コラム「スポーツ編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2004-02-02 
この文章は、草野進・編『プロ野球批評宣言』(新潮文庫・1998年)の「あとがき」として書いたものであり、いまではナベツネと闘う以外に手だてのなくなった日本のプロ野球界も、ほんの短期間とはいえこのような面白い「批評の季節」があったのだ、ということを思い出す意味で、ここに『蔵出し』することにした。
草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?
 草野進(くさの・しん)さんが、文芸雑誌『海』にプロ野球評論の連載を開始されたのは、1982年7月号だったというから、もうかれこれ十年近くも前のことになる。が、そのときのショックを、わたしはいまも鮮烈に記憶している。

 当時、フリーランスのスポーツライターとして約四年間の経験を積み、ようやくいくつかの雑誌で署名原稿を書き出していたわたしは、東京吉祥寺にある駅前の本屋で、いつものように金を出してまでは買う気になれない同人誌的文芸誌のあれやこれやを、それでも何かおもしろい読み物に巡り合わないものかという思いで、ひたすら趣味的に片っ端から立ち読みしていた。そんなとき、偶然手にした『海』に掲載されていた草野進さんの文章が目にとまり、けっして大袈裟にいうわけではなく、雑誌をもつ手がぶるぶるとふるえだし、周囲が真っ暗になり、足腰の力が抜けてその場にへなへなと座り込んでしまいそうになったのだった。彼女の文章は、身長180センチ体重80キロの男を、そこまで腰抜けにしてしまうほどのパワーに充ち満ちていたのである。

 もちろん、わたしがただのプロ野球ファンで、草野進さんと同業のプロ野球評論を手がけている人間(草野進さんの言葉を借りるなら「棒評人」)でなければ、そのような情けない破目に陥らずに済んだことだろう。そして逆に、すばらしい女流プロ野球ライターのデビューに欣喜雀躍し、心からの拍手を贈ることができたに違いない。
 しかし、まったく不幸なことに、わたしはこの凄い書き手と同業であり、しかもあくまでも観客としての立場からプロ野球を論じるという視点まで同じであるうえに、敵は、和服の襟足から馥郁(ふくいく)たる色香を漂わせる年増の華道教授だという。ハッキリイッテ、勝チ目ハナイ。オレハ、コレカラ、野球ノ何ヲ、ドノヨウニ書ケバイイノダロウ・・・と、そのときわたしは正直にいって呆然とし、途方に暮れてしまった。

 以来、雑誌の編集者やプロ野球と関わりを持たない幸福な(?)ライターたちが、「おい、草野進とかいう奇妙な女の書いているプロ野球評論を読んだか? あれは最高におもしろいぞ」などといっても、「へぇー、そんなひとがいるの? 知らないなあ・・・」と空っとぼけ、陰では毎月の『海』の発売日を首を長くして待ち、彼女の野球論を凌駕できないまでも、なんとか彼女とは異なる野球論の地平を見出すことができないものか、少なくとも彼女の野球論に対抗し得るだけの理論武装をしておかなければ、オレノ存在価値ガナクナッテシマウゾ・・・と、そんな気持ちで、彼女が次々と発表する「革命的」なプロ野球を、むさぼり読んだのだった。

 とにかく、プロ野球評論家としての草野進さんのデビューは、あらゆる意味でまさに「革命的」といい得るものだった。なにしろフランス帰りの女流華道教授が、和服の裾を夜風にひらめかせながら、旧後楽園球場のジャンボスタンドに座ってパ・リーグのナイトゲームを見る、というだけでも十分「革命的」であるのに、その彼女が、次のような過激にして根源的な、すなわちラジカルな言辞を、しかも黒木香のような山の手言葉で口にしたのである。
〈球場で試合を見ている自分を女として意識したことなどありませんし、白球の飛び交うグラウンドを遠くから目にしただけで、性にまつわるさまざまな社会的制約から解放される気さえしております。球場というのは不思議な空間で、性別とか階級とか国籍とか、そうしたものがきれいに消滅してしまうアナーキーな場所ではないかしら〉(『どうしたってプロ野球はおもしろい』中央公論社より)

