を訴え、近鉄・オリックスに続く「もうひとつの合併」と「1リーグ化」を主張し画策した堤オーナーが、結局は「もうひとつの合併工作」(ダイエーとロッテ、または、西武とロッテ)に失敗し、その責任を取る形で事態を収拾するため口にした言葉、と考えられなくもない。

 が、この時点で、早くも「新球団は楽天」と決定されていた(少なくとも球界の実力者はそう考えていた)のだった。
 その後2か月近くもかけ、数度のヒヤリングが繰り返され、ライブドアか楽天かとメディアが大騒ぎするなか、11月2日に東北楽天ゴールデンイーグルスの新規参入が百数十枚にもおよぶ分厚い資料とともに発表されたのだったが、それはまさに「茶番」と呼ぶにふさわしい出来レースだったのである。

 同じ時期に勃発したアマチュア球界への「裏金(栄養費)問題」や、それを理由にした巨人渡邉恒雄オーナーの辞任も含めて、まさにこのような密室談合体質こそ、プロ野球界最大の改革されるべき「問題」といえるのだが、昨年の一連の「プロ野球騒動」は、選手会をも談合に巻き込む形で(古田選手会長はさぞかし苦悶したと思われるが)機構側は「危機」を回避した。
 そして「球団削減1リーグ化」(すなわち、より「密室談合」のやりやすい制度)への転換には失敗したものの、旧来の「談合体質」を守り抜いたのだった。

 「もちろん査問委員会が茶番であることはわかってました」とライブドアの堀江貴文社長はいう。「でも、合理的な判断を下せる人が一人くらいはいるかと思っていました。だって冷静に考えれば、我々が球界に加わったほうが球界全体も盛りあがるし、企画力もありますから。しかし、そういう判断をする人は、ものの見事に一人もいなかった」
 そう語って苦笑する堀江社長は、プロ野球界の密室談合体質を「読売クラブ」と呼ぶ。

 そんな堀江社長率いるライブドアが、近鉄買収に名乗りをあげ、さらに新規参入も表明し、多くのファンから支持と喝采を得たことに対して、楽天が新規参入に名乗りをあげたことは、「球界談合勢力」にとって干天の慈雨ともいうべき出来事だった。
 いや、史上初のスト決行が現実味を帯びてきた最中の9月15日になって、楽天の三木谷浩志が突如新規参入を発表した経緯を振り返ってみるなら、それが球界談合勢力の思惑で(あるいはその後押しによって)「決意」されたとしか思えない面が浮かびあがる。

 昨年2月にJリーグ・ヴィッセル神戸のメイン・スポンサーとなった楽天・三木谷社長は、それまでに何度もメディアの取材を受け、「プロ野球には感心がない」ことを断言していた。「プロ野球界のゴタゴタを見ると、関わったのがサッカーでよかったと思う」とまで口にした。
 そして六本木ヒルズの同じ森タワーに本社を構え、プロ野球界参入に向けて企画会議を繰り返していたライブドア社のプロジェクト・チームに、同じIT産業として協力(あるいは勉強させてもらうこと?)を申し入れ、楽天の取締役のO氏を参加させていたのだった。

 楽天のプロ野球界への新規参入表明は、このO氏がライブドアのプロジェクト・チームから離れることを申し入れた2日後の15日。その翌日の16日に、あおぞら銀行とオリックス・グループ(オリックスとオリックス・クレジット)の共同出資会社だった株式会社あおぞらカードの全株式が、楽天に譲渡された。
 それらを考え合わせるなら、当初プロ野球界参入など念頭になかった三木谷社長を、情勢の変化(1リーグ化の断念)から「球界談合勢力」の「誰か」が、彼を説得したとしか考えられない(そして査定委員会は、新規参入球団を楽天に決定した理由として、「ライブドアはインターネット事業だけだが、楽天はそれに加えて、あおぞらカードによる金融事業も行っている」ことを、堂々と挙げたのだった)。

 楽天がライブドアと同じ仙台を本拠地として選び、ライブドアの発表した青写真と酷似した計画を発表した問題はさておき、つまるところ、日本のプロ野球界は、何も変わらなかったのだ。いや、「球界談合勢力」は、何も変えないことに成功したのである。
 昨年、近鉄バファローズの命名権売却問題から数えれば、丸1年間におよぶ大騒動の結果、結局は球団のスポンサー(親会社)が変わっただけであり、年間20〜40億円といわれるパ・リーグ各球団の赤字体質が根本から改善されたわけではない。

