コラム「スポーツ編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2013-03-27
この原稿は、『新潮45』2013年3月号に書いたものです。まだまだ続く日本のスポーツにおける体罰…いや、暴力問題+パワハラ問題。さらにスポーツ組織のガヴァナビリティの欠如、自浄能力のなさ……。すべてはスポーツに対する「無知」と「誤解」が根底にあります。そしてスポーツ・ジャーナリズムの責任も……。今も存在する日本スポーツ界の「癌」が、抜本的解決……「完治」に向けて動き出すことを願って“蔵出し”します。

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部の高校2年生のキャプテンが、自殺した。それは、あきらかに顧問の教師による「暴力」が一因だった。

 橋下徹大阪市長も指摘したように、この事件は「体罰」などと言えるものではない。一人の生徒を自殺にまで追い込んだ暴行傷害事件である。亡くなった生徒は練習試合の最中に「30発から40発」も「叩かれた」と母親に語り、「どうして僕だけが」「しばき回され」るのかと、その理不尽さを遺書に残した。

 暴行の様子を映したビデオも存在し、棺に入った高校生の顔は、頬が腫れて唇は切れた跡があったという。生徒の父親が暴行容疑で刑事告訴したのも、当然と言うべきだろう。

 そのような桜宮高校の暴行事件は、バスケットボール部だけでなく他のクラブ活動においても日常的に「常態化」していたことが、生徒の証言などから判明。橋下市長は「新入生を受け入れて教育できる状態にない」として、本来大阪市教育委員会の管轄事項である入学試験に対し、予算を止める可能性まで示唆する強い圧力をかけ、体育科とスポーツ健康科学科の入試中止を決定させた。

 この橋下市長の「越権的決定」に対しては、多くの反対の声があがった。私も当初は、教師の不祥事に生徒や受験生までが巻き込まれるのは理不尽と思った。しかしこれは、一高等学校の事件に止まるものではない。日本のスポーツ界と体育界(スポーツ教育界)全体に蔓延する重大な問題点が象徴的に現れた大事件と言える。

 なぜなら、本来スポーツにおいては絶対に否定され、排除されるべき暴力が、我が国では「体罰」として容認されていたのだから……。

 じっさい桜宮高校の事件が表沙汰になって以来、駅伝の「強豪校」といわれる愛知県立豊川工高陸上部での「体罰事件」をはじめ、様々な高校や中学での「体罰事件」とその「隠蔽事件」が次々と表沙汰になった。そして女子柔道の国内トップ選手たちが、ロンドン五輪に向けての強化合宿で、代表監督やコーチから暴力や暴言などのパワーハラスメントを受けていたことまでが、JOCへの告発文書で明らかになった。

 このような事件が表沙汰になるたびに、プロスポーツ選手のOBや元日本代表選手の口から必ず出てくるのが、「昔は体罰など当然だった」「我々は、よく殴られた」という言葉である。そして「体罰と暴力は違う」「愛情ある心のこもった体罰と、桜宮高校の一件は違う」と、テレビで口にした元スポーツ選手もいた。

 確かに30〜40発もの殴打は、「体罰」の領域をはるかに超えている。が、ならば一発くらいの「体罰」なら許されるのか?

 あるテレビのニュース解説番組で、「桜宮高校事件」を語り合っていたコメンテイターの一人が、昨年のプロ野球日本シリーズで巨人の阿部捕手がマウンド上の沢村投手の頭をポカリと叩いたことを取りあげた。

 初の日本シリーズのマウンドで心が動揺したのか、死球に続いてサインの見逃しなど凡ミスを連発した沢村に「気合いを入れた」阿部の行為を、出演者の誰もが「あのくらいならいい」と笑顔で認め合ったのだ。

 しかしこれは、認めるとか、認めないという次元の話ではあるまい。日本の野球界のトップに立つプロ選手が、観客の目の前で頭を叩かれないと「気合」が入らないというのは、プロとしてあるまじき情けない状態である。

 おそらく手を出した阿部も、なんと情けないことか……と思いながら思わず手をあげたのだろう(と信じたい)。あるいは日本シリーズに初登板に対して心の準備を怠った沢村投手に、「体罰」を与えた一発だったと言えるかもしれない。

 こういうときに、言葉ではなく手が出てしまうのが、日本のスポーツマンの日常だ。体罰を受けた選手も、それを認めて受け入れることが多く、またそれを見ている者も、情けない……と顔を顰めることもなく、笑顔で認めてしまう。

 しかし、これがアメリカのメジャーリーガーなら、どうなっているだろう?

