コラム「スポーツ編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2006-05-29

この岡田武史・横浜F・マリノス監督へのインタヴュー原稿は、『スポーツ・ヤァ!』(角川書店)の創刊100号記念企画(2004年)「スポーツ文化を考える」シリーズ第1回として掲載されたものです。6月からのワールドカップ・ドイツ大会期間中、週刊発売(いつもは隔週発売)となる同誌で、岡田監督との「観戦連載対論」が(6月15日発売号から)掲載されますので、この機会に「岡ちゃんのサッカー人生」ともいえるこのインタヴューを“蔵出し”します。

社会はスポーツとともに

――岡田監督は中学からサッカーを始められましたが、最初にサッカーで充実感とか感動を得られたのは、いつだったですか?

岡田 高校3年のとき、クウェートで開かれたアジア・ユースに代表として選ばれたときかな。それが初めての海外旅行で、いろんな外国の選手と交流できたのが新鮮でした。英語もろくに話せなかったけど、イラン人の友達ができて、帰国してからも文通を続けました。イラン・イラク戦争で音信不通になったのは残念だったし、僕は控えで試合には出られなかったけど、サッカーをやってなかったら海外に行くこともなかったし、よかったと思いましたね。

――高校生でユース代表は見事ですね。

岡田 3人選ばれた高校生のなかの一人で、僕は大阪代表のキャプテンとして国体には出場したけど、全国大会には出てないし、誰か注目してくれた人がいて選考合宿に呼ばれたんでしょう。でも、社会人や大学の選手が多くて、眼鏡をかけてプレイする僕なんか全然ついていけなかったのに、4次まであった合宿で、いつも最終日の選考の頃になると調子が良くなって練習試合で得点して、選考に残ることができた。

――現在のマリノスの粘りの原点ですね。

岡田 試合は選手がプレイしてるんだよ(苦笑)。でも、最終合宿が大学受験の真っ最中で、クウェートに行ってるときに合格発表があって、先輩に見に行ってもらったら、名前がないといわれた。

――それで1年間の浪人生活・・・。

岡田 そう。サッカーで大学に行こうともサッカーを続けようとも思わなかったから、早稲田に合格した後も、サッカー部ではなく、サッカー同好会に入りました。浪人中はサッカーをしなかったし、身体も鍛えてなかったから。

――サッカーにあまり熱を入れなかった?

岡田 中学を卒業した頃は、高校なんか行かずにドイツへ行ってプロになると宣言してました(苦笑)。当時はクラマーさん(東京・メキシコ五輪の日本代表コーチ)以来、ドイツのサッカーが中心でしたから。でも、高校へ行ってからでも遅くないと親に説得されて、それでもきかないから、親父に新聞社のエライさんのところに連れて行かれた。そのエライさんは、大胆なことをいう少年の夢を叶えてやろうかとも思ってたらしいけど、会ってみたらメガネかけたひょろひょろの餓鬼が生意気なこといってるだけ(笑)。それで高校へ行けと親父と一緒に説得されて、ドイツの夢もなくなって、大学でも同好会でぷらぷらしてたら、あるとき西が丘球技場で平木さん(のちの名古屋グランパス監督)に出逢って、「何のためにユースに選んだんだ! すぐに協会に来い!」といわれて協会に行ったら、長沼さんとかに囲まれて説得されて、その場で早稲田のサッカー部に電話されて、翌日から練習に行かされた(苦笑)。

――それ以来、サッカー一筋の道を?

岡田 いや、まだまだ(笑)。大学卒業のときは環境問題に興味を持って、マスコミ関係に進もうとしたけど、テレビ局の入社試験に落ちて(苦笑)。学生結婚して女房もいたので、働かなければならないし・・・。

――それで古河へ?

岡田 民法の単位を落として卒業できなくなりかけたのを堀江先生(ベルリン五輪出場選手)に助けてもらったりとか、いろいろあって、サッカーから離れよう離れようとしても、なぜか離れられなかったですね。

――サッカーが嫌いにはならなかった?

岡田 サッカーは好きでした。学生代表でメキシコでのユニバーシアードに出場したり、日本代表に選ばれるようにもなって、古河に入ってからは海外遠征も増えたし、充実してましたよ。でも、会社で仕事もまかされて、それもやり甲斐があったし、サッカーをやることで何かを得ようとか、生活しようとか、そういう考えはなかったですね。

――当時の目標としてW杯は?

