コラム「スポーツ編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2016-01-29
この原稿は『調査情報』2016年1-2月号に書いたものです。ロシアの「国家ぐるみ」のドーピングをいろいろ調べるウチに、どうすればそれをなくすことができるのかを考えることに行き着いてしまい、ウンウン唸りながら辿り着いた末の結論を書いてみました。自分で物事を考え、自分で結論を導き出す、というのは本当にシンドイ作業ですが、やらねば。感想、反論を待ちたい気持ちで“蔵出し”します。

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

 ロシア陸上競技界の「国家ぐるみ」とも言えるドーピング事件が明らかになった……。

 その話題に触れる前に、小生の経験したドーピングにまつわるひとつのエピソードを紹介したい。それは何年か前、日本を代表する男子3人女子2人の世界的アスリートと、シンポジウムに臨んだときのことだった。

 5人とも既に現役選手生活を引退し、既に指導的立場に立っていたが、控室での打合せのとき、司会を務めることになった小生は、彼らに向かって、次のような質問をした。

 もしも副作用がまったくなく、検査でも絶対に発覚せず、スポーツで力を発揮できるような薬が開発されたなら、使いますか?

 答えは全員同じ。5人ともが口を揃え、笑顔で「絶対に使う」と答えたのだった。

 私は、この回答に納得した。
 世界を舞台に活躍する一流のスポーツマンなら、金銭欲とか名誉欲といった二次的モチベーションを満足させる以前に、とにかく何が何でも勝ちたいという一次的モチベーションに、強烈に動かされているもので、苦しい日々の練習にプラスして、何らかの「助け」を得たいと思うのは当然だろう。

 そのうえ、ドーピングという問題には、たとえば、次のような微妙な課題も存在する。

 血液中の酸素を運ぶ赤血球を増やすために、高地トレーニングを行ったり、低気圧(低酸素)室で睡眠をとる、といった行為は許されている。が、同じ効果を高める薬物(EPO=エリスロポエチン=人体にも存在する赤血球産生増加ホルモン)を過剰に摂取することは、ドーピングとして禁じられている。しかし、この「差異」を、リーズナブルに、あるいは道徳的に、説明することは難しい(クスリは、努力を伴わないからダメということか?低酸素室での睡眠に努力が伴うというのか?)。

 そんなところへ、副作用もなく、摂取した痕跡も残らず、同等の赤血球を増加させる働きをしてくれる薬が登場したら、苦しい練習に加えて、普通の人が常々摂取してるビタミン剤と同じ感覚で、一流選手が使用したいと思うのは当然だろう。

 とはいえ、少々誤解を生じかねないこの質問を、私は本番で口にしなかった。が、会場からの質疑応答となったとき、まったく同じ質問を口にした聴衆が出たのだ。

 しかも、「薬を使いたいと思う人は手を挙げて下さい」と付け加えて。すると5人のうちの1人だけが勢いよく手をあげ、他の4人は目を伏せた。

 シンポジウムのあと、手をあげた元アスリートは、「みんな、ずるいなあ」と笑顔で他の4人を非難し、非難された4人も笑顔で「ごめんごめん」と謝り、私も笑った。

 スポーツ選手のホンネとタテマエ……。それを笑って済ますことができただけ、日本のスポーツ界は(まだ?)健全と言えるだろう。

 それに対して、ロシアで起きた「国家ぐるみ」のドーピング事件は、このような世界的一流選手の「勝ちたい」というホンネを利用する勢力が存在した。それこそが、最大の問題というべきだ。

 発端は、昨年ロシアの女子陸上選手が、ドイツのテレビ局に筋肉増強剤や興奮剤などの薬物を摂取させられていることを告発したことだった。それを受けてWADA(世界反ドーピング機構)がICPO(国際刑事警察機構)と手を組み、約1年間に及ぶ調査の結果、ロンドン五輪女子800m金メダルのサビノワ選手など、多くの選手がロシア陸上競技連盟の担当医師の「指導」のもとに禁止薬物を摂取していたことが判明。

 さらにソ連時代の秘密警察KGB(国家保安委員会)の流れをくむFSB(ロシア連邦保安庁)や、スポーツ省の関係者までが、ドーピング及びその隠蔽工作に関与していた事実が明らかになり、サビノワ選手など何人かの選手のメダルは剥奪。記録は抹消。

