コラム「スポーツ編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2008-11-12
この原稿は、阪急コミュニケーションズ発行の雑誌『アテスAtes』2008年9月号に寄稿したものです。2008年のプロ野球は西武ライオンズの日本一で幕を閉じましたが、こんな時もあったなぁ…ということで、少々長い文章ですが、“蔵出し”します。

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

古代中国の偉人が「天命を知る(知命)」と称した五十路も半ばを過ぎた現在、改めてつくづく思うのは、俺もかつては熱烈で純粋な阪神タイガースのファンだった、ということである。

もちろん今も、タイガースの動向には注目している。いまだもってジャイアンツを応援している希有な男から「阪神タイカープ」などと揶揄されても、新井、金本の見事な打棒に興奮し、最後に藤川の速球を見れば、その夜は熟睡できる。それ以上に甲子園球場への愛着は黙しがたく、最近も半分改装なった聖地を訪れたときは、さっそく甲子園限定のヘルマンドッグを頬張り、甲子園自家醸造生ビールを飲んだ。旨かった。

とはいえ、近年心の底に感じはじめた違和感の塊が、徐々に大きくなってきたことは否定できない。あの胆(はら)の底から燃えるような熱情。全身の毛が逆立つような興奮。かつては感じたそんな感情が、いまは温和しく影を潜めたことを感じないわけにはいかない。

いったい、何故?

その自問に対して自答を得るには、我がタイガース・ファン歴を振り返らなければならない。

俺がタイガースのファンになったのは1965年4月6日、13歳の誕生日のことだった。

関西に生まれ育ちながらも、当時一般の子供たちと同様、ジャイアンツの、とりわけ長嶋茂雄の大ファンだった俺は、中学に入学して教師から「もう洟垂れ小僧やないんやから、しっかりせい」といわれた瞬間、大人になることを決意した。そこでジャイアンツ・ファンであることを辞め、周囲の大人たちと同様、タイガース・ファンになることにした。その日、俺は元服したのである。

しかし、その時期が悪かった。

前年の東京オリンピックの年、タイガースは村山、バッキー両投手の活躍でセ・リーグを制覇。その二年前にも村山、小山両エースの大活躍でペナントを獲得。ジャイアンツ・ファンだった餓鬼を何度も悔しがらせた猛虎だったが、俺がファンになった年からV9ジャイアンツの後塵を拝し続け、「万年2位」と呼ばれるようになった。

さらにドラフト制度の効果が現れ、広島カープ、ヤクルト・スワローズといったかつての弱小球団が次々と優勝するようになると、タイガースはBクラスはおろか最下位に低迷するまでになり、何とその間20年、優勝の美酒から見放され続けたのである。

 それだけに1985年、21年ぶりにセ・リーグのペナントを奪還し、初の日本シリーズ制覇という快挙を果たしたときは嬉しかった。本当に嬉しかった。

13歳で元服した餓鬼も、そのときすでに34歳の働き盛り。スポーツライターとしての仕事も波に乗り始めた当時、仕事を理由にタイガースの試合を見まくった。

そのシーズン、初戦の広島球場で大敗を喫したときには、応援に訪れていたタイガース・ファンの落語家の師匠が「ほな、また来年、がんばりまひょ」といったのも束の間、続く甲子園でのジャイアンツ戦で、バース、掛布、岡田がバックスクリーン直撃の3連発! これで波に乗ると猛虎打線が大爆発。6点差、7点差など大差でリードされた試合も次々と逆転。

そのうち弱体投手陣も自信を持ち、エース池田、リリーフエース中西を中心に盤石の強さを発揮。揚げ句は、バースが盗塁をしたり、ライトを守る真弓がゴロを捕って素早く一塁へ投げ、ライトゴロで打者をアウトにするなど、もう、やりたい放題。