岡田 それは眼中になかった。別世界という感覚。目標はオリンピックで、ロサンゼルス(84年大会)には行けると思ってたけど、アジア予選の初戦でタイに負けてしまった。そこからずるずると崩れて・・・。でも、当時は代表チームがヨーロッパ遠征に行っても、地方都市の2部か3部のチームしか試合をしてもらえなかったし、そこと対等な試合をするのに必死というレベルでした。それに、会社の給料にはサッカー部手当や勝利給はありましたけど、製造業の会社というのは残業手当が大きくて、僕らにはそれがないからけっこう生活は苦しくて、女房と6畳一間のアパートから銭湯に通って、代表合宿に呼ばれると小遣いがないからサラ金からカネを借りて、60円の自販機のジュースも我慢するような生活でした。けど、カネのないことや会社の仕事があることをハンディだとは思わなかったし、好きなサッカーをして充実感はありましたね。

――それから古河のコーチに?

岡田 34才で現役を引退して、コーチになると人事部付きになって、基本的に会社の仕事はしなくてもよくなるんです。けど、2年で行き詰まってしまいましてね。

――行き詰まったというのは?

岡田 僕は生意気な選手でね(笑)、選手時代からオレがチームを動かしてるんだという気持ちでミーティングとかもやってたんですよ。監督やコーチは選手の気持ちがわかってなくて、選手のやりたいようにやらせてくれないから、コーチになったら、選手にやりたいようにやらせようとしたんです。でも、それは大きな間違いで、やっぱり指導者と選手では試合や練習に対する考え方が違って当然ということに気づいた。そこで一から勉強し直さなければと思って、ドイツに留学させてくれといったんです。ダメなら会社を辞めてでも行くと・・・。

――当時の日本では、コーチングや指導法のノウハウが確立してなかったですよね。

岡田 そう。代表の合宿でも、夜は監督も一緒に全員で宴会です(笑)。体育会系的仲良しグループで、僕もそういうものを引きずっていた。

――ラグビーの平尾誠二も、代表合宿の夜は一気飲み選手権だったといってた(笑)。

岡田 どれだけ飲んでも翌日きちんと練習できないとダメ、というノリで、僕は酒が飲めなかったからきつかった(苦笑)。けど、具体的な指導法や、監督と選手のあいだに一線を引く方法とかが、ドイツへ1年間留学したことでよくわかりました。

――そして帰国したらJリーグの開幕・・・。

岡田 家族で渡っていたドイツから帰国して1〜2週間後に開幕戦でした。国立競技場にヴェルディ対マリノスの試合を見に行きましたけど・・・。これが日本なのかと仰天しましたね(笑)。たった1年で、日本はこんなに変わったのかと、ほとんど浦島太郎状態(爆)。ガラアキだった客席が超満員で、サポーターが両チームの応援に分かれて、チアホーンが鳴って・・・。応援といえば、会社のチアリーダーしか知らなかったのに(笑)、びっくりしましたよ。

――そして岡田さんも古河電工を退社して、プロとしてジェフのコーチに。

岡田 子供が3人いてマンションも買ったところで、どうしようかと迷いましたけどね。契約条件もたいしたことなかったし(笑)。でも、大きく日本のサッカー界が変わろうとしているときに、おれのような立場の人間が水をさすのもよくないと思ったので、ここは流れに身をまかせるのがいいかな、と思って決めたんです。

――のちに代表監督として取材を受けられたときは、Jリーグの理念に賛同したから、という発言もされましたが・・・。

岡田 それは、あとでつけた理屈ですね(苦笑)。当時は株価が大きく下がっても、まだバブル崩壊の実感はなくて、銀行までが倒産するとは思ってなかった。けど、大企業の社員でも安穏としていられないという声はあったし、「会社員でもプロのコーチでも、どっちをやっても変わらないか」という程度のノリでした(笑)。でも、学生時代から関心のあった環境問題に関わりたいけれども、能力もきっかけもないというときに、Jリーグという地域社会と密接に結びついたスポーツ活動が生まれ、自分もサッカー指導者としてそれに関わることによって、地域社会のためとか、大きくいえば人類のため、地球のための仕事に少しは関係できると思うと、自分に対する慰めというか、納得できる材料にはなりましたね。風が吹けば桶屋が儲かる、という程度の理屈かもしれないけど(苦笑)。

――それにしても、Jリーグの誕生は劇的な出来事だったといえますね。

岡田 それは、本当にそう思いますよ。第二次大戦後の日本の高度経済成長に匹敵するくらいの劇的な変化です。これほど劇的に変化し、成長した例は、世界のサッカー界でも、他に類を見ないでしょう。

――成功した要因は何だったのでしょう?

