コラム「ノンジャンル編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2007-07-02

この文章は、最近「講談社現代新書」から発売された五嶋節・著『「天才」の育て方』の「まえがき」の冒頭部分です。上梓するにあたって、小生もスタッフとして構成・執筆に協力しました。とても面白い本に仕上がってますので、是非ともお買い求めのうえ、ご一読してください。

「天才」って何? ――まえがきにかえて

どこが天才?
 まず最初にお断りしておきたいことがあります。
 それは、「本を書く」ということ、そして、それを「世に出す」ということ、そういうことに対してためらう気持ちが、まだ私の心のなかにあることです。
 私は、みなさん御存知のように、ヴァイオリニストの五嶋みどりと五嶋龍という姉弟の母親として、また、みどりと龍にいちばん最初にヴァイオリンを教えた指導者として、世の中に少しは名前が知られるようになりました。

 しかも、みどりは十歳六か月、龍は七歳と九日で、プロのヴァイオリニストとしてデビューし、国際的な舞台で活躍するようにもなったため、いろんな人々やマスコミから「天才」とか「神童」などと呼ばれたりもするようになりました。その結果、私自身も、「天才の母親」とか「神童の母親」といった呼ばれ方をされるようにもなりました。
 このように「本を書く」お誘いを受けたり、それを「世に出す」機会を与えていただいたり、また、講演に招いてくださったりするようになったのも、「二人の天才を育てた母親」と見られているから、ということはわかっています。そして、それは、たいへんにありがたいことでもあるとも思っています。

 しかし、はっきり言って、私は、みどりや龍のことを「天才」とか「神童」と思ったことは、ただの一度もありません。他のお子さん方とは違う特別な才能があると感じたことなど、まったくありません。ましてや「二人の天才を育てた」などと思ったことは、ほんの一瞬たりともありません。

 正直にいって、成り行きまかせで現在まで歩んできたというか、二人の子供は、みなさんのお子様方と同じような、ふつうの子供です。赤ん坊のころには泣き、おむつを換える手間もかかり、きつく叱ったり、時には叩かないと私の言うことをきかないこともあり、成長すれば反抗期が訪れ、口喧嘩もし、青年期になると人生に疑問や悩みを抱き、少々悪いことにも手を出し……といった具合です。そんな二人の子供を、私は、すごく大事な存在であると思い、大切にしてきました。そして、これからもそうしたいと思っています。そのこともまた、みなさんが自分のお子様方のことを、大事に大切に思われているのと同じことです。

どこが天才やねん
 ですから、世の中の人々やマスコミから、みどりや龍が「天才」とか「神童」と呼ばれることに対しては、私が生まれ育ち使い慣れた関西弁で、「そんなあほな。どこが天才やねん。ふつうの子ですがな」と言いたくもなります。それでもなお「天才」とか「神童」という言葉をつかわれることに対しては、言葉がちょっと汚くなりますが、「くそったれ天才」「あほんだら神童」と言いたくもなります。

 この本の帯に大きな文字で書かれているそれらの言葉は、じつは、この本のタイトルとして私が思いついたものでした。
 それは、「天才」や「神童」という尊称は、本来ならモーツァルトやベートーヴェン、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロやピカソ、エジソンやアインシュタインほどの人物に対してつかわれるべき言葉で、みどりや龍のようなふつうの子供に対して言われるなんてとんでもない、という気持ちの表れでした。と同時に、そういう言い方をする人がいても、頭に血をのぼらせたらあかんよと、みどりや龍に対して自戒しなさいという意味を込めた言葉でした。

 しかし、編集部の方や相談にのってくださった方々から、ちょっと言葉がきつすぎるというか、汚すぎるというか、そういう意見が多かったので、最終的には少々控えめなタイトルにさせていただきました。
 そんなわけで、「二人の天才を育てた母親」というような目で見られ、本を書いたり世に出すことをすすめられたことに対して、「天才なんか育てた覚えはありません」と言い返しながらこの本を出版するのは、私自身ちょっと矛盾するような気もするのですが、どこにでもいるふつうの子供たちを自分なりに苦労して育ててみたところが、「天才」とか「神童」と呼ぶ人が出るような結果になってしまった、という意味では、みなさま方の――とりわけ世の中の子育てに苦労されているお母様方に対して、少しでも参考になるのではないか、と思った次第です。