すべてのシーンで呵々大笑するような豪快な野球を展開。試合後のインタヴューで吉田監督がナントカの一つ覚えのように繰り返した「チーム一丸」「チャレンジ精神」という言葉も、丸薬や電子レンジをパロッたギャグとしか思えず、タイガース・ファンの誰もが笑顔で『六甲おろし』を歌い続けるなか、日本シリーズで広岡監督率いる西武ライオンズまで撃破したのだった。

そのとき俺の脳裏をよぎったのは、苦節二十年の過去の姿。それは、あまりにも酷い「派閥争い」と「御家騒動」の歴史だった。

引退したキャプテンの牛若丸・吉田を差し置き、エース村山がプレイング・マネジャーに就任したあたりから「騒動」が顕在化。ブルペンから采配を揮った村山は、ベンチを支配した金田正泰コーチに追い払われる身となった。

その金田と蜜月関係を結んでいたはずのエース江夏も、やがて袂を分かたれ、南海ホークスへ電撃トレード。鳴り物入りで入団した東京六大学の大スラッガー田淵も、やがて「騒動」に巻き込まれ、西武ライオンズへ追いやられる。

しかし、21年ぶりのあまりにも美事な優勝のあとでは、それらの過去もけっしておぞましいものとは思えず、よくぞこれだけ個性的な選手が揃っていたな、と懐かしい愛着とともに振り返ることができた。

そういえば当時、江夏、田淵のみならず、ショート藤田平も、遠井の吾郎ちゃんも、センター池田も、なぜかタイガースには下腹の突き出た選手が多く、「阪神部屋」などと呼ばれたこともあった。そんなことも、他球団にはありえない個性としてほほえましく思い出された。

書物から得た知識ではあるが、かつてジャイアンツのエース沢村栄治のライバルとして戦前に大活躍した初代ミスター・タイガース景浦将は、大差のついた試合ではモチベーションが下がる性癖だったのか、外野を守る自分の近くに打球が飛んできてもまったく捕ろうとせず、仁王立ちしたまま動こうともしなかった。当時の監督石本秀一は、「今日も景浦、ボールを追わず、捕らず、動かず、理由不明」と日記に書き残している。

二代目ミスター・タイガースの藤村冨美男の「個性」もまた見事なもので、一打逆転のチャンスで打席に立ったときは、必ずベンチの監督に「ここで打ったら、なんぼ出す?」と訊き、逆転ホームランを放ったあとは、右手を高々と天に突きあげ、「X円! X円!」と、その契約獲得金額を叫びながらダイヤモンドを一周した。さらにホームランを打った瞬間に脚を故障し、片足だけでぴょんぴょんと跳びはねながらダイヤモンドを一周したことまであったという。

俺が青春時代に目にした相撲部屋と見紛う「阪神部屋」の選手たちも、いわばそれらの素晴らしい「個性」の延長。あるいは見事な伝統の継承といえた。

ショートという軽快なフィールディングが求められる守備位置にありながら、下腹の出始めた藤田平は、しかし一塁に守備位置を移して首位打者を獲得した。さらに、それまで一塁を守っていた「名」一塁手の遠井の吾郎ちゃんは、内野手からの送球を腹を突き出した直立不動の姿勢のままキャッチし、眼鏡をかけたインテリジェンス漂う相貌で、一塁ベースへ全力で駆け込む相手打者を嘲笑うかのようにアウトにした。

さらにセンター池田は、ある試合で平凡なフライを追いかけながら「虎刈り」になっていた芝生に足を取られ、見事なまでにスッテンコロリと転んでしまい、逆転タイムリーにしてしまった――という一事だけで、タイガース列伝の歴史に、その名を刻んだ。

もちろん、そのような少々漫画チックな出来事ばかりではない。

延長11回をノーヒットノーランに抑えたエース江夏は、自らのバットでサヨナラ・ホームランまで放ち、「野球は一人でもできる」と言い放った(とされている)。さらにオールスター戦で規定の三イニングを投げ、九人の打者すべてを連続三振に切って取ったときには、その途中最後の打者がファウルフライを打ち上げたとき、キャッチャー田淵に向かって「捕るな!」と叫んだ(といわれている)。