 ロシア陸上競技連盟に所属する選手の国際大会への出場禁止が勧告され、現状のままではロシアの陸上選手は、来年のリオ五輪に一人も出場できなくなる可能性まで出てきた。

 そもそもドーピングは、現代のスポーツ界にとって、最も厄介な問題とも言える。

 いまから約半世紀前、1964年の東京オリンピックの様子を映画にした市川崑監督の『東京オリンピック』を見れば明らかだが、スポーツ選手の身体は50年間のうちに、大きく「発達(変化?変身?)」した。

 60年代のアスリートは、誰もが我々と同じ普通の体つきを、頑張って鍛えたと思える程度の筋肉で、特に女性のアスリートは、普通のオバサンやオネエサンの体つきで、スポーツに挑んでいた。

 ところが現在のスポーツ選手の多くは、まさに「超人的」と言うほかない見事な体つき(筋肉)をしている。それは筋力トレーニングの発達やサプリメントの開発などの効果だけでは絶対に説明がつかない(としか思えない)。

 かつて、旧社会主義国の東欧(特に東ドイツ)やソ連では、「国威発揚」としてオリンピックで金メダルを数多く獲得するため、国を挙げてドーピングと取り組み、筋肉増強剤(アナボリック・ステロイド)や、先に紹介したエリスロポエチンを多用。さらに、それらを隠蔽する薬も開発したうえ、女子体操選手には成長抑制ホルモンを摂取させ、高度な技に挑戦しやすい小さな身体を維持させたりもした。

 そんな「国家がらみ」の不正によって68年のメキシコ大会で5位(金9銀9銅7)だった東独のメダル獲得数は、次の72年ミュンヘン大会で激増(3位=金20銀23銅23)。76年モントリオール大会(2位=金40銀25銅25)、80年モスクワ大会(2位=金47銀37銅42)、84年ロサンゼルス大会=不出場。88年ソウル大会=2位(金37・銀35銅30)と、ベルリンの壁崩壊以前の東独は、圧倒的なメダル獲得数を誇った。

 ロシアの前身であるソビエト連邦も、同時期メダル獲得数を増加させ、80年自国開催モスクワでの1位(金80銀69銅46)は、西側諸国が出場しなかったから当然にしても、88年ソウルでも1位(金55銀31銅46)を記録。

 ところがロシアの最近の成績は、04年アテネも08年北京も、中国・アメリカの後塵を拝して3位。12年ロンドン大会では、そこへイギリスが割って入って4位に落ち、プーチン大統領みずから、「国威発揚」のため好成績をあげるよう(1位の座を奪回するよう?)命令していた、と断言する人もいる。

 メダル数が「国威発揚」につながり「国家の威信」を示す……などというのは、独裁者や独裁国家のナンセンスな考えと言える。かつてヒトラー率いるナチス・ドイツは、1936年ベルリン五輪で、2位アメリカ(金24銀20銅12)を上回る1位のメダル獲得数(金33銀26銅30)を記録した。そのことを、今日、何人の人が記憶してるだろう? たとえ知っていたとしても、それをナチス・ドイツの栄光であると、国家に対する「評価」に結びつける人は皆無だろう。

 ナチス・ドイツが、スポーツでドーピングを国家的に行っていたという証拠はない。が、ドーピングを行えば(そして発覚しなければ)勝負に勝てる(メダルが獲れる)ことは、かつての東独やソ連が証明した。そこで旧社会主義国の選手だけでなく、資本主義諸国の選手たちも、ドーピングに手をつけた。

 88年ソウル五輪男子100mでぶっちぎりの優勝を果たしながらドーピングが発覚し、選手生命を絶たれたベン・ジョンソン(ジャマイカ出身のカナダ人)のことは誰もが知ってるだろう。同じくソウル五輪で女子100m、200m、400mリレーで金メダルを獲得したアメリカのフローレンス・ジョイナーも、男性化した筋肉質の体型と38歳の年齢での早逝は、薬物のせいだと言われている。