 この女流華道教授の言葉に接して腰を抜かさなかったプロ野球評論家は、その鈍感さゆえに評論家たり得ないと断定されてもしかたがないだろう。そして、じっさいのところ、草野進さんの「言葉」=「存在」を無視することによって、ほとんどすべてのプロ野球評論家は、みずから評論家たり得ないことを暴露してしまったのだった。が、そういうわたし自身も、その当時は、彼女の強烈な「革命的」ラジカリズムに圧倒されて、せいぜい「球場で一試合平均0.7回ものレイプ事件が起きているニューヨーク・サウスブロンクスにあるヤンキー・スタジアムに彼女が行けば、いったいどういうことになるだろう・・・」などという妄想を逞しくする以外なかったのである(註・1970年代後半のヤンキー・スタジアムはそのような状態で、2階席から狙撃銃で狙い撃ちされた観客までいたくらいだった)。
 そんな個人的事情はいったん横へ措くとして、草野進さんのプロ野球評論家としてのデビューが、いかに「革命的」であったかという点について、もう少し詳しく論じてみたい。

 彼女の存在がすぐれて「革命的」たり得たのは、何よりもまず、彼女の女性ならではともいえる言語感覚のすばらしさに根差している。そのことに異論を唱えるひとはいないだろう。たとえば、彼女の書く文章の冒頭に掲げられているアフォリズムともいうべき短文からして、存分に刺激的であり、挑発的であり、過去のプロ野球評論にはいっさい存在しなかったものである。
〈三塁打は今日のプロ野球にあって一つの不条理であるが故にその存在理由があるのだ〉
〈権利としての走塁を阻止する送球の殺意が試合をおもしろくする〉
〈セーブはどこか堕胎を思わせて不愉快である〉
〈爽快なエラーはプロ野球に不可欠の積極的プレーである〉
(以上『世紀末のプロ野球』角川文庫より)

 たったこれだけの“アフォリズム”のなかにも、これまでプロ野球を語るうえでは用いられたことのない言葉――不条理。存在理由。権利。殺意。堕胎。――が、それらの言葉の持つ本来の意味をきらきらと輝かせながら、駆使されている。あるいは、「エラー」という野球用語としては否定的な言葉に、「不可欠」という全面肯定的な言葉が重ねられることによって、まったく新しい意味が生み出されている。
 つまり草野進さんは、プロ野球に関する彼女自身の思考を言語化する際に(意識的にか無意識的にかはわからないが、女性のことだから子宮感覚的に、すなわちごく自然に)、従来のプロ野球評論にはまるで存在しなかった言葉やレトリックを用い、まったく新しいプロ野球の「世界」を再構築することに成功された、というわけである。

 換言すれば、「思考」を「思想」化することに成功されたといってもいいだろう。
 もちろん、草野進さんの「思想」に類似した考え方は、彼女のデビューする以前から存在していた。いわゆるスポーツ・ノンフィクション・ライターや、一部のプロ野球評論家たちは、「三塁打のない野球はつまらない」とか「クロスプレイの多い試合はおもしろい」とか、「先発投手は完投を心がけるべきである」とか、「積極的なプレイのうえでのエラーは仕方がない」といったいいまわしを用いていたのだ。
 が、このように、新しい言葉やレトリックがまったく用いられていない「思考」は、当然のことながら「思想」たり得ず、単なる「御意見」にとどまる。そこから、なんら新しい「世界」は出現せず、それらの「御意見」は、せいぜいコミッショナーや両リーグ会長や十二球団のオーナー、あるいは監督や選手たちによって、汲みあげられるのを待つ以外にない。その意味で「革命的」たり得ないのである。

 一方、草野進さんの文章は、読者を新たなプロ野球の「世界」へ誘う。すなわち、彼女の文章を読み、彼女の再構築した「世界」に接した読者は、その瞬間、周囲のくだらない応援団的喧噪やマスコミのでっちあげるドラマなどから美しく孤立し、まさに「解放区」とも呼ぶべき別世界に身を置くことによって、三塁打の不条理性や、自己の権利として疾駆する走者と彼を殺そうとする野手の殺意や、爽快感あふれるエラーや、そして、そのような事件がごくたまにしか起こり得ない野球という本質的に「退屈な」時空間を、豊かに味わうことが可能となるのである。
 その意味で、草野進さんの愛読者が増えるということは、スタジアムにおける「解放区」の領域がわすかながらでも確実に拡がることにつながり、彼女の「プロ野球批評」は、彼女自身が〈「プロ野球批評宣言」は実践的でありたいと思う〉(『プロ野球批評宣言』新潮文庫)と記しているマニフェストのとおり、「実践的」であり、それゆえに「革命的」といえるのである。