 大観衆の眼前でキャッチャーがピッチャーの頭を叩くなどということは、まずありえないだろうが、もしもメジャーリーガーの先輩捕手が若手投手の頭をゴツンとやれば、若手投手といえども「何をする!」とばかりに怒り心頭に発して反撃し、大喧嘩にもなりかねないに違いない。

 衆目のなかでの暴力は、たとえどんなに軽いものでも、明らかに相手の人格を否定する行為である。そこで、暴力によって人格を奪われ、人間としての自尊心を踏みにじられた者は、人格を取り戻そうと反撃に出る。

 桜宮高校バスケットボール部の監督も、自らふるった暴力が生徒の人格を否定する行為だったことは、はっきりと認識していた。練習試合のタイムアウト中に、生徒の顔をたたきながら、「たたかれてするのは動物。それでいいのか」と叱りつけたことが、ビデオに映し出されていたのだ(1月24日付大阪朝日新聞)。

 しかもこの場合、暴力をふるう者と、ふるわれる者は、メジャーリーガー同士のような対等の関係にあるのではなく、「先生(監督)と生徒(選手)」という上下関係にある。それは、明らかに心理学でいうところのダブルバインドである。

 動物扱い(人格の剥奪)をしている当事者の先生(上の者)から「それ(動物)でいいのか」と問われても、生徒(下の者)が「それ(動物)でいい」とはもちろん答えられない。かといって、「暴力をやめて(人間として認めて)」とも、答え難い。

 ましてや生徒が先生に向かって、人格回復の「反撃」に出るのは不可能だ。何しろバスケットボール部を一定の好成績に導き、指導力に定評を得た先生は、進学等の生徒の将来を左右する「力」も有しているのだ。

 まさに理不尽としか言い様のないパワーハラスメントを伴う暴力だが、女子柔道の五輪候補選手たちが受けた暴力も、まったく同種のものと言える。監督やコーチに竹刀で撲たれながら「やる気がないなら死ね!」といわれても、「やる気がない」と決めつけている当事者に向かって「やる気はある」という言葉は通じない。もちろん「死ぬ」こともできない。

 さらに監督は選手に対して、五輪出場の可否という生殺与奪の権力を握っている。このパワーハラスメントに対して女子柔道の選手たちは、団結して外部の組織(日本オリンピック委員会)に訴えるという行動に出た。が、桜宮高校バスケットボール部のキャプテンは、死を選んでしまったのだった。

 私は、スポーツライターとして取材した学校スポーツ(体育)やプロスポーツの現場で、このような「人格を破壊する暴力」を、過去に何度も見聞きした。

 甲子園の出場経験がある某「名門」高校野球部の練習では、「名監督」と呼ばれる人物がノックでエラーをした選手を呼びつけ、グラヴをはずして素手で構えさせ、3メートルくらいの至近距離から「逃げるな! 体で覚える!」と、硬球を何発も投げつけた。もちろん、そのボールを素手で受け取ることなどできない高校生は、硬球を10発近くも腹や腕や足に当てられ続けた。

 また別の「名門」野球部では、送りバントの練習に失敗した生徒に向かって、監督が「俺の手も痛いんだ!」と叫びながら何発も平手打ちを浴びせる光景を見たことがある。生徒は鼻と唇に血を滲ませながら、「ありがとうございます!」と答えていた。

 後日、留学生としてその高校を卒業した外国人プロサッカー選手にその話をすると、「それは、まだマシ。うちの体育教師は、朝礼のときに女子高生を思いきり殴ってました。女の子を殴るのだけは絶対に許せなかった……」と語った。