ここで少々注釈を付け加えておくが、じつは、この(江川卓投手も八打者連続で終わった)江夏の大記録は、前年と翌年のオールスター戦にもまたがっており、「9打者連続奪三振」ではなく、「12打者連続奪三振」が正しいのだ。タイガース・ファンなら知っておきたい情報である。

そしてホームラン・アーチストと呼ぶにふさわしい田淵は、当時少々衰えを見せ始めた王貞治がフェンスぎりぎりのホームランを量産したのに対して、打球を甲子園の夜空に向かって花火のように高々と打ち上げ続けた。その白球を、ぽかーんと口を開けて見つめあげたファンのなかからは、「あんなに高う打ち上げんかって、フェンスを越えりゃぁホームランやのに…。無駄なことしよるで」などという声も聞かれたが、誰もがその美しさに陶酔したものだった。

けっして負け惜しみではなく、「万年2位」でも「最下位低迷」でも「派閥争い」でも「御家騒動」でも、甲子園で見せるタイガースの野球だけは、美しかった。ファンは、勝てないタイガースに苛立ちを募らせながらも、そんな美しい野球を見るため甲子園へ足を運び、大漁旗を打ち振り続けたのだった。

1985年の21年ぶりの優勝、そして日本一は、じつは、その美しい野球の集大成というべき出来事であり、それだけに、「日本列島が揺れている」と長嶋茂雄が表現したほどの社会的騒動にまで発展したのだった。甲子園で試合があるたびに、「あっとヒットリ! あっとイッキュウ!」というコールは、西は明石から東は近江の草津までを覆い、『六甲おろし』の歌声は、全国に、いや、パリの凱旋門前、ニューヨークのタイムズスクエアまで、響きわった。

その後タイガースは、静かに、モトの姿に戻った。優勝はおろか、「万年二位」にも程遠く、四年連続最下位などという球団記録まで樹立してしまった。

しかし、俺達むかしからのタイガース・ファンは、その体たらくをさほど悲しんではいなかった。

目を閉じれば、バース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発が浮かんだ。「ピンチヒッター川藤」と心の底で囁くだけで、頬が緩んだ。「ピッチャー福間に代わりまして中西」と声には出さず呟けば、あの日、あの時の甲子園の大歓声が甦った。それで十分だった。

しかも、ぼちぼち、それでは十分やないで、と思い始め、世紀も変わった2003年、タイガースは、またまた十八年ぶりという長い潜伏期間を経て、そのマグマを爆発させてくれた。もう十分、という以上に、十二分の満足だった。

さらにその2年後、またまた優勝。もう十二分、という以上に、フランス料理のフルコースを食べたあとに、イタリア料理のニンニクがきいたパスタを出された心境とでもいえばいいのか。日本シリーズでは両年ともに勝てなかったとはいえ、逆にホッとする心持ち。日本シリーズまで勝っていれば、もはや阪神タイガースが阪神タイガースではなくなるのではないかと心配になって心が痛んだに違いない。

もちろん、優勝した年のタイガースの野球は素晴らしく面白かった。

03年に優勝を決めた一戦、ここで一打出れば優勝決定!かも…という大一番の場面で打席に立った赤星は、星野監督に呼ばれて肩を抱かれ、何やら親が子を諭すように耳打ちされたあと、見事なライトオーバーを放った。そのシーンなど、いかにも芝居がかった伝統ともいうべきもので、近松以来の関西文化の発露にも見えた。

