スケジュール
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
TV、ラジオ、講演など 
 9月の予定 
2日『櫻井浩二インサイト/インサイト・カルチャー』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
6日『ニューズ・オプエド』ZOOMリモート・ゲスト出演(PM6:00-PM7:00 於:NOBORDER芝大門スタジオ)
9日『櫻井浩二インサイト/インサイト・カルチャー』ZOOM音声出演(RKB毎日放送 ラジオ AM6:30−AM9:00)
12日『そこまで言って委員会』ZOOMリモート出演(讀賣テレビ PM1:30-PM3:30)
13日『ニューズ・オプエド』ZOOMリモートMC出演(PM6:00=PM7:00於:NOBORDER芝大門スタジオ)
16日『櫻井浩二インサイト/インサイト・カルチャー』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
18日『SCIXスポーツ・インテリジェンス講座』ZOOMリモート出演
23日『櫻井浩二インサイト/インサイト・カルチャー』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
25日『栄中日文化センター オペラ1日講座 オペラの神髄はブッファ(喜劇)にあり!』
27日『ニューズ・オプエド』MCリモート出演 (PM6:00−PM7:00 於:NOBORDER 芝大門スタジオ)
30日『櫻井浩二インサイト/インサイト・コラム』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
 10月の予定 
4日『ニューズ・オプエド』ZOOMリモートMC出演(PM6:00-PM7:00於:NOBORDER芝大門スタジオ)
7日『櫻井浩二インサイト/インサイト・カルチャー』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
11日『ニューズ・オプエド』ZOOMリモートMC出演(PM6:00=PM7:00於:NOBORDER芝大門スタジオ)
14日『櫻井浩二インサイト/インサイト・カルチャー』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
18日『ニューズ・オプエド』MCリモート出演 (PM6:00−PM7:00 於:NOBORDER芝大門スタジオ)
21日『櫻井浩二インサイト/インサイト・コラム』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
23日『櫻井浩二インサイト/インサイト・カルチャー』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
25日『ニューズ・オプエド』MCリモート出演 (PM6:00−PM7:00 於:NOBORDER芝大門スタジオ)
28日『櫻井浩二インサイト/インサイト・コラム』ZOOM音声出演(RKB毎日放送ラジオ AM6:30−AM9:00)
▲PAGE TOP
../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
Blu-ray
『羊たちの沈黙』
『羊たちの沈黙』
何度も何度も部分的に見たり原作読んだりでしたが、やっとキチンと見ました。アンソニー・ホプキンスの凄味をつまらないハリウッド映画ですね
【ナンカン9/7】
DVD
『ファンシイダンス』
『ファンシイダンス』
もう20年以上前の映画になりましたが周防監督の作る映画は面白いですね。坊さんの世界がイカンナクえがかれています。
『シコふんじゃった』
『シコふんじゃった』
周防監督の醸し出すユーモアは上品で嫌味がないですがパワーはありますね。
『Shall We ダンス?』
『Shall We ダンス?』
イイ映画ですけど大人向き?と言うよりもう少々パンチがほしかった
【以上ナンカン9/7】
4K
『フィールド・オブ・ドリームズ』
『フィールド・オブ・ドリームズ』
何度でも推薦したくなる最高のアメリカ映画です。原作者のキンセラも原作より素晴らしいと言ってます
【ナンカン9/6】
BOOK
後藤逸郎『亡国の東京オリンピック』文藝春秋
後藤逸郎『亡国の東京オリンピック』文藝春秋
2020の記録として素晴らしい一冊です。坂上&來田両誌との対談も一読の価値アリ!
【ナンカン9/4,5】
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつ
				のアメリカ史3帝国の緩やかな黄昏』ハヤカワ文庫
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつ のアメリカ史3帝国の緩やかな黄昏』ハヤカワ文庫
日本全国の大学生に読ませたい一冊
【ナンカン9/1,2,4,5,6他】
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史2ケネディと世界存亡の危機』ハヤカワ文庫
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史2ケネディと世界存亡の危機』ハヤカワ文庫
日本全国の有権者に読ませたい一冊。
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史1二つの世界大戦と原爆投下』ハヤカワ文庫
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史1二つの世界大戦と原爆投下』ハヤカワ文庫
政治ジャーナリストを名乗る人物は当然読んで出ますよね
【以上ナンカン8/31】
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンのアメリカ史講義』早川書房
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンのアメリカ史講義』早川書房
アメリカの支配から逃れられない日本人の必読本!