 高校野球だけではない。アマチュア・レスリングの試合でコーナーに戻ってきた選手に対して、何発も平手打ちを浴びせるコーチ……、柔道の試合前に「気合い入れ」と称してビンタを浴びせる大学柔道部の監督……、ミスをした女子選手を体育館の通路で思い切り平手打ちにしたばかりか、尻にキックを浴びせた社会人バレーボールの監督……、選手の顔が晴れあがり変形するほどまで殴り続けたプロ野球の監督……などなど、日本のスポーツ界の現場には、じつに多くの暴力が存在するのを、この目で目撃した。

 そして暴力が事件として表沙汰になるたびに、いつも「体罰はどこまで許されるか」という、まったくナンセンスと言うほかない論議が繰り返されてきたのである。

 そもそもスポーツとは「闘い」や「争い」といった「暴力行為」を「ルール化=非暴力化」し、「ゲーム化」することによって成立したものともいえる。だからスポーツは、民主主義がいち早く成立した古代ギリシャや近代イギリスといった地域で生まれ、発達した。

 つまり、力の強い者がその力(暴力)によって社会の支配者になるのではなく、選挙で選ばれた為政者が、同じく選挙で選ばれた議員で構成される議会との話し合いで政策を決める――そんな民主主義が発達した地域でこそ、スポーツ(闘いのゲーム化)も生まれ、発達した。従ってスポーツは、平和主義に根ざし、「反暴力」の先頭に立つヒューマニズムの象徴的文化と言えるのだ。

(従って、古代や中世の中国やイスラム世界では、どれほど経済的に発展しようと、スポーツを生み出すことはできなかった。)

 ところが日本の体育教育では、このようなスポーツの本質――スポーツとは何か? ということを、いっさい教わらない。しかも個々のスポーツ競技の「本質」――たとえばバスケットボールや柔道という競技は、何故、いつ、どのようにして誕生し、発展してきたか、といったことも学ぶことなく、ただバスケットボールや柔道のルールを(体で?)覚えさせられ、試合での勝利を目指して戦術や技術を叩き込まれる。

 そして、体力に恵まれ、技術や戦術で「上位」に立った者が、選手を引退してから「指導者」となる、というのが圧倒的多数派と言えるのだ。

 その繰り返しのなかで「体罰」という名の暴力によって「鍛えられた者」は、自分が指導者になると、同じように自分が受けた暴力を繰り返す。そのうえ、その暴力がエスカレートする傾向にあるとされている。

 また、あらゆるスポーツが本質的に「反暴力」とはいえ、そのメッセージに気付かないまま肉体を鍛え、力を競い、技で相手を負かす「闘い」を繰り返していると、スポーツは暴力的なものとの誤解も生じやすい。

 さらに兵士の肉体鍛錬や闘い(戦争)の技術に利用されたりもするなかで、スポーツは暴力と強く結びつく親和性を有している。つまりスポーツは素晴らしい「反暴力」の文化であると同時に、スポーツによって暴力が蔓延する危険性も高いという、二律背反の要素を有しているのだ。

 そこで国際オリンピック委員会(IOC)や、その内部の研究組織である国際オリンピック・アカデミー(IOA)では、スポーツ界の「反暴力」を「オリンピック運動」の重要な要素と位置づけ、ユース・オリンピック大会(4年に一度開かれる14〜18歳の世界大会)の教育プログラムを通して「スポーツにおけるあらゆる暴力の追放」を訴えている。

 ところが日本では、今回の桜宮高校の一件に関しても、信じられないほどの凶悪な暴行と言うべき暴力をふるった監督が(さらにイジメとしか言えない陰湿な行為に及んだ柔道の監督までが)、「いい監督」と評価され、父兄の間から復帰を望む声まで存在する(女子柔道の監督も、なかなか「辞任」には到らなかった)。そして、そのような「暴力に肯定的な評価」を、さらに肯定的に取りあげるメディアまであった。

 それらはすべて、スポーツに対する「無知」が根底に存在しているというほかない。

「スポーツとは何か?――それは民主主義とともに人類が生み出した反暴力の身体文化である」「バスケットボールとは何か?――それは、屋内でもフットボール(サッカー)を行いたいと考えたアメリカの体育指導者が、ゴールに籠を用い、オフサイドの反則規定を廃止し、その代わりにボールを持って3歩以上足を運んではならないというルールを定めて、19世紀末に人工的に創作した球技である」……といった基礎知識が、いったい何の役に立つのか? と問われれば、すぐには何かの役に立つとは答えられない。