 さらに、ここで重要なのは、その「解放区」=「別世界」=「草野進の再構築した世界」が、「真のプロ野球の世界」そのものにほかならないということである。
 かつてノーマン・メイラーは、フロイド・パターソンとソニー・リストンのプロボクシング世界ヘビー級タイトルマッチを観戦し(あるいはダシにして)、『一分間に一万語』という評論をものにした(新潮社版『ノーマン・メイラー全集第6巻 大統領への白書』所収)。が、メイラーがそこで書いたことは、ヘビー級のボクシングそのものの凄さではなかった。メイラーは、殴り、殴られる男たちと、彼らを取り巻く世界を、ある種奇妙な世界として呈示し、その世界に疑問を投げかけ、それでも疑問が解決されない部分を際立たせることによって、彼の主張せんとする実存主義的世界観を論じたのだ。メイラーが大のボクシング・ファンであることはつとに有名だが、彼の披瀝した世界は、けっしてボクシングそのものではなく、じつは彼の頭のなかで構築されたイデオロギーだったのである。

 ここまで書けば、草野進さんの本を一度でも読んだことのある読者なら、彼女のプロ野球評論がメイラーとは正反対の位置にあることを理解していただけることと思う。
 つまり、現代哲学あるいは現代思想にかなり造詣が深いとも思われるこのフランス帰りの女流華道教授が、しばしば構造主義的な手法によってベースボールというスポーツの構造を解析し、その本質を呈示してみせることがあっても、その結果示されるものは、「プロ野球の世界」そのものであって、構造主義的な物の見方を彼女がレクチャーしているのではない、ということである。

 その証拠に、草野進さんの書かれる文章はつねに「官能的」であり、彼女の文章を読むときにぞくぞくっと背筋を走る快感は、プロ野球のいいゲームやいいプレイを見たときに感じる快感に等しい。これも草野進さんが女性なるがゆえにナチュラルに身につけておられる手法(書き方)というべきか、先に紹介した『プロ野球批評宣言』によって、彼女とちょうど同じ時期にデビューされた蓮實重彦、渡部直己、浦上達之、小川健太郎といった諸氏の文章は、男なるがゆえに「官能的」な度合が薄められ、プロ野球の世界そのものを現出させる以上に論理そのものが先走る、といった部分が感じられなくもない。が、それはともかく、彼ら“草野進一派”と呼び得る“プロ野球批評家軍団”が、その基本的認識あるいは最終的目標を草野進さんの「子宮感覚」に求めていることは確かであり、であるが故に、デビューから十年近くを経た今日まで、「革命的」にして「実践的」な批評活動を持続しておられるといういい方をしても、けっして失礼ではないだろう。

 さらに『プロ野球批評宣言』では、柄谷行人、立松和平、赤瀬川隼、ねじめ正一、倉本四郎など、プロ野球に対して一家言お持ちの各氏が、草野進一派と足並みを揃えて「プロ野球批評」を展開されている。ひとつのスポーツに対して、これほど強力かつおもしろい論陣が張られたことは、古今を問わず、この国で唯一無二の出来事といえる。
 そのうえ、草野進一派の活動と歩調を合わせるかのように、元プロ野球選手のなかからも、近藤貞雄のようなナチュラルなベースボール感覚にあふれた人物が台頭してきた。そして、不肖ながらわたくし玉木正之も、スポーツライターのひとりとして、草野進一派の用いる言葉よりももう少々簡単な言葉を用いて、彼らと同じ側の立場に立ったプロ野球評論を展開したく思い、陰ながら連帯の挨拶を贈らせていただく。

