What's New 最近のしごと
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
雑誌、新聞など 
同じメディア(雑誌・新聞等)に繰り返し書いた「しごと」(連載等)については最新号のみを記載しています。
『玉木正之の今週のスポーツ批評』 更新しました。
以前『スポーツ萬歳』としてお届けしていた一人語りの「スポーツ批評」をリニューアル。より先鋭化した他では聞けないスポーツ批評を展開しています。
『NOBORDER-SPORTS』 更新しました。
いろいろ面白い記事やイラストやネットTV『ニューズ・オプエド』……タケ圓山さんのスポーツ・カリカチュアや星野恭子さんのパラ・スポーツ情報を毎週更新しています。月曜午後6時―7時は、小生がアンカーを務める『ノーボーダー・スポーツ』です。よろしく!
『Web新小説』 2月号 (春陽堂書店ホームページ) 更新しました。
月イチ連載『スポーツは文芸をどのように彩ってきたか』――第9回は『「素晴らしきアメリカ野球」の影響を受けて生まれた「優雅で感傷的な日本野球」は、リアルに現実の日本を映し出している?』と題したコラムを書きました。
『日本経済新聞』 2021年2月16〜25日 10回連載更新しました。
「美の十選/アート・オブ・ベースボール」@ニール・ライファー「シェイ・スタジアム」A「The American National Game of Base Ball」B玉井力三「ジョー・ディマジオ父子とヤンキースタジアム」Cワールドシリーズのオフィシャル・プログラムDRhodaSherbell「Casey Stengel」E「Baseball Scene of Batter, Catcher,and Umpire」Fベン・シャーン「National Pstime」GNat Fein「The Babe bows Out」Hポスター「大阪タイガース來る」I遠藤忠「長嶋茂雄ヘルメット飛ばす」以上、野球は「美の瞬間を味わう不思議なスポーツ」という持論を展開しました。
『日本経済新聞 美の十選 アート・オブ・ベースボール(1)〜(10)』 更新しました。
上記日経連載の電子版です。有料です。
『東京新聞』夕刊2021年2月17日 ほか地方紙各紙更新しました。
「遅きに失した森会長辞任 スポーツ界意識改悪の時」というタイトルで「森批判」と「日本スポーツ界批判」の少々長めのコラムが掲載されました。共同通信の配信原稿です。
『京都新聞』 夕刊2021年2月17日 『大阪日日新聞』同年同月18日 ほか更新しました。
島根県知事が聖火リレー中止の意向。意図は理解できる、これをきっかけに聖火リレーや東京五輪を何のためにやるのか? を考えてほしい、とコメント。大阪共同通信の配信です。
『サンケイスポーツ』 202年2月12日更新しました。
識者コメントとして「"森帝国"民主的に編み得ない組織委に問題 川淵氏なら風通しは良くなる」と題したコメントを出しました。
『連合通信・生活文化特集』 2021年3月号(2021年2月6日配信・連合通信社) 更新しました。
連載「玉木正之のスポーツ博覧会」第132回に「中国政府のウイグル族ジェノサイドで東京・北京両五輪大会ともに中止?」と題したコラムを書きました。
『週刊SPA!』 2021年2月23日/3月2日合併号(扶桑社)更新しました。
「今週の顔 森前組織委会長 失言ショックで高まる五輪中止リスク」という企画で森氏の五輪政治利用を批判するコメントを出しました。
『♯五輪をどうする 東京五輪の入場行進に涙した父「あの平和の祭典はどこに」』 毎日新聞デジタル
月イチ連載『スポーツは文芸をどのように彩ってきたか』――第9回は『「素晴らしきアメリカ野球」の影響を受けて生まれた「優雅で感傷的な日本野球」は、リアルに現実の日本を映し出している?』と題したコラムを書きました。
『ZAITEN』 財界展望新社2021年3月号(同年2月1日発売)
連載『玉木正之のスポーツ批評』に「勇気をもって東京五輪中止に、そして早期に再挑戦の道を考えるべし」と題したコラムを書きました。
『東京五輪 やれなさそうでもやろうとしている 五輪と政治の関係』 京都新聞デジタル
「五輪に原点なし。それ自体が政治」ということを徹底的に喋りました。これも有料サイトなので、よろしく。
『Fobes Japan』
ネットの「#東京オリパラ開催なら」というシリーズに、『五輪の「原点」誕生のチャンス。平和への道を語り合おう』と題したコラムを書きました。
『京都新聞』 2021年1月27日付朝刊 
「地域プラス」というコーナーの「TOKYO2020+1あと半年」という企画のロングインタヴューに答えて「五輪に原点なし。それ自体が政治。IOC利権排し、あらゆるスポーツ大会を五輪に」といったことを語りました。
『UP & Coming no.132 January 2021新年号』 2021年1月1日発行(フォーラムエイトパブリッシング)
連載『スポーツは教えてくれる・スポーツは生活やビジネスに役立つヒントを与えてくれる』第13回に『新型コロナ禍で考えるオリンピック改革案 めざせ!脱商業化・脱肥大化!コロナも防ぎ、オリンピックも、より良いものに!』という原稿を書きました。
『昭和40年男』 2011年1月11日発売(クレタパブリッシング)
「モントリオール五輪開催 開催国が金メダルゼロ 転換点となった大赤字五輪。"バベルの塔"まで建設も火の車 借金返済は30年後の2006年」という企画の解説コメントに登場しました。
『北國新聞』 2020年12月25日夕刊(北國新聞社)
月イチ連載「玉木正之のスポーツを考える」第59回に「元IOC会長の銅像撤去へ/五輪は政治と向き合うべき」と題したコラムを書きました。 ブランデージ元IOC会長が人種差別主義者で女性差別主義者で植民地主義者でヒトラー・ナチス支持者だったことが判明したんですよね。
『FACTA月刊ザ・ファクタ』 2021年 新年 1月号(ファクタ出版・2020年12月20日発行)
「特別寄稿」として『コロナ禍IOCぶち壊す大問題』と題してブランデージ元IOC会長が人種差別主義者としてサンフランシスコの美術館から胸像が撤去された事件について書きました。
『月刊BAN 番』 2021年 新年1月号(教育システム・2020年12月20日発行)
「警察官30万人のための情報発信マガジン」の「BAN Special INTERVIEW」に登場させていただき「コロナ禍の今こそスポーツのやり方を見直すチャンス」と題してイロイロ話させていただきました。
『週刊エコノミスト』 2020年12月8日号(毎日新聞出版)
巻頭の「FOCUS」のコーナーにバッハIOC会長の来日で「五輪開催へ金集めの思惑」「コロナ長引けば医師不足招く」と題したコラムを書きました。
『第49回飯塚市部落解放研究会〜人権フェスティバル〜資料』
飯塚市人権教育・啓発推進協議会・編(講演会がCOVID19の蔓延で中止になったので、『スポーツと人権&民主主義との深い関係』と題した原稿を寄稿しました)
『調査情報』 2020年11-12月号((株)TBSテレビ)
今号で九巻となる通巻557号に『今こそ勅使を!オリンピックの抱える「根本問題」』と題して五輪の肥大化・商業化・政治化の問題について7ページのレポートを書きました。
『朝日新聞』 2020年11月6日朝刊
社会面の「田沢ルール違法の恐れ プロ野球ドラフト拒否選手の契約制限」と題した記事で「日本に戻れぬ 渡米意欲に影響」という小見出しのコメントを発しました。
『週刊ポスト』 2020年11月6/13号(小学館)
「女子アスリート盗撮被害」JOCも動いた"卑劣動画"の実態」という記事で、「性的か否かの問題でなく肖像権の問題として扱うべし」とコメントしました。
『スポーツゴジラ』 2020年10月8日(スポーツネットワークジャパン)
特集「コロナ禍で考える」のなかで「2020年東京オリ・パラは、既に目的を達成した!?」と題した記事を書きました。
『FACTA月刊ザ・ファクタ』 2020年10月20日発行(ファクタ出版)
清武英利『サラリーマン球団社長』(文藝春秋)の書評を『愛情あふれる「野球の素人」奮戦記』と題して書きました。
『昭和50年男』 2020年10月11日発行(クレタパブリッシング)
冒頭企画「オレたちがハートを燃やしたSPORTS」"CHATER1総論"の取材を受け、桑田・清原・野茂・具志堅・Jリーグ・神鋼ラグビー…などについてイロイロ喋りました。こんな雑誌があることは小生も知らなかったけど、なかなか面白い雑誌ですよ。
『週刊新潮』 2020年10月29日号(新潮社)
「修行僧のオフは隙だらけ 危ない交遊録に新たな一章 イチローのおともだち会社から逮捕者が出た!」という記事に「公人として注意してほしい」とコメントしました。
『週刊新潮』 2020年10月22日菊見月増大号(新潮社)
「快楽に溺れた瀬戸大也につける薬」と題した特集のなかで「プレッシャーのなかで彼の精神力が試される」とコメントしました。
『中日新聞』 2020年9月3日

「中日文化センター紙上講座」のコーナーに「五輪のあり方を考えよう 不要不急ースポーツ、芸術文化をとりまくもの」と題してZOOMで話したことが掲載されました。

『倫風』 2020年9月号(一般社団法人実践倫理宏正会)
「今こそスポーツのあり方を見直す」と題してオリンピック、プロスポーツから学校の部活動、運動会までを語りました。
『御堂さん MIDO san』 2020年8月号(本願寺津村別院大阪教区教務所)
「コロナ餓鬼の正体」という特集のなかの「五輪エゴ」のコーナーで「マネーファーストの祭典にはうんざり」と題して五輪批判を展開しました。」
『神戸新聞』他 2020年5月21日付 共同通信配信
夏の甲子園大会中止の決定を受けて「中止は仕方なく、この機会に大会のあり方を根本的に見直す取り組みを」とコメントしました。
『スポーツ フロンティアからのメッセージ 新時代につなげたい想い』 (大修館書店)
遠藤利明・馳浩 編著の新刊(1900円+税)で佐野慎輔さん(産経新聞客員論説委員)と「スポーツジャーナリズム」について対談しました。
『ラグビーワールドカップ2019日本大会 静岡県開催記録 TEAM静岡の奇蹟』 2020年3月(静岡県文化観光部スポーツ局ラグビー・ワールドカップ2019・推進課・発行)
ラグビーW杯静岡大会の記録の他、小生も参加したシンポジウムや100日前カウントダウン祭の模様が掲載されています。
『夕刊フジ』 2020年3月14日付 (産経新聞社)
東京五輪の高まる延期説に対して「理想は2〜3か月の延期だが、有力なのは可能なら1年延期」とコメントしました。
『読売新聞』 2020年3月12日付朝刊
センバツ大会の中止について「他の高校の大会が軒並み中止になっているなかで同じ部活動として妥当な結論」とコメントしました。
『夕刊フジ』 2020年3月12日付 (産経新聞社)
東京オリパラ組織委の高橋理事が「東京五輪1.2年延期が妥当」との発言は、IOCパウンド委員が「開催の是非の期限は5月下旬」と発言したことに対する日本側の観測気球とコメントしマシや。
