コラム「ノンジャンル編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2006-03-13

この原稿は、雑誌『ミセス』(2003年1月号)に寄稿したものです。3年間(2001〜03年)にわたって書いた連載『玉木正之の“こんにちは、旬の人”』が、2年目を終えた時点で「特別版」としてまとめたものですが、残り1年の連載も加えたなかからセレクトして出版したのが『天職人』(講談社)で、まだまだ売れ残っていると思いますので(笑)、まだお読みでない方はどうかお買い求め下さい。
この原稿はちょっと長めですが(一部カットしましたが)今回の更新はほかの2本が短めだったので・・・。

日本人は元気だ――24人の元気な日本人

 これまで2年間にわたって、24人の「旬の人」と出逢うことができた。
 どのかたも、素晴らしい人だった。
 トップバッターとして登場していただいた指揮者の佐渡裕さんは、いまでは本誌『ミセス』の常連。「グルメ評論家」として大活躍・・・というのは、やはり失礼が(冗談が)過ぎるだろう。マエストロは、いまやヨーロッパの音楽ファンのあいだで最高の人気を博している。

 パリのラムルー管弦楽団の創立120周年記念演奏会では、同管弦楽団が初演したラベルの大傑作『ボレロ』を逆から(後ろから)演奏してみせた。題して『ロレボ』。
 この洒落っ気、音楽を愛する素敵なセンスが、パリやミラノの聴衆にウケないわけがない。

 2005年に開館する兵庫県芸術館の音楽監督にも就任。そこでは、子供たちのためのオペラや、「出張演奏会」(町内や養老院や幼稚園などでのイベントにオーケストラのメンバーを派遣する)も企画しているという。
 高い芸術性と、通俗に堕さない大衆性。世界と地域社会(兵庫県)という両極のステージで活躍するマエストロ。とはいえ、その広範な活躍に驚くことはない。ウィーン・フィルもミラノ・スカラ座も、国際的名声を得ている音楽家や団体はすべて、その名のとおり、地域社会にも根ざしているのだから。

***

CD
城之内ミサ『イブニング』
城之内ミサ『イブニング』

 城之内ミサさんとはテレビのワイドショウのゲストで何度か一緒に出演させていただいた。かつてはシンガー・ソングライター、ミュージカル・タレント、エッセイスト・・・というマルチ・タレントだったミサさんも、いまや作曲家としての地位を確立。

 2002年に日本で初演されたオーケストラ作品『空華U』がルーマニアのエネスコ・フィルによって演奏され、9月にはマケドニア・フィルも、武満徹の『雨ぞふる』と並んでミサさんのこの楽曲を選んだ。

 そのコンサートの模様は国営放送によって全国中継され、招待されたミサさんは出国のときの空港で、出入国管理官から「素晴らしい曲でした」と感激した口調で話しかけられたという。「銃撃戦で命を落とした友人の魂が、あなたの音楽で救われました」と。

 2001年まで政府軍とアルバニア武装集団が銃撃戦を繰り広げていたマケドニアは、いまはNATO軍によって首都のスコービエだけは平穏が保たれている。が、いまも《NATO GO HOME!》という大きな落書きが目につく土地での演奏会に、少々緊張気味だったミサさんも、出入国管理官の言葉に救われたとか。

***

 メディア(とくにテレビ)の常套句には、ウンザリさせられることが少なくない。たとえば「こだわり」という言葉。誉め言葉として多用されているが、この欄で出逢った方々は、むしろ「こだわりがない」人たちだった。どんな意見やどんなジャンルの出来事にも、耳を傾け、目を向け、吸収しようとする。

 ダンサーの勅使河原三郎さんと話をしたときも、インタビュアーである私が、スポーツの話題で逆に数多く質問された。
 「日本のスポーツ選手は自分の身体を意識しているんでしょうか?」
――無意識に動くことが最上という考えがあるため、そういう意識は低いですね。
 「一流選手でも、そうですか?」
――ええ。一流選手ほど、無意識の領域に達した方が多いですから。でも、こちらから細かく訊き出すと、投手の指先の感覚とか、多くのことを語ってくれます。
 「なるほど。気づかせてくれるんだな、スポーツが、身体感覚を・・・」
 ・・・といった具合。