成果があってこその「天才」
 ここで、「天才」とか「神童」という言葉がこの本を出すきっかけとなったわけなので、せっかくですから、それらの言葉について、私なりに少しばかり考えてみたいと思います。
 「神童」という言葉は、誰もが驚くほどの何らかの才能を発揮する幼い子供のことで、「童」という言葉が表しているとおり、子供に対してだけつかわれる言葉です。一方、「天才」という言葉は、大人に対してもつかわれます。それは、文字通り、生まれつき備わった「天賦の才能(天才)」に恵まれ、その才能を存分に発揮し、私たちにはとうてい不可能と思えるほどの見事な作品を創作したり、驚異的な発明や発見をするといった、素晴らしい成果を残した人のことを指す言葉であると思います。

 しかし、よく考えてみると、人々が誰かのことを「天才」とか「神童」と呼ぶときは、まず「素晴らしい成果」があって、それに驚くことから始まります。そのような「素晴らしい成果」は、よほどの生まれつきの才能がないと不可能だ、努力や訓練だけではできるはずがない、と思えるところからさかのぼり、きっと天性の才能があったに違いないと思われ、「天才」という言葉がつかわれるわけです。
 ここで重要になるのは、何よりも「成果」です。「天賦の才能」ではありません。

 いくら「天賦の才」に恵まれていたとしても、「成果」が見えないと、誰もその人のことを「天才」とは呼びません。「天賦の才」は、「成果」がないと誰にも見えないものなのです。
 モーツァルトにしろ、ベートーヴェンにしろ、ピカソにしろ、アインシュタインにしろ、素晴らしい音楽や絵という作品を創作したり、相対性理論という誰にも思いつかないような少々破天荒な理論を考え出したという「成果」が存在しているから、「天才」と呼ばれているわけです。いま例にあげた方々とは、とても比べものにはなりませんが、私の二人の子供たちが、ときに「天才」と呼ばれたりすることがあるのも、小さい子供にもかかわらずヴァイオリンを少々巧く弾きこなせるという「成果」を見せたりしたものですから、そのように呼ばれたりもしたわけです。

誰が「天才」かはわからない
 「天才」という言葉は、よくつかわれる言葉といえるでしょうが、「天才(天賦の才能)」それ自体は、誰も、見ることも、確かめることも、できないものなのです。ということは、そういう「天賦の才」というものが、ほんとうに存在しているのかどうか、それは、わからない、というほかありません。
 最新の脳に関する研究によれば、ピカソの造形の能力や、一流スポーツマンの身体を動かす能力などについては、脳に、通常の人々とは異なる構造や働きが備わっているらしい、ということがわかってきはじめたそうです。また、そのような脳の構造や働きの違いによって、さまざまな能力の違いも生じているそうです。

 ということは、いつか将来、赤ん坊が生まれると、その脳の構造を測定検査して、この赤ん坊には音楽の演奏に関する特別な能力が備わっているとか、一流のスポーツマンになれる特別な身体能力が備わっている、といったことがわかるようになるかもしれません。
 そうなれば、ほんとうに誰が「天才(天賦の才の持ち主)」なのかがはっきりとわかるようになるでしょう。そして、その才能を伸ばす英才教育を施そう、というようなことになるかもしれません。とはいえ、だからといって、いろんな分野で素晴らしい「成果」を残す人物が次つぎと現れるようになるのかどうかは疑問です。また、そのように生まれながらの才能がはっきりと見極められることが、はたして人間にとって望ましいことなのかどうか、それは非常に難しい問題であるように思います。

 ともかく現在では、さいわいなことに、誰がほんとうの「天才」といえるのかどうかはわからないまま、なにがしかの「成果」から推し量って「天賦の才」があるに違いないと推測される人が、「天才」と呼ばれているわけです。