岡田 やっぱり、理念というものが意味を持ったと思いますよ。それまでの日本には、理念やポリシーを持つものが存在しなかった。プロ・スポーツは金儲けの興行なんだけど、Jリーグは、ただの興行じゃない。おカネをもらってショーを見せるんじゃなく、ホームタウンのスポーツ文化を発展させ、町おこしに貢献し、ライフスタイルを変える拠点にもなり、ひょっとしたら環境問題にも関わる。けっしてそれがメインの目的ではないけど、理念がなければ、メインの活動を支えられないし、メインの目的も達成できない。

――メインの活動と目的とは、日本のサッカーを強くしてW杯で活躍することでしょうが、それ自体には、勝って嬉しい、強くなって嬉しい、という以外、さしたる意味はないですからね。

岡田 スポーツが社会に根付いて、人々の暮らしのうえで意味を持つには、小さな積み重ねが必要なんです。現場レベルの話をすると、Jリーグも最初のうちは延長Vゴール方式で引き分けナシの2シーズン制でした。それは「運」がからんで観客には面白く、興行事業としてはプラスかもしれないけど、本当に強いチームを決めるリーグ戦とはいえなかった。それが徐々に改善され、引き分けも生まれ、来季(2005年)からはホーム&アウェーの1シーズン制になる。興行性が薄められても事業としてマイナスにならない。スポーツが根付きはじめたわけです。

――レアル・マドリッドが来日してジダンの凄いプレイを見ても感動しますが、「おらがチーム」を必死になって応援する感動とは較べものにならない・・・。

岡田 そこがファンとサポーターの違いですよ。サポーターはチームと共に闘うなかで感動を得る。ファンはお金を払って感動を買う。経済的に潤った現代では、感動をおカネで簡単に買えるようになった。けど、おカネでは買えない感動をJリーグは与えたし、与えようとしているし、それを多くの人々が求めてもいるんだと思いますよ。

――それは理屈ではわかっていても、Jリーグ1年目にアントラーズが優勝して、鹿島のおばさんやおじさんが涙を流したとき、誰もが本当に気づきました。

岡田 昔は僕も野球をやっていて、初めて自分のグローヴを手にしたときって、寝るときも抱いて布団に入ったじゃないですか。でも、いまは適当に快適で、適当に感動を得て、エアコンの効いた部屋で適当に生きていける。そういうなかで若者や子供たちの目から輝きがなくなってきた。スポーツは、その輝きを取り戻すことができる。だから、スポーツはやっぱりみんなで一緒に創りあげる文化といえるんですよ。

――Jリーグはプロ野球とは違う・・・。

岡田 プロ野球は、文化としての活動よりも興行性が大きすぎるんでしょうね。

――しかし、Jリーグにももちろん興行性は必要で、その点マリノスは、カルロス・ゴーンが立て直した日産がバックについているから恵まれているといえますよね。

岡田 そんなことないですよ。僕らは横浜F・マリノスとして自立するのが目標ですから。日産もゴーンも関係ない。ゴーンはカネを出すといってくれるけど、将来の自立のことを考えると、無駄なカネは使えない。無理な要求をする気もない。ユニフォームの胸のロゴも、露出度から考えれば12億円くらいの価値があるらしいけど、相場としては2億円くらい。しかし7億円出してもらってる現状では、5億円の赤字補填をしてもらってると考えられるわけです。そういう部分をなくして、自立した経営をできるようにしたいですね。

――そういうJリーグと各チームのやり方は、他の日本のスポーツにとってのモデルケースになると考えていいでしょうか?