 また、日本ではあまり知られてないが、同時期に短距離選手として大活躍し、88年ソウルでジョンソンの驚異的な走りを横目で見ながら走って繰りあげ1位となり、84年ロス、92年バルセロナ、96年アトランタを合わせた五輪4大会で9個の金メダルを獲得したカール・ルイスも、一時期ドーピング検査で陽性反応が出て、危うく出場停止処分を喰らうところだったという(本人は、風邪薬などに含まれている禁止薬物のエフェドリン=交感神経興奮剤を、不用意に摂取しただけと弁明している)。

 その他、シドニー五輪女子短距離で金メダル3個銅メダル2個の活躍をしたマリオン・ジョーンズも、禁止薬物の使用が発覚してメダルをすべて返上するなど、「国」との関わりとは無関係に、ドーピングに手を出す選手は後を絶たない。

 それは冒頭に示したように、何としてでも勝ちたい! と思うアスリートの純粋な意識に根ざしているものとも言える。が、資本主義諸国では旧社会主義諸国や独裁者(的存在)の支配する国家の「国威発揚」とは異なり、勝利の結果としての選手や指導者の多大な金銭の獲得が伴う場合があり、指導者(コーチ)が選手に対してドーピングを勧めるケースも少なくないという。

 また、アメリカのドキュメンタリー映画『ステロイド帝国』では、五輪選手だけでなく、メジャーリーグの野球選手やアメリカン・フットボールの選手たちのほか、プロレスラー、ボディビルダー、ハリウッドの映画俳優アーノルド・シュワルツネッガーやシルヴェスター・スタローンなどにも蔓延している薬物(アナボリック・ステロイド)の実態が描かれ、アメリカ人男性に広がっている「マッチョ信仰」は、アスリートだけでなく学生や一般社会人にまで広がっていることを示している。

 ひょっとして、ロシアで『国家ぐるみ』のドーピングに手を染めた医者、選手、その他の関係者たちも、IOCやWADAが禁止している薬物の多くはアメリカ製であり、心の底では「誰もがやっている事じゃないか……」と呟いているかもしれない。

 では、スポーツ界のドーピングは、はたして根絶することができるのか?

 一部には、どうせ近い将来、遺伝子ドーピング(人間の遺伝子操作による運動能力の飛躍的発達)にまで至るのだから、あらゆるドーピングを解禁しては……などと暴論を口にする人物もいる。が、一流アスリートへのドーピング解禁は、彼らを目指す青少年への薬物の蔓延に繋がり、大人以上の副作用の危険性に加えて、世界のスポーツ界全体のモラル・ハザードを引き起こしかねない。

 また、勝利至上主義がすべての元凶と主張する人もいる。が、冒頭に書いたように、何としてでも勝ちたい! と思うのはアスリートの本能でもあり、勝利を否定したり、勝利以外の価値を持ち出すのは、個人レベルでは可能だろうが、スポーツ界全体としては難しいだろう。

 ならば……スポーツにおける勝利に絶対的価値を付与するのではなく、相対化する工夫――たとえば、オリンピックとパラリンピックを統合させること、を考えてみてはどうか。

 たとえば、健常者の100m走のあとに、片足義足者による100m走を行う。さらに両足義足者、車椅子、視覚障害者……などの競技を行う。臓器移植の拒否反応を抑えるために、ステロイドが必需薬である臓器移植者の100m走も加えるべきだろう(現在、心臓移植をした短距離ランナーは100m10秒を切るスピードで走っている)。

 そのように様々な身体の持ち主たちが100mに限らず、また陸上競技だけでなく、あらゆるスポーツのあらゆる競技種目に、同じ土俵で登場すれば、様々な人々の様々な価値観でスポーツを見る(評価する)ことができ、必ずしも健常者の(いちばん速い?)ランナーが一番素晴らしいとは限らない状況が生み出されるのではないか? そして、健常者のアスリートも、指導者や周囲の人間も、ドーピングを行う愚に気づくのではないだろうか……などと考えるのは夢物語だろうか?

 より速く、より高く、より強く……というのはオリンピックのモットー(標語)と言われている。が、60年ローマ五輪のボート競技エイトの金メダリストでもあるドイツの哲学者ハンス・レンクは、その三つに、より美しく、より人間らしく……という二つを加えて、現代スポーツのモットーとした。

 はたして、より速く、より高く、より強く……だけでなく、より美しく、より人間らしい……と言えるのは、どんなスポーツのどんな勝者なのか?