子犬の才能は見抜けるけれど
 ここで、私が経験した一つのエピソードを紹介しましょう。
 それは、八歳になったみどりと一緒に、フランスへ行ったときのことでした。アスペン・ミュージック・フェスティヴァルという音楽祭に参加したのですが、時間の空いたときに、近くにあった犬橇を引く犬の飼育施設を見学させてもらいました。

 私もみどりも、犬が大好きなので大喜びで見学に行ったのですが、数え切れないほどの多くの犬が、小さく仕切られた小屋や檻で飼われていて、ちょっと可哀想な気持ちになったりもして、期待したような嬉しさは味わえなかったのですが、そんななかで、生まれたばかりの赤ちゃん犬と母親犬を見せてもらったときのことでした。
 赤ちゃん犬が五匹か六匹、小さな頭を競うようにしてお母さん犬のお腹に突っ込んで、一生懸命お乳を吸っています。そんな犬の家族がずらりと並んでいるところで、案内してくれた人に、こんな質問をされたのです。

 「大きくなったら、どの犬が橇の先頭を引くようになるか、わかりますか?」
 犬橇の先頭を引く犬は、もちろんリーダーとなる犬です。先頭を走って力強く橇を引くだけでなく、人間の指示に従い、ほかの犬もその指示に従わせるよう牽引する役割があります。そこで、「どの犬が……」と訊かれた私は、じっと赤ちゃん犬の顔をのぞき込み、見比べてみました。そして、「この犬」といって一匹の赤ちゃん犬を指さすと、案内してくれたフランス人も、「ウイ」といってうなずいてくれたのです。

 それは難しいことではありません。はっきり言って、誰が見てもわかることです。どんな人でも、よく見れば、正解を言い当てることができます。というのは、目が違うからです。目の輝きが違う。光りかたが違う。「栴檀は双葉より芳し」という諺がありますが、リーダーになる犬は、やはり赤ん坊のときから芳しかったのです。

 そのとき私は、隣に立っていたみどりをじっと見つめて、もちろん口には出しませんし、悟られないようにと注意もしたうえでのことでしたが、心の底で、「あかんなぁ。違うなぁ」と呟いたものでした。
 とはいっても、べつに落胆したわけではありません。私が「栴檀は双葉より…」とつくづく思ったのは、犬の話です。それも、犬橇を引くという将来の仕事まで決められている犬の話です。そんな犬の話は、人間にはまったく当てはまらないはずです。

 人間が生まれ、成長してゆく過程は、犬とは比べものにならないくらい複雑です。世の中の環境も複雑で、人間は多種多様な周囲の環境から、じつに様々な多くの影響を受けるなかで育ちます。そんな複雑な人間の歩みを、また、そういう歩みを経た将来の姿を、生まれたばかりの目の輝きや、顔つきだけから判断することなど、できるわけがありません。

パヴァロッティの産声伝説
 大テノール歌手のルチアーノ・パヴァロッティは、生まれたばかりに「オギャア」と叫んだ産声が、素晴らしいハイC(オクターヴ上のドの音)だった、などという話を聞かされたことがあります。が、それは明らかに、あとになってから創作された伝説だと断言できます。

 人間の赤ん坊の産声は、人種を問わず、みんな「ラの音」だそうです。周波数でいうと四四〇ヘルツ(一秒間に空気を四四〇回振動させる音)。生まれたばかりの赤ん坊の身体の大きさというのは、だいたいみんな同じくらいで、そのため声帯の長さにさほどの差が生じないため、どんな赤ん坊でも四〇〇〜五〇〇ヘルツの間の「ラ」の音に聞こえる音程で産声をあげるそうです。
(以下は、五嶋節・著『「天才」の育て方』(講談社現代新書/735円)をお買い求
めのうえ、お読みください)

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム

2020東京五輪は環境問題も無為無策?

子規の野球への視点――それは、スポーツライターの原点

銃剣道はスポーツか? そのうちに、まさか竹槍も?