岡田 僕は、そうは思いません。Jリーグは、たまたま理念を掲げて地域に密着したスポーツクラブとしての活動を12年間続けてくることができた。でも、だからJを真似ろというと、他のスポーツ界の人も面白くないでしょう。それにJリーグも、まだまだやれることがいっぱいある。たとえばマリノスも、サッカーだけでなく他のスポーツの普及に力を入れるべきだし、(和太鼓の)林英哲さんのコンサートなんかをマリノス主催でやってもいい。要は、便利さと快適さばかりでギスギスした暮らしにくい現代社会に、本当の感動で夢や潤いをもたらすのが目的なわけです。だから、いろんなスポーツ界の人が独自にいろんなアイデアで動けばいいと思う。

――プロ野球界も、いまがチャンスですね(註・この年、プロ野球選手会のストライキが行われた)。

岡田 詳しい事情はわからないけど、Jリーグでもフリューゲルスとマリノスの合併があったわけです。でも、そのときライブドアがフリューゲルスを買いたいといってきていたら、少なくとも話は聞いたでしょうね。それに全日空もサポーターに説明をした。そもそも企業が赤字ならば企業メセナなんて不可能なのは当たり前で、だからこそ、各スポーツクラブは独立を目指さなければならないし、さらに税制の改革なども求めていくべきでしょう。横浜ベイスターズの二軍の横須賀シーレックスなんか、寮やグラウンドを維持するには償却費や固定資産税が大変で、年間40億円かかるという。そういう税制を改めてもらわないと・・・。

――スポーツは地域社会だけでなく、国際交流にも重要な役割を果たしますからね。

岡田 中国でのアジア杯ではいろいろ問題があったけど、僕らが代表だったときも、釜山での韓国戦なんか、ガラスの瓶を投げつけられたりしましたよ。でも、交流が続いて互いに理解が進むと、そういうことはなくなってくるものです。日本のサポーターが相手国の国歌にブーイングしたことも過去にはあったんだから。日本の社会も様々な国も、もっともっとスポーツとともに成長すればいいんですよ。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

スポーツとは何か? と訊かれて貴方は答えられますか?〜神奈川のスポーツの発展に望むこと

東京五輪へバリアフリーの充実を!

東京五輪のゴルフ場問題 都営の若洲変更しかない

天才ラガーマン、ミスター・ラグビー平尾誠二氏の早すぎる死を悼む〜戦い続けたラグビー人生

東京五輪の真の意義を見つけ出そう!

スポーツは政治に負けた・五輪の価値考え直す時

五輪選手は平和復興の戦士

長嶋茂雄を知らない学生たち/野球を文化にするために

リオ五輪閉会式に安倍首相登場/場に相応しくない人選

高校生のための高校野球!高校生監督の実現を

君が代は国歌ではなく日の丸は国旗ではなし 森元首相はオリンピック憲章を読め!

五輪開催は経済のため?問題続発で返上論も噴出

東京五輪ゴルフ競技会場問題第2弾・霞ヶ関CCで消える億円単位の巨額血税

「賭博」は犯罪なのか?

清原を呑んだ薬物汚染/球界が講ずべき処方箋

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる! ようやく「誤訳」が改められる

2020東京五輪ゴルフ開催コース「霞ヶ関CC決定」に“慶応人脈”の暗躍

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する“意義”を忘れはならない!

石巻に設置された旧国立競技場聖火台/格闘術が武道に進化する民主主義とスポーツの関係

スポーツ庁で日本のスポーツと社会の大変革/スポーツ庁は東京五輪最高のレガシー(遺産)となれるか?

復活できるか?ラグビー人気

スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか?

高校野球から「軍事色」の消えるのはいつ?

新国立競技場に毎月P・マッカートニーを呼べますか?神宮外苑に戦艦大和が出現する!建設費も維持費もドンブリ勘定

2020年東京オリンピックの新種目は?野球&ソフトボールも見たいが、綱引も面白そう

日本人はスポーツを知らない。その大問題に気づかなければ……

「女性のスポーツ」を学ぼう!

東京五輪開催の目的は、スポーツ立国の実現にあるはずだが……

高校野球の本質を考えよ――タイブレークに疑問……高校生に娯楽の主役を演じさせるナンセンス

『週刊アサヒ芸能』新連載! NIPPONスポーツ内憂内患 第1回 「スポーツとは何か?」という問いに貴方は答えられますか?

スポーツとは言えない箱根駅伝に、大騒ぎするな!