【ナンカン 8/26,27,28,29,30,31】
DVD
『我らの生涯の最良の年』
『我らの生涯の最良の年』
優しい眼差しで人間を描くW・ワイラー監督の傑作です。
『ローマの休日』
『ローマの休日』
これもワイラー監督。DVDの値段は安くなってもヘップバーンの美しさは減衰しません。当たり前か。
『おしゃれ泥棒』
『おしゃれ泥棒』
これもワーラー監督粋な映画ですね。
【以上ナンカン8/26】
4K
『地獄の黙示録』
『地獄の黙示録』
最初見たときはよく意味がわからなかったけど…何度も見直すうちにコッポラの大傑作とわかるようになりました。
BOOK
コンラッド『闇の奥』光文社新訳文庫
コンラッド『闇の奥』光文社新訳文庫
コッポラは上の映画を撮るとき常にこの本を握り締めていたとか。ナルホド
【以上ナンカン8/25】
BOOK
ハワード・ジン&レベッカ・ステフォフ『学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史』あすなろ書房
ハワード・ジン&レベッカ・ステフォフ『学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史』あすなろ書房
これはナカナカ見事に面白いアメリカ史です。アメリカの「悪」の部分も描かれてます
ハワード・ジン&レベッカ・ステフォフ『学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史』あすなろ書房
ハワード・ジン&レベッカ・ステフォフ『学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史』あすなろ書房
アイゼンハワーもマッカーサーもパットンも、軍人としてデモの鎮圧を指揮したんですね。軍隊は国民にも銃口を向けるものなのか?
【以上ナンカン8/24】
DVD
ヴェルディ:オペラ『ドン・カルロ』
ヴェルディ:オペラ『ドン・カルロ』
ムーティ指揮ミラノスカラ座ゼッフィレッリ演出の奇蹟のような名舞台名演奏。パヴァロッティ他の歌手陣も凄い!
【ナンカン8/22】
ムソルグスキー:オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
ムソルグスキー:オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
プーシキン原作。ロシアの皇帝と民衆のあり方が理解できます。ボリスを歌うネステレンコの歌声と演技が凄い!
ムソルグスキー:オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
ムソルグスキー:オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
ケント・ナガノ指揮バイエルン歌劇場の舞台。カリスト・ピエイトの現代演出が面白い。安倍元総理も出てきます!?
ムソルグスキー:オペラ『ホヴァーンシチナ』
ムソルグスキー:オペラ『ホヴァーンシチナ』
アバド指揮ウィーン国立歌劇場の見事な舞台がロシアの歴史的現実を再現。ギャウロフ&プルチュラーゼの歌手も凄い!
【以上ナンカン8/21】
BOOK
『オリバー・ストーンの「アメリカ史」講義』早川書房
『オリバー・ストーンの「アメリカ史」講義』早川書房
チョット粗っぽい記述もあるけど勉強になります
【ナンカン8/18,19,20,21,】
水木しげる『白い旗』講談社文庫
水木しげる『白い旗』講談社文庫
毎年8月15日には読み直すべき本ですね
【ナンカン8/17】
『日本語のために 池澤夏樹=個人編集日本文学全集30』河出書房新社
『日本語のために 池澤夏樹=個人編集日本文学全集30』河出書房新社
日本語の言葉の勉強のための貴重な一冊です
【ナンカン8/16】
水木しげる『敗走記』講談社文庫
水木しげる『敗走記』講談社文庫
第二次大戦は水木しげるで学びましょう。