 過去に選手会が繰り返し提案し続け、多くのファンや我々スポーツライターも繰り返し主張し続けてきた、テレビ放映権料の一括管理と平等分配、戦力均衡のためのドラフト制度の改正といった問題は、まったく手つかずのままなのだ。
 それどころか、たとえば放映権料の問題について、『平等に分けることはできるのか、疑問に思っている。巨人の築いてきた商権、営業権を「寄こせ」といえるのかな』(オリックス宮内義彦会長の発言・『東洋経済』2004年10月23日号より)というような「思想」を持つ人物と、そのような人物の後押しを得た人物しか参入できないプロ野球界では、所詮は「改革」など不可能というほかあるまい(この原稿を発表した直後、オリックス本社の社長室から「抗議」があり、「じつは宮内は、テレビの放映権料やドラフトの問題では、玉木さんなどと同様の大リーグがやっているようなシステムにすべきだという考え方をしています。が、過去のプロ野球の経緯を考えると巨人の築いてきた商権、営業権を寄こせとはいえない、と考えているわけです。そこをわかってほしい」といわれましたが、苦笑するほかなかったので、原稿は直さず、そういうやりとりのあったことのみをここに記しておきます)。

 日本のプロ野球は、プロ野球界の発展や日本野球の発展よりも、親会社の「商権」や「営業権」が堂々と主張される組織、すなわち「企業スポーツ」の殻をまだ破れないでいるのだ。
 企業スポーツとはタニマチ・スポーツと同義である。金持ちのタニマチが個人でなく企業であるだけで、そのタニマチが裕福なときは問題ないが、裕福でなくなると別のタニマチ(親会社)に変わる。

 いまスポーツ・ジャーナリズムは、仙台を本拠地に新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスと、産業再生機構入りしたダイエーに代わる福岡ソフトバンク・ホークスというパ・リーグの新球団に注目し、IT企業の球界進出を「新時代の到来」と歓迎している。
 が、26年前(1979年)に西武ライオンズがプロ球界にデビューしたとき、あるいは16年前(1989年)にダイエーが南海ホークスを買収して福岡に進出したときと、いったいどこが違うのか? 何をもって「新時代」といいうるのか?

 西武は埼玉所沢に建設した自前の球場を中心に、ユネスコ村などのテーマパークを合体させた郊外型リゾート施設を整備した。同時にプリンスホテル野球部を創設してアマチュア球界にも進出し、ライオンズの選手供給源を確保したうえでアマ・プロ一体となった球界の覇者への道を歩み出した。
 そして1982年に初優勝して以来、22年間のうちにリーグ優勝15回、日本シリーズ優勝9回と、同時期のジャイアンツの成績(同8回と4回)を圧倒的に凌駕する成績も残した。

 一方ダイエーは、福岡市ベイエリア開発の一翼を担い、日本で初の開閉式ドーム球場とそれに隣接したホテルを建設し、プロ野球を中心に据えた都市型リゾート施設を整備。ドーム球場では1995年に第18回ユニバーシアード世界大会も開催され、九州一円にくわえて韓国台湾も視野に入れた観光事業が展開された。そしてホークスも、1999年の初優勝以来、リーグ優勝3回日本一2回と、強いチームに変貌した。しかもホークスは、年間観客動員が3百万人を突破し、人気の面でも球界のトップを争う球団となった。

 それでも両球団とも赤字で、西武は親会社(西武鉄道と国土計画)の株式名義虚偽報告が発覚した結果、グループの総帥として君臨した堤義明氏が退陣。球団売却もきわめて現実味のある話として囁かれている。
 また、ダイエー・ホークスは結局ソフトバンク社に売却された。様々な要因が重なったとはいえ、新機軸として一時的に話題を呼んだ郊外型リゾート施設も都市型リゾート施設も、16〜26年の寿命しかなかったわけだ。

 1926年に幕を開けた我が国のプロ野球リーグは、当初「御三家」と呼ばれたマスコミ、鉄道、映画という企業が中心となって運営された。それは、公共的なスポーツの運営は、私企業ではなく公共企業が運営するべきだ、という考えから生じたものだった。
 その後、食品、流通、リース、金融・・・と時代時代に応じた産業の隆盛のなかで、親企業が推移してきた。そしてIT産業と呼ばれる部門の企業が、時代の推移とともに登場した。ならばIT産業は、この先何年くらいプロ野球の「タニマチ」として存続できるのか?