高校野球問題の本質を考えよ

「朝日新聞問題」の元凶は、甲子園!?

日本のスポーツ界の発展を妨げてるのは……?

日本のスポーツ界の現状と課題

「オリンピズム(オリンピックの理念)」を理解せず、2020年を迎えられるのか?

サッカー映画『ネクスト・ゴール』の素晴らしさ〜世界最弱のサッカー・チームが「夢の1勝」をあげるまでの人間ドラマ

ドイツW杯優勝はブンデスリーガの勝利!

日本のスポーツ界はサッカーを見習え!

日本のスポーツ文化とワールドカップ

今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!

新国立競技場は本当に建設できるのか?

野球が五輪競技に復活?! そのときはスピードアップの7イニング制?

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定記念講座 「オリンピック」とは何か?〜その意義と意味を考える 2020東京オリンピック・パラリンピックで日本はどう変わる?

オリンピックは[スポーツ+政治」。東京五輪2020で日本はどんな政治的メッセージを発信するのか!?

体育からスポーツへの大転換の時代――スポーツ・ジャーナリズム、スポーツ・ジャーナリストに求められることは?

『NIPPONスポーツ宣言2013』への賛同署名を求めます

2020年東京五輪を開催する意義とは…?

東北楽天日本一/3・11から11・3へ/スポーツの存在理由示した

1964年東京五輪聖火台を被災地へ!

読売・朝日・毎日が支配する野球界の不可思議な構造は、いつ終わる?!

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より

2020東京五輪招致成功!それは体育からスポーツへの大転換!しかし……。

オリンピックは「外交力」の勝負!/東京五輪がどうなろうと、招致結果にとらわれず……。

オリンピックって何?――オリンピックの存在意義

プロ野球「飛ぶボール事件」の本質

新しいネット・スポーツメディア誕生!!

日本のバレーは「お家芸」だから弱体化?

猪瀬都知事「失言」後の「東京五輪招致」に必要なことは?

「長嶋茂雄ラストショー(最後の賞?)」後の日本プロ野球の未来は?

民主主義がスポーツを生んだ

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

五輪招致の今こそスポーツ行政改革を!

柔道は日本の生んだ「反暴力」のメッセージを含むスポーツ/日本人は今こそ、スポーツ(柔道)の真の理解を!

今も体罰肯定論が横行:我が国の体育教育は異常だ

桜宮高校事件をきっかけとした新しい体育教育への提言

くたばれ!箱根駅伝!大学スポーツ否定論

2020年東京五輪で、オリンピックとパラリンピックの合体を!

60年代のスポーツ――その「光」と「陰」と…

2020年東京オリンピックは「初音ミクと團十郎」!?

左投手はなぜサウスポーと呼ばれるのか? スポーツ文化の重要性

メディアの「文化(スポーツ)支配」の危険性

共同通信社・編『心の聖地 スポーツ 闘いの記憶』岩波書店・刊(1,800円+税)

「オリンピック」って何?〜東京五輪招致にとって大切なことは…

韓国サッカー選手の「愚行=五輪政治利用行為」を、日本政府とメディアは絶対に看過するな!

ロンドン五輪「メディア革命」の行方/2020年東京招致〜私はこう考える

対談・スポーツで語る新世紀 第1回 ゲスト・猪谷千春(IOC委員)「オリンピックの描き出す人類と地球の未来」

対談・スポーツで語る新世紀 ゲスト・ェ仁親王「日本のスポーツの未来を憂える」

プロ野球人気を拡大するには…

チーム作りは誰のため?

国連スポーツ保障理事会(S保理)北朝鮮非難決議

東京マラソンで考えたこと

メディアとスポーツ 求められる批判者(ジャーナリズム)の視点

オリンピックから「世界」が見える

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

NPB(日本のプロ野球)はマイナーリーグ?

被災地に聖火を!

SPORTSその世界●近鉄バファローズ監督・西本幸雄

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

新潟にプロ野球新球団誕生か!?それを計画するプロ野球人は誰?

女子スポーツの発展は男子スポーツも支える

「体育」では「体づくり」だけでなく「スポーツの歴史・文化」も教えてほしい。

東京五輪招致落選。国際政治の追い風は吹かず。今後は日本のスポーツ環境を整えるべし。

「記録の神様」宇佐美哲也氏への感謝

「時代」はヒーローを産む 斎藤佑樹投手は「どんな時代」の「どんなヒーロー」か…?