 もっとも、草野進さん自身、このような野球評論の論陣が張られることを、けっして幸福なこととは思われていないかもしれない。なぜなら、かつての長嶋茂雄のようなプレイヤーがいれば、批評などすることなく、ただ溜め息をついて見ていればよかったのだから。
 しかし、現在のこの国のプロ野球に長嶋茂雄のようなプレイヤーはいない。さらに、草野進一派がこれだけの論陣を張っても、なおかつ選手の「権利」としての「プレイ」playよりも、「義務」としての「ワーク」workのほうを讃え、スタジアムに生起するアナーキーな一瞬よりも秩序ある勝負を求める風潮が根強いことも確かである。その証拠として、タレント化したテレビの野球解説者たちの言葉をいちいち論い、批判しようとは思わない。が、最近、あるスポーツ雑誌を読んでいて、かなり良質と思われる作家が、日本シリーズの観戦記として次のようなナンセンスな文章を平気で書いていることに驚かされた。
〈外野手は、二塁に入った遊撃手に素早く送球しなければならない。それが野球だ〉
〈センターのクロマティは一歩も動かないだろう。あれじゃいかん〉

 草野進さんのプロ野球評論(や、筆者の書く野球論)を少しでも読んだ読者なら、もうすでに、この書き手の犯した決定的な誤りを指摘することできるだろう。そう、この書き手は、自分が観客であるにもかかわらず、見てもまったくつまらない「義務」としての送球を強要しているのだ。そして、クロマティが「一歩も動かない」から「いかん」のではなく、一歩も動かないクロマティの姿(あとからあたふたと走り出すクロマティの姿)が美しくないから「いかん」という、観客としての特権的意識が欠如しているのだ。

 かつてプロ野球草創期の大阪タイガースにいた景浦将というスラッガーは、点差が開いて試合がつまらなくなったときに外野の守備位置についていると、打球が飛んできても腕組みしたまま仁王立ちして、まったく追おうともしなかったという。そんな彼の様子を、当時のタイガースの監督だった石本秀一は、〈今日も景浦、打球を追わず、捕らず、走らず。理由不明〉と日記に記している。プロ野球史上最高といわれるパワーの持ち主であり、ボールが粗悪で飛び難い時代に、甲子園球場の外野席中段まで打球を運んだという彼が、外野の守備位置で仁王立ちしたまま「一歩も動かない」というのは、まさに見物である。そんな彼の姿に対して、「外野手は素早く送球しなければならない」から「いかん」などという理屈は、通用しない。そればかりか、そのような理屈は、プロ野球を矮小化する反ベースボール的な態度であり、みずからスポーツを見て感じるときの快感を裏切る偽善者的言辞といってもけっして過言ではないだろう。

 が、プロ野球を語るときに、そのような偽善者的原則論(または教育的野球論、あるいは勝敗至上主義の論理)を口にする人物がこの国のプロ野球ファンのなかに数多くいるということも事実である。それに対して、草野進さんは、どこまでも純粋に観客のままでいるのだ。
 草野進さんの評論で、わたしがもっともすばらしいと思うのが、じつはこの点で、彼女は徹底して自分の観客としての立場を貫かれている。これは、簡単なことのようでなかなか難しく、元野球選手の解説者はいうにおよばず、新聞記者や雑誌記者やノンフィクション・ライターは取材者という立場で原稿を書き、ファンという肩書きでマスコミに登場する人物たちもすぐに贔屓の球団や選手と一体化し、あちら側の立場で語るケースがほとんどといえる。また、球場に足を運ぶ観客も、応援団という名であちら側に立って喜ぶことの多い昨今、この最悪ともいえるプロ野球状況のなかで、「プロ野球にこの身を捧げるつもり」とおっしゃている草野進さんが、はたしてこれからどのようなプロ野球批評を展開していかれるのか。プロ野球ファンのひとりとして、また草野進さんの文章の愛読者のひとりとして、おおいに注目したいと思う。
(注・草野進さんの本を読んだ某野球選手が、「おれ、こういうインテリの女とイッパツやるのが好きなんだ」といったので、わたしは「バックからでないとできないよ」といっておいた)