『人国記・新人国記』
『人国記・新人国記』
井沢元彦氏指揮風土記に触発されました。これも絶対に読みます
【以上ナンカン8/15】
DVD
『我らの生涯の最良の年』
『我らの生涯の最良の年』
邦題は原題"The Best Years of Our Lives"とは少々違う?素晴らしい戦争映画…でしょうが、まだ最後まで見てないのですよ。トホホ
【ナンカン8/14】
Blu-ray
『翔んで埼玉』
『翔んで埼玉』
埼玉県民公認(?)自虐的自画像の極みかな。しかし笑った。続編は歴史的意味合いをさらに加味してほしい
【ナンカン8/13】
LP
『ロッシーニ序曲集』
『ロッシーニ序曲集』
イタリアではウィリアム・テル序曲を継体の待ち受けに使用している人に2人出逢いました。ライナーは大好きな指揮者です
【ナンカン8/11】
CD
『ウィーン・フィル・サマー・ナイト・コンサート2021』
『ウィーン・フィル・サマー・ナイト・コンサート2021』
ヴェルディ&バーンスタインなど気軽な夏の夜向き音楽はイイですね。指揮はハーディング。もう若手じゃないですね。
BOOK
久瀬濃子『オランウータンに会いたい』あかね書房
久瀬濃子『オランウータンに会いたい』あかね書房
小4の孫が夏休みの読書感想文に選んだ本。面白そうで読みたくなった。老いては孫に教えられ(笑)
【以上ナンカン8/8】
CD
サン=サーンス:オペラ『サムソンとデリラ』
サン=サーンス:オペラ『サムソンとデリラ』
ホセ・クーラのサムソン&オリガ・ボロディナのデリラ。最高のキャスティングですね。
BOOK
川島浩平『人種とスポーツー黒人は本当に「強く」「速い」のか』中公新書
川島浩平『人種とスポーツー黒人は本当に「強く」「速い」のか』中公新書
これは本当に勉強になるスポーツ関係者必読本
【以上ナンカン8/5】
DVD
『新・映像の世紀第6集あなたのワンカットが世界を変える』
『新・映像の世紀第6集あなたのワンカットが世界を変える』
SNSやYuThbeは確かに世界変えました。でも良い方向にか悪い方向にかはこれからの使い方次第でしょう
【ナンカン8/1】
CD
プッチーニ:オペラ『トスカ』
プッチーニ:オペラ『トスカ』
カラスのトスカ&ゴッビのスカルピア。これ以上の適役は史上二度と現れないでしょうね。
LP
プッチーニ:オペラ『トスカ』
プッチーニ:オペラ『トスカ』
ニルソンのトスカ&コレッリのカヴァラドッシ&ディースカウのスカルピア。これも好きですね。
DVD
『フリードリヒ・グルダ・プレイズ・モーツァルト・コンチェルト』
『フリードリヒ・グルダ・プレイズ・モーツァルト・コンチェルト』
グルダのピアノは大阪の饂飩屋の味と村上春樹氏は言いました。ナルホド。
グレン・グールド・プレイズ・バッハ~ブルーノ・モンサンジョン監督三部作』
グレン・グールド・プレイズ・バッハ~ブルーノ・モンサンジョン監督三部作』
この解説書きました。グールドのバッハは最高のガラス磨き…ナンノコッチャ?宝石磨きではないのです
【以上ナンカン8/1】
BOOK
井沢元彦『逆説の日本史:明治激闘編 日露戦争と日比谷焼打の謎(26)』小学館
井沢元彦『逆説の日本史:明治激闘編 日露戦争と日比谷焼打の謎(26)』小学館
この一冊メッチャ面白い。森鴎外と白い巨塔と脚気と日露戦争ですからね
【ナンカン7/30,8/2,3,4,5,6】
井沢元彦『井沢式新ニッポン風土記西日本編』旅行読売出版社
井沢元彦『井沢式新ニッポン風土記西日本編』旅行読売出版社
鞆の浦、行きたくなりました。備前焼もほしいなあ
井沢元彦『井沢式新ニッポン風土記東日本編』旅行読売出版社
井沢元彦『井沢式新ニッポン風土記東日本編』旅行読売出版社
これから読みますね
【以上ナンカン7/31,8/1】
CD
プッチーニ:オペラ『トゥーランドット』
プッチーニ:オペラ『トゥーランドット』
カラスのトゥーランドットは凄い!シュワルツコップのリューは美しい!