『毎日新聞』 2020年3月5日付朝刊
センバツ大会の「無観客試合」について11日に再度議論を妥当とコメント。加えて初夏2回も甲子園で大きな大会をする必要があるのか?高校野球のあり方を勧化絵直してほしいというコメントも掲載してもらいました。
『産経新聞』 2020年3月5日付朝刊 (産経新聞社)
センバツ大会の「無観客試合」について「(他の高校スポーツが中心のなかで)特別扱いは今後の課題」とのコメントを出しました。
『週刊女性』 2020年4月号(2020年3月7日配信・連合通信社)
「コロナ気になる情報の真偽」という特集のなかで東京五輪の3か月延期論を主張しました。
『FLASH』 2020年2月25日号 (光文社)
『新型ウィルスに泣いた人たち』という特集の「東京五輪猛暑逃れで一石二鳥の10月変更プラン浮上中」というコーナーで「「10月変更」を主張し「安全対策にアメリカの放映権=商業主義も反対できないはず」とコメントしました。
『週刊現代』 2020年2月22・29日合併号 (講談社)
『新型肺炎で大ピンチ東京五輪から「中国人を排除せよ」』というタイトルのコラムで、そんなことをしてはいけない!五輪を延期しろ!とコメントしました。
『連合通信・特別版』 2020年1月20日配信 (連合通信社)
「2020東京五輪・パラリンピック あるべき姿 考える機会に」という特集で「なぜ平和の祭典と呼ばれるの?」「表彰式ではなぜ国旗が掲げられ国歌が演奏されるの?」「スポーツは民主主義が基本ってどういうこと?」といった疑問に答えるコメントをしました。
『週刊朝日』 2019年10月11日号 (朝日新聞出版)
「1964東京」というグラビア企画のなかで、オリンピック案練施設が続々と建設された東京について戦前の姿を五輪がすべて潰したとコメントしました。
『文春オンライン』 2019年9月12日号 (新潮社)
韓国で行われたU-18野球W杯で、日本選手団が日の丸を付けないポロシャツで韓国入りしたことについて、まったくのナンセンス!スポーツは非暴力反戦友好の文化との少々長いコメントを出しました。
『週刊アサヒ芸能』 2019年9月12日特大号 (徳間書店)
「ラグビーW杯100倍楽しい超入門講座」という特集で「ルールはボールより前に出てプレイしてはいけないという基本さえ知っていれば楽しめる」とコメントしました。
『銀座百点』 No.776 2019年7月号
『巻頭座談会 アスリートを追いかけて〜一流選手の言葉から』というタイトルで、元NHKアナウンサーの工藤三郎さん、スポーツライターの増島みどりさんとの座談会に参加しています。
『春陽堂書店ホームページ』
「スポーツって、なんだ?」と題したコラムを1週間に一度の更新で連載しました。最終回(第20回)を終えて、そろそろ単行本にマトメ直します。
『SPA!週刊スパ!』 2019年2月12,19合併号 (扶桑社)
「2020東京五輪プラチナチケット争奪戦の極意」という企画でコメントしました。私はテレビで見る、というコメントはボツでしたね。
『ティグレ No.609』 2019年1・2月号 ((株)ティグレ社)
「2020年の東京五輪を機に体育をスポーツに転換」と題した小生の公演抄録が掲載されました。
『てんとう虫 UC Card magazine』 2019m年3月号 ((株)アダック)
「特集 引き際考」の巻頭に「スポーツ選手と引退」と題し、長嶋茂雄、ルー・ゲーリッグ、モハメド・アリなどの引退と最近の選手たちの引退に関する原稿を書きました。
株式会社ヤナセPR誌『ヤナセライフ・プレジール YANASE LIFE PLAISIR』 2019年1+2月号
巻頭コラムFRONTVIEWの連載に「アメリカ人は肩が凝らない? 強肩・肩身が狭い・肩で風切る…日本人は肩を意識しすぎ?」というコラムを書きました。
『東京は燃えたか』 塩田潮・著 (朝日文庫)
1940年1964年2020年の東京オリンピックに関する塩田潮氏の面白いノンフィクション作品に、「二度目には何をするべきか」と題した解説を書きました(蔵出しスポーツ参照)
『こころの玉手箱 1〜5』 日本経済新聞夕刊 2018年11月26日〜30日
6回に渡って夕刊文化面に、5回連続で「最前線で戦った父の形見 飯盒と水筒と勲章」「激励の手紙にはマイッタ 母がくれた小さな薬缶」「旧ソ連,不思議な国家と時代 一本足打法のブルドッグ」「バーンスタインのベスト 残念ながら証拠はなし」「会えなかった人を思い出す 三波春夫さんからの手紙」と題したコラムを書きました(蔵出しノンジャンル蔵出し音楽 参照)
『Re(アール・イー)』 2018年10月号No.200 (一般財団法人建築保全センター)
特集『スポーツがもたらす未来』のなかで「現代日本社会におけるスポーツの意義と課題」という原稿を書きました。
『たのしい体育・スポーツ』 2018年秋号 (学校体育研究同志会)
我がスポーツ塾の卒塾生である小崎仁久氏の「スポーツはなぜ暴力と手を切れないないのだろうか―その根源を問う」というレポートで、戦前の帝国陸軍による軍事教練や体練と体育の授業の関わりについてコメントしました。
『フライデー』 2018年10月26日号 (講談社)
日大アメフト部「危険タックル」をした宮川君に関する記事で「彼も被害者。日大トップの田中理事長が説明責任を果たしていない」とコメントしました。
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』 (KADOKAWA)
約1年がかりの仕事がやっと実を結びました。皆さん、どうか御一読を。面白いですよ(ナンヤラカンヤラ写真参照)。
『歴史REALオリンピックに懸けた日本人』 2018年9月18日発行 (洋泉社)
なかなか面白い五輪特集本のなかで映画【『東京オリンピック』にみるスポーツの「記録」と「表現」】というインタビュー記事に登場して市川崑さんとレニ・リーフェンシュタールについて語りました(これもナンヤラカンヤラ写真参照)。
『宝蔵界第四十八号』 2018年9月20日発行 (大本山建仁寺)
今年7月7日に建仁寺で行った緑陰講座の講演録が「スポーツとは何か?ときかれて。あなたは答えられますか?」というタイトルで掲載されました。
『新潮45』 2018年8月号(新潮社)
「関学大・鳥内監督、日大アメフト部を大いに叱る」というタイトルで鳥内秀晃監督と対談しました。
『武道』 2018年6月号(公益財団法人日本武道館)
シリーズ「武道の可能性を探る」111回に「武道とスポーツ―暴力否定の民主主義から生まれた文化」と題した原稿を書きました。
『ちくま』 2018年6月号(筑摩書房)
島田裕己さんの新刊『京都がなぜいちばんなのか』(ちくま新書)の紹介文を「いまも京都はアンダー・コンストラクション」と題したコラムにまとめました(蔵出しノンジャンル参照)。
『週刊文春』 2018年4月19日号 (文藝春秋)
『パワハラ認定伊調姉千春が本誌に「馨は8年間よく耐えた」』の記事で、伊調馨さんに対するパワハラのレスリグ協会第三者委の調査結果を批判するコメントを出しました。
『アエラ・ドット』 2018年2月24日
ネット版『アエラ』の『羽生結弦・高木美帆・大谷翔平の「ゆとり世代」が黄金世代になった理由』と題した記事に「ゆとり教育の成果」としてのスポーツマン(特に1994年生まれ)についてコメントしました。
『エルネオス』 2018年3月号(エルネオス出版社)
「連載・元木昌彦のメディアを考える旅」に登場。「週刊現代」元編集長の対談相手として「スポーツは民主主義の産物・大相撲は宮内庁所管か株式会社で/日本相撲協会の騒動を問い直すには学ぶことが必要」と題した話をしました。
『日刊ゲンダイ』 2018年2月26日付
「独裁者が使う五輪利用その手口」というトップ記事で、安倍首相が平昌の金メダリストを人気取りに利用している「手口」を批判しました。
『フラッシュ』 2018年1月30日号(光文社)
『白鵬 横審からダメ押し「凶器のかちあげ」を禁止せよ!あれは“エルボースマッシュ”だ』 という記事に白鵬を批判するコメントを出しました。
『WiLL(月刊ウィル)』 2018年2月号 (ワック出版)
「見苦しいぞ、バンザイ白鵬」というタイトルで、『週刊朝日』元編集長の川村二郎さんと対談しました。
『共同通信配信』 2017年11月29〜12月5日頃
信濃毎日、サンスポ他地方紙各紙に、「日馬富士事件」について「社会常識の欠如も背景」と題した識者談話として,早大友添教秀則授の「横綱のつくり方再考を」と並び掲載されました。
『オペラ・シティ会報誌“TREE”』 2018年1月号
「山下洋輔×佐渡裕RETROSPECTIVE このコンサートには、きっとエイリアンが現れるに違いない」というコラムを書きました。
『各地方紙』 『産経新聞』 2017年9月10日
共同通信と産経社会部の取材を受け、桐生選手が100m9秒98の日本新記録で日本人として初めて9秒台の記録を出したことについてコメントしました。
『東洋経済NAGOYA臨時増刊』 2017年7月12日発行(東洋経済新報社)
「名古屋の逆襲」と題した1冊丸ごと名古屋特集で、日本福祉大学の客員教授として大学のスポーツ系学部のあり方について話しました。
『地方紙各紙・共同通信配信』 2017年6月24〜25日
野村克也 『野球論集成』(徳間書店)の書評を書きました。
『現代スポーツ評論36号特集:大学スポーツの産業化』 (創文企画)
「日本の大学スポーツにとっての劇薬〜日本版NCAAの創設に私は大賛成する」という原稿を書きました。
『共同通信』 2017年4月10日付配信
  『毎日新聞』『東京新聞』
2017年4月11日付夕刊
浅田真央さんの引退について、勝敗を超えたスポーツの価値を教えてくれた最高のアスリート、というコメントが、各紙に掲載されました。
『共同通信配信・地方新聞各紙』 2016年12月24日〜2017年1月8日
書評欄に『日本のマラソンはなぜダメになったのか』(折山淑美・著/文藝春秋刊)の書評を書きました。
『有鄰』 第548号 2017年1月1日発行(有隣堂)
有隣堂書店の機関紙の一面に「スポーツの発展に望むこと」というエッセイを書きました。
『Standard愛知』 Vol.16 2017年1・2月号((有)ラディカル/中埜総合印刷(株))
「日本福祉大学スポーツ科学部スペシャル対談・全編・スタジアムでみるスポーツ」と題して、スポーツ科学部長の藤田紀昭さんと対談しました。
『東京フィルハーモニー交響楽団2016/October/November』
「次回(1月)定期演奏会の聴きどころ」のコーナーに「佐渡裕さんの音楽にあふれる大男の優しさ」というコラムを書きました(蔵出しコラム音楽編参照)
『ミセス』 2016年10月号 (文化出版局)
「時代を創る男たち」という連載企画で、郷ひろみさんへのインタヴューを書きました。
『女性セブン』 2020年6月11日号 (小学館) 更新しました。
「コンパスなき闘い アスリートたちの物語」という企画でイロイロとオリンピックの問題点を語りました。