 この問いが、日本のプロ野球界の発展を考えるうえで、いかにナンセンスであるかということは、誰にも容易に理解できるだろう。
 巨人、阪神、広島以外の9球団は赤字という現実のなかで、IT企業が赤字球団を何年間維持し続けられるかは知らないが、いずれ何年か先には、再び「球団売却騒動」もしくは「1リーグ化(球団削減)騒動」が勃発する。それは火を見るよりも明らかというほかない。

 ヴィッセル神戸のメイン・スポンサーとして10億円近いポケットマネーをつぎ込み、日本女性に大人気のトルコ代表イルハン選手を獲得しながら、足の故障を理由にまったく活躍しないまま「逃げられる」という、タニマチのお大尽ならではの失敗を犯した三木谷社長が、はたしてプロ野球球団の経営では、どのような手腕を発揮するのか?(関係者のあいだでは、早晩、フランチャイズを仙台から撤退させるのは確実、と囁かれている)

 ダイエー本社に球団の譲渡金として50億円、外資のコロニー社に興行権の獲得として150億円を支払ったうえ、同社に対するドーム球場の使用料が年間48億円の10年契約という、どんな名経営者によっても黒字転換は不可能としか思えない天文学的数字で球団オーナーとなった孫正義氏が、はたしてどんな天才的アイデアを打ち出すのか? あるいは、いつまでカネを使い続けることができるのか?

 仙台球場の改造や、インターネットによる試合中継等、これまでに彼らが発表した新しい計画のなかに、過去のパ・リーグの赤字体質を解消できるほどのアイデアは存在しない。しかも、よしんば彼らが、企業経営とIT戦略には無知な我々が思いも寄らない事業計画を打ち出したところで、利益を得るのは彼らの(球団ではなく)親会社にほかならないのだ。

 オリックス球団は、イチロー選手をポスティング・システムでアメリカ大リーグのシアトル・マリナーズに移籍させたとき、その移籍金として約17億円を得た。が、その「利益」は、「過去に多大な投資をしてきた」という理由からオリックス本社に計上された(註/この原稿に対して、オリックス社長室から「その指摘は事実と異なり、その金額は球団へ入れた」との抗議を受けた。が、担当者と話し合うなかで「その結果、その年の球団の赤字幅が大幅に減少した」との言質も得た。つまり連結決算での親会社の利益に貢献したのであり、球団への投資には使われなかった、という意味で、「利益」が「オリックス本社に計上された」と書いたことは間違いではない、と判断しています)。

 イチロー選手を育てたのは明らかにブルーウェーブ球団であり、「過去の投資」というのであれば、親会社は株式の配当から得るべきであり、約17億円は明らかに球団の「収入」としてチームの再投資に用いられるべきだっただろう。が、それに対して、「連結決算なんだから、どこに計上しても同じ」といった経営評論家がいた。それなら、「球団赤字」を騒ぎ立てたり、それを理由に「球団合併」に走ることにも何の理由もないことになる。

 考えてみれば、昨年の「合併騒動」「1リーグ化騒動」「新規参入騒動」は、このようなトートロジーのなかで論議され、結局「最も臭いモノ」には蓋をし、いったん「原状回復」という形で収束を見たのだった。
 では、「最も臭いモノ」=「日本プロ野球界最大の元凶」とは、何なのか?
 それは、先に書いた「企業スポーツ」という形態であり、その形態によって利益を独占できている巨大メディア(読売グループ)の「スポーツ“利用”戦略」である。

 巨人人気で新聞を売る、あるいはテレビの高視聴率を得て高額の宣伝料を得る。そのためには、巨人が優勝し、巨人人気がより高まるプロ野球組織とする。それこそ読売グループがプロ野球球団を所有し続けてきた最大の眼目であり、そのための世論形成(巨人が強くないとプロ野球はつまらない、というような世論)を自前のメディアで展開してきた。
 そして巨人以外の球団は、巨人と試合をすることによる「分け前」を得ることで満足し、その「分け前」を得られなかったパ・リーグ球団が、我々にも巨人の「分け前」を寄こせ、と動いたのが昨年の騒動だった。

 結果的にその「分け前」は、セ・パ交流試合の実施という形で、パ・リーグ球団にも少しは分け与えられることになった。が、その「分け前」がどの程度のものになるのか、逆に巨人との試合数の減るセ・リーグ球団の「分け前」の減少がどのくらいになるのか、それは蓋を開けてみなければわからない。

 しかも、各チームの4番打者ばかりを引き抜くようなチーム作りの失敗と、前オーナーである渡邉恒雄氏の独断専行、横暴、暴言によって、巨人人気は確実に凋落の一途をたどっている。その人気挽回策が、長嶋茂雄氏の息子である長嶋一茂氏の球団代表付きアドバイザー就任というのでは、巨人ファンでなくともあまりにも寂しい人事というほかない。
 それは一茂氏の能力の問題でなく、「ナガシマ」というブランドしか頼ることのできない巨人フロント幹部の限界に改めて愕然とするほかないからである。