05年の優勝のときには、激しく首位を争う中日ドラゴンズとの接戦で、審判の判定に何度も苛ついてマウンドへ歩み寄った岡田監督は、「責任は俺が取る。もう、無茶苦茶やったれ!」と指示(?)した。その結果、選手全員が発憤。見事に優勝につながる天王山の一戦を制したことなど、他球団には(とりわけインテリ落合監督率いるドラゴンズなどには)逆立ちしても絶対にできない、景浦以来のタイガースの伝統ならではの無手勝流の試合運びといえた。

そして首位を独走する2008年の今シーズン。もう、何もいうことはありません。強い。強すぎる。しかも選手の誰もが素晴らしすぎる。ケチのつけようがない。かつてはスタンドのあちらこちらから「責任者、出てこーい!」(後註参照)というヤジが飛ばされたものだったが、赤星や金本や新井や桧山や矢野のような素晴らしい選手に向かって、そのヤジは使えなくなった。また、そのヤジを飛ばしたところで、ファンも若返り、そのギャグの意味を理解して笑う人も少なくなった。

おまけに、甲子園球場まで綺麗になった。昔は、スタンドの出入り口に、デカデカと太い文字で「うどん そば 焼き鳥 カレー めし」と書かれていた看板もなくなった。

俺よりも14歳年下のスポーツライターで、神奈川県出身のタイガース・ファンである金子達仁などは、「もっと勝ってほしい。貯金は50ほしい。巨人との通算対戦成績を、早く逆転してほしい」などと真顔でいう。が、おれは、アルプススタンドの草臥れた板張りの長椅子の上に立って、「責任者出てこーい!」と叫んでいた昔が懐かしい。

関西から首都圏へ出てきて38年。神奈川県に居を構えるようになって25年。仕事の関係で毎月最低でも3〜4回は関西へ戻るが、俺の「青春のタイガース」は、過去の姿のまま固定されている。歳を重ね、子供も成人になり、「阿呆な子供のほうが可愛い」という言葉を身をもって理解するようにもなり、「知命」を過ぎた今日、現在のタイガースを目を細めて見守ることができないのは、あるいは、まだまだ青春を謳歌したいという煩悩にまみれている証拠かもしれない。

いや、そうではないだろう。「知命」という言葉を悟った今、俺は自分が「阪神タイガース的なるもの」を心の底から愛していることに気づいたのだ。なぜなら、今年、地元横浜ベイスターズと阪神タイガースが対戦するときには、心の底でベイスターズに声援を送っている自分に気づいたのだ。

最下位をひた走るベイスターズこそ、かつてのタイガース、その本質を体現しているのではないか。そういうチームを応援することこそ「天命」ではないか。俺は「天命を知った」のだ!

……とは考えてみたものの、それもまた、ちょっと違うんですよねえ。

同じ縦縞のユニフォームでも、ちょっと違う。それに、そこには甲子園が存在しない。「六甲おろし」もない。「責任者出てこーい!」と叫んでも通じる人は周囲にたった一人もいない。笑いが取れない。

そこで、仕方ない。「タイガースがこないに勝ちよったら、もう、かなわんで」「強すぎたら、文句の一つもいえへんのやから…」と、話の合う関西出身の同世代の友人と、酒を酌み交わしながら笑い合う今日この頃なのである。

……と、ここまで書いたところで、この原稿を横から覗き込んだ女房に、叱られてしまった。

「そんな阿呆なこと書いてたらバチが当たりまっせ。阪神が強なりすぎて焼き餅やいてはりまんのかいな。気の小さいお人やで」

「カアチャン、カンニン」(このギャグも若い人には通じんようになったんやろなぁ…。)

♪笑う二人に 笑う二人に
 猛虎の夏が来る〜。

追記:そして、その夏に猛虎は13・5ゲーム差を逆転されてしまったのでありました。嗚呼!