『NHKウィークリーステラ 増刊号リオ・オリンピック放送をぜんぶみる』 2016年8月29日号(NHKサービスセンター)
「みんなのオリンピック大予想」「カルチュラル・オリンピック」に登場しました。
『東洋経済』 2016年6月25日号 (東洋経済新報社)
「疑惑で汚れた東京五輪 逮捕者が出るか戦々恐々」というレポートを書きました。
『朝日ファミリー』 2016年4月15日号
兵庫芸術文化センター管弦楽団の新シーズン・チケット発売の告知欄に「音楽を心から愛する佐渡さん率いる楽団ゆえに」と題したコラムを書きました。
『朝日』 『毎日』『産経』『スポニチ』『地方紙各紙(共同通信)』 2016年3月16日付
野球賭博問題や球団内の選手間の金銭授受に関して「ファン無視」「社会に対する自覚がない」「開幕遅らせても徹底調査を」といったコメントを出しました。
『高2スタンダードレベル模試 国語問題』 2015年1月実施 (高宮学園代々木ゼミナール)
代ゼミの模試の国語の問題に「日本人はスポーツを知らない その大問題に気づかなければ…」(『學鐙』2014年秋号;丸善出版)と題したコラムが使われました。使用料が安い!(笑)
『週刊金曜日』 2015年12月25日&2016年1月1日合併号
「2015-2016スポーツ大放談 森喜朗から五輪とラグビーを守れ!」と題して、木村元彦さんと対談しました。
『母の友』 2016年2月号 (福音館書店)
「スポーツは楽しい」という特集に「スポーツの歴史は、人類の歴史です/球戯のはじまり・平安時代のボールゲーム」といった記事にインタヴュー原稿で協力しました。
『読売新聞西部版』 2015年11月11日夕刊
サッカーJ2ギラヴァンツ北九州のサポーターが用いた「ぶちくらせ」(関西弁で「どついたれ」)の横断幕を禁止した件で、スポーツは暴力否定が前提、それをもとに話し合いで解決できるはず、とコメントしました。
『NHK音楽祭2015−名曲と出会う場所/極上のオーケストラ・サウンド−真価を発揮する指揮者たち』
NHK音楽祭のパンフレットに「指揮者は魔法使い?〜音楽の指揮者とスポーツの監督の共通点」という原稿を書きました。(蔵出しコラム音楽編参照)
『月刊 俳句界』 2015年11月号
特集「正岡子規の野望」という特集のなかで「子規との野球への視点−それはスポーツライターの原点」という原稿を書きました。
『全国地方紙・共同通信配信「現論」』 2015年9月下旬
「現論」と題した不定期コラムに「エンブレムがプロブレム〜創作とは過去を超えること」というコラムを書きました。もちろん2020東京オリパラのエンブレム問題を取りあげました(蔵出しコラム・ノンジャンル編参照)。
『東京新聞』 『産経新聞』 『朝日新聞』 『毎日新聞』 2015年10月6〜7日
野球賭博に手を出した読売ジャイアンツの選手について、なんと思慮の浅いことを…とコメントする一方、刑法で賭博を禁じながら金集めに野球totoを画策する国の姿勢も批判しました。
『GALACぎゃらく』 2015年10月号(NPO放送批評懇談会)
『スポーツジャーナリズムの宿題』と題した特集でインタヴュー取材を受け、「メディア実態が露呈した新国立競技場問題」と題した記事にまとめてもらいました。
『とぅりおんふ』 2015年6月号vol.33
京都洛星高校同窓会会誌の「期別近況報告」の欄に14期生として「スポーツライターを引退しました」と題したコラムを書きました。
『學鐙 夏号』 第112巻第2号 2015年6月5日発行 (丸善出版(株))
「スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか」というエッセイを書きました。
『中学校 国語3』 (学校図書)
今年度もまた小生の『スポーツとは何か』(講談社現代新書)から『運動会』の文章が選ばれました。この教科書の編集委員の代表2人のうち1人は作家の新井満さんです。
『佐倉国際文化大学平成26年度講義録』 (公益財団法人佐倉国際交流基金)
文化講座の「第4講」として小生が昨年6月4日に行った講演「文化としてのスポーツ」が掲載されています。
『宝島』 2015年5月号 (宝島社)
「広島黒田を超える男気列伝」という企画でコメントしました。しかし『宝島』という雑誌は植草甚一氏の創刊以来ガラリと変わりましたなあ。
『ジュニアスポーツの育成と安全・安心フォーラム 平成26年度講演録』
公益財団法人日本体育協会スポーツ少年団&スポーツ安全協会&日本スポーツ法学会が主催したフォーラムで「2020東京オリパラを機に、青少年スポーツの見直しを!」と題して行った講演の抄録が掲載されました。
『新入社員に送る言葉』 2015年新版(2014年11月発行)
1999年度版に書いた『会社へ行くことが職業なのか?』というエッセイが、今年もまた17年連続で再録されることになりました。
『大阪保険医新聞』 2014年8月5日号
「日本サッカーが強くなるには」というコラムを書きました。
『山下洋輔スペシャル・ビッグバンド:ボレロ/展覧会の絵』JamRice/JACD-1401
2014年6月下旬発売のCDのライナーノートに『展覧会の絵にラクガキ!−−素晴らしいメタ・ジャズの創成』という原稿を書いてムソルグスキーの『展覧会の絵』の各楽曲に新しいタイトルを創作しました(蔵出し音楽バックナンバー参照)。
『サイゾー』 2014年6月号(株式会社サイゾー)
「統一球問題から露呈する球界とスポーツメーカーのオイシイ関係」という特集で、もっとオカシイのは球界とマスコミの関係…と喋ったつもりだったんですが…。
『週刊プレイボーイ』 2014年3月17日号(集英社)
「“失言レジェンド”への素朴な疑問!森喜朗はなぜスポーツ界でそんなにエライのか!?」という特集で元首相の発言を思いきり批判しました。
『報知新聞』 2014年3月6日付社会面
「戦後復興の象徴を震災復興願いともしたい」「国立の聖火を石巻に」という企画で、この計画を絶賛するコメントを出しました。
『月刊ジュニアアエラ』 2014年3月号(朝日新聞出版)
「特集もっと知りたいオリンピック」に「ナビゲーター」の「先生」として登場しています(汗)。
『ACROS』 2014年3月号(2月1日発行・公益財団法人アクロス福岡)
「音の力vol.12コラボする音楽たち」という連載で『音楽では「別れ」が実は「旅立ち」を、「出発」が実は「哀しみ」を表す?』というコラムを書きました(蔵出しコラム音楽編参照)。
『メセナnote』 2013年winter79号(公益社団法人企業メセナ協議会)
企業メセナの専門情報誌に「オリンピックとはスポーツ(身体競技)とアート(文化プログラム)の合体したもの」というコラムを書きました。
『月刊保団連』 2013年11月号(全国保険医団体連合会)
短期連載「スポーツとは何か」の第5回(最終回)に「マスメディアによるスポーツ支配」という原稿を書きました。
『河北新報』 2013年11月15日
東北楽天ゴールデンイーグルス日本一特集第2朝刊の一面に「3・11から11・3へ 東北楽天日本一 スポーツの存在理由示した」と題した原稿を書きました。(蔵出しコラム・スポーツ編参照
『散歩人』 2013年11月号
「わたしと手紙」のコーナーに三波春夫先生の手紙とともに登場させていただきました。
『月刊エンタメ』(徳間書店) 2013年12月号
東京五輪特集で、安易なJ-POPの起用や国内にしか通用しない歌手や演出家の起用はやめてほしいとコメント。
『讀賣新聞』 2013年10月19日付朝刊
W杯放送権料高すぎる…という記事に、スポーツは誰のものかを考えてほしいというコメントを出しました。もちろん巨人は誰のものか?を讀賣には考えてほしいですね。
『WING』 2013年9月30日第74号(公益財団法人広島市スポーツ協会)
8/31に広島平和記念資料館で催された「スポーツ指導者シンポジウム」での小生の基調講演が紹介されています。
『サンデー毎日』 2013年9月8日号 (毎日新聞社)
「大胆予想!東京五輪ソング」という企画の中で、初音ミクを2020年東京五輪のDiscover Tomorowの代表として推薦しました。
『月刊教職研修』 2013年9月号(教育開発研究所)
「巻頭論文」に『学校の運動部活動−−その「目的」を歪めているのは何か?』と題した論文(?)を書きました。
代々木ゼミナール夏期講習会『高2スタンダード現代文』2013
拙著『スポーツとは何か』からクーベルタンの項が選ばれて出題されてます。
『MOMモム』 2013年8月号(イオン・クレジットサービス)
世界陸上の見どころについてコメントしました。
『原発とメディア2』 2013年7月5日刊 (朝日新聞出版)
小生が電力会社から原発の宣伝記事にギャラ500万円で出るよう誘われた話が書かれてます。
『連合通信・隔日版』 2013年7月号(6月8日配信・連合通信社)
連載『スポーツ・ライター玉木正之のスポーツ博覧会』第38回に「米野球界の拡大政策」というコラムを書きました。
『音楽の友』 2013年4月号(音楽之友社)
宮嶋極さんが連載されている『衝撃の音楽体験〜クラシック音楽とともに…』の欄に登場しました。
『NEWS-LOG ニュース・ログ』
5/8の更新で本ホームページにも収録した「衝撃のレポート!! 英国BBCフィル・メンバーが語る3.11体験」「猪瀬都知事失言後の東京五輪招致に必要なことは?」などの原稿をアップしました。
『[週刊朝日ムック]大学ランキング2014年版』 2013年4月25日発行(朝日新聞出版)
940頁を超す大部の「スポーツ選手の出身ランキング」の項目で「大学とアスリートが融合し、新しい学問体系を作る」という話をしています。
『連合通信・隔日版』 2013年5月号(4月9日配信・連合通信社)
連載『スポーツ・ライター玉木正之のスポーツ博覧会』第37回に「スポーツマンは英語が必須!」という原稿を書きました。
『観ずに死ねるか!傑作ドキュメンタリー88』 2013年4月発行(鉄人社)
73人の執筆者がそれぞれにドキュメンタリー映画について書くなかで、『カシム・ザ・ドリーム チャンピオンになった少年兵』を取りあげ、「ボクサーは政治に向かって拳を放つ」という原稿を書きました。
『日経おとなのOFF』 2013年5月号(日経BP社)
「ヴェルディ、ワーグナーでオペラ入門」という特集企画の製作に協力しました。
『月刊ポピー FRESTA中3国語』 9月号(新学社)
「定期テスト対策予想問題集」に、拙著『スポーツとは何か』から教科書にも取りあげられている「運動会」が載っています。
『月刊ジュニア・アエラ』 2013年4月号(朝日新聞出版)
スポーツの指導に暴力は必要か?と題したコラムを書きました。
『アサヒ芸能』 2013年3月7日特大号(徳間書店)
レスリングの五輪競技からの排除を疑問視する記事に賛同するコメントを出しました。
『趣味の文房具 vol.25』 2013年3月20日発行(竢o版社)
「路上文具考現学 大阪・茶屋町」の取材に偶然出会し、自慢の愛用モンブランを写真に写されました。(ナンヤラカンヤラ2/1参照)