 遺伝子治療(遺伝子ドーピング)や人工知能(AI)が現実化してきた社会となった現在、未来の人類が改造人間(サイボーグ)になるのか、人造人間(アンドロイド)になるのかはわからない。が、現代のスポーツは人間の多様さを規準に、たった一つの価値観だけで評価するのではない世界を築かなければならないのではないはずだ。

 
▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

ちょっと教えたいお話 スポーツ編C〜スポーツは、民主主義の社会でしか生まれない、非暴力、反戦平和の文化なのだ

スポーツは日本に新しい時代を拓くか?

桐生選手100m10秒の壁突破は世界で27か国目127人目の快挙/それでも自分たちの身体能力は劣っていると思いますか?

宮本武蔵の剣術論『五輪之書』にも比肩する『野村克也野球論集成』/サンケイスポーツ編・徳間書店・刊

スポーツは日本に新時代を拓くか?

ちょっと教えたいお話 スポーツ編B〜日本語として使われている「スポーツ」とは、どういう意味?

ちょっと教えたいお話・スポーツ編Aスポーツ(サッカー)を語ることは、世界史や日本史を語ることにもつながるのだ!

平昌冬季五輪は、「平和を創れる」か?

ちょっと教えたいお話・スポーツ編@バレーボールってどういう意味か知ってますか?

政治的スポーツのボクシングも今は経済が中心/村田よ、金儲け主義を破壊する「怒りのパンチ」を!

笑顔広がる「ゆるスポーツ」

関東の大学しか出られない箱根駅伝を全国区にできるか?「日本版NCAA」の誕生に期待

これぞスポーツの素晴らしさ! 浅田真央のフィギュア・スケートに感服

スポーツとは何か? と訊かれて貴方は答えられますか?〜神奈川のスポーツの発展に望むこと

東京五輪へバリアフリーの充実を!

東京五輪のゴルフ場問題 都営の若洲変更しかない

天才ラガーマン、ミスター・ラグビー平尾誠二氏の早すぎる死を悼む〜戦い続けたラグビー人生

東京五輪の真の意義を見つけ出そう!

スポーツは政治に負けた・五輪の価値考え直す時

五輪選手は平和復興の戦士

長嶋茂雄を知らない学生たち/野球を文化にするために

リオ五輪閉会式に安倍首相登場/場に相応しくない人選

高校生のための高校野球!高校生監督の実現を

君が代は国歌ではなく日の丸は国旗ではなし 森元首相はオリンピック憲章を読め!

五輪開催は経済のため?問題続発で返上論も噴出

東京五輪ゴルフ競技会場問題第2弾・霞ヶ関CCで消える億円単位の巨額血税

「賭博」は犯罪なのか?

清原を呑んだ薬物汚染/球界が講ずべき処方箋

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる! ようやく「誤訳」が改められる

2020東京五輪ゴルフ開催コース「霞ヶ関CC決定」に“慶応人脈”の暗躍

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する“意義”を忘れはならない!

石巻に設置された旧国立競技場聖火台/格闘術が武道に進化する民主主義とスポーツの関係

スポーツ庁で日本のスポーツと社会の大変革/スポーツ庁は東京五輪最高のレガシー(遺産)となれるか?

復活できるか?ラグビー人気

スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか?

高校野球から「軍事色」の消えるのはいつ?

新国立競技場に毎月P・マッカートニーを呼べますか?神宮外苑に戦艦大和が出現する!建設費も維持費もドンブリ勘定

2020年東京オリンピックの新種目は?野球&ソフトボールも見たいが、綱引も面白そう

日本人はスポーツを知らない。その大問題に気づかなければ……

「女性のスポーツ」を学ぼう!

東京五輪開催の目的は、スポーツ立国の実現にあるはずだが……

高校野球の本質を考えよ――タイブレークに疑問……高校生に娯楽の主役を演じさせるナンセンス

『週刊アサヒ芸能』新連載! NIPPONスポーツ内憂内患 第1回 「スポーツとは何か?」という問いに貴方は答えられますか?

スポーツとは言えない箱根駅伝に、大騒ぎするな!

高校野球問題の本質を考えよ

「朝日新聞問題」の元凶は、甲子園!?

日本のスポーツ界の発展を妨げてるのは……?