プッチーニ:オペラ『トゥーランドット』
プッチーニ:オペラ『トゥーランドット』
ニルソンのトゥーランドット&コレッリのカラフ。&スコットのリューも良いですねえ。
ワーグナー:楽劇『ニーベルンクの指環』
ワーグナー:楽劇『ニーベルンクの指環』
カイルベルト指揮バイロイト祝祭劇場。往年のベスト・キャスト。ホッターのヴォータンだけでも効く価値アリの凄い舞台です。
Blu-ray
『ハドソン川の奇蹟』
『ハドソン川の奇蹟』
好きな映画です。アメリカの正義は時に五月蠅いですが、無視できませんね
【以上ナンカン7/31】
BOOK
施耐庵『漫画で読破 水滸伝』
施耐庵『漫画で読破 水滸伝』
漫画以外でも読まなきゃ…と思わせてくれる漫画です
【ナンカン7/27】
さいとう・たかを『ゴルゴ13 100』リイド社
さいとう・たかを『ゴルゴ13 100』リイド社
沢山楽しませていただきましたが背景描写が凄いですね
【ナンカン7/22,24】
DVD
『歌舞伎名作撰 歌舞伎十八番の内 暫/外郎売』
『歌舞伎名作撰 歌舞伎十八番の内 暫/外郎売』
五輪開会式は團十郎と初音ミクで…と小生は8年前から行ってましたが少々中途半端でしたね
【ナンカン7/23】
BOOK
筒井康隆『活劇映画と家族』講談社現代新書
筒井康隆『活劇映画と家族』講談社現代新書
読み出したら止まりません。「一家」とか「一味」と呼ばれている集団(疑似家族)の面白さの筒井流大分析!
【ナンカン7/10,21】
さいとう・たかを『太平記(下)まんが日本の古典20』中公文庫
さいとう・たかを『太平記(下)まんが日本の古典20』中公文庫
漫画を読んで原作を読みたくならせるのは、さいとう・たかをさんの力ですね
【ナンカン7/18,19】
さいとう・たかを『太平記(中)まんが日本の古典19』中公文庫
さいとう・たかを『太平記(中)まんが日本の古典19』中公文庫
ゴルゴ13版太平記も面白いけど原典を読み直したくなりました
【ナンカン7/16,17,18】
さいとう・たかを『太平記(上)まんが日本の古典18』中公文庫
さいとう・たかを『太平記(上)まんが日本の古典18』中公文庫
いやあ…以前は戦記物は平家が一番と思ってましたが太平記も面白いですね
【ナンカン7/15,16】
横山光輝『新平家物語(下)まんが日本の古典12』中公文庫
横山光輝『新平家物語(下)まんが日本の古典12』中公文庫
子供用としては満点ですが大人としては平家が滅びたあとの建礼門院の様子をもう少し…
【ナンカン7/14】
横山光輝『新平家物語(中)まんが日本の古典11』中公文庫
横山光輝『新平家物語(中)まんが日本の古典11』中公文庫
馬は小さいですが合戦の迫力は大きいです
【ナンカン7/12,13】
横山光輝『新平家物語(上)まんが日本の古典10』中公文庫
横山光輝『新平家物語(上)まんが日本の古典10』中公文庫
馬が小さく描かれてます。昔の日本馬は小さかったのですね
【ナンカン7/11,12】
横山光輝『伊賀の影丸第1巻』秋田書店
横山光輝『伊賀の影丸第1巻』秋田書店
小学校時代大興奮して読んだ一番好きな漫画でした。買い揃えようかな?
Blu-ray
『新映像の世紀第5集 若者の反乱が世界に連鎖した激動の1960年代』
『新映像の世紀第5集 若者の反乱が世界に連鎖した激動の1960年代』
60年代の若者たちはエネルギーに満ちあふれてましたね。
CD
『ドヴォルザーク:新世界交響曲』
『ドヴォルザーク:新世界交響曲』
レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック。小生が小学5年で初めって買ったクラシックがコレの30pLPレコードでした
【以上ナンカン7/11】
BOOK
クーリエ・ジャポン編『変貌する未来 世界企業14社の次期戦略』講談社現代新書
クーリエ・ジャポン編『変貌する未来 世界企業14社の次期戦略』講談社現代新書
ここに日本企業や日本の企業人が含まれないことはやはり悲しむべきことかな?
山口尚『日本哲学の最前線』講談社現代新書
山口尚『日本哲学の最前線』講談社現代新書
日本の若き知性に触れましょう!