『CEL vol.103』 (大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所・発行)
「スポーツが持つ“多様な魅力”がQOL(生活の質)を豊かにする」という特集で「現代のスポーツは、政治、経済、教育、社会…さらに「人類の未来」の姿まで考えさせてくれる」という原稿を書きました。
『週刊しんぶん京都民報』 2013年3月10日号
「スポーツの本質は反暴力」というタイトルでインタヴューに答えました。
『Leonard Bernstein news letter』 2013年冬号
ニューヨークにあるレナード・バーンスタイン事務所が発行している季刊紙で、小生が『ヤナセ・ライフ・プレジール』に書いた映画+生演奏の「ウェストサイド物語」に関する記事が紹介されました。
『AERA』 2013年1月28日号 (朝日新聞出版)
「暴力OK部活にはびこる妄信」という記事に「体罰絶対否定」のコメントを寄せました。
『The Japan Times』 2013年1月15日付
「TOKYO OLYMPICS 2020 Tokyo hopes this Olympics bid wins」という記事に東京の可能性をコメントしました。
『電通報』 No.4741/2013年1月7日
オリンピック特集の紙面に「興奮と歓喜の日々を再び」と題したエッセイを書きました。
『東京オペラシティ ニュー・イヤー・ジャズ・コンサート2013山下洋輔プロデュース挟間美帆のジャズ作曲家宣言!』 2013年1月11日
このコンサートのパンフレットに『ひみつのミッホちゃん〜鏡の中からジャズ作曲家宣言!の巻』という漫画の原作を書きました。(蔵出しコラム音楽編参照
『グレン・グールド・プレイズ・バッハ』 DVD(ソニー・ミュージック・ジャパン
「グレン・グールド<ガラス=音楽=グールド>」というエッセイが再録されました。(蔵出しコラム音楽編・300万ヒット記念第3弾!参照)
『DIME』 2012年 20号(10月2日発売・小学館)
「神保町総研2020年東京オリンピックで日本は完全復活する・経済も雇用も復興もすべて解決」という企画で「スポーツ界の御意見番が語る東京五輪の意義・開会式は断十郎と初音ミク」ほかイロイロ喋ってます。企画のタイトルは少々脳天気すぎますねぇ。
週刊朝日百科『JR全駅・全車両基地 No.6京都駅』 (朝日新聞社)
巻末の「私の駅物語第6回』に「京都駅の思い出」というコラムを書きました。
『代々木ゼミナール夏期講習会 高2スタンダード現代文』 代々木ゼミナール非売品
小生の『スポーツとは何か』(講談社現代新書)から「オリンピック」が抜粋され、国語の問題になってます。
『月刊民放』 2012年8月号
「特集・スポーツを魅せる」のなかで「SNS時代のスポーツジャーナリズム」と題した原稿を書きました。
丸谷才一/池澤夏樹・編『愉快な本と立派な本』 3675円(毎日新聞社)
副題に『毎日新聞「今週の本棚」20年名作選』とあり、小生の書いた書評も選ばれてます。
『SUNDAI ADVANCE』 2012年度VOLUME.1
駿台予備校編集発行の機関誌の『巻頭インタビュー』に登場。ロンドン五輪や受験の話を4ページに渡ってさせていただきました。
『熊本学園大学推薦入学試験問題集』 2012年6月10日発行
昨年共同通信の依頼で『現論』というコーナーに書いた『震災とスポーツ』というコラム(蔵出しコラム・スポーツ編参照)が『震災が問う存在の形態 スポーツの意義とは』と題して熊本日日新聞に掲載され、今年の熊本学園大学の入試(内容を読んで600字程度に要約し、自分の意見を述べよ)に使われました。
『地方紙各紙』 2012年3月16〜17日付共同通信配信
巨人の「契約金最高標準額」突破問題についてのコメントです。
『東京新聞・特報部』 2012年2月28日付
東京マラソン日本人最高がフリー・マラソン・ランナーの藤原新選手だったことについて実業団の駅伝重視等を考え直す良い機会…というコメントを出しました。
『私が愛した大河ドラマ』 (洋泉社歴史新書)
総勢15人の執筆陣に混じって『大河ドラマは世に連れ、家族は大河ドラマに連れ』と題し、「花の生涯」「赤穂浪士」「太閤記」「源義経」「秀吉」について書きました。
『指導者のためのスポーツジャーナル』 2011年秋号(公益財団法人日本体育協会)
「スポーツ草紙」というコーナーに「スポーツの歴史や文化も教えてほしい」と題して、体育の場でのスポーツの「歴史教育」「文化教育」の不足していることを訴えました。
『Kitara Club』 2011 Summer
札幌コンサートホールの機関誌の「私とクラシック、そしてKitara」という連載企画第4回に「スポーツと音楽。どちらも人間という存在の表現」と題して登場しました。
『神奈川芸術プレス』 Vol.101 July 2011
「CREATOR'S VOICE 対談 金聖響×玉木正之」に登場し、「マエストロ聖響の夏休みオーケストラ」というタイトルでイロイロ面白い話を聞きました。
二期会『トゥーランドット』公演パンフレット 2011年7月6〜10日 於:東京文化会館
「オペラ(音楽)とスポーツの濃密な関係」という原稿を書きました。
佐渡裕・著『僕が大人になったら〜若き指揮者のヨーロッパ孤軍奮闘記』 (PHP文庫)
解説として「デッカイことはいいことだ!」というエッセイを書きました。
『マーラー・チェンバー・オーケストラ日本公演』 パンフレット
「胸のわくわくするコンサート〜西の端(ハーディング)と東の端(佐渡裕)の邂逅」という文章を書きました。
『クロワッサン』 2011年6月10日号
「最近、心震える音楽、聴きましたか?」というコーナーにダムラウ(モーツァルト・アリア集)、ブリジット・フォンテーヌ(ラジオのように)、ミルドレッド・ベイリー(ロッキンチェア・レディ)、雪村いづみ(スーパー・ジェネレーション)の原稿を書きました。
『青山学院大学総合文化政策学部入学試験問題』
この大学も小論文の試験に、拙著『スポーツ解体新書』(朝日文庫)から「日本人とスポーツ芸術」の文章の一部を使っていました。連絡ぐらいしてよね(笑)。
『法政大学経済学部入学試験問題』
国語の問題に小生のコラム『オリンピック』(『スポーツとは何か』より)が使われました。
『早稲田大学スポーツ科学部入学試験問題』
小論文の試験に小生の『スポーツとは何か』の文章が使われました。
『千葉経済大学入学試験問題』
国語の問題に、小生のエッセイ『スポーツの熱狂を肯定する』(『続スポーツ解体新書』より)が使われました(今年、入試に小生の文章を用いたのは3大学だけだったようですが、入試で億単位に近いかそれ以上のカネを集めながら、他人の文章を無断で用い、事後承諾の連絡もなく、礼も言わないとは…何かおかしくありません?)。
『中学校国語3』 平成23年2月28日検定済み(学校図書株式会社)
安岡章太郎氏や新井満氏の文章と並んで小生の『運動会』(『スポーツとは何か』より)が中学3年の国語の教科書に入っています。
『RONSPO 論スポ 2011年プロ野球開幕特集号』 Fight&Life2011年4月号増刊(株式会社フィットネススポーツ)
「今こそ、プロ野球の行方を論じよう!」というタイトルで、元ライブドア社長の堀江貴文氏とロング対談をしました。大相撲についても語りました。
『からころ』 22号(株式会社ユートシャルム)
患者のためのフリーマガジンに、脳出血経験者としてロング・インタビューに応じています。
DVD『カシム・ザ・ドリーム〜チャンピオンになった少年兵』 (株・アニプレックス)
ドキュメンタリー映画の解説として「一人のボクサーを通して政治の残酷さを描ききった秀作」と題したエッセイを書きました。
『CDジャーナル』 2011年3月号(音楽出版社)
「NEW DISCS 今月の推薦版」の冒頭で「小澤征爾指揮サイトウ・キネン 奇蹟のニューヨーク・ライヴ」をとりあげ「前へ前へ、訴え続ける凄味」という推薦文を書きました。
『SPA!』 2011年2月15日号(扶桑社)
「それでも俺らは相撲が好きだ」という企画にコメントを寄せました。
『ステロイド合衆国〜スポーツ大国の副作用〜』 (DVD:ソニー・ミュージックディストリビューション)
「スポーツに囲まれた現代人必見のドキュメンタリー」というライナーノート(ネットの未公開映画祭にも出ていたもの)が掲載されてます。
『別冊宝島 斎藤佑樹100人の証言』 2011年3月15日発行(宝島社)
「100人の証言」の1人として「ワセダに固執する限り野球界を変える存在になれない」という証言をしました。
『2012-15年版大学入試シリーズ早稲田大学スポーツ科学部』 (世界思想社教学社)
小生の『スポーツとは何か』の文章が早大入試に使われたそうです。受験料が億単位で集まるなら文章を「無断使用」された著者にも分け前が欲しいものです(笑)。
『新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会』 2011年1,2月
エッセイのコーナーに『音楽のパワーを実感「第九」での幸運な出会い』と題して、3月と6月に登場する指揮者のダニエル・ハーディングについて書きました。
『神奈川フィル・聖響音楽堂モーツァルト・シリーズ』 2011年6月〜2012年3月
神奈川県立音楽堂木のホールでのコンサートのフライヤーに『マーラー連続演奏のあとのモーツァルト!そこに響くのは音楽の神髄?』と題した宣伝文を書きました。
『新日本フィルハーモニー第474回定期演奏会パンフレット』 2011年3月
新しく新日フィルのミュージック・パートナーに就任したダニエル・ハーディングのマーラー連続演奏会のパンフレットに、彼が聖響さんの代役でベートーヴェンの第九を指揮したときの話を書きました。
『東京オペラシティ・ニューイヤー・ジャズ・コンサート2011/山下洋輔プロデュース林英哲PLAYS PLAY ZONE』
毎年恒例洋輔さんのニューイヤー・ジャズのパンフレットに今年も『特報!!撮影快調!完成間近!!公開迫る!映画「幻の幻燈辻馬車」の遊び場』という原稿を書きました。今年は映画シナリオのパロディです。
『野球文化學會論叢ベースボーロジー11号』 2010年夏号(野球文化學會)
昨年夏発行予定の本が、ようやく完成。オモシロイ原稿が並んでいます。小生は「追悼・宇佐美徹也さん」の特集に「記録の神様への感謝」を寄稿しました。
『99人の小さな転機のつくりかた』 2010年12月25日第1刷(大和書房)
以前『ビッグイシュー』のリレーインタビュー「私の分岐点」の取材を受けたものが、1冊の単行本になりました。小生は日比野克彦さんからインタビューのバトンを渡され、岡田武史さんにつなぎました。そんなふうにして99人の発言が1冊に。
『プレジデントムック 賢者の本棚』 2010年12月24日第1刷(プレジデント社)
以前『プレジデント・フィフティ・プラス』の「心と頭のハッピー図書館・ジャンル別人生がもっと楽しくなる傑作・名著591冊」という企画でスポーツの名著を24冊選んだのと同じムックが再出版?何も連絡ないまま本だけ送られて来て…こんなんアリか?