 もっとも、現在の巨人という球団では、どれほど一流のスポーツ経営者が手腕をふるっても成功は望めないようにも思える。というのは、12球団のチームが存在するなかで、巨人人気が過半数以上の6割も7割も占めるという状態が、もはや「虚構」であると多くの人が気づいてしまったからである。そんなものは、もはやスポーツ・クラブではない、と多くの人が気づいた。
 地域社会のシンボルとして、地域社会のファン(サポーター)と一体となって勝利を目指すのがスポーツ・クラブである。

 アメリカ大リーグを見て、ヨーロッパのサッカーを見て、Jリーグを見て、スポーツ・クラブとはどのような存在であるべきか、ということが、多くの人々によって認識されるようになった。そうして国を代表するチームが、W杯やオリンピックで活躍する。
 そのような企業スポーツではないクラブ・スポーツの形態が、多くの人々によって理解され、Jリーグがリーグ全体としてチーム数を増やし、発展していることを多くの人々が目の当たりにするようになった現在、もはや「メディアという企業によるスポーツ利用」という形態は不可能になったといえるのではないだろうか。

 しかも、野球のオリンピック日本代表チームは、明らかに組織的不備が原因で、シドニー、アテネの2大会連続して不本意な成績に終わってしまったのである。
 「日本のサッカーが成功するためには、ジャイアンツが日本のプロ野球界を牽引しているのと同じように、ほかのチームが是非とも倒したいと思う強いチームがひとつ、絶対に必要となる。そのひとつのチームとは、もちろんヴェルディのことである」
 これは1993年にJリーグがスタートする直前、日本テレビの氏家斉一郎社長(当時)が口にした言葉である。この考えはおそらく読売グループの総意であり、カズ、ラモス、柱谷といった日本代表クラスの選手を高額の年俸でかき集めたヴェルディ(読売日本サッカークラブ)は、Jリーグの初年度(93年)と2年度(94年)にリーグ年間王者となった。

 が、Jリーグのバブル人気崩壊とともに観客動員が減り、多数の高額年俸選手を抱えるヴェルディの経営は行き詰まり、チーム数を増加しようとするJリーグの川淵三郎チェアマン(当時)と、チーム数の削減を主張する渡邉恒雄読売新聞社長が対立。「将来的には全都道府県にJリーグのクラブをつくりたい」という理想を掲げる川淵チェアマンが一歩も引かず、読売新聞社がヴェルディのスポンサーを降りる(日本テレビのみが出資者として残る)という形で、この「闘い」は決着し、Jリーグは今日のような形(J1・18チーム、J2・12チーム)を整え、さらに各地域にクラブを増やそうとしている。
 もはや勝負はついているのだ。プロ野球界も、将来のあるべき姿は見えているのだ。

 読売グループは、利益が減少したとはいえ、まだまだ莫大な黒字を生み出すジャイアンツという球団中心のプロ野球界を維持存続させていきたいに違いない。が、そのような形態は、たとえ一時的なスター選手の活躍による覚醒はあっても、長期的凋落傾向に歯止めをかけることはもはや不可能である。
 古田選手会長も、あるテレビ番組のインタビューに答えて、「Jリーグがいいというのではなく、世界中のスポーツ・クラブがJリーグのような組織になっているので、プロ野球もいずれはそのような組織になってほしい」と答えている。そのような「真の改革」がなされるためには、読売グループが支配するプロ野球のみならず、毎日新聞が支配する社会人野球、朝日新聞が支配する高校野球の「改革」にも手が付けられ、プロ・アマ一体となった組織の設立が必要となるだろう。

 それには莫大なエネルギーと短くない年月が必要になるだろう。が、そうして日本の野球界全体の組織が再編成され、そこから新たな発展を目指すほうが、日本球界のみならず、日本の社会にとっても、もちろんメディアにとっても、メリットは大きいはずである。
 いま日本の野球界のなかで、そのような未来像を語れる人は、ごく一部の選手、ごく一部のプロ野球OBのみで、ごくごく少数である。とりわけプロ野球の運営を担っている各球団のオーナー、社長、代表、それにコミッショナー、両リーグ会長といった人々から、そのような未来像が語られることはない。それは天下り官僚や退職後の名誉職を得た人物、親会社のサラリーマンにとって、不可能なことというほかない。