先人たちの語る日本マラソン低迷の理由/折山淑美『日本のマラソンはなぜダメになったのか−日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!』文藝春秋社

元ボクサーたちの痛快な再起:沢木耕太郎『春に散る』朝日新聞出版・書評

2016年は没後400年〜シェイクスピアは未来永劫生き続ける超人(スーパースター)である

無駄でなかった小池提起〜しかし、問題はまだ山積

半歩遅れの読書術第5回/五輪とは何か 文明化を表象する平和運動

半歩遅れの読書術・第4回/五輪で何を撮るか ドイツの女性監督と市川崑

半歩遅れの読書術・第3回/ユーロ・サッカーとシェイクスピア 原作者の意図を超える面白さ

半歩遅れの読書術・第2回/モハメド・アリと南部麒六 悲歌の似合う雄々しい人生

半歩遅れの読書術・第1回/ドナルド・キーンとイチロー 伝統の魅力思い出す

猫ブームの日本で好かれている猫〜それはドラえもんのような「犬的な猫」?

大相撲こそ江戸の華。昔も、今も、都の華。

大相撲は「お国自慢」の文化――琴奨菊の優勝を日本人として喜ぶ

大学スポーツを考える

大相撲は日本の国技――と同時に、ユーラシア大陸全体に広がる格闘技文化なのだ

スポーツライターを引退しました

エンブレムがプロブレム〜創作とは過去を超えること

NHK視点・論点 「体育からスポーツへの変化を」

槇文彦グループの提言:低いキールアーチ構造がコスト高・長工期の原因である。

『スポーツ・アンソロジー彼らの奇蹟』(新潮文庫)は、何故か「死」と関わりを持つ作品が多くなってしまった。

スポーツと文学第5回/「人間ドラマ」礼讃の気風/競技描いた名作も多く

スポーツと文学第4回/運動会 躍動するパワー/壮士も近代女性も熱中

スポーツと文学第3回/思想を宿し物語る肉体/20世紀 覆る「精神優位」

スポーツと文学第2回/近代民主主義と武道/国際化と反時代2つの道

スポーツと文学第1回/古典に描かれた競技・日本人の個人技好みを映す?

日本の作家はスポーツが好き!?/数多い「日本のスポーツの本」に改めて注目しよう!

夏の甲子園・投手の酷使……最大の問題点は?

世界最強のブラジル・サッカーは、史上最悪の敗北からスタートを切った!(沢田啓明『マラカナンの悲劇 世界サッカー史上最大の敗北』新潮社)

京がたり 俺の祇園 いやで捨てたけど、好き

スポーツの正しい発展のために指導者ライセンス制度の確立を!

東京の新しい歌舞伎座が完成オープン/歌舞伎はナンデモアリの最高に楽しい大衆芸能ナノダ

あけましておめでとうございます。

スポーツする身体 十選/第9回スポーツする身体 パブロ・ピカソ『マタドールの死』/第10回スポーツする身体 ベン・シャーン『ハンド・ボール』

スポーツする身体 十選/第7回スポーツする身体エドガー・ドガ『観覧席前の競走馬』/第8回スポーツする身体ルネ・マグリット『迷える騎手』

スポーツする身体 十選/第5回ボナール『ボクサー』/第6回モネ『アルジャントレイユのレガッタ』

スポーツする身体 十選/第3回ディスコボロス(円盤を投げる人)/第4回クールベ『レスラー』

スポーツする身体 十選/第1回アルジェリアの洞窟壁画/第2回マチス『ダンス』

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

「黒人選手」は本当に速くて強いのか!?〜スポーツと五輪の過去・現在・未来

「美」で誘惑した女の一生――ライナー・ローター著『レーニ・リーフェンシュタール 美の誘惑者』(ライナー・ローター/瀬川裕司訳/青土社・2,800円)

プロ野球ビジネスの未来〜球界全体の新戦略を

日本体罰論〜いま改めて考える「スポーツ」と「教育」と「体罰」

東京の新しい歌舞伎座が完成オープン/歌舞伎はナンデモアリの最高に楽しい大衆芸能ナノダ

六道珍皇寺・閻魔大王像――幼い頃に恐怖心を刻まれた閻魔様との再会

大河ドラマは世に連れ、家族は大河ドラマに連れ……

京都駅の思い出

スポーツ振興くじ(toto)は「ギャンブル」や「金集め」だけでは語れない!