『新入社員に贈る言葉』 2011年1月1日発行(日本経団連出版)
毎年(?)繰り返し発売されている本ですが、今年も新装版が出ました。小柴昌俊、日野原重明、有働由美子、荒俣博、香山リカ、秋山仁といった人たちの文章とともに、小生の『個人と組織』と題したエッセイも載っています。何年前に書いたモンかなぁ?そろそろ全面改定したほうがイイのでは?
『集英社ムック Sportiva保存版 イチロー10年物語』 2010年11月11日発売
イチローで丸々一冊の本で『”失われた時代”のヒーローが生んだ大記録は、どんな”未来”を切り拓くのか?』という文章を書き、『メジャー史のなかのイチロー』というタイトルでR・ホワイティング氏にインタヴューしました。
『新週刊フジテレビ批評VOL.2』 2010年9月20日発行
フジテレビの発行したフリーPR誌に「新週刊フジテレビ批評」に出演して話した大相撲のことが大きく出ています。
『オペラパレスへようこそ2010/2011』 財団法人新国立劇場運営財団
「新国立劇場のオペラ公演『フィガロの結婚』のパンフレットに「美しすぎるメロディは何を表す?」と題したコラムを書きました。(蔵出しコラム音楽編参照)
『月刊ねこ新聞』 2010年9月号(新潮社)
「愛犬家の愛猫記」と題したエッセイを書きました。久しぶりの“フィガロ”に関する原稿です。
『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番/レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック(録音:1959年10月)』 GLAND SLAM RECORDS GS−2054
平林直哉氏がプロデュースした素晴らしい復刻CDに『若きバーンスタイン指揮NYフィルの演奏は名演の宝庫』というコラムを書きました。
『RONSPO 論スポ 緊急!日本代表サッカー特集!』 Fight&Life2010年10月増刊号(株式会社フィットネススポーツ)
冒頭の『論』で、イビチャ・オシム氏、やくみつる氏、杉山茂樹氏と並んで「代表監督は選ぶ人。ザッケローニを呼ぶ前にするべきことはなかったか?」というコラムを書きました。
『フィガロの結婚』 2010年10月10日〜19日新国立劇場オペラハウス公演
公演パンフレットに『美しすぎるメロディは「何」を表す?』というエッセイを書きました。
『club MJ magazine』
「玉木正之オススメ音楽CD」のコーナーに「佐渡裕指揮マーラー交響曲5番」を紹介しました。
『地方紙各紙』 共同通信社・2010年7月第4週配信
共同通信社に書いた「大相撲と野球賭博」という記事が、各地方紙の文化面か社会面に掲載されました。
NHKテレビテキスト・知楽遊学シリーズ『歴史は眠らない』 2010年8−9月(日本放送出版協会)
倉田真由美さんの『婚活白書』(8月)とともに『柔(やわら)の道』と題して、柔道の歴史、海外への発展、国際化と今日の問題…等、9月の世界柔道に合わせて400字×80枚の緊急大作を仕上げました。皆さん御一読を!
『リベラルタイム』 2010年7月号(リベラルタイム出版社)
特集「企業の社会的責任」のなかで『企業の「所有物」と化したスポーツ・文化団体』という記事を書きました。
新刊本発売!! 玉木正之・著『続スポーツ解体新書』 Zaiten Books 1,300円+税(財界展望社)
新書と音楽本ではないスポーツ本の久々の新刊!最近色々と問題の噴出した日本のスポーツ……大相撲、WBC、五輪招致、W杯の日本サッカー、石川遼のゴルフ新時代……等について書きまくったうえ、政権交代とスポーツ政策について……や、日本のスポーツジャーナリズムについても、書きました。書店で購入のうえ御一読を、お願いします!
『ステラ臨時増刊 2010FIFAワールドカップをぜんぶみる!』(日本放送出版協会)
巻頭に「人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は人類生誕の地(アフリカ)で新たな時代を拓く」というコラムを書きました。
『婦人公論』2010年4月22日号(中央公論社)
「騒動に揺れる平成大相撲」の企画のなかで「こんな相撲が見たい」のコーナーに出ました。
『シグネチャー SIGNATURE』 2010年4月号(シティカードジャパン株式会社)
「Column Signature」のEntertainment欄に、「天才バーンスタインの残した、もう一つの傑作」と題して『キャンディード』について書きました。
『PHP』 2010年4月号(PHP研究所)
「心に残る父のこと母のこと64回」というコーナーに、「思い出されるのは、仕事をしている姿」というエッセイを書きました。
『hitoiki(ひといき)』 2010年4月号(全国理容生活衛生同業組合連合会)
特集「ポケットにペンを」で「紳士とペンの素敵な関係」にモンブランの万年筆と共にインタヴューを受けました。
『メディカル朝日』 2010年1月号(朝日新聞社)
お医者さんの専門誌の新春エッセイ特集に「脳出血と恐怖心」というタイトルのエッセイを書きました。
『東京オペラ・シティ・ニュー・イヤー・ジャズ・コンサート2010/山下洋輔プロデュースIMPROVISINGブーニン!』
[山下洋輔」の歴史的コンサートのパンフットに『吉例異種鍵盤技名人戦・夢幻の対決/先手・鍵聖・無有人古典派八段vs後手・盤鬼ヨウスケ邪頭派八段』と題したワケのワカラン文章(笑)を書きました。
『NHK私の1冊日本の100冊 感動がとまらない1冊編』800円 (学研)
NHKの番組をムックにまとめたもので、小生は鈴木隆『けんかえれじい』を選んでいます。
『PLASMA』 2009年12月号(芸術生活社)
「気にしたら負け!コンプレックス」という特集のなかで「劣等感・コンプレックスとは本当はどんなものか」というコラムを書きました。
『ラジオ深夜便』 2009年12月号(財団法人NHKサービスセンター)
巻頭の今月の「エッセー」に「脳出血から復活できた理由(わけ)」と題した文章を書きました。脳出血体験記第1弾です(笑)。
『NHKラジオ深夜便 ロマンチックコンサート 思い出の映画音楽大全集』 (ユーキャン)
CD10枚組通販の解説書に戸田奈津子さん天野祐吉さん大島ミチルさんらと並んで「映画とは映画音楽作曲家とともに作られるオペラである」というエッセイを書きました。
『万年筆ベストコーディネイト賞2009』
授賞式の模様がサイトにアップされました
『聖響 音楽堂シリーズ 神奈川フィルハーモニー特別演奏会 ロマン派の響き』
2010年3,4,5,7月のコンサートのパンフレットに「ロマン派を聖響さんの指揮で聴ける喜び」と題した短いエッセイを書きました。
『sports navi.com』
東京オリンピック・パラリンピック招致に関連してインタヴューを受け、『東京五輪招致に賛成する理由』『スポーツを考え直すきっかけに』というタイトルで各2回(前後編)合計4回にまとめていただきました(蔵出しコラム・スポーツ編参照)。
『癒しの旅 古仏巡礼』 1700円 (講談社・編/刊)
六道珍皇寺の小野篁・作(伝)閻魔大王像について語ってます。ほかに100人以上の人が京都奈良近江の寺と仏像について語ってます。
ネット・マガジン『THE JOURNAL』
玉木正之のスポーツワンダーランドのコーナーに『政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない』という一文を書きました。
『中村敏雄著作集 別巻』 3150円 (創文企画)
「第3章 中村敏雄の人と仕事」に「アカデミズムとジャーナリズム」という文章を書きました。
『BAN 番』 2009年8月号
全国28万人の警察官のための「情報発信マガジン」の特集「世間の常識って本当?」という企画で、「スポーツのルール改定は日本に不利なのか」という原稿を書きました。
『プレジデント・フィフティ・プラス』 (PRESIDENT 2009年7月15日号別冊)
「心と頭のハッピー図書館・ジャンル別人生がもっと楽しくなる傑作・名著591冊」という企画でスポーツの名著を20冊選びました。ほかに堺屋太一、丸谷才一、柳田邦男、高橋源一郎、姜尚中の各氏らも面白い本を選んでます。
庵主・山下洋輔『蕎麦処山下庵』 1470円 (小学館)
林家正蔵師匠と洋輔さんの蕎麦とジャズのまつわる話のほか筒井康隆大先生・相倉久人・浅井慎平・挟間美帆・林英哲・村松友視・茂木大輔・やくみつる…などなどズラリ30人の「蕎麦者」によるコラム集。小生も「そばは京都にかぎる」という文章で参加しています。
『未完成から悲愴まで〜ロマン派の交響曲』 798円 (講談社現代新書)
金聖響さんとの共著。ようやく完成・発売であります!2009年5月20日発売!