何のための五輪招致か?

冬季五輪の「変貌」は、オリンピック全体の「大変化」につながるのか?

歌やスポーツとともに震災からの復興を!

「スポーツ基本法」を御存知ですか?

相撲は現代スポーツになりえない!?

震災とスポーツ

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

スポーツの教科書を作りたい!

世界一お馬鹿なスポーツ 「ビアポン」を知ってますか?

「球団」と「球場」どっちが大事?

『60年代のスポーツ』――その光と影と……

1974年10月14日――長嶋茂雄がバットを置いた日

スポーツ中継・スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

美しい「JUDO」が見たい!

スポーツが現代人に教えてくれること――グローバルに考えてローカルに行動

賭博は「悪」か? 「必要悪」か?

日本のサッカーの弱点は…?

人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は、人類生誕の地(アフリカ)で、新たな時代を拓く

スポーツにおける日本人のオカシナ常識

「野性味」は「体育教育」から生まれない

日本サッカー青春時代の闘い

「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

「自民党=政府」でなくなった「二大政党制」の時代に、「スポーツ政策」を構築するのは誰?

冬の五輪は「自然」との闘い

長嶋茂雄・著『野球は人生そのものだ』 不世出の野球人の述懐

貴乃花親方は理事に若すぎる?

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

民主党政権で日本のスポーツは変わるか?

2016年五輪はリオに決定。東京に欠けていたものは何か?

東京五輪招致の真の敗因

「熱帯の日本」は「ウィンタースポーツ」もできる不思議な国?

2016年、東京五輪・パラリンピック招致〜玉木正之氏「東京五輪に賛成する理由」-前編-

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

開発と規制の狭間で

WBCよりも大切なこと

ON時代の真の終焉

2016年東京にオリンピックがやってくる?

2016年東京五輪開催の可能性

野茂英雄投手の功績と日本球界の課題

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

日本にスポーツジャーナリズムは存在するのか?

野茂の功績と日本球界の課題

人類は4年に一度夢を見る

水着で「言い訳」をしたのは誰?

世界史のススメ

『玉木正之のスポーツジャーナリスト養成塾』夏期集中講座

Jack & Bettyは駅の前

五輪とは死ぬことと見つけたり

セールスマンの死

日本人野球選手のMLBへの流出が止まらない理由

深い衝撃

大学はスポーツを行う場ではない。体育会系運動部は解体されるべきである。

スポーツニュースで刷り込まれる虚構 <森田浩之・著『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる〈日本人〉』NHK出版生活人新書>

メディアのスポーツ支配にファンが叛旗

スポーツと体育は別物

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第5回(最終回)「W杯守備重視の傾向は今後も続く?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第4回 「ブラジルは何故ロナウドを使い続けた?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第3回 「個人のサッカーの差がこんなに大きかったとは…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第2回「世界のランクBからAへ昇るには…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第1回「追加点を取るという国際的意識に欠けていた」

巨人の手を捻る

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」(加筆版)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

「朝青龍問題」再考

大相撲の改革の契機に

“日本のサッカー”は“現代日本”を現す?

スポーツとは合理的なもののはずなのに……

世界陸上と日本のスポーツの未来

デデューの「復帰」に学ぶ「カムバック」に必要なもの

特待制度は「野球の問題」か?

学校はスポーツを行う場ではない!

動き出すか?球界の真の改革

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

日本スポーツ界における「室町時代」の終焉

「水泳ニッポン」は復活するのか?

スポーツはナショナリズムを超えることができるか?

「歴史の重み」による勝利は、いつまで続く?

スポーツ総合誌の相次ぐ「廃刊・休刊」に関して考えられる理由

廃刊の決まった『スポーツ・ヤァ!』をなんとか継続できないものか!?

日本の野球選手はなぜアメリカを目指すのか?

日本のプロ野球と北海道ファイターズに未来はあるか?

私の好きな「スポーツ映画」

東京・福岡「五輪招致」のナンセンス?