 しかし、スポーツとは何か? バスケットボールとは何か? をいっさい考えることなく、ただ規則通り動き(そのように教わり)、相手よりも上手く動き(そのように体罰で鍛えられ)、試合に勝つことによって褒美を貰うというのでは、それこそ「人格を喪失した動物と同じ」である。しかもスポーツに対する基礎知識の欠如はスポーツに対する数多くの小さな間違いを生み、やがて大きな誤解を招く。

 たとえば日本の「スポーツ強豪校」と呼ばれる学校のクラブには、補欠、あるいは二軍、三軍と呼ばれる公式戦にまったく出場しない選手たちが数多く存在する。このことが欧米のスポーツ文化で育った人々には理解できない。

 部員(選手)の人数が多いのなら二軍チームも三軍チームも全てのチームが(○○高校Aチーム、Bチーム、Cチーム……として)公式戦に出場できるシステムをつくるべきで、そうしなければ中学や高校の3年間、あるいは大学の4年間、まったく試合に出られない選手が出てしまう。

 そうして練習ばかりを繰り返し、甲子園のアルプス・スタンドでメガホンを持って叫んでるだけでは、スポーツ教育とは言えないだろう……と、セルジオ越後氏に最初に言われたときは、何故私は、そのことに自分で気づけなかったのかと、恥じ入るほかなかった。

 また日本ではスポーツの指導者を「監督(英語ではマネジャー)」と呼ぶことが一般的なため、学校体育からプロスポーツまで、選手は「上の立場に立つ監督(マネジャー)」から「管理(マネージ)」され「指導」される意識が強い。そのため、いくら「プレイヤーズ・ファースト」という言葉が口にされても、「監督は選手のことを一番に考えてあげないといけない」と、選手に対する庇護意識を上に立つ監督に求める程度にしか認識されず、選手とコーチ(指導者)は対等関係にある、という意識は育たない。

 さらに英語で「Health & Sports Day」と称している祝日を「体育の日」と称し、「National Sports Festival」を「国民体育大会」と呼んでいるように、「スポーツ」の訳語が「体育」であるかのような誤解を生んでいる。その結果日本のスポーツマンは、ますます「監督」による「教育」を受ける従属的な立場を離れられず、自立することができない……などなど、スポーツに対する基本認識の欠如から、じつに様々な日本のスポーツの問題点が派生してくる。

 そんななかで最も大きな問題点は、やはりスポーツ・ジャーナリズムのあり方、といえるのではないだろうか。

 日本のメディアは、ことスポーツに関する限り、ジャーナリズムとしての報道や批判以上に、主催新聞社や後援放送局としてスポーツに関わっているケースが多い。

 桜宮高校の事件の背景にも、教育が本分であるはずの高校スポーツを、過度の勝利至上主義が歪めている、と指摘する声はあった。が、それを最も煽っているのは甲子園大会を頂点とする高校野球で、それを主催するのは朝日新聞社や毎日新聞社。従って問題の本質に迫る高校野球批判は、系列のテレビ局も含めて、なかなか表立っては出てこない。

 大雪で延期された全国高校サッカーの決勝戦がセンター試験と同じ日に行われたことも、たとえ両チームの選手のなかにその受験生が一人もいなかったとしても、スポーツに力を入れる高校生は勉強などしなくても良い、というメッセージを発するものとして、けっして好ましいこととは言えないだろう。

 しかし日本テレビ系列43社が主催し、読売新聞社が後援するなかで、ジャーナリズムは、真っ当な批判を展開できなかった。

 さらに、女子柔道の五輪代表選手の発表をイベント化し、BGM付きでドラマチックにテレビで生中継し、落選した選手の顔のアップを映し出すという無神経極まりないスポーツ・ジャーナリズムのカケラもない愚挙に及んだのは、フジテレビだった。

 他にも様々なスポーツがマスメディアと結びつき、イベント化されるなかでスポーツ・ジャーナリズムが機能しなくなることが多く、日本のスポーツや体育は、大きく歪められているのだ。