『湘南よみうり』 2009年5月1日号(湘南よみうり会)
湘南に住んでいる人々のひとりとして、インタビューを受けました。
『そのりて』 第253回神奈川フィル定期演奏会2009年4月25日
金聖響さん常任指揮者就任披露公演のパンフレットに「BRAVO!神奈フィル新常任・金聖響さんの魔法に期待する!」というコラムを寄稿しました。
『J-B Style(ジェービースタイル)』 2009年2月〜3月号
新連載「玉木正之のオペラへの招待」第6回目(最終回)として「『ウェスト・サイド・ストーリー』は最高のオペラ?」というコラムを書きました。
『和をもって日本となす 文庫改訂版』 上下巻各693円 (角川文庫)
ロバート・ホワイティングさんが新しく書き加えた『まえがき』と『真のワールドシリーズ』という最終章を翻訳して『訳者あとがき』も新たに書きました。どうかお買い求めください。おもしろいですよ。
小林光恵・著『死化粧(エンゼルメイク) 最後の看取り』 (宝島社文庫)
文庫のあとがき(解説)として、単行本の発行のときに書いた「美しい最期」という文章に、少々手を入れました。
『ザ・ジャーナル フォー ビジネスリーダーズ』 2009年2月号
「COLUMN」のコーナーに「ベネズエラで起きている大事件」というコラムを書きました。もちろん「エル・システマ」の話題です。
『玉木正之X金子達仁対談 ニッポンはどうすれば勝てるのか?』 (株式会社アスペクト) 1,429円
『論スポ』『週刊金曜日』で行った金子達仁さんとの対談が、まとめられ、加筆され、一冊の本になりました。どうか、お買い求めください。
『東京オペラシティ・ニューイヤー・ジャズコンサート・パンフレット』
2009年1月20日にタケミツホールで催される『山下洋輔プロデュース茂木大輔PLAYSヤマシタ・ワールド』のパンフレットに「のだめのためのだめな虚無舞踏序曲(ダンシング・ヴァニティ・オヴァチュア)」と題した「純文学書き下ろし序曲」(笑)を書きました。
『スポーツ文化』 第5号 2008年11月30日 発行(独立行政法人日本スポーツ振興センター) 
特集「女性スポーツは、いま」のなかで『新しい身体思想による新しい時代は女性が切り拓く」と題したコラムを書きました。
『NHK交響楽団ベートーヴェン「第九」演奏会プログラム』 
2008年12月23、24、26、27日にレナード・スラットキン指揮で行われるコンサートのプログラムに『21世紀のベートーヴェン〜その国際性と多様性』と題したコラムを書きました。
『ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2008プログラム』
大晦日に小林研一郎指揮で行われるコンサートのプログラムに「ベートーヴェンの天の時、地の利、人の和」と題したコラムを書きました。
『ラグビーファンマガジン』 vol.5 
ラグビーが大好きなデザイナー長友啓典さんの事務所K2が発行しているフリーペーパーの「ラグビー大好き!」というコーナーに「ラグビー・フットボールの魔力」と題した短いエッセイを書かせていただきました。
友添秀則・編著『スポーツのいまを考える』 2008年11月発売(創文企画) 
早稲田大学スポーツ科学学術院教授の友添氏との対談が収録されています。
『熱風』 2008年10月号(スタジオジブリ)
「特集/曲がり角にきたオリンピック」のなかで「オリンピックは中国に負けたのか?〜複雑に絡み合ったオリンピックと政治とスポーツとナショナリズムを解きほぐして考えてみる」という原稿を書きました。
『「身体の音楽」――太鼓打ち・林英哲さんに関する断想』
『人智千響』と題した国立劇場での林英哲さんのコンサート(2008年9月27日・28日)のパンフレットに寄稿しました。
『自己表現』 2008年8月号(芸術生活社)
リレーエッセイ『明日への言葉』のなかで「勉強ほど面白いものはない」と題したコラムを書きました。
『ATES 月刊アテス』 2008年9月号(阪急コミュニケーションズ)
「やっぱり好きだ、阪神タイガース!」という大特集の巻頭に『いまこそ「阪神タイガース・ファン」を止めるべきではないかと悩む男の弁明』と題した少々長いコラムを書きました。
『NHK短歌』 2008年8月号(日本放送出版協会)
6月15日に放送された自作の歌が紹介されてます。
桐蔭横浜大学文化政策研究所『ivonca(イヴォンカ)』 VOL.3 jun.2008
「スポーツ文化の耕し方」と題した連載第3回目で「スポーツは手段としての文化ではなく目的としての文化である」と題したコラムを書きました。
『THE BIGISSUE JAPANビッグイシュー日本版』 97号(2008年6月15日発売)
「オリンピックに出ないスポーツ」特集で、「かつて絵画も彫刻も文学も作曲もオリンピック種目だった」と題したエッセイを書きました。
『Gouguinゴーギャン』 2008年8月号(東京ニュース通信社・6/21発売)
『紅旗征戎不有吾事〜ああ、そんなの俺には関係ねぇ』と題した新連載第3回で「アメリカ文化帝国主義という妖怪」と題したエッセイを書きました。残念ながらこれがこの連載の最終回になるそうです(蔵出しコラムノンジャンル編参照)。
河合隼雄『人の心がつくりだすもの』 (大和書房)
前文化庁長官で昨年お亡くなりになった河合隼雄先生の対談集です。藤森照信さんや南伸坊さんと並んで、『心と体の境界』というタイトルで登場させていただきました。もともとは中部電力の(財)ちゅうでん教育振興財団の機関誌『えるふ』に掲載されたもので、対談場所は京都高台寺前の『和久傳』。旨いもん食ってさんざん話し込まさせてもらったことが今も懐かしく思い出されます。
『世紀のテノール・パヴァロッティ〜ラスト・テノール』 (ユニヴァーサル・クラシックDVD UCBD1087)
ライナーノートに『その声を聴くだけで生きていることの幸せを感じさせてくれた歌手』と題したエッセイを書きました。
『野球文化學會論叢ベースボーロジー9』 (野球文化學會)
毎年1回発行されている野球文化學會の論文集に『見たかった!世紀の一瞬への挑戦!〜日本シリーズ完全試合目前での「投手交代」を再検証してみる』と題した文章を寄稿しました。
『放送文化』 2008年夏号(日本放送出版協会・6/1発売)
『テレビスポーツの成熟』と題した特集のなかで『「スポーツ放送はどうあるべきか?」を考える前に、考えるべきこと』と題した文章を寄稿しました。
『佐渡通信』 2008年5月号 (兵庫県芸術文化センター)
「スペシャル対談特別号」として佐渡裕さんと山下洋輔さんの対談が掲載された一角に、『「フ〜リン火山」大爆発!善男善女の皆さんも、煩悩まみれの皆さんも、みんな一緒に御唱和ください!「不倫、不倫、不倫、フリ〜ン!」』と題して文化芸術センター5月3日公演、筒井康隆=脚本・出演/山下洋輔=ピアノの『フリン伝習録』の紹介を書きました(蔵出しコラム音楽編参照)。
『Forbes フォーブス日本版』(株式会社ぎょうせい)2008年5月号
連載コラム「喜怒哀楽」のなかの「楽」に『仕事人間の弁明』と題したエッセイを書きました
『全国地方新聞(共同通信配信)』 2008年3月2日付読書欄
「私のとっておき」あるいは「豊かな読書」と題された欄に、ゲオルギウの長編小説『二十五時』について書きました。
『寺門興隆』 2008年3月号
「寺院・住職に直言提言」という連載企画に『変わらないことの素晴らしさ』と題したエッセイを書きました。
『ライブドア・スポーツ』
日本代表監督に就任した岡田武史さんへの手紙という形でエッセイを書きました。
『ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2007』
大晦日に行われる小林研一郎指揮イワキオーケストラによるコンサートのパンフレットに『ベートーヴェンの交響曲〜その「名声」と「誤解」』と題したエッセイを書きました。
『モーストリー・クラシック』(産経新聞社)2008年2月号(新春特別号)
料理評論家の山本益弘氏と、2007年日本のクラシック音楽界を振り返る対談をしました。
『ボクシング・マガジン』(ベースボールマガジン社)2007年12月号
「内藤X亀田100人に訊く 関係者&識者は「あの一戦」と「その後」をどう見たか」という特集企画に短い原稿を書きました。
『東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズ・コンサート2008 エクスプローラー 山下洋輔の新しいピアノ協奏曲』
1月12日のコンサートのパンフレットに山下洋輔氏の「肘打ち」について“亀田事件”の記者会見にひっかけてパロディ原稿を書きました。
『論座』(朝日新聞社)2008年1月号
「今年の3冊」のコーナーに、『ワープする宇宙』『興亡の世界史』『モスラの精神史』の3冊を選んで書きました。
月刊『現代』(講談社)2007年12月号
『大人のためのエンタメ入門50歳からのホンモノ道楽』と題して、オペラ、クラシック、ジャズ、歌舞伎、能狂言、文楽、宝塚、ミュージカルまで、コンサート情報付で18ページに渡って書きまくりました。
『携帯イミダス/トレンド解体新書/野球と裏金の深い関係』
第1回「プロ野球は誰のもの?」と第2回「高校野球しかないことが特待生を生む」がアップされています。
『林英哲ソロ活動25周年記念withオーケストラ』
英哲さんの記念すべきコンサートにメッセージ原稿を贈りました。
共同通信・書評欄(各地方紙・書評欄2007年10月7日〜)
森田浩之『スポーツニュースは恐い〜刷り込まれる〈日本人〉』(NHK出版生活人新書)についての書評を書きました。
『恋のアランフェス・大岩千穂』
ソプラノ歌手・大岩千穂さんの初CDアルバムに「ドラマチックに、そして、優しく……――大岩千穂さんの歌心」と題したライナーノートを書きました。
乙武洋匡・著『大人になるための社会科入門』(幻冬舎)
「スポーツ文化について」の章で「玉木正之さんに会う」と題して小生が登場しています。
『ノジュール』 2007年9月号(JTBパブリッシング)
連載『逆さめがねのスポーツフィードバック』第11回で「民主主義から誕生したスポーツはもっと世の中と関わるべし」という内容の文章を書きました。
『スポーツBiz.ガイドブック'07〜'08』(江戸川大学スポーツビジネス研究所・編著/日経BP企画・発行)
「Professionals」というコーナーでスポーツライターという「ビジネス」に関するロング・インタヴューを受けました。タイトルは「自分の子供に誇りを持って読ませられる文章を書くために」
高野孟・主宰ウェブマガジン『ざ・こもんず』

特別企画「参院選総括と今後の展望」のコーナーに、『「スポーツ&音楽ライター」から見た参院選』という原稿を書きました。

FIPFAワールドカップ2007公式ホームページ
リレー応援メッセージのコーナーに、電動車椅子サッカー日本代表や世界から集まる選手へ向けての応援メッセージを書きました。
映画『僕のピアノコンチェルト』パブリシティ用パンフレット
テオ・ゲオルギューという天才少年ピアニストが主人公を演じる原題『VITUS(ヴィトス=主人公の少年の名前)』というなかなか面白い映画(今秋一般公開予定)のパンフレットに、『天才少年ヴィトスとテオと その音楽』と題したコラムを書きました。
『総合教育技術』 2007年8月号(小学館)
先生用の雑誌に『母性の愛情が天才を育てる』と題したコラムを書きました。
『Digiral Audeio Fan』(『PCfan』2007年7月21日号別冊)
「ポッド・キャスト・ステーション」の「特選ポッドキャスト」としてRKB毎日放送「中西一清のスタミナラジオ」の小生のコーナー「スポーツエンターテインメント」が紹介されてます。
『カジモト・コンサート』 (梶本音楽事務所情報誌)
ピアニストのファジル・サイについて書きました。
『PLAYBOY』 2007年6月号(集英社)
特集「ジャズ最強読本」のなかの企画「ジャズ100年のベストはこれだ!」のアンケートに答えて「ジャ ズアルバム私的ベスト5」を回答しました。
『FA』 (ココア出版)
美容理容業界誌の『友、げんてん』というコーナーに高橋大輔と織田信成について書きました。
『「天才」の育て方』 (五嶋節・著/講談社現代新書)
五嶋みどり・五嶋龍という二人の「天才」を育てあげた母親・五嶋節さんの「子育て論」です。校正執筆のお手伝いをさせていただきました。5月20日発売予定です。
『世界指揮者列伝・世界の指揮者100人』 (平林直哉氏との共著)
河出書房新社の「ふくろうの本」として5月20日に発売されます。
『ダカーポ』 604号 2007年4月18日発売
『社会人の大常識検定』という特集のなかでスポーツを担当し、検定問題をつくってみました。
『KADOKAWA世界名作シネマ全集』第2期第19巻『戦争の真実』
解説書の冒頭に、『私が戦争映画を好きな理由(わけ)』と題したコラムを書きました。取りあげた映画は『史上最大の作戦』と『プラトーン』(DVD付き)です。
『CREA』 2007年2月号(文藝春秋)
ウチの馬鹿犬・佐吉がNYセントラル・パークを歩くセレブ犬などと並んで出ています。なんでやねん(笑)
『山下洋輔のニューイヤー・ジャズ・コンサート2007』
セシル・テイラーとのデュオというモノスゴイ出来事に寄せて、『初笑い新春寄席 あけましてフリー漫才』と題した「漫才」を書きました。ただし、このコンサート(1月10日予定)はセシル・テイラーがヘルニア手術の術後経過の問題から来日延期となり、2月21日に変更されましたので、ご注意!