註・草野進なる女流華道家が、じつは元東京大学総長の蓮見重彦氏の野球評論家としてのペンネームであったことをここで暴露しても、もはや何も問題はないだろう。じつは、吾輩がその大学の門をくぐったとき、『ゴダール全集』の翻訳者として名を馳せ、フランスから帰国したばかりだった同氏は、助教授として吾輩の属したクラスのフランス語の授業の教鞭をとった。吾輩は一度しか授業に出たことがなく、フランス語を教える人にしてはやけにガタイがええなあと思っただけ(草野球のキャッチャーの名手だったらしい)で、吾輩は大学を横へ抜けた。同氏も、このような「あとがき」を依頼した相手が、じつは元『教え子』だったとは、まだ気づいていないにちがいない。最近、学歴詐称が流行しているらしく(笑)、小生に対しても「ホンマか?」と訊く人がいたので、小生が詐称していない証拠としてこの一文をつけくわえておいた。それでもまだ本人の弁明だけで証拠希薄と疑う人がいるなら、休暇をとって東京まで調べに行きたいと思う(爆)。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

桐生選手100m10秒の壁突破は世界で27か国目127人目の快挙/それでも自分たちの身体能力は劣っていると思いますか?

宮本武蔵の剣術論『五輪之書』にも比肩する『野村克也野球論集成』/サンケイスポーツ編・徳間書店・刊

スポーツは日本に新時代を拓くか?

ちょっと教えたいお話 スポーツ編B〜日本語として使われている「スポーツ」とは、どういう意味?

ちょっと教えたいお話・スポーツ編Aスポーツ(サッカー)を語ることは、世界史や日本史を語ることにもつながるのだ!

平昌冬季五輪は、「平和を創れる」か?

ちょっと教えたいお話・スポーツ編@バレーボールってどういう意味か知ってますか?

政治的スポーツのボクシングも今は経済が中心/村田よ、金儲け主義を破壊する「怒りのパンチ」を!

笑顔広がる「ゆるスポーツ」

関東の大学しか出られない箱根駅伝を全国区にできるか?「日本版NCAA」の誕生に期待

これぞスポーツの素晴らしさ! 浅田真央のフィギュア・スケートに感服

スポーツとは何か? と訊かれて貴方は答えられますか?〜神奈川のスポーツの発展に望むこと

東京五輪へバリアフリーの充実を!

東京五輪のゴルフ場問題 都営の若洲変更しかない

天才ラガーマン、ミスター・ラグビー平尾誠二氏の早すぎる死を悼む〜戦い続けたラグビー人生

東京五輪の真の意義を見つけ出そう!

スポーツは政治に負けた・五輪の価値考え直す時

五輪選手は平和復興の戦士

長嶋茂雄を知らない学生たち/野球を文化にするために

リオ五輪閉会式に安倍首相登場/場に相応しくない人選

高校生のための高校野球!高校生監督の実現を

君が代は国歌ではなく日の丸は国旗ではなし 森元首相はオリンピック憲章を読め!

五輪開催は経済のため?問題続発で返上論も噴出

東京五輪ゴルフ競技会場問題第2弾・霞ヶ関CCで消える億円単位の巨額血税

「賭博」は犯罪なのか?

清原を呑んだ薬物汚染/球界が講ずべき処方箋

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる! ようやく「誤訳」が改められる

2020東京五輪ゴルフ開催コース「霞ヶ関CC決定」に“慶応人脈”の暗躍

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する“意義”を忘れはならない!

石巻に設置された旧国立競技場聖火台/格闘術が武道に進化する民主主義とスポーツの関係

スポーツ庁で日本のスポーツと社会の大変革/スポーツ庁は東京五輪最高のレガシー(遺産)となれるか?

復活できるか?ラグビー人気

スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか?

高校野球から「軍事色」の消えるのはいつ?

新国立競技場に毎月P・マッカートニーを呼べますか?神宮外苑に戦艦大和が出現する!建設費も維持費もドンブリ勘定

2020年東京オリンピックの新種目は?野球&ソフトボールも見たいが、綱引も面白そう

日本人はスポーツを知らない。その大問題に気づかなければ……

「女性のスポーツ」を学ぼう!

東京五輪開催の目的は、スポーツ立国の実現にあるはずだが……

高校野球の本質を考えよ――タイブレークに疑問……高校生に娯楽の主役を演じさせるナンセンス

『週刊アサヒ芸能』新連載! NIPPONスポーツ内憂内患 第1回 「スポーツとは何か?」という問いに貴方は答えられますか?

スポーツとは言えない箱根駅伝に、大騒ぎするな!

高校野球問題の本質を考えよ

「朝日新聞問題」の元凶は、甲子園!?