 とはいえ、今回の「桜宮高校事件」や「女子柔道事件」で日本のスポーツ界と体育界の問題点が数多くあぶりだされ、その結果、桜宮高校も、全日本柔道連盟も、あるいは講道館も、何らかの改革に手がつけられるだろう(ここまでの大騒ぎになりながら、何も改革できないようでは、どうしようもない)。

 折しも2020年東京オリンピック・パラリンピック招致活動が展開されているなか、その活動と日本のスポーツ界や体育界の改革が連動して行われることこそ、五輪招致運動の意義もあるはずだ。

 日本のスポーツ界と体育界からいっさいの暴力が排除され、社会全体がスポーツに対する広い知識を身に付け、その意義を正しく認識するようになり、そしてそれが2020年の東京五輪開催につながれば、それほど素晴らしいことはない。が、それには何よりも、真っ当な批判精神を有するスポーツ・ジャーナリズムの確立が必要なはずだが……。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

ちょっと教えたいお話・スポーツ編@バレーボールってどういう意味か知ってますか?

政治的スポーツのボクシングも今は経済が中心/村田よ、金儲け主義を破壊する「怒りのパンチ」を!

笑顔広がる「ゆるスポーツ」

関東の大学しか出られない箱根駅伝を全国区にできるか?「日本版NCAA」の誕生に期待

これぞスポーツの素晴らしさ! 浅田真央のフィギュア・スケートに感服

スポーツとは何か? と訊かれて貴方は答えられますか?〜神奈川のスポーツの発展に望むこと

東京五輪へバリアフリーの充実を!

東京五輪のゴルフ場問題 都営の若洲変更しかない

天才ラガーマン、ミスター・ラグビー平尾誠二氏の早すぎる死を悼む〜戦い続けたラグビー人生

東京五輪の真の意義を見つけ出そう!

スポーツは政治に負けた・五輪の価値考え直す時

五輪選手は平和復興の戦士

長嶋茂雄を知らない学生たち/野球を文化にするために

リオ五輪閉会式に安倍首相登場/場に相応しくない人選

高校生のための高校野球!高校生監督の実現を

君が代は国歌ではなく日の丸は国旗ではなし 森元首相はオリンピック憲章を読め!

五輪開催は経済のため?問題続発で返上論も噴出

東京五輪ゴルフ競技会場問題第2弾・霞ヶ関CCで消える億円単位の巨額血税

「賭博」は犯罪なのか?

清原を呑んだ薬物汚染/球界が講ずべき処方箋

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる! ようやく「誤訳」が改められる

2020東京五輪ゴルフ開催コース「霞ヶ関CC決定」に“慶応人脈”の暗躍

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する“意義”を忘れはならない!

石巻に設置された旧国立競技場聖火台/格闘術が武道に進化する民主主義とスポーツの関係

スポーツ庁で日本のスポーツと社会の大変革/スポーツ庁は東京五輪最高のレガシー(遺産)となれるか?

復活できるか?ラグビー人気

スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか?

高校野球から「軍事色」の消えるのはいつ?

新国立競技場に毎月P・マッカートニーを呼べますか?神宮外苑に戦艦大和が出現する!建設費も維持費もドンブリ勘定

2020年東京オリンピックの新種目は?野球&ソフトボールも見たいが、綱引も面白そう

日本人はスポーツを知らない。その大問題に気づかなければ……

「女性のスポーツ」を学ぼう!

東京五輪開催の目的は、スポーツ立国の実現にあるはずだが……

高校野球の本質を考えよ――タイブレークに疑問……高校生に娯楽の主役を演じさせるナンセンス

『週刊アサヒ芸能』新連載! NIPPONスポーツ内憂内患 第1回 「スポーツとは何か?」という問いに貴方は答えられますか?

スポーツとは言えない箱根駅伝に、大騒ぎするな!

高校野球問題の本質を考えよ

「朝日新聞問題」の元凶は、甲子園!?

日本のスポーツ界の発展を妨げてるのは……?

日本のスポーツ界の現状と課題

「オリンピズム(オリンピックの理念)」を理解せず、2020年を迎えられるのか?