(註・文中の「責任者出てこーい!」と「カアチャン、カンニン」という言葉は、かつて関西お笑い界で一世を風靡したボヤキ漫才の大家である故・人生幸朗師匠の定番のギャグです)

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

関東の大学しか出られない箱根駅伝を全国区にできるか?「日本版NCAA」の誕生に期待

これぞスポーツの素晴らしさ! 浅田真央のフィギュア・スケートに感服

スポーツとは何か? と訊かれて貴方は答えられますか?〜神奈川のスポーツの発展に望むこと

東京五輪へバリアフリーの充実を!

東京五輪のゴルフ場問題 都営の若洲変更しかない

天才ラガーマン、ミスター・ラグビー平尾誠二氏の早すぎる死を悼む〜戦い続けたラグビー人生

東京五輪の真の意義を見つけ出そう!

スポーツは政治に負けた・五輪の価値考え直す時

五輪選手は平和復興の戦士

長嶋茂雄を知らない学生たち/野球を文化にするために

リオ五輪閉会式に安倍首相登場/場に相応しくない人選

高校生のための高校野球!高校生監督の実現を

君が代は国歌ではなく日の丸は国旗ではなし 森元首相はオリンピック憲章を読め!

五輪開催は経済のため?問題続発で返上論も噴出

東京五輪ゴルフ競技会場問題第2弾・霞ヶ関CCで消える億円単位の巨額血税

「賭博」は犯罪なのか?

清原を呑んだ薬物汚染/球界が講ずべき処方箋

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる! ようやく「誤訳」が改められる

2020東京五輪ゴルフ開催コース「霞ヶ関CC決定」に“慶応人脈”の暗躍

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する“意義”を忘れはならない!

石巻に設置された旧国立競技場聖火台/格闘術が武道に進化する民主主義とスポーツの関係

スポーツ庁で日本のスポーツと社会の大変革/スポーツ庁は東京五輪最高のレガシー(遺産)となれるか?

復活できるか?ラグビー人気

スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか?

高校野球から「軍事色」の消えるのはいつ?

新国立競技場に毎月P・マッカートニーを呼べますか?神宮外苑に戦艦大和が出現する!建設費も維持費もドンブリ勘定

2020年東京オリンピックの新種目は?野球&ソフトボールも見たいが、綱引も面白そう

日本人はスポーツを知らない。その大問題に気づかなければ……

「女性のスポーツ」を学ぼう!

東京五輪開催の目的は、スポーツ立国の実現にあるはずだが……

高校野球の本質を考えよ――タイブレークに疑問……高校生に娯楽の主役を演じさせるナンセンス

『週刊アサヒ芸能』新連載! NIPPONスポーツ内憂内患 第1回 「スポーツとは何か?」という問いに貴方は答えられますか?

スポーツとは言えない箱根駅伝に、大騒ぎするな!

高校野球問題の本質を考えよ

「朝日新聞問題」の元凶は、甲子園!?

日本のスポーツ界の発展を妨げてるのは……?

日本のスポーツ界の現状と課題

「オリンピズム(オリンピックの理念)」を理解せず、2020年を迎えられるのか?

サッカー映画『ネクスト・ゴール』の素晴らしさ〜世界最弱のサッカー・チームが「夢の1勝」をあげるまでの人間ドラマ

ドイツW杯優勝はブンデスリーガの勝利!

日本のスポーツ界はサッカーを見習え!

日本のスポーツ文化とワールドカップ

今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!

新国立競技場は本当に建設できるのか?

野球が五輪競技に復活?! そのときはスピードアップの7イニング制?

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定記念講座 「オリンピック」とは何か?〜その意義と意味を考える 2020東京オリンピック・パラリンピックで日本はどう変わる?

オリンピックは[スポーツ+政治」。東京五輪2020で日本はどんな政治的メッセージを発信するのか!?

体育からスポーツへの大転換の時代――スポーツ・ジャーナリズム、スポーツ・ジャーナリストに求められることは?

『NIPPONスポーツ宣言2013』への賛同署名を求めます

2020年東京五輪を開催する意義とは…?