あなたは知ってる!? スポーツの疑問の数々…

五輪のあり方を考える〜ネット中継や交流も…/ロンドン・オリンピックはシェイクスピアに注目!?

「猫もするなり球遊び」スポーツは、世界(オリンピック)と地域社会(クラブ)をつなげる

「猫もするなり球遊び」オリンピックは人類の祭典!日本人にとっては?

二代目市川亀治郎さん(現・四代目市川猿之助)――伝統とは「変える力」

大学の教壇に立って……〜ジャーナリズムとアカデミズム

ランニングの歴史と魅力を伝える〜トル・ゴタス著『なぜ人は走るのか:ランニングの人類史』(筑摩書房)

読者からの質問への回答

『マーラーの交響曲』発売記念エッセイ〜いつか私の時代が来る、とマーラーは言った。

祇園町の電器屋の初荷

権力志向者がジャーナリストになる危険性――魚住昭『渡邉恒雄 メディアと権力』講談社

かつてラグビーは日本中を湧かせた!(上岡伸雄・著『釜石ラグビー栄光の日々松尾雄治とくろがねのラガーたち』中央公論社)

日本文化「大相撲」は「スポーツ」なのか?

オペラ(音楽)とスポーツの濃密な関係

塾や予備校は学校より大事?

「新道」という名前が消える寂しさ

孤立化、個別化する社会のあり方に警告(杉本厚夫『「かくれんぼ」ができない子どもたち』ミネルヴァ書房)

女心・男心…人間を描くため、肉体を描ききった本物の作家(虫明亜呂無『パスキンの女たち』清流出版)

松本修『「お笑い」日本語革命』(新潮社)書評「みたいな。」の元祖はとんねるずか!?

犬好き男の愛猫記

大魔神を巡る見事な「知的探検の旅」/小野俊太郎・著『大魔神の精神史』(角川ONEテーマ21)

企業の「所有物」と化したスポーツ・文化団体

スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

「スポーツ放送はどうあるべきか?」を考える前に、考えるべきこと

書評『茶の世界史』/茶が映し出す過去の世界史&茶が匂わせる未来社会

思い出すのは仕事をしている姿

脳出血と恐怖心

現代社会の「怪物性」を説き明かす見事な一冊〜小野俊太郎・著『フランケンシュタイン・コンプレックス 人間は、いつ怪物になるのか?』青草書房

「劣等感・コンプレックス」とは、本当はどんなものなのか

あけましておめでとうございます

脳出血から復活できた理由(わけ)

「何か」を表現しようとする究極の本能

天職人〜あとがき

そばは京都にかぎる

総選挙の行方とスポーツ界

小泉首相の「趣味」と「文化政策」

行きつけの店は恋人に似てる?

アイ・ラヴ・サッポロ!アイ・ラヴ・ホッカイドウ!

日本文化の「型」と「カタヤブリ」と「カタナシ」の関係を横綱・朝青龍の「カタチ」から読み解く。

いま、ベネズエラで起きている「大事件」

「文化」の持つ本当の力

あけましておめでとうございます

煩悩の世界史〜『要約世界文学全集』(木原武一・著/新潮社)

「夢かうつつか…」逝った者へ…、残された者は…

オリンピックはスポーツではない

「天才」の多くなった世の中

『二十五時』との数奇な出逢い

わたしは猫になりたい。

紅旗征戎不有吾事 金は天下の周りの持ちもの…

アメリカ珍道中〜This is American Way

仕事人間の弁明

変わらないことの素晴らしさ

<二人袴>

女人狂言『茶壺 de Hermes』

私の行きつけの店・好きな店

島田雅彦vs玉木正之 ドイツW杯特別対談「選手を自由にさせたら高校生になっちゃった」

あけましておめでとうございます

個人的パラダイム・シフトに導かれた三冊

ゴシック・万博・ストリップ・吉本…を読む

現代と未来の世界を考えるうえでの「真の世界史情報」(井野瀬久美恵・著『興亡の世界史16 大英帝国という経験』)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第3弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