サッカー映画『ネクスト・ゴール』の素晴らしさ〜世界最弱のサッカー・チームが「夢の1勝」をあげるまでの人間ドラマ

ドイツW杯優勝はブンデスリーガの勝利!

日本のスポーツ界はサッカーを見習え!

日本のスポーツ文化とワールドカップ

今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!

新国立競技場は本当に建設できるのか?

野球が五輪競技に復活?! そのときはスピードアップの7イニング制?

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定記念講座 「オリンピック」とは何か?〜その意義と意味を考える 2020東京オリンピック・パラリンピックで日本はどう変わる?

オリンピックは[スポーツ+政治」。東京五輪2020で日本はどんな政治的メッセージを発信するのか!?

体育からスポーツへの大転換の時代――スポーツ・ジャーナリズム、スポーツ・ジャーナリストに求められることは?

『NIPPONスポーツ宣言2013』への賛同署名を求めます

2020年東京五輪を開催する意義とは…?

東北楽天日本一/3・11から11・3へ/スポーツの存在理由示した

1964年東京五輪聖火台を被災地へ!

読売・朝日・毎日が支配する野球界の不可思議な構造は、いつ終わる?!

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より

2020東京五輪招致成功!それは体育からスポーツへの大転換!しかし……。

オリンピックは「外交力」の勝負!/東京五輪がどうなろうと、招致結果にとらわれず……。

オリンピックって何?――オリンピックの存在意義

プロ野球「飛ぶボール事件」の本質

新しいネット・スポーツメディア誕生!!

日本のバレーは「お家芸」だから弱体化?

猪瀬都知事「失言」後の「東京五輪招致」に必要なことは?

「長嶋茂雄ラストショー(最後の賞?)」後の日本プロ野球の未来は?

民主主義がスポーツを生んだ

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

五輪招致の今こそスポーツ行政改革を!

柔道は日本の生んだ「反暴力」のメッセージを含むスポーツ/日本人は今こそ、スポーツ(柔道)の真の理解を!

今も体罰肯定論が横行:我が国の体育教育は異常だ

桜宮高校事件をきっかけとした新しい体育教育への提言

くたばれ!箱根駅伝!大学スポーツ否定論

2020年東京五輪で、オリンピックとパラリンピックの合体を!

60年代のスポーツ――その「光」と「陰」と…

2020年東京オリンピックは「初音ミクと團十郎」!?

左投手はなぜサウスポーと呼ばれるのか? スポーツ文化の重要性

メディアの「文化(スポーツ)支配」の危険性

共同通信社・編『心の聖地 スポーツ 闘いの記憶』岩波書店・刊(1,800円+税)

「オリンピック」って何?〜東京五輪招致にとって大切なことは…

韓国サッカー選手の「愚行=五輪政治利用行為」を、日本政府とメディアは絶対に看過するな!

ロンドン五輪「メディア革命」の行方/2020年東京招致〜私はこう考える

対談・スポーツで語る新世紀 第1回 ゲスト・猪谷千春(IOC委員)「オリンピックの描き出す人類と地球の未来」

対談・スポーツで語る新世紀 ゲスト・ェ仁親王「日本のスポーツの未来を憂える」

プロ野球人気を拡大するには…

チーム作りは誰のため?

国連スポーツ保障理事会(S保理)北朝鮮非難決議

東京マラソンで考えたこと

メディアとスポーツ 求められる批判者(ジャーナリズム)の視点

オリンピックから「世界」が見える

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

NPB(日本のプロ野球)はマイナーリーグ?

被災地に聖火を!

SPORTSその世界●近鉄バファローズ監督・西本幸雄

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

新潟にプロ野球新球団誕生か!?それを計画するプロ野球人は誰?

女子スポーツの発展は男子スポーツも支える

「体育」では「体づくり」だけでなく「スポーツの歴史・文化」も教えてほしい。

東京五輪招致落選。国際政治の追い風は吹かず。今後は日本のスポーツ環境を整えるべし。

「記録の神様」宇佐美哲也氏への感謝

「時代」はヒーローを産む 斎藤佑樹投手は「どんな時代」の「どんなヒーロー」か…?

何のための五輪招致か?

冬季五輪の「変貌」は、オリンピック全体の「大変化」につながるのか?