東北楽天日本一/3・11から11・3へ/スポーツの存在理由示した

1964年東京五輪聖火台を被災地へ!

読売・朝日・毎日が支配する野球界の不可思議な構造は、いつ終わる?!

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より

2020東京五輪招致成功!それは体育からスポーツへの大転換!しかし……。

オリンピックは「外交力」の勝負!/東京五輪がどうなろうと、招致結果にとらわれず……。

オリンピックって何?――オリンピックの存在意義

プロ野球「飛ぶボール事件」の本質

新しいネット・スポーツメディア誕生!!

日本のバレーは「お家芸」だから弱体化?

猪瀬都知事「失言」後の「東京五輪招致」に必要なことは?

「長嶋茂雄ラストショー(最後の賞?)」後の日本プロ野球の未来は?

民主主義がスポーツを生んだ

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

五輪招致の今こそスポーツ行政改革を!

柔道は日本の生んだ「反暴力」のメッセージを含むスポーツ/日本人は今こそ、スポーツ(柔道)の真の理解を!

今も体罰肯定論が横行:我が国の体育教育は異常だ

桜宮高校事件をきっかけとした新しい体育教育への提言

くたばれ!箱根駅伝!大学スポーツ否定論

2020年東京五輪で、オリンピックとパラリンピックの合体を!

60年代のスポーツ――その「光」と「陰」と…

2020年東京オリンピックは「初音ミクと團十郎」!?

左投手はなぜサウスポーと呼ばれるのか? スポーツ文化の重要性

メディアの「文化(スポーツ)支配」の危険性

共同通信社・編『心の聖地 スポーツ 闘いの記憶』岩波書店・刊(1,800円+税)

「オリンピック」って何?〜東京五輪招致にとって大切なことは…

韓国サッカー選手の「愚行=五輪政治利用行為」を、日本政府とメディアは絶対に看過するな!

ロンドン五輪「メディア革命」の行方/2020年東京招致〜私はこう考える

対談・スポーツで語る新世紀 第1回 ゲスト・猪谷千春(IOC委員)「オリンピックの描き出す人類と地球の未来」

対談・スポーツで語る新世紀 ゲスト・ェ仁親王「日本のスポーツの未来を憂える」

プロ野球人気を拡大するには…

チーム作りは誰のため?

国連スポーツ保障理事会(S保理)北朝鮮非難決議

東京マラソンで考えたこと

メディアとスポーツ 求められる批判者(ジャーナリズム)の視点

オリンピックから「世界」が見える

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

NPB(日本のプロ野球)はマイナーリーグ?

被災地に聖火を!

SPORTSその世界●近鉄バファローズ監督・西本幸雄

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

新潟にプロ野球新球団誕生か!?それを計画するプロ野球人は誰?

女子スポーツの発展は男子スポーツも支える

「体育」では「体づくり」だけでなく「スポーツの歴史・文化」も教えてほしい。

東京五輪招致落選。国際政治の追い風は吹かず。今後は日本のスポーツ環境を整えるべし。

「記録の神様」宇佐美哲也氏への感謝

「時代」はヒーローを産む 斎藤佑樹投手は「どんな時代」の「どんなヒーロー」か…?

何のための五輪招致か?

冬季五輪の「変貌」は、オリンピック全体の「大変化」につながるのか?

歌やスポーツとともに震災からの復興を!

「スポーツ基本法」を御存知ですか?

相撲は現代スポーツになりえない!?

震災とスポーツ

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

スポーツの教科書を作りたい!

世界一お馬鹿なスポーツ 「ビアポン」を知ってますか?

「球団」と「球場」どっちが大事?

『60年代のスポーツ』――その光と影と……

1974年10月14日――長嶋茂雄がバットを置いた日

スポーツ中継・スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

美しい「JUDO」が見たい!

スポーツが現代人に教えてくれること――グローバルに考えてローカルに行動

賭博は「悪」か? 「必要悪」か?