知識や情報なんて、ないほうがいい

現代日本人必読の一冊

タクシーと自家用車の違い

「天才」って何? ――まえがきにかえて

「ある女の一生」

「戦争映画」が好きな理由(わけ)

とかく京都のスポーツマンは……

道はどれほど重要なものか

祇園町の「生活」=「文化」

地獄八景万之丞乃戯(じごくばっけいまんのじょうのたわむれ)

わたしは猫になりたい。

読書日記〜稲垣足穂から梅原猛まで

アッピア街道に乾杯(ブリンディシ)!

「質より量」の読書は「質」が残る?

スポーツは究極の道楽?

久しぶりに「銀ブラ」でもするか・・・

行きつけの店は恋人に似てる?

権力志向者がジャーナリストになる危険性――魚住昭『渡邉恒雄 メディアと権力』講談社

ロジャー・パルバース著『旅する帽子』生身のラフカディオ・ハーンが幻想のなかに甦る

作者の名前も作品の題名も消えるほどのノンフィクションの名作〜デイビッド・レムニック著『モハメド・アリ』

戦争と軍隊の歴史

スポーツと音楽を通して出逢ったトリュフ

スポーツ・ジャーナリストにはスポーツよりも大事なものがある?

お薦めの本(2003年夏〜2004年春)

日本人は元気だ――24人の元気な日本人

美しい最後の素晴らしさ

「若い国」アメリカ

京都人の溜息

経済には倫理が必要である

オススメ脳味噌のマッサージ

吉本興業は匈奴である『わらわしたい――竹中版正調よしもと林正之助伝』竹中功・著/河出書房新社

虚実の皮膜――『イッセー尾形の都市カタログPART2』イッセー尾形/森田祐三・共著 早川書房・刊

胡散臭さ礼賛――竹内久美子『賭博と国家と男と女』(日本経済新聞社)

衝撃的な笑劇――レイ・クーニー『笑劇集』劇書房

翻訳って何?――『翻訳史のプロムナード』(辻由美・著/みすず書房・刊)

脳細胞の組み替え――『世界史の誕生』岡田英弘・著/筑摩書房(現・ちくま文庫)

長老の話――堀田善衛・著『めぐりあいし人びと』を読んで

古典の楽しさ

ドリトル先生 不思議な本

京都が消える

嬉しいこと――喜びは常に過去のもの

野村万之丞 ラジカルな伝統継承者(2)

野村万之丞 ラジカルな伝統継承者(1)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第5回=最終回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第4回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第3回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第2回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第1回)

先達はあらまほしきか?

旅の衣は篠懸(すずかけ)の

パチンコと飢餓海峡

最近の映画はつまらない?いや、やっぱり、映画はおもしろい?

神道、天皇、韓国・・・を読む。

はかなく、素晴らしい、味わい

京の祇園の極私的元服之儀

コースケ(野村万之丞)の遺言

ミレニアム歳末読書日記 楽しい世紀末

お金と勉強

親父ゆずりの数学好き

わたしの本棚(4) スポーツを読む

わたしの本棚(3) 祭りの原型

わたしの本棚(2) ドラマの感動

わたしの本棚(1) 振動する快楽

夏休み読書日記/スポーツ・身体・ジャーナリズム

銀行は痰壺処理会社

親父の隠したエロ小説

野村万之丞――伝統と格闘するパワー

女が動く時代、男は思索せよ

バック・オーライ

二十五時――わたしの好きな世界文学

「私の京都」

わたしの東京体験

SPレコードは生演奏と同じ〜蓄音機にはまってしまった!

感銘した一冊の本〜鈴木隆『けんかえれじい』

「情報過多時代」の楽しみ方

内面より外面

不味いものが食いたい!

ああ、肩が凝る。

父の勲章

京の昼寝

祇園町の電器屋の初荷

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ制作 bit.
. 『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る