玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(17.03.23更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2017-03-01 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
東京五輪へバリアフリーの充実を!
この原稿は、毎日新聞スポーツ面の不定期連載コラム「時評・点描」(2017年2月11日付朝刊)に書いたものです。2020オリンピックのゴルフ場問題が、「女人禁制問題」だけで騒がれてますが、問題はそれだけじゃないのですよね。また、「女性差別」が存在すると指摘されたゴルフ場の幹部が、「女性会員から不満の声は出ていない」といった内容の発言をしたそうですが、そういう問題でもないのですよね。ヒトコトで言うと「わかってないなあ…」としか言い様がないのですが、女性差別(や身障者差別)をしていて気づかず、なんとも思わないゴルフ場も、それに対して積極的に関与しようとしない五輪組織委員会も、問題アリと言えますねえ…という気持ちで、少々書き加えて、“蔵出し”します。
【記事全文を表示】

2017-03-01 タマキの蔵出しコラム「音楽編」 NEW!!
ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第4回 ♪キュイ〜ンとヴァイオリンが胸を掻き毟るメロディに乗って、♪アアア〜とテノールとソプラノが熱唱〜イタ・オペはガーリックとオリーヴオイルたっぷりのパスタの味わい!
この原稿は小学館発行の雑誌(今もあるのかな?)『サウンドパル』1997年8月号の『連載・玉木正之のビデオで見るオペラの時間』の第4回目として書いたモノです。のちに東京新聞社のサンシャインシティ文化センター『東京カルチャー倶楽部』での講座『オペラは、ほんまにオモロイでぇ〜』(1999年4月〜2000年3月)の講義録と合わせて『オペラ道場入門』(小学館2000年5月刊)として単行本にしました。そのときは、本の帯に佐渡裕(指揮者)島田雅彦(作家)野村万之丞(狂言師)岡田武史(コンサドーレ札幌監督=当時)山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)が推薦人として名前を連ねてくださり、出版と同時に料理評論家でオペラ・ファンの山本益博さんや、音楽評論家の故・宇野功芳氏や故・永竹由幸氏などが絶賛してくださった本でした。が、今では絶版になってしまったことでもあり、前回に続いて第4弾を“蔵出し”します。ご愛読をよろしく!
【記事全文を表示】

2017-03-01 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」 NEW!!
先人たちの語る日本マラソン低迷の理由/折山淑美『日本のマラソンはなぜダメになったのか−日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!』文藝春秋社
この原稿は、共同通信に書いたもので、昨年(2016年)12月20〜31日頃、多くの地方紙の書評欄に掲載されました。小生は、書評の原稿を書くときは、よほどのことがない限り、絶対に貶(けな)さないし、批判しない、ということを大原則にしています。貶したり批判したくなるような本は書評に取り上げなくていいのですからね。しかし、この本は、不満もあるのですが、多くの人に読んでほしい、日本のマラソンを考え直すきっかけにしてほしいと思い、共同通信社の書評担当者の依頼を断らずに、原稿を書きました。本来は「蔵出しスポーツ」で紹介するべき原稿でしょうが、書評ということでノンジャンルのコーナーで“蔵出し”します。東京マラソンが日本記録の更新を煽りました……が、しかし、ほんとうに日本のマラソンはどうしてダメになってしまったのでしょうねえ?と改めて思いますよねえ(何故エチオピアとケニアが強いのか?…は、川島浩平『人種とスポーツ〜黒人は本当に「速く」「強い」のか』中公新書が、「目鱗本」としてメッチャ面白いですよ)。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
DVD
『砂漠の流れ者 ケーブル・ホーグのバラード』
『砂漠の流れ者 ケーブル・ホーグのバラード』
ペキンパー監督の優しさがにじみ出ているハードボイルド西部劇。昔の男はヘンな乗り物(自動車)に轢かれて死ぬのだ
【ナンカン3/19】
DVD
『パリは燃えているか』
『パリは燃えているか』
パリをナチスの破壊から守った歴史大作映画。アラン・ドロンからオーソン・ウェルズまでスター総出演。実写も多く…しかしコレはクレマン監督の失敗作でしょう
【ナンカン3/18】
BOOK
小野容照『帝国日本と朝鮮野球-憧憬とナショナリズムの隘路』(中公叢書)
小野容照『帝国日本と朝鮮野球-憧憬とナショナリズムの隘路』(中公叢書)
朝鮮半島の人々のスポーツ観&日本と対戦するときの心情がよく理解できました。40年以上スポーツと関わってもマダマダ知らないことが多いようです
【ナンカン3/15】
MOVIE
『アーロと少年』
『アーロと少年』
孫と一緒に見て楽しみました。4月から小学生の孫はアーロから勇気を教えられたようです(^o^)
BOOK
広瀬一郎『20世紀を知る-21世紀問題の原点』(東海大学出版会)
広瀬一郎『20世紀を知る-21世紀問題の原点』(東海大学出版会)