【以上ナンカン7/10】
DVD
『太陽の中の対決』
『太陽の中の対決』
ダサイ日本語タイトルですが中味は文芸西部劇で面白いす。
BOOK
エルモア・レナード『オンブレ』新潮文庫
エルモア・レナード『オンブレ』新潮文庫
上記映画の原作は翻訳・村上春樹です
【以上ナンカン7/9】
ジュリア・カジェ『なぜネット社会ほど権力の暴走を招くのか』徳間書店
ジュリア・カジェ『なぜネット社会ほど権力の暴走を招くのか』徳間書店
ピケティ絶賛らしいけど…そりゃヨメハンの仕事なら誉めるわなあ
【ナンカン7/8,9,10】
手塚治虫『火の鳥1黎明編』角川文庫
手塚治虫『火の鳥1黎明編』角川文庫
文庫で読んでも素晴らしい。文庫ならではの特典も沢山あります
【ナンカン7/5.6】
Blu-ray
『新・映像の世紀第4集 世界は秘密と嘘に覆われた冷戦』
『新・映像の世紀第4集 世界は秘密と嘘に覆われた冷戦』
そうか。エジソンやフォードやリンドバーグもナチス支持だったのか…
【ナンカン7/5】
BOOK
石ノ森章太郎『古事記―マンガ日本の古典(1)』中公文庫
石ノ森章太郎『古事記―マンガ日本の古典(1)』中公文庫
同じ漫画家で読むとしたのさ句ヒントのつながりを感じますね
【ナンカン7/4,5】
沼正三+石ノ森章太郎『家畜人ヤプー宇宙帝国への招待編』辰巳出版
沼正三+石ノ森章太郎『家畜人ヤプー宇宙帝国への招待編』辰巳出版
最初に読んで仰天したのは大学生の時でした。
沼正三+石ノ森章太郎『家畜人ヤプー悪夢の日本史編』辰巳出版
沼正三+石ノ森章太郎『家畜人ヤプー悪夢の日本史編』辰巳出版
漫画が先で原作の小説は後でしたけど石ノ森氏の解説の多い漫画がよくできてますね
【以上ナンカン7/4】
小笠原博毅+山本敦久『やっぱりいらない東京オリンピック』岩波ブックレット
小笠原博毅+山本敦久『やっぱりいらない東京オリンピック』岩波ブックレット
東京五輪2020は反対派の本の方が圧倒的に優れてますね
【ナンカン7/3】
竹宮恵子『吾妻鏡(上)―マンガ日本の古典〈14〉』中公文庫
竹宮恵子『吾妻鏡(上)―マンガ日本の古典〈14〉』中公文庫
これは竹宮恵子の最高傑作と思えるくらいの力作ですね。他の作品をほとんど読んでませんが(>_<)
竹宮恵子『吾妻鏡(中)―マンガ日本の古典〈15〉』中公文庫
竹宮恵子『吾妻鏡(中)―マンガ日本の古典〈15〉』中公文庫
義経よりも頼朝を認めたくなりますね。当然のことかな?
竹宮恵子『吾妻鏡(下)―マンガ日本の古典〈16〉』中公文庫
竹宮恵子『吾妻鏡(下)―マンガ日本の古典〈16〉』中公文庫
承久の変をもう少し詳しく…って原作を読めばいいのかな?
高島俊男『中国の大盗賊 完全版』講談社現代新書
高島俊男『中国の大盗賊 完全版』講談社現代新書
難解読み直しても面白い名著。「大盗賊毛沢東」と習近平まで続く「共産党王朝」がよく理解できます
【以上ナンカン7/1】
DVD
『ピンポン』
『ピンポン』
現代スポ根映画。スポーツ理解のためには見るべきところは皆無です
【ナンカン6/30】
Blu-ray
『ハチ公物語』
『ハチ公物語』
山城新伍さん、殿山泰司さん、懐かしかったなぁ。けっこう面白かったのは新藤兼人さんのシナリオと八千草薫さんの笑顔おかげでしょうね。
DVD
『吾輩は猫である』
『吾輩は猫である』
ハチ公の飼い主は漱石の猫も飼っていたのかと思うほど仲代達矢は学者先生にハマってますね。
Blu-ray
『新・映像の世紀 第3集 世界は独裁者を求めた 第二次世界大戦』
『新・映像の世紀 第3集 世界は独裁者を求めた 第二次世界大戦』
ヒトラー、ムッソリーニ、スターリン…民主主義のなかからでも独裁者は出現しますからね
【以上ナンカン6/28】
DVD
『小説吉田学校』
『小説吉田学校』
講和が終わったあとのお父さん(吉田茂=森繁久弥)は我が身を守るだけと娘(夏目雅子)に叱られます。映画として良くできてます。
【ナンカン6/27】
BOOK
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとRakutenブックスへ跳びます。amazonよりもこっちの評価のほうが正しいですね(笑)。どうぞ、お買い求めを!
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとamazonへ跳びます。どうぞ、お買い求めを!
『プロ野球大事典』(新潮文庫)3
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね。
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaitenbooks)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
(以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit-ビット- bit.
index 『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る