日本のスポーツ界の現状と課題

「オリンピズム(オリンピックの理念)」を理解せず、2020年を迎えられるのか?

サッカー映画『ネクスト・ゴール』の素晴らしさ〜世界最弱のサッカー・チームが「夢の1勝」をあげるまでの人間ドラマ

ドイツW杯優勝はブンデスリーガの勝利!

日本のスポーツ界はサッカーを見習え!

日本のスポーツ文化とワールドカップ

今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!

新国立競技場は本当に建設できるのか?

野球が五輪競技に復活?! そのときはスピードアップの7イニング制?

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定記念講座 「オリンピック」とは何か?〜その意義と意味を考える 2020東京オリンピック・パラリンピックで日本はどう変わる?

オリンピックは[スポーツ+政治」。東京五輪2020で日本はどんな政治的メッセージを発信するのか!?

体育からスポーツへの大転換の時代――スポーツ・ジャーナリズム、スポーツ・ジャーナリストに求められることは?

『NIPPONスポーツ宣言2013』への賛同署名を求めます

2020年東京五輪を開催する意義とは…?

東北楽天日本一/3・11から11・3へ/スポーツの存在理由示した

1964年東京五輪聖火台を被災地へ!

読売・朝日・毎日が支配する野球界の不可思議な構造は、いつ終わる?!

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より

2020東京五輪招致成功!それは体育からスポーツへの大転換!しかし……。

オリンピックは「外交力」の勝負!/東京五輪がどうなろうと、招致結果にとらわれず……。

オリンピックって何?――オリンピックの存在意義

プロ野球「飛ぶボール事件」の本質

新しいネット・スポーツメディア誕生!!

日本のバレーは「お家芸」だから弱体化?

猪瀬都知事「失言」後の「東京五輪招致」に必要なことは?

「長嶋茂雄ラストショー(最後の賞?)」後の日本プロ野球の未来は?

民主主義がスポーツを生んだ

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

五輪招致の今こそスポーツ行政改革を!

柔道は日本の生んだ「反暴力」のメッセージを含むスポーツ/日本人は今こそ、スポーツ(柔道)の真の理解を!

今も体罰肯定論が横行:我が国の体育教育は異常だ

桜宮高校事件をきっかけとした新しい体育教育への提言

くたばれ!箱根駅伝!大学スポーツ否定論

2020年東京五輪で、オリンピックとパラリンピックの合体を!

60年代のスポーツ――その「光」と「陰」と…

2020年東京オリンピックは「初音ミクと團十郎」!?

左投手はなぜサウスポーと呼ばれるのか? スポーツ文化の重要性

メディアの「文化(スポーツ)支配」の危険性

共同通信社・編『心の聖地 スポーツ 闘いの記憶』岩波書店・刊(1,800円+税)

「オリンピック」って何?〜東京五輪招致にとって大切なことは…

韓国サッカー選手の「愚行=五輪政治利用行為」を、日本政府とメディアは絶対に看過するな!

ロンドン五輪「メディア革命」の行方/2020年東京招致〜私はこう考える

対談・スポーツで語る新世紀 第1回 ゲスト・猪谷千春(IOC委員)「オリンピックの描き出す人類と地球の未来」

対談・スポーツで語る新世紀 ゲスト・ェ仁親王「日本のスポーツの未来を憂える」

プロ野球人気を拡大するには…

チーム作りは誰のため?

国連スポーツ保障理事会(S保理)北朝鮮非難決議

東京マラソンで考えたこと

メディアとスポーツ 求められる批判者(ジャーナリズム)の視点

オリンピックから「世界」が見える

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

NPB(日本のプロ野球)はマイナーリーグ?

被災地に聖火を!

SPORTSその世界●近鉄バファローズ監督・西本幸雄

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

新潟にプロ野球新球団誕生か!?それを計画するプロ野球人は誰?

女子スポーツの発展は男子スポーツも支える

「体育」では「体づくり」だけでなく「スポーツの歴史・文化」も教えてほしい。

東京五輪招致落選。国際政治の追い風は吹かず。今後は日本のスポーツ環境を整えるべし。

「記録の神様」宇佐美哲也氏への感謝

「時代」はヒーローを産む 斎藤佑樹投手は「どんな時代」の「どんなヒーロー」か…?