日本のスポーツ界の発展を妨げてるのは……?

日本のスポーツ界の現状と課題

「オリンピズム(オリンピックの理念)」を理解せず、2020年を迎えられるのか?

サッカー映画『ネクスト・ゴール』の素晴らしさ〜世界最弱のサッカー・チームが「夢の1勝」をあげるまでの人間ドラマ

ドイツW杯優勝はブンデスリーガの勝利!

日本のスポーツ界はサッカーを見習え!

日本のスポーツ文化とワールドカップ

今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!

新国立競技場は本当に建設できるのか?

野球が五輪競技に復活?! そのときはスピードアップの7イニング制?

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定記念講座 「オリンピック」とは何か?〜その意義と意味を考える 2020東京オリンピック・パラリンピックで日本はどう変わる?

オリンピックは[スポーツ+政治」。東京五輪2020で日本はどんな政治的メッセージを発信するのか!?

体育からスポーツへの大転換の時代――スポーツ・ジャーナリズム、スポーツ・ジャーナリストに求められることは?

『NIPPONスポーツ宣言2013』への賛同署名を求めます

2020年東京五輪を開催する意義とは…?

東北楽天日本一/3・11から11・3へ/スポーツの存在理由示した

1964年東京五輪聖火台を被災地へ!

読売・朝日・毎日が支配する野球界の不可思議な構造は、いつ終わる?!

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より

2020東京五輪招致成功!それは体育からスポーツへの大転換!しかし……。

オリンピックは「外交力」の勝負!/東京五輪がどうなろうと、招致結果にとらわれず……。

オリンピックって何?――オリンピックの存在意義

プロ野球「飛ぶボール事件」の本質

新しいネット・スポーツメディア誕生!!

日本のバレーは「お家芸」だから弱体化?

猪瀬都知事「失言」後の「東京五輪招致」に必要なことは?

「長嶋茂雄ラストショー(最後の賞?)」後の日本プロ野球の未来は?

民主主義がスポーツを生んだ

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

五輪招致の今こそスポーツ行政改革を!

柔道は日本の生んだ「反暴力」のメッセージを含むスポーツ/日本人は今こそ、スポーツ(柔道)の真の理解を!

今も体罰肯定論が横行:我が国の体育教育は異常だ

桜宮高校事件をきっかけとした新しい体育教育への提言

くたばれ!箱根駅伝!大学スポーツ否定論

2020年東京五輪で、オリンピックとパラリンピックの合体を!

60年代のスポーツ――その「光」と「陰」と…

2020年東京オリンピックは「初音ミクと團十郎」!?

左投手はなぜサウスポーと呼ばれるのか? スポーツ文化の重要性

メディアの「文化(スポーツ)支配」の危険性

共同通信社・編『心の聖地 スポーツ 闘いの記憶』岩波書店・刊(1,800円+税)

「オリンピック」って何?〜東京五輪招致にとって大切なことは…

韓国サッカー選手の「愚行=五輪政治利用行為」を、日本政府とメディアは絶対に看過するな!

ロンドン五輪「メディア革命」の行方/2020年東京招致〜私はこう考える

対談・スポーツで語る新世紀 第1回 ゲスト・猪谷千春(IOC委員)「オリンピックの描き出す人類と地球の未来」

対談・スポーツで語る新世紀 ゲスト・ェ仁親王「日本のスポーツの未来を憂える」

プロ野球人気を拡大するには…

チーム作りは誰のため?

国連スポーツ保障理事会(S保理)北朝鮮非難決議

東京マラソンで考えたこと

メディアとスポーツ 求められる批判者(ジャーナリズム)の視点

オリンピックから「世界」が見える

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

NPB(日本のプロ野球)はマイナーリーグ?

被災地に聖火を!

SPORTSその世界●近鉄バファローズ監督・西本幸雄

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

新潟にプロ野球新球団誕生か!?それを計画するプロ野球人は誰?

女子スポーツの発展は男子スポーツも支える

「体育」では「体づくり」だけでなく「スポーツの歴史・文化」も教えてほしい。

東京五輪招致落選。国際政治の追い風は吹かず。今後は日本のスポーツ環境を整えるべし。

「記録の神様」宇佐美哲也氏への感謝

「時代」はヒーローを産む 斎藤佑樹投手は「どんな時代」の「どんなヒーロー」か…?