宮崎学・責任編集ネットマガジン『直言』
連載「どないな話やねん?」第20回(最終回)に「セールスマンの死」と題したスポーツビジネスの発展についてゆけないオヤジの話を書きました。
『鼎 tei』 第11号(NPO法人ACT.JT/日本萬歳楽鼎・発行)
「あしたのマンノジョー」のコーナーに「地獄八景万之丞乃戯」と題したコラムを書きました(蔵出しコラム・ノンジャンル編に掲載しています。)
『月刊Piano』 2006年12月号(ヤマハミュージックメディア発行)
「気になるのはクラシックに恋してる男たち」という特集のなかの「かっこいい指揮者といえば金聖響」と題したコーナーでチョイト話をさせていただきました。
矢崎良一・著『松坂世代』 (河出文庫)
文庫の解説として、「カオスからコスモスへ−−若者たちの形造る小宇宙」と題した文章を書きました。
『体育科教育』 2006年10月号(大修館書店)

「私の思い出の一冊」というコーナーにヘミングウェイの「老人と海」について書きました。

『季刊 情報文化』 2006年秋号(新潟日報社)

特集『汗の原点 スポーツと地域の新しい関係』のなかでロング・インタヴューを受けました。

映画『マーダーボール』

チラシに推薦文を書きました。みなさん是非見てください。

『新入社員に贈る言葉』 (日本経団連出版)

毎年繰り返し発売されている本ですが、今年も新装版が出ました。小柴昌俊、日野原重明、有働由美子、荒俣博、香山リカ、秋山仁といった人たちの文章とともに、小生の『個人と組織』と題したエッセイも載っています。

『野球でメシが食えるか』 (スタジオダンク編・著/ノースランド出版)
『サッカーでメシが食えるか?1/2』に続く「スポーツでメシ食えシリーズ」第3弾。冒頭でスポーツライターで飯を食うには、という話をしました。
『ライフスタイル オブ ノジュール』 vol.3(JTBパブリッシング)
連載「スポーツつむじまがり」に「政治から経済へ〜そのシフトチェンジにボクシングは生き残れるか?」と題したコラムを書きました。
『モーストリー・クラシック』
特集『人はなぜ「リング」に惹かれるのか』のなかでワーグナーの『ニーベルンクの指環』について語りました。
『われらの六〇年代文化 花ざかりの森を吹き抜けた旋風(かぜ)』 (ネット武蔵野・刊/1600円)
品田雄吉(外国映画)小川隆夫(ジャズ)白井佳夫(日本映画)宇野功芳(クラシック音楽)鈴木道子(フォーク・ロック)砂川しげひさ(漫画)ドナルド・キーン(狂言)今野勉(テレビ)渡辺保(古典演劇)粟津則雄(美術)椎名誠(旅)・・・等の人々に混じって「60年代のスポーツ〜その光と陰」と題した文章を書きました。
『弦楽ファン』 月刊エレクトーン2006年7月号別冊季刊・夏号(ヤマハミュージックメディア)
「男の子がヴァイオリンを弾くのは恥ずかしいことだった・・・?」と題するエッセイを書きました。
週刊朝日百科『週刊シルクロード No.34イタリアB』 (朝日新聞社)
「シルクロードへの誘い」第34回に「アッピア街道に乾杯」と題したコラムを書きました。
『STILE』(別冊CGスティレ)vol.3 (二玄社)
「特集ヒーローズ」という企画のなかでモハメド・アリについて書きました。
『男の隠れ家』 2006年7月号(あいであ・らいふ社)
「私の愛した食の名店アンケート135人の258店」のなかで鮨処「もり山」を 紹介しています。
『通販生活』 2006年夏号(カタログハウス)
本のページ『私の本棚』に「質より量の読書は質が残る?」と題したコラムを書きました。
『ホームシアターファイル』 2006年5・6月号(音元出版)
「ドイツW杯、俺ならこう見る」というページで、W杯をテレビで楽しむ方法を話しました。
『東京のオペラの森2006開催記念 上野の早春賦』 (上野観光連盟・編集発行)
インタヴュー記事で「オペラは総合芸術、面白くないはずがない」という話をしました。
韓国映画『クライング・フィスト(泣拳)』
上演パンフレットに「涙の流れる理由」と題したコラムを書きました。
『自分時間』 vol.9 コミック乱別冊2006年4月増刊号(リイド社)
連載ページ『コラムで遊ぶ』に「久しぶりに銀ブラでもするか・・・」と題した文章を書きました。
『OCNスポーツ 月刊エスパ』
「古田敦也特集」で「常識を覆す“眼鏡”」と題したエッセイを書きました。
『SKYWARD』 2006年3月号(JALグループ機内誌)
「旅する舌」のコーナーに「スポーツと音楽を通してであったトリュフ」というエッセイを書きました。
『ヤフー・スポーツナビ・パラリンピック特集サイト』
「元気と勇気を与えてくれる選手にエールを!」と題した文章を書きました。
毎日放送『情熱大陸』(TBS系全国ネット)公式ページ
「知って得する情熱トリビア」と題する連載を開始しました。
『中洲通信』 2006年3月号
「代表」の見方〜日本人にとって「代表」とは何か〜と題したロングインタヴューを受けました。生まれて初めて雑誌の表紙に写真が載りました。恥ずかしいですな(笑)。
『PHP ASSIST』 2006年vol.4 (PHP刊)
連載『スポーツこぼれ話』に「スポーツマンにとっての“キャリア”とは本当はどのようなものなのか?」と題した文章を書きました。
『ヒブラ・ゲルズマーワ&佐野成宏 デュオ・リサイタル』 2006年5月24日(東京オペラシティ・タケミツホール)
チラシに『東方の奇蹟の二重唱』と題した文章を書きました。
『佐渡裕の「幻想」と「ボレロ」』兵庫県立芸術文化センター公演 (2005年11月5日-6日)
パンフレットに、ベルリオーズの『幻想交響曲』ラヴェルの『ボレロ』モーツァルトの『協奏交響曲』の解説とエッセイを書きました。
『キリカエ力』 (梧桐書院・1400円)
平尾誠二さんが理事長を務めるNPO法人「SCIX」の文化講座をまとめたものです。宿沢広朗、山口良治、山田久志、永井洋一、平尾誠二の各氏とともに、「コーチング」について語った内容がまとめられています。
▲PAGE TOP
../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
BOOK
近藤大介『ファーウェイと米中5G戦争』講談社+α新書
近藤大介『ファーウェイと米中5G戦争』講談社+α新書
一読して…いやあ…中国はスゴイですねえ…と思うほかない一冊ですけど…ではどーするか?と考えるのも面白い!
高島俊男『中国大盗賊・完全版』
高島俊男『中国大盗賊・完全版』
前にも紹介しましたが秦の始皇帝から共産党の毛沢東まで中国の「王朝」はすべて盗賊出身。中国を知るには欠かせない一冊
【以上ナンカン2/22】
DVD
『博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』
『博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』
ソ連原爆攻撃を主張したノイマンがモデルのキューブリックの傑作!ブラックユーモア映画!
『パットン大戦車軍団』
『パットン大戦車軍団』
日本語タイトルは酷いけどパットンという人物を見事に描いたジョージ・C・スコットの演技は最高です
【以上ナンカン2/19,21】
BOOK
筒井康隆『ジャックポット』
筒井康隆『ジャックポット』
二階からコロナ。火事とコロナは江戸の花。七コロナ八起き。コロナは気から。一富士二鷹三コロナ…ははははは
【ナンカン2/20,21】
廣瀬陽子『ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略』
廣瀬陽子『ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略』
ロシアは今もロマノフ王朝の帝政なんですね
【ナンカン2/21】
立花隆『サイエンスの未来 伝説の東大講義』講談社現代新書
立花隆『サイエンスの未来 伝説の東大講義』講談社現代新書
少し古くなった感もありますが最新の学説が生まれる歴史を知るうえで貴重だと思います
【ナンカン2/20,21,22】
手塚治虫『火の鳥《全12巻セット》』朝日新聞出版
手塚治虫『火の鳥《全12巻セット》』朝日新聞出版
これを持ってると他の本が要らないくらいですね。
高橋繁行『土葬の村』講談社現代新書
高橋繁行『土葬の村』講談社現代新書
小生も小学生の時に母の出身地の徳島の田舎で土葬の葬式を経験しました。貴重な体験でした
【以上ナンカン2/20】
高橋昌一郎『フォン・ノイマンの哲学 人間のフリをした悪魔』講談社現代新書
高橋昌一郎『フォン・ノイマンの哲学 人間のフリをした悪魔』講談社現代新書
本物の天才が次々に登場。アインシュタインが普通の人に思えます
【ナンカン2/17,18,19】
DVD
『夜の訪問者』
『夜の訪問者』
C・ブロンソンがフランス語を使いフランスを舞台に次々と危機を脱するサスペンス。監督は007のテレンス・ヤング。お暇ならどうぞ
【ナンカン2/16】
『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』
『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』
ドキュメンタリーと見紛うばかりの面白い映画です!
TV
『博士ちゃん』
『博士ちゃん』
これも最近定期的に見る数少ないTV番組になりました
【以上ナンカン2/13】
『チコちゃんに叱られる』
『チコちゃんに叱られる』
けっこう叱られてないかな。いや、そうでもないか。
『ブラタモリ』
『ブラタモリ』
必ず見るようにして楽しんでいます。我が家が檀家の京都六道珍皇寺が取りあげられたこともあります
【以上ナンカン2/12】
Article
『#五輪をどうする 64年の開会式で涙した父…玉木正之さん「平和の祭典どこに」』
『#五輪をどうする 64年の開会式で涙した父…玉木正之さん「平和の祭典どこに」』
コレも読んでいただきたいなあ。ただし有料ですが…。
DVD
『黄昏のチャイナタウン』
『黄昏のチャイナタウン』
ジャック・ニコルソンが頑張って監督主演したChina Townの続編。私立探偵のJakeが再度活躍。原題はTwo Jakes ナルホド。
【ナンカン2/9】
『女殺油地獄』
『女殺油地獄』
これは片岡仁左衛門の一世一代の名舞台!作品も凄いけど浄瑠璃も太棹の現代音楽もスゴイ!油まみれの殺人の修羅場は見事なものです!