何のための五輪招致か?

冬季五輪の「変貌」は、オリンピック全体の「大変化」につながるのか?

歌やスポーツとともに震災からの復興を!

「スポーツ基本法」を御存知ですか?

相撲は現代スポーツになりえない!?

震災とスポーツ

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

スポーツの教科書を作りたい!

世界一お馬鹿なスポーツ 「ビアポン」を知ってますか?

「球団」と「球場」どっちが大事?

『60年代のスポーツ』――その光と影と……

1974年10月14日――長嶋茂雄がバットを置いた日

スポーツ中継・スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

美しい「JUDO」が見たい!

スポーツが現代人に教えてくれること――グローバルに考えてローカルに行動

賭博は「悪」か? 「必要悪」か?

日本のサッカーの弱点は…?

人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は、人類生誕の地(アフリカ)で、新たな時代を拓く

スポーツにおける日本人のオカシナ常識

「野性味」は「体育教育」から生まれない

日本サッカー青春時代の闘い

「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

「自民党=政府」でなくなった「二大政党制」の時代に、「スポーツ政策」を構築するのは誰?

冬の五輪は「自然」との闘い

長嶋茂雄・著『野球は人生そのものだ』 不世出の野球人の述懐

貴乃花親方は理事に若すぎる?

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

民主党政権で日本のスポーツは変わるか?

2016年五輪はリオに決定。東京に欠けていたものは何か?

東京五輪招致の真の敗因

「熱帯の日本」は「ウィンタースポーツ」もできる不思議な国?

2016年、東京五輪・パラリンピック招致〜玉木正之氏「東京五輪に賛成する理由」-前編-

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

開発と規制の狭間で

WBCよりも大切なこと

ON時代の真の終焉

2016年東京にオリンピックがやってくる?

2016年東京五輪開催の可能性

野茂英雄投手の功績と日本球界の課題

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

日本にスポーツジャーナリズムは存在するのか?

野茂の功績と日本球界の課題

人類は4年に一度夢を見る

水着で「言い訳」をしたのは誰?

世界史のススメ

『玉木正之のスポーツジャーナリスト養成塾』夏期集中講座

Jack & Bettyは駅の前

五輪とは死ぬことと見つけたり

セールスマンの死

日本人野球選手のMLBへの流出が止まらない理由

深い衝撃

大学はスポーツを行う場ではない。体育会系運動部は解体されるべきである。

スポーツニュースで刷り込まれる虚構 <森田浩之・著『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる〈日本人〉』NHK出版生活人新書>

メディアのスポーツ支配にファンが叛旗

スポーツと体育は別物

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第5回(最終回)「W杯守備重視の傾向は今後も続く?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第4回 「ブラジルは何故ロナウドを使い続けた?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第3回 「個人のサッカーの差がこんなに大きかったとは…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第2回「世界のランクBからAへ昇るには…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第1回「追加点を取るという国際的意識に欠けていた」

巨人の手を捻る

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」(加筆版)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

「朝青龍問題」再考

大相撲の改革の契機に

“日本のサッカー”は“現代日本”を現す?

スポーツとは合理的なもののはずなのに……

世界陸上と日本のスポーツの未来

デデューの「復帰」に学ぶ「カムバック」に必要なもの

特待制度は「野球の問題」か?

学校はスポーツを行う場ではない!

動き出すか?球界の真の改革

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

日本スポーツ界における「室町時代」の終焉

「水泳ニッポン」は復活するのか?

スポーツはナショナリズムを超えることができるか?

「歴史の重み」による勝利は、いつまで続く?

スポーツ総合誌の相次ぐ「廃刊・休刊」に関して考えられる理由

廃刊の決まった『スポーツ・ヤァ!』をなんとか継続できないものか!?

日本の野球選手はなぜアメリカを目指すのか?

日本のプロ野球と北海道ファイターズに未来はあるか?

私の好きな「スポーツ映画」

東京・福岡「五輪招致」のナンセンス?

政治と格闘した宿命のチャンピオン〜モハメド・アリ

日本のスポーツ界は「中田の個人の意志」を前例に

「求む。新鋭ライター」〜玉木正之の「第5期スポーツ・ジャーナリスト養成塾夏期集中講座」開講のお知らせ

1個のボールが世界の人々を結ぶ

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

社会はスポーツとともに

「日本サッカー青春時代」最後の闘い

スポーツは、学校(教育の場)で行われるべきか?