何のための五輪招致か?

冬季五輪の「変貌」は、オリンピック全体の「大変化」につながるのか?

歌やスポーツとともに震災からの復興を!

「スポーツ基本法」を御存知ですか?

相撲は現代スポーツになりえない!?

震災とスポーツ

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

スポーツの教科書を作りたい!

世界一お馬鹿なスポーツ 「ビアポン」を知ってますか?

「球団」と「球場」どっちが大事?

『60年代のスポーツ』――その光と影と……

1974年10月14日――長嶋茂雄がバットを置いた日

スポーツ中継・スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

美しい「JUDO」が見たい!

スポーツが現代人に教えてくれること――グローバルに考えてローカルに行動

賭博は「悪」か? 「必要悪」か?

日本のサッカーの弱点は…?

人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は、人類生誕の地(アフリカ)で、新たな時代を拓く

スポーツにおける日本人のオカシナ常識

「野性味」は「体育教育」から生まれない

日本サッカー青春時代の闘い

「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

「自民党=政府」でなくなった「二大政党制」の時代に、「スポーツ政策」を構築するのは誰?

冬の五輪は「自然」との闘い

長嶋茂雄・著『野球は人生そのものだ』 不世出の野球人の述懐

貴乃花親方は理事に若すぎる?

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

民主党政権で日本のスポーツは変わるか?

2016年五輪はリオに決定。東京に欠けていたものは何か?

東京五輪招致の真の敗因

「熱帯の日本」は「ウィンタースポーツ」もできる不思議な国?

2016年、東京五輪・パラリンピック招致〜玉木正之氏「東京五輪に賛成する理由」-前編-

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

開発と規制の狭間で

WBCよりも大切なこと

ON時代の真の終焉

2016年東京にオリンピックがやってくる?

2016年東京五輪開催の可能性

野茂英雄投手の功績と日本球界の課題

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

日本にスポーツジャーナリズムは存在するのか?

野茂の功績と日本球界の課題

人類は4年に一度夢を見る

水着で「言い訳」をしたのは誰?

世界史のススメ

『玉木正之のスポーツジャーナリスト養成塾』夏期集中講座

Jack & Bettyは駅の前

五輪とは死ぬことと見つけたり

セールスマンの死

日本人野球選手のMLBへの流出が止まらない理由

深い衝撃

大学はスポーツを行う場ではない。体育会系運動部は解体されるべきである。

スポーツニュースで刷り込まれる虚構 <森田浩之・著『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる〈日本人〉』NHK出版生活人新書>

メディアのスポーツ支配にファンが叛旗

スポーツと体育は別物

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第5回(最終回)「W杯守備重視の傾向は今後も続く?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第4回 「ブラジルは何故ロナウドを使い続けた?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第3回 「個人のサッカーの差がこんなに大きかったとは…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第2回「世界のランクBからAへ昇るには…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第1回「追加点を取るという国際的意識に欠けていた」

巨人の手を捻る

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」(加筆版)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

「朝青龍問題」再考

大相撲の改革の契機に

“日本のサッカー”は“現代日本”を現す?

スポーツとは合理的なもののはずなのに……

世界陸上と日本のスポーツの未来

デデューの「復帰」に学ぶ「カムバック」に必要なもの

特待制度は「野球の問題」か?

学校はスポーツを行う場ではない!

動き出すか?球界の真の改革

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

日本スポーツ界における「室町時代」の終焉

「水泳ニッポン」は復活するのか?

スポーツはナショナリズムを超えることができるか?

「歴史の重み」による勝利は、いつまで続く?

スポーツ総合誌の相次ぐ「廃刊・休刊」に関して考えられる理由

廃刊の決まった『スポーツ・ヤァ!』をなんとか継続できないものか!?

日本の野球選手はなぜアメリカを目指すのか?

日本のプロ野球と北海道ファイターズに未来はあるか?

私の好きな「スポーツ映画」

東京・福岡「五輪招致」のナンセンス?

政治と格闘した宿命のチャンピオン〜モハメド・アリ

日本のスポーツ界は「中田の個人の意志」を前例に

「求む。新鋭ライター」〜玉木正之の「第5期スポーツ・ジャーナリスト養成塾夏期集中講座」開講のお知らせ

1個のボールが世界の人々を結ぶ

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

社会はスポーツとともに

「日本サッカー青春時代」最後の闘い

スポーツは、学校(教育の場)で行われるべきか?