 新たにホークスのオーナーとなった孫正義氏は、「ヤンキースにも勝つような世界一のチームをつくりたい」とは語った。が、10年後、20年後の日本球界の姿を語る言葉は口にしていない。
 東北楽天ゴールデンイーグルスの三木谷オーナーは、「将来的にチーム名から企業名を外す」ことのほかに、10カ条の「球界改革」を提案した。そのことがスポーツ新聞の記事にはなったが、それらはまだ実行委員会の議題に取りあげられていない。
 そして昨年のストライキののち、機構側と選手会によって合意されたはずのプロ野球構造改革協議会も、まだ(2005年1月11日現在)正式な会議は一度も開かれていない。

 企業は企業の利益を求め、メディアはメディアの利益を求める。それは当然のことだ。いつかメディアが日本のプロ野球を見捨て、アメリカ大リーグの放送ばかりを行うようになっても何も驚くことではない。が、その結果、日本のプロ野球が衰亡してしまうようなことのないように、日本のプロ野球は「日本野球の利益」を追求する人々よって運営されるようになるべきだろう。
 それは、いったい、いつのことか?
 いや、あまり悲観的になる必要はないかもしれない。昨年選手会のストライキとそれに対する国民の支持によって、「日本野球の利益」は守られた。それは「奇蹟」というべき出来事だったのだ。それに阪神球団が、巨人のいいなりにはならない、という動きも見せるようになってきた。どんなに「変革」を嫌う組織も、世の中の大きな変化には抗し得ないはずだ。
 プロ野球界は、今年も激震の日々を迎えるに違いない。その揺れを、変革と前進へと変えるのは、野球を愛する選手とファンの声以外にないはずである。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

ちょっと教えたいお話 スポーツ編C〜スポーツは、民主主義の社会でしか生まれない、非暴力、反戦平和の文化なのだ

スポーツは日本に新しい時代を拓くか?

桐生選手100m10秒の壁突破は世界で27か国目127人目の快挙/それでも自分たちの身体能力は劣っていると思いますか?

宮本武蔵の剣術論『五輪之書』にも比肩する『野村克也野球論集成』/サンケイスポーツ編・徳間書店・刊

スポーツは日本に新時代を拓くか?

ちょっと教えたいお話 スポーツ編B〜日本語として使われている「スポーツ」とは、どういう意味?

ちょっと教えたいお話・スポーツ編Aスポーツ(サッカー)を語ることは、世界史や日本史を語ることにもつながるのだ!

平昌冬季五輪は、「平和を創れる」か?

ちょっと教えたいお話・スポーツ編@バレーボールってどういう意味か知ってますか?

政治的スポーツのボクシングも今は経済が中心/村田よ、金儲け主義を破壊する「怒りのパンチ」を!

笑顔広がる「ゆるスポーツ」

関東の大学しか出られない箱根駅伝を全国区にできるか?「日本版NCAA」の誕生に期待

これぞスポーツの素晴らしさ! 浅田真央のフィギュア・スケートに感服

スポーツとは何か? と訊かれて貴方は答えられますか?〜神奈川のスポーツの発展に望むこと

東京五輪へバリアフリーの充実を!

東京五輪のゴルフ場問題 都営の若洲変更しかない

天才ラガーマン、ミスター・ラグビー平尾誠二氏の早すぎる死を悼む〜戦い続けたラグビー人生

東京五輪の真の意義を見つけ出そう!

スポーツは政治に負けた・五輪の価値考え直す時

五輪選手は平和復興の戦士

長嶋茂雄を知らない学生たち/野球を文化にするために

リオ五輪閉会式に安倍首相登場/場に相応しくない人選

高校生のための高校野球!高校生監督の実現を

君が代は国歌ではなく日の丸は国旗ではなし 森元首相はオリンピック憲章を読め!

五輪開催は経済のため?問題続発で返上論も噴出

東京五輪ゴルフ競技会場問題第2弾・霞ヶ関CCで消える億円単位の巨額血税

「賭博」は犯罪なのか?

清原を呑んだ薬物汚染/球界が講ずべき処方箋

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる! ようやく「誤訳」が改められる

2020東京五輪ゴルフ開催コース「霞ヶ関CC決定」に“慶応人脈”の暗躍

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する“意義”を忘れはならない!

石巻に設置された旧国立競技場聖火台/格闘術が武道に進化する民主主義とスポーツの関係

スポーツ庁で日本のスポーツと社会の大変革/スポーツ庁は東京五輪最高のレガシー(遺産)となれるか?

復活できるか?ラグビー人気

スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか?