***

 ピアニストの及川浩治さんは、「ピアノを弾き続ける人」である。いつもピアノを弾いている。コンサートのときも、楽屋から常にピアノの響きが聞こえてくる。リハーサルが終わったらすぐに、開演直前まで。

 「練習したいというわけじゃなく、とにかくピアノを弾きたいというか・・・。指が動いちゃう」(そういえば、勅使河原さんも、「身体が動き出す」といっていた)
 「指が動き始めたあとは、自分の指を凄く意識しますけどね」(勅使河原さんも「身体を意識する」と)

 動き出す指(身体)と、意識する心。それが、人間なんだな、と納得する以外ない。
 最近のコンサートの演目は、グリークとチャイコフスキー。ピアノ協奏曲の大曲を並べた演奏会に「ピアノを弾き続ける人」の(「こだわり」ではなく)心意気が感じられた。

***

CD
長谷川陽子『愛の言葉 ベスト・セレクション』
長谷川陽子『愛の言葉 ベスト・セレクション』

 チェリストの長谷川陽子さんには、個人的に申し訳ないことをした。本誌の取材のあと、錦織健さんのプロデュースによるトーク・コンサートに招かれたのだが、とつぜんの仕事で、行けなくなった。もっとも、私個人としては、申し訳ないと思う以上に、残念だった。

 あのチェロの優しい豊かな響きを、間近に聴くというチャンスを逃したのだから。それに、ビートルズからバッハまで、音楽の話を山のように口にできる機会まで失った。「多忙」というのは、まったく罪である。長谷川さんのチェロが聴けなくなるのだから。

 とはいえ、長谷川さんのホームページ(http://www.yoko-hasegawa.com/)を開けて驚いた。ソロ・リサイタルに室内楽、ソプラノ歌手の佐藤しのぶさんや塩田美奈子さんとの共演に、オーケストラとの共演(来年1月はプラハ交響楽団とドヴォルザークを演奏)と、「多忙」の極みである。が、長谷川さんの「多忙」は、多くの人々に豊かさとゆとりを与える「多忙」だ。それに較べて小生の「多忙」は・・・。

***

 市川亀治郎さんには、取材のあと、彼がDJを務める邦楽のラジオ番組に、ゲストとして招かれた。攻守を代え、ジャイアンツ批判からワールドカップまで、オペラから演歌まで、思う存分話させてもらった。が、気がつけば、インタビュアーである亀治郎さんのペース。さすが、若さに似合わない(失礼)相当に強い磁場を感じさせられた。

 2002年8月には、京都春秋座で亀治郎さん初の自主公演「第一回亀治郎の会」を見た。出し物は『摂州合邦辻』と『鏡獅子』。素晴らしかった。とりわけ、合邦辻の玉手御前を演じた亀治郎さんの見事なエロチシズムに昂奮させられた。先妻の子である俊徳丸に邪恋を迫り(それは、じつは俊徳丸を救うための偽計だったのだが)、「恋の一念通さでおこうか」と、俊徳丸の許嫁(浅香姫)に向かって言い放つシーンなど、何やら背筋がゾクゾクするほどの迫真の演技だった。
 椿姫ともサロメとも異なる日本女性の情念の凄まじさ。この舞台、是非とも再演してください。

***

 茂山宗彦さんには、取材のあと、結婚式の披露宴に招かれた(2001年12月)。彼が初出演したTVドラマの原作者として、弟の逸平さんからマイクを渡され、川柳を披露。
――命まで かけた女て これかいな
 まあ、そんなふうに思うときが、男には必ず訪れるもんで・・・。場内は大爆笑。
 東京でのある披露宴では、座が白けて冷や汗をかいたこともあったが、さすがは関西の狂言師集団。金屏風の前の御両人も含めて、危うい冗談を笑い飛ばしてくださった。

 その宗彦さんの狂言『ドン・ジョヴァンニ』を見逃したことは、いまも後悔している。その日はワシントン・オペラの公演(ヴォルフ・フェラーリ『スライ』)と重なってしまった。ホセ・カレーラスが熱演した珍しいオペラをけなす気はないが、管楽アンサンブルをバックに、どんな「モーツァルト狂言」になったのか・・・。これも是非とも再演してください。
 次は(結婚も含めて)、逸平さんの番。兄貴が『ドン・ジョヴァンニ』なら『フィガロの結婚』あたりは如何?