常識を貫いた男・野茂英雄(日本人ヒーロー/1995年大リーグ新人王獲得)

「玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト養成塾第4期GW期集中講座」開講のお知らせ

最近のプロ野球は面白くなった!

人生に「アジャストメント」は可能か?

「栄光への架け橋だ!」は、五輪中継史上最高のアナウンスといえるかもしれない。

スポーツの「基本」とは「ヒーロー」になろうとすること?

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

アジアシリーズ日韓決戦レポート『日本の野球はどのように進化したか?』

2005日本シリーズに見た「短い闘い」と「長い闘い」

イーグルス1年目をどう総括する?

スポーツとは経験するもの? 想像するもの?

阪神電鉄VS村上ファンド――正論はどっち?

高校野球の「教育」が「暴力」を生む

『スポーツ・ヤァ!玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト実践塾』進塾希望者への筆記試験

ナニワの乱痴気

スポーツが開く未来社会

タイガースって、なんやねん 第10回「星野監督・阪神・プロ野球/それぞれの未来」

タイガースって、なんやねん 第9回「この先は、どんな時代になるんやねん?」

タイガースって、なんやねん 第8回「ミスター・タイガースはおらんのか?」

タイガースって、なんやねん 第7回「誰がホンマのファンやねん?」

タイガースって、なんやねん 第6回「関西は「豊か」やからアカンのか?」

タイガースって、なんやねん 第5回「星野さんは、コーチやなくて監督でっせ」

タイガースって、なんやねん 第4回「球団職員にも「プロの仕事」をさせまっせぇ」

タイガースって、なんやねん 第3回「星野監督は当たり前のことをする人なんや」

タイガースって、なんやねん 第2回「今年のトラにはGMがおりまっせ」

タイガースって、なんやねん 第1回「今年はバブルとちゃいまっせ」

「関西・甲子園・タイガース」=バラ色の未来――あるタクシードライバーの呟き

第V期スポーツジャーナリスト養成塾夏期特別集中講座・配布予定資料一覧

失われた「野球」を求めて――「楽天野球団」は「新球団」と呼べるのか?

浜スタから金網が消えた!

わたしが競馬にのめり込めない理由(わけ)

プロ野球ウルトラ記録クイズ

島田雅彦vs玉木正之 対談 『北朝鮮と闘い、何がどうなる?』

野球は、なんでこうなるの?

投手の真髄――PITCHING IN THE GROOVE

「球界第二次騒動」の行方は?

2005年日本スポーツ界展望〜「真の新時代」の到来に向けて

日本のスポーツの危機

野球は「学ぶもの」でなく、「慣れ親しむもの」

ライブドア堀江社長インタヴュー「落選から西武買収まで、すべて話します」

球団・選手「金まみれ」の甘えの構造

地域社会に根ざすスポーツ

新球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に望むこと

闘いはまだまだ続く

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」

奇蹟は起きた!

さようなら、背番号3

プロ野球ストライキと構造改革

「メディア規制法」とスポーツ・ジャーナリズム

黒船襲来。プロ野球維新のスタート!

パラリンピックを見よう! 日本代表選手を応援しよう!

アテネ大会でオリンピック休戦は実現するか?

「NO」といえるプロ野球

プロ野球選手が新リーグを創ってはどうか?

買収がダメなら新リーグ

「逆境こそ改革のチャンス!」

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

F1― それは究極の男の遊び

「戦争用語」ではなく「スポーツ用語」を

スポーツは国家のため?

阪神優勝で巨人一辺倒のプロ野球は変わりますか?

「高見」の論説に感じた居心地の悪さ

原稿でメシを食ったらアカンのか?

アメリカ・スポーツライティングの世界

<戦争とスポーツ>

長嶋野球の花道と日本球界の終焉

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

ニッポン・プロ野球の体質を改善する方法

草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?

理性的佐瀬稔論

新庄剛志讃江――過剰な無意識

無精者の師匠、不肖の弟子を、不承不承語る

誰も知らないIOC

日本のスポーツ・メディア

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit-ビット- bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る