高校野球から「軍事色」の消えるのはいつ?

新国立競技場に毎月P・マッカートニーを呼べますか?神宮外苑に戦艦大和が出現する!建設費も維持費もドンブリ勘定

2020年東京オリンピックの新種目は?野球&ソフトボールも見たいが、綱引も面白そう

日本人はスポーツを知らない。その大問題に気づかなければ……

「女性のスポーツ」を学ぼう!

東京五輪開催の目的は、スポーツ立国の実現にあるはずだが……

高校野球の本質を考えよ――タイブレークに疑問……高校生に娯楽の主役を演じさせるナンセンス

『週刊アサヒ芸能』新連載! NIPPONスポーツ内憂内患 第1回 「スポーツとは何か?」という問いに貴方は答えられますか?

スポーツとは言えない箱根駅伝に、大騒ぎするな!

高校野球問題の本質を考えよ

「朝日新聞問題」の元凶は、甲子園!?

日本のスポーツ界の発展を妨げてるのは……?

日本のスポーツ界の現状と課題

「オリンピズム(オリンピックの理念)」を理解せず、2020年を迎えられるのか?

サッカー映画『ネクスト・ゴール』の素晴らしさ〜世界最弱のサッカー・チームが「夢の1勝」をあげるまでの人間ドラマ

ドイツW杯優勝はブンデスリーガの勝利!

日本のスポーツ界はサッカーを見習え!

日本のスポーツ文化とワールドカップ

今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!

新国立競技場は本当に建設できるのか?

野球が五輪競技に復活?! そのときはスピードアップの7イニング制?

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定記念講座 「オリンピック」とは何か?〜その意義と意味を考える 2020東京オリンピック・パラリンピックで日本はどう変わる?

オリンピックは[スポーツ+政治」。東京五輪2020で日本はどんな政治的メッセージを発信するのか!?

体育からスポーツへの大転換の時代――スポーツ・ジャーナリズム、スポーツ・ジャーナリストに求められることは?

『NIPPONスポーツ宣言2013』への賛同署名を求めます

2020年東京五輪を開催する意義とは…?

東北楽天日本一/3・11から11・3へ/スポーツの存在理由示した

1964年東京五輪聖火台を被災地へ!

読売・朝日・毎日が支配する野球界の不可思議な構造は、いつ終わる?!

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より

2020東京五輪招致成功!それは体育からスポーツへの大転換!しかし……。

オリンピックは「外交力」の勝負!/東京五輪がどうなろうと、招致結果にとらわれず……。

オリンピックって何?――オリンピックの存在意義

プロ野球「飛ぶボール事件」の本質

新しいネット・スポーツメディア誕生!!

日本のバレーは「お家芸」だから弱体化?

猪瀬都知事「失言」後の「東京五輪招致」に必要なことは?

「長嶋茂雄ラストショー(最後の賞?)」後の日本プロ野球の未来は?

民主主義がスポーツを生んだ

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

五輪招致の今こそスポーツ行政改革を!

柔道は日本の生んだ「反暴力」のメッセージを含むスポーツ/日本人は今こそ、スポーツ(柔道)の真の理解を!

今も体罰肯定論が横行:我が国の体育教育は異常だ

桜宮高校事件をきっかけとした新しい体育教育への提言

くたばれ!箱根駅伝!大学スポーツ否定論

2020年東京五輪で、オリンピックとパラリンピックの合体を!

60年代のスポーツ――その「光」と「陰」と…

2020年東京オリンピックは「初音ミクと團十郎」!?

左投手はなぜサウスポーと呼ばれるのか? スポーツ文化の重要性

メディアの「文化(スポーツ)支配」の危険性

共同通信社・編『心の聖地 スポーツ 闘いの記憶』岩波書店・刊(1,800円+税)

「オリンピック」って何?〜東京五輪招致にとって大切なことは…

韓国サッカー選手の「愚行=五輪政治利用行為」を、日本政府とメディアは絶対に看過するな!

ロンドン五輪「メディア革命」の行方/2020年東京招致〜私はこう考える

対談・スポーツで語る新世紀 第1回 ゲスト・猪谷千春(IOC委員)「オリンピックの描き出す人類と地球の未来」

対談・スポーツで語る新世紀 ゲスト・ェ仁親王「日本のスポーツの未来を憂える」

プロ野球人気を拡大するには…

チーム作りは誰のため?

国連スポーツ保障理事会(S保理)北朝鮮非難決議

東京マラソンで考えたこと

メディアとスポーツ 求められる批判者(ジャーナリズム)の視点

オリンピックから「世界」が見える

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

NPB(日本のプロ野球)はマイナーリーグ?