***

 亀淵友香さん、お元気ですか? その後、コンサートに足を運べず、まったく申し訳ありません。けっして忘れてるわけと違うんですよ。仕事に疲れたときなんか、亀ちゃんのグループであるVOJA(ヴォイス・オヴ・ジャパン)に聴かせていただいた「お江戸日本橋」や口三味線のスキャットを思い出して、自分を元気づけています。

 それに、ロック・バンドのヴォーカルをやってる高2の息子が、昨今の流行を真似、高い声をヒイヒイ出していると、「亀ちゃんの歌を聴いてみんかい。お腹の底から声が出てるやろ」と叱ってます。馬鹿息子が自らの限界に気づいたら、お世話になるかもしれませんが、そのときは、是非ともよろしく。ついでに、人生論も・・・と書くと、叱られるでしょうか?

 「あたしは歌を教えてるのに、すぐに人生相談になっちゃうのよね」と笑いながら少々ぼやいておられましたが、それは当然です。なんてったって、「ビッグ・ママ」という呼び名がぴったりの人は、ほかにいないのですから。

***

 大倉正之助さんの舞台は、取材のあとに2度見せていただいた。『道成寺』も『殺生石』も素晴らしい舞台だったが、なんといっても見事だったのは、最後の大鼓の独奏。
 空気を切り裂き、空間を割る。正之助さんの発する「カン」という一音を聴くだけで、「生」(あるいは「死」)というものを感じさせられた。

 オートバイのエグゾースト・ノイズ(エンジン音)と共演したり、ネイティヴ・アメリカンの太鼓と共演したり。それに、「史上最大の格闘技」と銘打った「ダイナマイト」(柔道メダリストの吉田がプロ・デビューした格闘技戦)では、国立競技場という広大な空間にたった一人で立ち、オープニング・セレモニーで大鼓の「沈黙する音」を響き渡らせた。
 10万人の格闘技ファンの若者たちは、吉田の強さ以上に、「日本の音」の強さに目覚めさせられたに違いない。

***

 つい最近イタリアへ行く機会があり、テノール歌手の佐野成宏さんにお逢いした。
 彼の住んでいるモデナと、彼がレッスンを受けているパルマで、次々と美味しいお店に案内された。チーズ、生ハム、パニーニ、パスタ、トリュフ、それに、オリーヴ油、バルサミコ酢の素晴らしさはもちろん、馬、猪、鹿等々、絶品の数々に舌鼓を打ち続けた。しかも、観光客の立ち寄らない地元の料理店の値段の安さにも感激。佐野さんと顔なじみのオヤジが、特製のパニーニを焼いてくれたり、ほかのテーブルで余ったワインを掻き集めてくれたり(笑)。

 ネイティヴのイタリア人といえる佐野さんは、モデナのオペラ劇場で、近年亡くなったアリゴ・ポーラ(パヴァロッティの先生であり、日本のオペラ歌手の指導にも貢献した人物)の追悼コンサートを成功させた。
 「パルマやモデナといった地方には、オペラの純粋なファンが多く、ここで成功するのは並大抵のことではないのですよ」
 というアリゴ・ポーラ未亡人の言葉を聞くまでもなく、佐野の歌は(それにグルメぶりも)、いまやイタリア人以上にイタリア人そのものである。

***

 山下洋輔さんには、ラジオ番組や講演会のゲストに招かれた。これが嬉しいのは、すぐ間近で洋輔さんのピアノが聴けることだ。
 彼も及川さんと同じで、目の前にピアノがあると弾き始める。弾き始めると、止まらない。延々とインプロヴィゼーション(即興)が続く。これは、コンサートでは聴けない。「関係者」だけの特権である。