日本のサッカーの弱点は…?

人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は、人類生誕の地(アフリカ)で、新たな時代を拓く

スポーツにおける日本人のオカシナ常識

「野性味」は「体育教育」から生まれない

日本サッカー青春時代の闘い

「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

「自民党=政府」でなくなった「二大政党制」の時代に、「スポーツ政策」を構築するのは誰?

冬の五輪は「自然」との闘い

長嶋茂雄・著『野球は人生そのものだ』 不世出の野球人の述懐

貴乃花親方は理事に若すぎる?

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

民主党政権で日本のスポーツは変わるか?

2016年五輪はリオに決定。東京に欠けていたものは何か?

東京五輪招致の真の敗因

「熱帯の日本」は「ウィンタースポーツ」もできる不思議な国?

2016年、東京五輪・パラリンピック招致〜玉木正之氏「東京五輪に賛成する理由」-前編-

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

開発と規制の狭間で

WBCよりも大切なこと

ON時代の真の終焉

2016年東京にオリンピックがやってくる?

2016年東京五輪開催の可能性

野茂英雄投手の功績と日本球界の課題

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

日本にスポーツジャーナリズムは存在するのか?

野茂の功績と日本球界の課題

人類は4年に一度夢を見る

水着で「言い訳」をしたのは誰?

世界史のススメ

『玉木正之のスポーツジャーナリスト養成塾』夏期集中講座

Jack & Bettyは駅の前

五輪とは死ぬことと見つけたり

セールスマンの死

日本人野球選手のMLBへの流出が止まらない理由

深い衝撃

大学はスポーツを行う場ではない。体育会系運動部は解体されるべきである。

スポーツニュースで刷り込まれる虚構 <森田浩之・著『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる〈日本人〉』NHK出版生活人新書>

メディアのスポーツ支配にファンが叛旗

スポーツと体育は別物

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第5回(最終回)「W杯守備重視の傾向は今後も続く?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第4回 「ブラジルは何故ロナウドを使い続けた?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第3回 「個人のサッカーの差がこんなに大きかったとは…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第2回「世界のランクBからAへ昇るには…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第1回「追加点を取るという国際的意識に欠けていた」

巨人の手を捻る

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」(加筆版)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

「朝青龍問題」再考

大相撲の改革の契機に

“日本のサッカー”は“現代日本”を現す?

スポーツとは合理的なもののはずなのに……

世界陸上と日本のスポーツの未来

デデューの「復帰」に学ぶ「カムバック」に必要なもの

特待制度は「野球の問題」か?

学校はスポーツを行う場ではない!

動き出すか?球界の真の改革

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

日本スポーツ界における「室町時代」の終焉

「水泳ニッポン」は復活するのか?

スポーツはナショナリズムを超えることができるか?

「歴史の重み」による勝利は、いつまで続く?

スポーツ総合誌の相次ぐ「廃刊・休刊」に関して考えられる理由

廃刊の決まった『スポーツ・ヤァ!』をなんとか継続できないものか!?

日本の野球選手はなぜアメリカを目指すのか?

日本のプロ野球と北海道ファイターズに未来はあるか?

私の好きな「スポーツ映画」

東京・福岡「五輪招致」のナンセンス?

政治と格闘した宿命のチャンピオン〜モハメド・アリ

日本のスポーツ界は「中田の個人の意志」を前例に

「求む。新鋭ライター」〜玉木正之の「第5期スポーツ・ジャーナリスト養成塾夏期集中講座」開講のお知らせ

1個のボールが世界の人々を結ぶ

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

社会はスポーツとともに

「日本サッカー青春時代」最後の闘い

スポーツは、学校(教育の場)で行われるべきか?

常識を貫いた男・野茂英雄(日本人ヒーロー/1995年大リーグ新人王獲得)

「玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト養成塾第4期GW期集中講座」開講のお知らせ

最近のプロ野球は面白くなった!