政治と格闘した宿命のチャンピオン〜モハメド・アリ

日本のスポーツ界は「中田の個人の意志」を前例に

「求む。新鋭ライター」〜玉木正之の「第5期スポーツ・ジャーナリスト養成塾夏期集中講座」開講のお知らせ

1個のボールが世界の人々を結ぶ

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

社会はスポーツとともに

「日本サッカー青春時代」最後の闘い

スポーツは、学校(教育の場)で行われるべきか?

常識を貫いた男・野茂英雄(日本人ヒーロー/1995年大リーグ新人王獲得)

「玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト養成塾第4期GW期集中講座」開講のお知らせ

最近のプロ野球は面白くなった!

人生に「アジャストメント」は可能か?

「栄光への架け橋だ!」は、五輪中継史上最高のアナウンスといえるかもしれない。

スポーツの「基本」とは「ヒーロー」になろうとすること?

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

アジアシリーズ日韓決戦レポート『日本の野球はどのように進化したか?』

2005日本シリーズに見た「短い闘い」と「長い闘い」

イーグルス1年目をどう総括する?

スポーツとは経験するもの? 想像するもの?

阪神電鉄VS村上ファンド――正論はどっち?

高校野球の「教育」が「暴力」を生む

『スポーツ・ヤァ!玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト実践塾』進塾希望者への筆記試験

ナニワの乱痴気

スポーツが開く未来社会

タイガースって、なんやねん 第10回「星野監督・阪神・プロ野球/それぞれの未来」

タイガースって、なんやねん 第9回「この先は、どんな時代になるんやねん?」

タイガースって、なんやねん 第8回「ミスター・タイガースはおらんのか?」

タイガースって、なんやねん 第7回「誰がホンマのファンやねん?」

タイガースって、なんやねん 第6回「関西は「豊か」やからアカンのか?」

タイガースって、なんやねん 第5回「星野さんは、コーチやなくて監督でっせ」

タイガースって、なんやねん 第4回「球団職員にも「プロの仕事」をさせまっせぇ」

タイガースって、なんやねん 第3回「星野監督は当たり前のことをする人なんや」

タイガースって、なんやねん 第2回「今年のトラにはGMがおりまっせ」

タイガースって、なんやねん 第1回「今年はバブルとちゃいまっせ」

「関西・甲子園・タイガース」=バラ色の未来――あるタクシードライバーの呟き

第V期スポーツジャーナリスト養成塾夏期特別集中講座・配布予定資料一覧

失われた「野球」を求めて――「楽天野球団」は「新球団」と呼べるのか?

浜スタから金網が消えた!

わたしが競馬にのめり込めない理由(わけ)

プロ野球ウルトラ記録クイズ

島田雅彦vs玉木正之 対談 『北朝鮮と闘い、何がどうなる?』

野球は、なんでこうなるの?

投手の真髄――PITCHING IN THE GROOVE

「球界第二次騒動」の行方は?

2005年日本スポーツ界展望〜「真の新時代」の到来に向けて

日本のスポーツの危機

野球は「学ぶもの」でなく、「慣れ親しむもの」

ライブドア堀江社長インタヴュー「落選から西武買収まで、すべて話します」

球団・選手「金まみれ」の甘えの構造

地域社会に根ざすスポーツ

新球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に望むこと

闘いはまだまだ続く

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」

奇蹟は起きた!

さようなら、背番号3

プロ野球ストライキと構造改革

「メディア規制法」とスポーツ・ジャーナリズム

黒船襲来。プロ野球維新のスタート!

パラリンピックを見よう! 日本代表選手を応援しよう!

アテネ大会でオリンピック休戦は実現するか?

「NO」といえるプロ野球

プロ野球選手が新リーグを創ってはどうか?

買収がダメなら新リーグ

「逆境こそ改革のチャンス!」

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

F1― それは究極の男の遊び

「戦争用語」ではなく「スポーツ用語」を

スポーツは国家のため?

阪神優勝で巨人一辺倒のプロ野球は変わりますか?

「高見」の論説に感じた居心地の悪さ

原稿でメシを食ったらアカンのか?

アメリカ・スポーツライティングの世界

<戦争とスポーツ>

長嶋野球の花道と日本球界の終焉

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

ニッポン・プロ野球の体質を改善する方法

草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?

理性的佐瀬稔論

新庄剛志讃江――過剰な無意識

無精者の師匠、不肖の弟子を、不承不承語る

誰も知らないIOC

日本のスポーツ・メディア

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る