被災地に聖火を!

SPORTSその世界●近鉄バファローズ監督・西本幸雄

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

新潟にプロ野球新球団誕生か!?それを計画するプロ野球人は誰?

女子スポーツの発展は男子スポーツも支える

「体育」では「体づくり」だけでなく「スポーツの歴史・文化」も教えてほしい。

東京五輪招致落選。国際政治の追い風は吹かず。今後は日本のスポーツ環境を整えるべし。

「記録の神様」宇佐美哲也氏への感謝

「時代」はヒーローを産む 斎藤佑樹投手は「どんな時代」の「どんなヒーロー」か…?

何のための五輪招致か?

冬季五輪の「変貌」は、オリンピック全体の「大変化」につながるのか?

歌やスポーツとともに震災からの復興を!

「スポーツ基本法」を御存知ですか?

相撲は現代スポーツになりえない!?

震災とスポーツ

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

スポーツの教科書を作りたい!

世界一お馬鹿なスポーツ 「ビアポン」を知ってますか?

「球団」と「球場」どっちが大事?

『60年代のスポーツ』――その光と影と……

1974年10月14日――長嶋茂雄がバットを置いた日

スポーツ中継・スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

美しい「JUDO」が見たい!

スポーツが現代人に教えてくれること――グローバルに考えてローカルに行動

賭博は「悪」か? 「必要悪」か?

日本のサッカーの弱点は…?

人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は、人類生誕の地(アフリカ)で、新たな時代を拓く

スポーツにおける日本人のオカシナ常識

「野性味」は「体育教育」から生まれない

日本サッカー青春時代の闘い

「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

「自民党=政府」でなくなった「二大政党制」の時代に、「スポーツ政策」を構築するのは誰?

冬の五輪は「自然」との闘い

長嶋茂雄・著『野球は人生そのものだ』 不世出の野球人の述懐

貴乃花親方は理事に若すぎる?

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

民主党政権で日本のスポーツは変わるか?

2016年五輪はリオに決定。東京に欠けていたものは何か?

東京五輪招致の真の敗因

「熱帯の日本」は「ウィンタースポーツ」もできる不思議な国?

2016年、東京五輪・パラリンピック招致〜玉木正之氏「東京五輪に賛成する理由」-前編-

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

開発と規制の狭間で

WBCよりも大切なこと

ON時代の真の終焉

2016年東京にオリンピックがやってくる?

2016年東京五輪開催の可能性

野茂英雄投手の功績と日本球界の課題

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

日本にスポーツジャーナリズムは存在するのか?

野茂の功績と日本球界の課題

人類は4年に一度夢を見る

水着で「言い訳」をしたのは誰?

世界史のススメ

『玉木正之のスポーツジャーナリスト養成塾』夏期集中講座

Jack & Bettyは駅の前

五輪とは死ぬことと見つけたり

セールスマンの死

日本人野球選手のMLBへの流出が止まらない理由

深い衝撃

大学はスポーツを行う場ではない。体育会系運動部は解体されるべきである。

スポーツニュースで刷り込まれる虚構 <森田浩之・著『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる〈日本人〉』NHK出版生活人新書>

メディアのスポーツ支配にファンが叛旗

スポーツと体育は別物

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第5回(最終回)「W杯守備重視の傾向は今後も続く?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第4回 「ブラジルは何故ロナウドを使い続けた?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第3回 「個人のサッカーの差がこんなに大きかったとは…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第2回「世界のランクBからAへ昇るには…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第1回「追加点を取るという国際的意識に欠けていた」

巨人の手を捻る

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」(加筆版)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

「朝青龍問題」再考

大相撲の改革の契機に

“日本のサッカー”は“現代日本”を現す?

スポーツとは合理的なもののはずなのに……

世界陸上と日本のスポーツの未来

デデューの「復帰」に学ぶ「カムバック」に必要なもの

特待制度は「野球の問題」か?

学校はスポーツを行う場ではない!

動き出すか?球界の真の改革

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

日本スポーツ界における「室町時代」の終焉

「水泳ニッポン」は復活するのか?

スポーツはナショナリズムを超えることができるか?

「歴史の重み」による勝利は、いつまで続く?

スポーツ総合誌の相次ぐ「廃刊・休刊」に関して考えられる理由

廃刊の決まった『スポーツ・ヤァ!』をなんとか継続できないものか!?

日本の野球選手はなぜアメリカを目指すのか?

日本のプロ野球と北海道ファイターズに未来はあるか?