人生に「アジャストメント」は可能か?

「栄光への架け橋だ!」は、五輪中継史上最高のアナウンスといえるかもしれない。

スポーツの「基本」とは「ヒーロー」になろうとすること?

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

アジアシリーズ日韓決戦レポート『日本の野球はどのように進化したか?』

2005日本シリーズに見た「短い闘い」と「長い闘い」

イーグルス1年目をどう総括する?

スポーツとは経験するもの? 想像するもの?

阪神電鉄VS村上ファンド――正論はどっち?

高校野球の「教育」が「暴力」を生む

『スポーツ・ヤァ!玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト実践塾』進塾希望者への筆記試験

ナニワの乱痴気

スポーツが開く未来社会

タイガースって、なんやねん 第10回「星野監督・阪神・プロ野球/それぞれの未来」

タイガースって、なんやねん 第9回「この先は、どんな時代になるんやねん?」

タイガースって、なんやねん 第8回「ミスター・タイガースはおらんのか?」

タイガースって、なんやねん 第7回「誰がホンマのファンやねん?」

タイガースって、なんやねん 第6回「関西は「豊か」やからアカンのか?」

タイガースって、なんやねん 第5回「星野さんは、コーチやなくて監督でっせ」

タイガースって、なんやねん 第4回「球団職員にも「プロの仕事」をさせまっせぇ」

タイガースって、なんやねん 第3回「星野監督は当たり前のことをする人なんや」

タイガースって、なんやねん 第2回「今年のトラにはGMがおりまっせ」

タイガースって、なんやねん 第1回「今年はバブルとちゃいまっせ」

「関西・甲子園・タイガース」=バラ色の未来――あるタクシードライバーの呟き

第V期スポーツジャーナリスト養成塾夏期特別集中講座・配布予定資料一覧

失われた「野球」を求めて――「楽天野球団」は「新球団」と呼べるのか?

浜スタから金網が消えた!

わたしが競馬にのめり込めない理由(わけ)

プロ野球ウルトラ記録クイズ

島田雅彦vs玉木正之 対談 『北朝鮮と闘い、何がどうなる?』

野球は、なんでこうなるの?

投手の真髄――PITCHING IN THE GROOVE

「球界第二次騒動」の行方は?

2005年日本スポーツ界展望〜「真の新時代」の到来に向けて

日本のスポーツの危機

野球は「学ぶもの」でなく、「慣れ親しむもの」

ライブドア堀江社長インタヴュー「落選から西武買収まで、すべて話します」

球団・選手「金まみれ」の甘えの構造

地域社会に根ざすスポーツ

新球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に望むこと

闘いはまだまだ続く

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」

奇蹟は起きた!

さようなら、背番号3

プロ野球ストライキと構造改革

「メディア規制法」とスポーツ・ジャーナリズム

黒船襲来。プロ野球維新のスタート!

パラリンピックを見よう! 日本代表選手を応援しよう!

アテネ大会でオリンピック休戦は実現するか?

「NO」といえるプロ野球

プロ野球選手が新リーグを創ってはどうか?

買収がダメなら新リーグ

「逆境こそ改革のチャンス!」

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

F1― それは究極の男の遊び

「戦争用語」ではなく「スポーツ用語」を

スポーツは国家のため?

阪神優勝で巨人一辺倒のプロ野球は変わりますか?

「高見」の論説に感じた居心地の悪さ

原稿でメシを食ったらアカンのか?

アメリカ・スポーツライティングの世界

<戦争とスポーツ>

長嶋野球の花道と日本球界の終焉

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

ニッポン・プロ野球の体質を改善する方法

草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?

理性的佐瀬稔論

新庄剛志讃江――過剰な無意識

無精者の師匠、不肖の弟子を、不承不承語る

誰も知らないIOC

日本のスポーツ・メディア

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る