歌やスポーツとともに震災からの復興を!

「スポーツ基本法」を御存知ですか?

相撲は現代スポーツになりえない!?

震災とスポーツ

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

スポーツの教科書を作りたい!

世界一お馬鹿なスポーツ 「ビアポン」を知ってますか?

「球団」と「球場」どっちが大事?

『60年代のスポーツ』――その光と影と……

1974年10月14日――長嶋茂雄がバットを置いた日

スポーツ中継・スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

美しい「JUDO」が見たい!

スポーツが現代人に教えてくれること――グローバルに考えてローカルに行動

賭博は「悪」か? 「必要悪」か?

日本のサッカーの弱点は…?

人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は、人類生誕の地(アフリカ)で、新たな時代を拓く

スポーツにおける日本人のオカシナ常識

「野性味」は「体育教育」から生まれない

日本サッカー青春時代の闘い

「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

「自民党=政府」でなくなった「二大政党制」の時代に、「スポーツ政策」を構築するのは誰?

冬の五輪は「自然」との闘い

長嶋茂雄・著『野球は人生そのものだ』 不世出の野球人の述懐

貴乃花親方は理事に若すぎる?

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

民主党政権で日本のスポーツは変わるか?

2016年五輪はリオに決定。東京に欠けていたものは何か?

東京五輪招致の真の敗因

「熱帯の日本」は「ウィンタースポーツ」もできる不思議な国?

2016年、東京五輪・パラリンピック招致〜玉木正之氏「東京五輪に賛成する理由」-前編-

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

開発と規制の狭間で

WBCよりも大切なこと

ON時代の真の終焉

2016年東京にオリンピックがやってくる?

2016年東京五輪開催の可能性

野茂英雄投手の功績と日本球界の課題

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

日本にスポーツジャーナリズムは存在するのか?

野茂の功績と日本球界の課題

人類は4年に一度夢を見る

水着で「言い訳」をしたのは誰?

世界史のススメ

『玉木正之のスポーツジャーナリスト養成塾』夏期集中講座

Jack & Bettyは駅の前

五輪とは死ぬことと見つけたり

セールスマンの死

日本人野球選手のMLBへの流出が止まらない理由

深い衝撃

大学はスポーツを行う場ではない。体育会系運動部は解体されるべきである。

スポーツニュースで刷り込まれる虚構 <森田浩之・著『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる〈日本人〉』NHK出版生活人新書>

メディアのスポーツ支配にファンが叛旗

スポーツと体育は別物

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第5回(最終回)「W杯守備重視の傾向は今後も続く?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第4回 「ブラジルは何故ロナウドを使い続けた?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第3回 「個人のサッカーの差がこんなに大きかったとは…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第2回「世界のランクBからAへ昇るには…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第1回「追加点を取るという国際的意識に欠けていた」

巨人の手を捻る

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」(加筆版)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

「朝青龍問題」再考

大相撲の改革の契機に

“日本のサッカー”は“現代日本”を現す?

スポーツとは合理的なもののはずなのに……

世界陸上と日本のスポーツの未来

デデューの「復帰」に学ぶ「カムバック」に必要なもの

特待制度は「野球の問題」か?

学校はスポーツを行う場ではない!

動き出すか?球界の真の改革

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

日本スポーツ界における「室町時代」の終焉

「水泳ニッポン」は復活するのか?

スポーツはナショナリズムを超えることができるか?

「歴史の重み」による勝利は、いつまで続く?

スポーツ総合誌の相次ぐ「廃刊・休刊」に関して考えられる理由

廃刊の決まった『スポーツ・ヤァ!』をなんとか継続できないものか!?

日本の野球選手はなぜアメリカを目指すのか?

日本のプロ野球と北海道ファイターズに未来はあるか?

私の好きな「スポーツ映画」

東京・福岡「五輪招致」のナンセンス?

政治と格闘した宿命のチャンピオン〜モハメド・アリ

日本のスポーツ界は「中田の個人の意志」を前例に

「求む。新鋭ライター」〜玉木正之の「第5期スポーツ・ジャーナリスト養成塾夏期集中講座」開講のお知らせ

1個のボールが世界の人々を結ぶ

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

社会はスポーツとともに

「日本サッカー青春時代」最後の闘い

スポーツは、学校(教育の場)で行われるべきか?