私の好きな「スポーツ映画」

東京・福岡「五輪招致」のナンセンス?

政治と格闘した宿命のチャンピオン〜モハメド・アリ

日本のスポーツ界は「中田の個人の意志」を前例に

「求む。新鋭ライター」〜玉木正之の「第5期スポーツ・ジャーナリスト養成塾夏期集中講座」開講のお知らせ

1個のボールが世界の人々を結ぶ

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

社会はスポーツとともに

「日本サッカー青春時代」最後の闘い

スポーツは、学校(教育の場)で行われるべきか?

常識を貫いた男・野茂英雄(日本人ヒーロー/1995年大リーグ新人王獲得)

「玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト養成塾第4期GW期集中講座」開講のお知らせ

最近のプロ野球は面白くなった!

人生に「アジャストメント」は可能か?

「栄光への架け橋だ!」は、五輪中継史上最高のアナウンスといえるかもしれない。

スポーツの「基本」とは「ヒーロー」になろうとすること?

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

アジアシリーズ日韓決戦レポート『日本の野球はどのように進化したか?』

2005日本シリーズに見た「短い闘い」と「長い闘い」

イーグルス1年目をどう総括する?

スポーツとは経験するもの? 想像するもの?

阪神電鉄VS村上ファンド――正論はどっち?

高校野球の「教育」が「暴力」を生む

『スポーツ・ヤァ!玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト実践塾』進塾希望者への筆記試験

ナニワの乱痴気

スポーツが開く未来社会

タイガースって、なんやねん 第10回「星野監督・阪神・プロ野球/それぞれの未来」

タイガースって、なんやねん 第9回「この先は、どんな時代になるんやねん?」

タイガースって、なんやねん 第8回「ミスター・タイガースはおらんのか?」

タイガースって、なんやねん 第7回「誰がホンマのファンやねん?」

タイガースって、なんやねん 第6回「関西は「豊か」やからアカンのか?」

タイガースって、なんやねん 第5回「星野さんは、コーチやなくて監督でっせ」

タイガースって、なんやねん 第4回「球団職員にも「プロの仕事」をさせまっせぇ」

タイガースって、なんやねん 第3回「星野監督は当たり前のことをする人なんや」

タイガースって、なんやねん 第2回「今年のトラにはGMがおりまっせ」

タイガースって、なんやねん 第1回「今年はバブルとちゃいまっせ」

「関西・甲子園・タイガース」=バラ色の未来――あるタクシードライバーの呟き

第V期スポーツジャーナリスト養成塾夏期特別集中講座・配布予定資料一覧

失われた「野球」を求めて――「楽天野球団」は「新球団」と呼べるのか?

浜スタから金網が消えた!

わたしが競馬にのめり込めない理由(わけ)

プロ野球ウルトラ記録クイズ

島田雅彦vs玉木正之 対談 『北朝鮮と闘い、何がどうなる?』

野球は、なんでこうなるの?

投手の真髄――PITCHING IN THE GROOVE

「球界第二次騒動」の行方は?

2005年日本スポーツ界展望〜「真の新時代」の到来に向けて

日本のスポーツの危機

野球は「学ぶもの」でなく、「慣れ親しむもの」

ライブドア堀江社長インタヴュー「落選から西武買収まで、すべて話します」

球団・選手「金まみれ」の甘えの構造

地域社会に根ざすスポーツ

新球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に望むこと

闘いはまだまだ続く

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」

奇蹟は起きた!

さようなら、背番号3

プロ野球ストライキと構造改革

「メディア規制法」とスポーツ・ジャーナリズム

黒船襲来。プロ野球維新のスタート!

パラリンピックを見よう! 日本代表選手を応援しよう!

アテネ大会でオリンピック休戦は実現するか?

「NO」といえるプロ野球

プロ野球選手が新リーグを創ってはどうか?

買収がダメなら新リーグ

「逆境こそ改革のチャンス!」

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

F1― それは究極の男の遊び

「戦争用語」ではなく「スポーツ用語」を

スポーツは国家のため?

阪神優勝で巨人一辺倒のプロ野球は変わりますか?

「高見」の論説に感じた居心地の悪さ

原稿でメシを食ったらアカンのか?

アメリカ・スポーツライティングの世界

<戦争とスポーツ>

長嶋野球の花道と日本球界の終焉

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

ニッポン・プロ野球の体質を改善する方法

草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?

理性的佐瀬稔論

新庄剛志讃江――過剰な無意識

無精者の師匠、不肖の弟子を、不承不承語る

誰も知らないIOC

日本のスポーツ・メディア

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る