淡々と並べられている20世紀の出来事。でもそれらは絶対に知っておかねばならないことなんですよね
【以上、ナンカン3/13】
DVD
『ラフマニノフある愛の調べ』
『ラフマニノフある愛の調べ』
史実(ラフマニノフの生涯)とは少々異なるらしいけど映画としては悪くなかった。音楽の力は強いですねぇ。
BOOK
『近現代作家集T(池澤夏樹=個人編集日本文学全集26)』(河出書房新社)
『近現代作家集T(池澤夏樹=個人編集日本文学全集26)』(河出書房新社)
久生十蘭「無月物語」から岡本かの子「鮨」まで作品内容の時代順(平安時代から現代まで)。それって小生の編纂した『彼の奇蹟』や『9回裏2死満塁』と同じ考えですねぇ(^o^)
『久生十蘭全集全7巻』(三一書房)
『久生十蘭全集全7巻』(三一書房)
全巻読破したはずなのに「無月物語」のような素晴らし作品を忘れていた(>_<)
【以上、ナンカン3/11】
BOOK
村上春樹『騎士団長殺し』(新潮社)
村上春樹『騎士団長殺し』(新潮社)
買ってしまいました。まだ読んでません。1Q84よりもマシでドン・ジョヴァンニの出てくることを願ってます。
広瀬隆『日本近現代史入門 黒い人脈と金脈』(集英社インターナショナル)
広瀬隆『日本近現代史入門 黒い人脈と金脈』(集英社インターナショナル)
確かに司馬遼太郎史観(日露戦争までの日本は素晴らしかった)は鵜呑みに出来ません ね
【以上、ナンカン3/9】
DVD
『ジゴロ・イン・ニューヨーク』
『ジゴロ・イン・ニューヨーク』
う〜ん…面白くなくはない90分ですがビミョー。ユダヤ教の考え方は遠すぎる?従って面白さがよくわからんですね。
BOOK
間瀬茂夫『説明的文章の読みの学力形成論』(渓水社)
間瀬茂夫『説明的文章の読みの学力形成論』(渓水社)
中3の教科書に採用されている小生の文章『運動会』が引用されてます。
【以上、ナンカン3/4】
BOOK
木村俊二『教養としての世界史の読み方』(PHP研究所)
木村俊二『教養としての世界史の読み方』(PHP研究所)
世界史をガシッと鷲掴みできる本です。
稲田義行『神話から現代まで一気にたどる日本思想』(日本実業出版社)
稲田義行『神話から現代まで一気にたどる日本思想』(日本実業出版社)
これはわかりやすく勉強になりました。
ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』(河出書房新社)
ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』(河出書房新社)
コレもまだ読んでません。が、面白そうです
【以上、ナンカン3/2】
BOOK
適菜収『安倍でもわかる政治思想史入門』(KKベストセラーズ)
適菜収『安倍でもわかる政治思想史入門』(KKベストセラーズ)
地取りでも多くの人に読んで欲しい本。だが、もう少し下品でない言葉で非難できなかったものか。それだけ安倍首相がアホでヒドいのはワカルが…。
薬師院仁志『社会主義の誤解を解く』(光文社新書)
薬師院仁志『社会主義の誤解を解く』(光文社新書)
そうなんですよね。ソ連が滅んだからといって社会主義が間違ってたわけではないのですよね。
【以上、ナンカン2/28】
CD
『ディスタント・ライト』
『ディスタント・ライト』
ルネ・フレミングの現代スカンジナビア歌曲集。ビョークの歌がイイですねえ。
『バイオフィリア』
『バイオフィリア』
娘どもがイイ・イイと言ってたけど俺も聴いてみなければ
【以上、ナンカン2/27】
DVD
『Tito Gobbi: 100th Anniversary Edition』
『Tito Gobbi: 100th Anniversary Edition』
私の一番好きなオペラ歌手ですね。いや、歌役者と呼ぶべきですね。とにかく凄いです。
オペラ『Verdi:OTELLO』
オペラ『Verdi:OTELLO』
これはヴェニスの宮殿の庭を利用した野外ステージでのライヴ。なんとも美事な一夜の出来事です。ゴッビの歌唱指導のDVD付。これも見事。
オペラ『Verdi:OTELLO』
オペラ『Verdi:OTELLO』
これは1959年日本公演(オケはエレーデ指揮N響)の海外版DVD。ゴッビも凄いけどモナコも強烈ですね
【以上、ナンカン2/26】
DVD
『THE ORIGINAL THREE TENORS CONCERT』
『THE ORIGINAL THREE TENORS CONCERT』
三大テナーはこのカラカラ浴場での第1回がベスト!メータ指揮『シチリアの晩鐘序曲』は最高の演奏です
【ナンカン2/25】
Blu-ray
オペラ『ヴェルディ:シチリアの晩鐘』
オペラ『ヴェルディ:シチリアの晩鐘』
ヌッチやアルミリアートのズリ上げの歌い方は気になりますが、それ以外は完璧な素晴らしい舞台です。客席を使った演出が面白い
【ナンカン2/15・25】
Blu-ray
オペラ『ヴェルディ:運命の力』
オペラ『ヴェルディ:運命の力』
音楽を聴くだけなら悪くないのですが、小生には物語がイマイチぴんときません
【ナンカン2/21・25】
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
【以上・拙著の宣伝です】
BOOK
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、拙著の宣伝です】
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.