常識を貫いた男・野茂英雄(日本人ヒーロー/1995年大リーグ新人王獲得)

「玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト養成塾第4期GW期集中講座」開講のお知らせ

最近のプロ野球は面白くなった!

人生に「アジャストメント」は可能か?

「栄光への架け橋だ!」は、五輪中継史上最高のアナウンスといえるかもしれない。

スポーツの「基本」とは「ヒーロー」になろうとすること?

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

アジアシリーズ日韓決戦レポート『日本の野球はどのように進化したか?』

2005日本シリーズに見た「短い闘い」と「長い闘い」

イーグルス1年目をどう総括する?

スポーツとは経験するもの? 想像するもの?

阪神電鉄VS村上ファンド――正論はどっち?

高校野球の「教育」が「暴力」を生む

『スポーツ・ヤァ!玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト実践塾』進塾希望者への筆記試験

ナニワの乱痴気

スポーツが開く未来社会

タイガースって、なんやねん 第10回「星野監督・阪神・プロ野球/それぞれの未来」

タイガースって、なんやねん 第9回「この先は、どんな時代になるんやねん?」

タイガースって、なんやねん 第8回「ミスター・タイガースはおらんのか?」

タイガースって、なんやねん 第7回「誰がホンマのファンやねん?」

タイガースって、なんやねん 第6回「関西は「豊か」やからアカンのか?」

タイガースって、なんやねん 第5回「星野さんは、コーチやなくて監督でっせ」

タイガースって、なんやねん 第4回「球団職員にも「プロの仕事」をさせまっせぇ」

タイガースって、なんやねん 第3回「星野監督は当たり前のことをする人なんや」

タイガースって、なんやねん 第2回「今年のトラにはGMがおりまっせ」

タイガースって、なんやねん 第1回「今年はバブルとちゃいまっせ」

「関西・甲子園・タイガース」=バラ色の未来――あるタクシードライバーの呟き

第V期スポーツジャーナリスト養成塾夏期特別集中講座・配布予定資料一覧

失われた「野球」を求めて――「楽天野球団」は「新球団」と呼べるのか?

浜スタから金網が消えた!

わたしが競馬にのめり込めない理由(わけ)

プロ野球ウルトラ記録クイズ

島田雅彦vs玉木正之 対談 『北朝鮮と闘い、何がどうなる?』

野球は、なんでこうなるの?

投手の真髄――PITCHING IN THE GROOVE

「球界第二次騒動」の行方は?

2005年日本スポーツ界展望〜「真の新時代」の到来に向けて

日本のスポーツの危機

野球は「学ぶもの」でなく、「慣れ親しむもの」

ライブドア堀江社長インタヴュー「落選から西武買収まで、すべて話します」

球団・選手「金まみれ」の甘えの構造

地域社会に根ざすスポーツ

新球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に望むこと

闘いはまだまだ続く

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」

奇蹟は起きた!

さようなら、背番号3

プロ野球ストライキと構造改革

「メディア規制法」とスポーツ・ジャーナリズム

黒船襲来。プロ野球維新のスタート!

パラリンピックを見よう! 日本代表選手を応援しよう!

アテネ大会でオリンピック休戦は実現するか?

「NO」といえるプロ野球

プロ野球選手が新リーグを創ってはどうか?

買収がダメなら新リーグ

「逆境こそ改革のチャンス!」

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

F1― それは究極の男の遊び

「戦争用語」ではなく「スポーツ用語」を

スポーツは国家のため?

阪神優勝で巨人一辺倒のプロ野球は変わりますか?

「高見」の論説に感じた居心地の悪さ

原稿でメシを食ったらアカンのか?

アメリカ・スポーツライティングの世界

<戦争とスポーツ>

長嶋野球の花道と日本球界の終焉

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

ニッポン・プロ野球の体質を改善する方法

草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?

理性的佐瀬稔論

新庄剛志讃江――過剰な無意識

無精者の師匠、不肖の弟子を、不承不承語る

誰も知らないIOC

日本のスポーツ・メディア

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る