常識を貫いた男・野茂英雄(日本人ヒーロー/1995年大リーグ新人王獲得)

「玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト養成塾第4期GW期集中講座」開講のお知らせ

最近のプロ野球は面白くなった!

人生に「アジャストメント」は可能か?

「栄光への架け橋だ!」は、五輪中継史上最高のアナウンスといえるかもしれない。

スポーツの「基本」とは「ヒーロー」になろうとすること?

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

アジアシリーズ日韓決戦レポート『日本の野球はどのように進化したか?』

2005日本シリーズに見た「短い闘い」と「長い闘い」

イーグルス1年目をどう総括する?

スポーツとは経験するもの? 想像するもの?

阪神電鉄VS村上ファンド――正論はどっち?

高校野球の「教育」が「暴力」を生む

『スポーツ・ヤァ!玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト実践塾』進塾希望者への筆記試験

ナニワの乱痴気

スポーツが開く未来社会

タイガースって、なんやねん 第10回「星野監督・阪神・プロ野球/それぞれの未来」

タイガースって、なんやねん 第9回「この先は、どんな時代になるんやねん?」

タイガースって、なんやねん 第8回「ミスター・タイガースはおらんのか?」

タイガースって、なんやねん 第7回「誰がホンマのファンやねん?」

タイガースって、なんやねん 第6回「関西は「豊か」やからアカンのか?」

タイガースって、なんやねん 第5回「星野さんは、コーチやなくて監督でっせ」

タイガースって、なんやねん 第4回「球団職員にも「プロの仕事」をさせまっせぇ」

タイガースって、なんやねん 第3回「星野監督は当たり前のことをする人なんや」

タイガースって、なんやねん 第2回「今年のトラにはGMがおりまっせ」

タイガースって、なんやねん 第1回「今年はバブルとちゃいまっせ」

「関西・甲子園・タイガース」=バラ色の未来――あるタクシードライバーの呟き

第V期スポーツジャーナリスト養成塾夏期特別集中講座・配布予定資料一覧

失われた「野球」を求めて――「楽天野球団」は「新球団」と呼べるのか?

浜スタから金網が消えた!

わたしが競馬にのめり込めない理由(わけ)

プロ野球ウルトラ記録クイズ

島田雅彦vs玉木正之 対談 『北朝鮮と闘い、何がどうなる?』

野球は、なんでこうなるの?

投手の真髄――PITCHING IN THE GROOVE

「球界第二次騒動」の行方は?

2005年日本スポーツ界展望〜「真の新時代」の到来に向けて

日本のスポーツの危機

野球は「学ぶもの」でなく、「慣れ親しむもの」

ライブドア堀江社長インタヴュー「落選から西武買収まで、すべて話します」

球団・選手「金まみれ」の甘えの構造

地域社会に根ざすスポーツ

新球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に望むこと

闘いはまだまだ続く

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」

奇蹟は起きた!

さようなら、背番号3

プロ野球ストライキと構造改革

「メディア規制法」とスポーツ・ジャーナリズム

黒船襲来。プロ野球維新のスタート!

パラリンピックを見よう! 日本代表選手を応援しよう!

アテネ大会でオリンピック休戦は実現するか?

「NO」といえるプロ野球

プロ野球選手が新リーグを創ってはどうか?

買収がダメなら新リーグ

「逆境こそ改革のチャンス!」

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

F1― それは究極の男の遊び

「戦争用語」ではなく「スポーツ用語」を

スポーツは国家のため?

阪神優勝で巨人一辺倒のプロ野球は変わりますか?

「高見」の論説に感じた居心地の悪さ

原稿でメシを食ったらアカンのか?

アメリカ・スポーツライティングの世界

<戦争とスポーツ>

長嶋野球の花道と日本球界の終焉

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

ニッポン・プロ野球の体質を改善する方法

草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?

理性的佐瀬稔論

新庄剛志讃江――過剰な無意識

無精者の師匠、不肖の弟子を、不承不承語る

誰も知らないIOC

日本のスポーツ・メディア

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成 bit.
w 『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る