『ブルックナー交響曲第9番バーンスタイン&ウィーン・フィル』
『ブルックナー交響曲第9番バーンスタイン&ウィーン・フィル』
少々マーラーのようにねちっこく響くマーラーも面白いものです。
『マーラー:交響曲第9番・第10番・大地の歌』
『マーラー:交響曲第9番・第10番・大地の歌』
10番1楽章の最後に現れる美しいメロディは映画『E.T. 』にも使われてます。
CD
『マーラー:交響曲第10番』
『マーラー:交響曲第10番』
遺作で1、3楽章しかフルスコアが残されてませんがピアノ・スケッチから復元した全曲盤も素晴らしい作品です。
DVD
『ブルックナー:交響曲第9番/シューベルト:未完成』
『ブルックナー:交響曲第9番/シューベルト:未完成』
未完の作品を合わせたコンサート。G・ヴァント指揮北ドイツ放送響も素晴らしい演奏です!
【以上ナンカン2/7】
『勝利への脱出』
『勝利への脱出』
ナチスドイツと連合国捕虜たちのサッカー試合。J・ヒューストン監督の良い映画です。ペレの活躍も見もの
【ナンカン2/5】
BOOK
木田元&須田朗『基礎講座哲学』ちくま学芸文庫
木田元&須田朗『基礎講座哲学』ちくま学芸文庫
これはホントに勉強になるいい本です
【ナンカン2/6,7,8,9】
DVD
『裏窓』
『裏窓』
ヒッチコックの名作映画。しかしミステリーというのはどこか不満足感が残る…とはあくまでも個人の感想ですが…。
Blu-ray
『しとやかな獣』
『しとやかな獣』
ヒッチコックのカメラワークの影響も受けたでしょうが、それ以上の面白さに溢れた川島雄三監督の傑作映画
【以上ナンカン2/3】
『チャイナタウン』
『チャイナタウン』
ポランスキー監督の社会派ミステリー。ジャック・ニコルソン&フェイ・ダナウェイの演技はサスガですね。
BOOK
蓮實重彦『伯爵夫人』
蓮實重彦『伯爵夫人』
野球の球が金玉に…いや「おみお玉」に当たって悶絶した若者がケガの様子を年上の女性たちに見守られるというのは著者の経験譚でしょうか(笑)
草野進『どうしたってプロ野球は面白い』中央公論社
草野進『どうしたってプロ野球は面白い』中央公論社
この本が出現したときは野球ジャーナリズム関係者がパニックに。何しろ著者は女流華道家という触れ込みでしたから。
草野進『プロ野球批評宣言』新潮文庫
草野進『プロ野球批評宣言』新潮文庫
ある意味でプロ野球要論の決定版。野球ライター必読本。解説がイイですね。書いたのは私です(^^;)
【以上ナンカン2/2】
中野信子&熊澤弘『脳から見るミュージアム アートは人を耕す』講談社現代新書
中野信子&熊澤弘『脳から見るミュージアム アートは人を耕す』講談社現代新書
マイケル・ジャクソンとフレッド・アステアの話も出てくる超面白本です
【ナンカン1/31/2/1,2,3,4】
Blu-ray
『山口百恵 伝説から神話へ BUDOKAN AT LAST1980/10/5』
『山口百恵 伝説から神話へ BUDOKAN AT LAST1980/10/5』
なかなか聴き応えのある昭和の歌の数々。平成以降は何もかもが劣化した?
DVD
『昼下がりの決斗』
『昼下がりの決斗』
ペキンパーの映画デビュー2作目。完成度は低いけど金の奪い合いと友情を秤にかけた会話が面白い。
ショスタコーヴィチ:オペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』
ショスタコーヴィチ:オペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』
ある作家がオペラを観て初めて勃起したと言ってました。セックスの二重唱もあります。
BOOK
ニコライ・セミョーノヴィチ・レスコーフ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』青空文庫Kindle版
ニコライ・セミョーノヴィチ・レスコーフ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』青空文庫Kindle版
私の読んだのは集英社版世界文学全集でした。なかなかスゴイ物語です
【以上ナンカン1/30】
ジャレ・ド・ダイヤモンド『銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎』草思社文庫
ジャレ・ド・ダイヤモンド『銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎』草思社文庫
何年も前に読みました。面白かった印象は残ってます。傍線を引いた部分を読み直すか。
ジャレ・ド・ダイヤモンド『危機と人類(上)』日経ビジネス人文庫
ジャレ・ド・ダイヤモンド『危機と人類(上)』日経ビジネス人文庫
ナカナカ面白い本です。フィンランドやインドネシアが危機に立ち向かったか?日本やドイツは下巻です。
ナシーム・ニコラス・タレブ『反脆弱性−不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』ダイヤモンド社
ナシーム・ニコラス・タレブ『反脆弱性−不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』ダイヤモンド社
これは読まねば!要するに巨大恐竜は「脆弱」で亡びたけれど小さな哺乳類は全弱でなく生き延びたわけですね
【以上ナンカン1/28】
クーリエ・ジャポン『新しい世界 世界の賢人16人が語る未来』講談社現代新書
クーリエ・ジャポン『新しい世界 世界の賢人16人が語る未来』講談社現代新書
ベストセラーは好きじゃないけどこの本は勉強になりました
【ナンカン1/27,28,29,30,31】
DVD
『ハスラー2』
『ハスラー2』
ポール・ニューマン&トム・クルーズ初顔合わせ。面白いけどスコ セッシ監督にもう一捻りを要求したいなあ
【ナンカン1/26】
BOOK
三枝成彰・編著『ベートーヴェンは凄い!交響曲全9曲連続演奏会の記録2003-2020』五月書房新社
三枝成彰・編著『ベートーヴェンは凄い!交響曲全9曲連続演奏会の記録2003-2020』五月書房新社
多くの方々のエッセイやベートーヴェン論と共に小生の『ベートーヴェンの「天の時、地の利、人の和」』と題したコラムも選ばれて掲載されています。「蔵出しコラム音楽編」にもあります
【ナンカン1/24】
DVD
『三人の名付け親』
『三人の名付け親』
3人のカウボーイが投法の3博士となって生まれたばかりの赤ん坊(キリスト)を助ける西部劇。ジョン・フォード監督だけにそれなりに面白い
【ナンカン1/23】
BOOK
J・ネイスミス『バスケットボールその起原と発展』YMCA出版
J・ネイスミス『バスケットボールその起原と発展』YMCA出版
バスケットボールを創った人物の記述。中村敏雄先生の記述と異なるのは何故かな?
【以上ナンカン1/23,25】
BOOK
近藤大介『ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ』講談社現代新書
近藤大介『ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ』講談社現代新書
30年ほど前に上海で中国人男性から「中米は必ず戦争します。日本はどうします?」と訊かれて答えられなかった
【ナンカン1/20】
Blu-ray
『デジャヴ』
『デジャヴ』
録画ハードの残量不足で最後まで見れなかったけど見なくてもエエか
【ナンカン1/19】
BOOK
岩田健太郎『感染症は実在しない』集英社インターナショナル新書
岩田健太郎『感染症は実在しない』集英社インターナショナル新書
目に見えないモノをああだこうだと言うより病気を治しましょうということですね。
岩田健太郎『サッカーと感染症』カンゼン
岩田健太郎『サッカーと感染症』カンゼン
サッカーの試合では、ほとんど感染症の心配はないようですが,練習は気を付けましょう!
岩田健太郎『新型コロナウイルスとの戦い方はサッカーが教えてくれる』エクスナレッジ
岩田健太郎『新型コロナウイルスとの戦い方はサッカーが教えてくれる』エクスナレッジ
感染症のゾーニングはサッカーのゾーンディフェンスの感覚で!
DVD
『汚名』
『汚名』
ヒッチコックはオモシロイ!イングリッド・バーグマンは素晴らしい!
【ナンカン1/17】
BOOK
半藤一利『世界史のなかの昭和史』平凡社ライブラリー
半藤一利『世界史のなかの昭和史』平凡社ライブラリー
半藤氏の昭和史はどの本も面白く勉強になります。もう一度お話を聞かせてほしかった。合掌。
半藤一利『昭和史残日録戦後篇』ちくま文庫
半藤一利『昭和史残日録戦後篇』ちくま文庫
戦前篇も合わせて仕事場のすぐに手に取れるところに。資料として活用してます
【ナンカン1/14】
木田元、須田朗『基礎講座哲学』ちくま学芸文庫
木田元、須田朗『基礎講座哲学』ちくま学芸文庫
これは本当に勉強になるいい本です
【ナンカン1/12,13,14,15,16,17,18,19】
DVD
『八十日間世界一周』
『八十日間世界一周』
昔見たなあ…最初の月旅行は面白いけどリズムがちょっとかったるい。80日間で世界一周ですからね。ゆっくりですね
【ナンカン1/7】
BOOK
岩田義一『偉大な数学者たち』ちくま学芸文庫
岩田義一『偉大な数学者たち』ちくま学芸文庫
アルキメデス、ピタゴラスからニュートン、ガロアまで,数学の面白さを教えてくれます
【ナンカン1/7,8.9,10,11】
筒井康隆『最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集1』新潮文庫
筒井康隆『最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集1』新潮文庫
「万延元年のラグビー]はやっぱりフットボールよりオモシロイですねオオエさん!
【ナンカン1/4】
Blu-ray
『ジョーカー』
『ジョーカー』
ホアキン・フェニックスの演技力は凄いけど,映画としてはアメコミ・ハリウッド・ホラー・サスペンス娯楽映画ですね。
DVD
『タクシー・ドライバー』
『タクシー・ドライバー』
マーティン・スコセッシ&ロバート・デ・ニーロが70年代のニューヨークを歴史に残した名作。ジョデイ・フォスターも存在感ありますね。
『ナチュラル・ボーン・キラーズ』
『ナチュラル・ボーン・キラーズ』
オリヴァ・ストーン監督の「問題作」マスコミ利用犯罪は一つの時代を銀幕に遺しましたね
【以上ナンカン1/3】
BOOK
大江健三郎『万延元年のフットボール』
大江健三郎『万延元年のフットボール』
講談社学芸文庫/ノーベル賞作家の代表作。フットボール=暴動=一揆=念仏踊り…なんですね
【ナンカン1/3,4,5】
CD
『ニューイヤー・コンサート2021』
『ニューイヤー・コンサート2021』
ムーティも歳取って巨匠になると遅いテンポ で堂々たるワルツを奏でますね
【ナンカン1/1】
DVD
『ウェストサイド物語』
『ウェストサイド物語』
もう何十回観たかなあ。それにしても素晴らしい音楽ですね。半世紀以上前の映画なのに微塵も古くなってません
【ナンカン12/31】
Blu-ray
『ゴッドファーザー ベストバリューBlu-rayセット』
『ゴッドファーザー ベストバリューBlu-rayセット』
これも何度見てもスゴイと思わせる映画ですね
【ナンカン12/28,29,30】
BOOK
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとRakutenブックスへ跳びます。amazonよりもこっちの評価のほうが正しいですね(笑)。どうぞ、お買い求めを!
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとamazonへ跳びます。どうぞ、お買い求めを!
『プロ野球大事典』(新潮文庫)3
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね。
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaitenbooks)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
(以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ネットショップ 作成 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る