 以前、洋輔さんの作曲した『ピアノ・コンチェルト』に、日本で最高の作曲賞を贈ろうという話が持ちあがった。ところが、オーケストラのパートの楽譜はあるが、ピアノのパートはほとんどが即興で、きちんとした楽譜がない。楽譜を提出してほしいといわれたので、自分の弾いた音を聴きながら採譜し始めたが、「馬鹿臭くなってやめた」。そのため、作曲賞は与えられなかったという。

 何ともつまらない話だが、空間(日本)と時間(時代)を超えている人には仕方ないことなのかもしれない。われわれは、そういう人物がいてくれることに感謝すべきだろう。

***

 漫才師DonDokoDonは、大失敗をしてしまった。というのは、2001年末の「M1グランプリ」(朝日系テレビ局が主催した若手漫才師ナンバーワンを決めるコンクール)で予選落ちしてしまったのだ。
 理由は明白。決勝進出に自信のあったDonDokoDonは、優勝するために最高のネタである『ロボコップ・タクシー』を決勝に残し、別のネタで軽く予選突破を狙った。

 その結果、緊張感に欠け、話芸の技術の巧さだけが際立ち、若い視聴者の審査員(とくに大阪の若者たち)の得票を失った。
 優勝したのは中川家。彼らのしゃべくり漫才もじつに見事だが、平畠さんの素直なボケと、山口さんの機関銃のような喋り、それに絶妙なパントマイムが決勝に残れなかったのは残念だった。これで、DonDokoDonは「無冠」のまま。どれだけ巧くても、どれだけ人気があっても、そういう人物はいるものだ。そういえば山下洋輔さんも、受賞歴は、なぜか映画音楽だけである。

***

 落語を聞く機会が少なくなった。NHKのBSでは時々放送されているが、民放が落語を放送することは皆無という状態。浪曲のたどった道を歩んでいるのか・・・と思うと少し寂しい。が、柳家禽太夫さんは、そんなことにめげる人ではないはずである。
 なにしろ、真打ち昇進が決まったとき(1998年)に、「まだ下手ですから」といって断ったくらいの硬骨漢である。いまも、円朝の怪談話の上演に向けて、努力しているに違いない。

 落語を守ろう・・・などとしたり顔でいうのはやめよう。寄席に行けば、禽太夫がいるのだから。その寄席がなくなりはじめるというのなら、それは、寄席に足を運ぶことの少ないわれわれの責任というべきだろう。

***

DVD
『綾戸智絵 meets 山下洋輔 LIVE!III〜DVD Video Edition』
『綾戸智絵 meets 山下洋輔 LIVE!III〜DVD Video Edition』

 綾戸智恵さんと山下洋輔さんのジョイント・コンサートをテレビで見た。面白かった。とりわけ、洋輔さんの伴奏で綾戸さんが英語で歌った『港の見える丘』は絶品だった。♪チラリホラリと・・・の部分だけ日本語で、じつに味わい深かった。
 綾戸さんが洋輔さんの「乱れ弾き・肘撃ち」を真似たのには、テレビの前で椅子から転げ落ちそうになるくらい大笑いした。

 しかし、こんなに素晴らしいコンサートを、どうしてテレビ局は、きちんと放送してくれなかったのか。せっかく盛りあがったところで、タレントや作家の「解説」や「感想」が入った。いや、自分がコンサートに足を運べば、不満をいうこともないのだろう。
 が、どうも世の中には二種類の人物がいるような気がしてならない。自分を(たとえば、テレビ番組をつくったのは俺だぞ、と)主張したい人と、自分の愛するもの(たとえば音楽やスポーツ)の素晴らしさを紹介したい人。
 本欄の企画に登場していただいた人々は、すべて・・・いうまでもあるまい。

***

 半年くらい前だったか、新大阪駅のホームでジミー大西さんとばったり出逢った。奥さんでマネージャーの真由美さんも一緒。
 「取材では、ほんまにお世話になりました。ありがとうございました」
 お世話になったのはこっちのほうなのに、深々と頭を下げられ、恐縮してしまった。

 ニューヨークへの美術大学への留学について訊くと、「まだ、いろいろ仕事もあって・・・」と口を濁した。たしかに、仕事と勉強の両立は難しい。画家として売れ、タレントとしても重宝され、生活もあるなかで、「もう一度、基本のデッサンから勉強を」という志を貫くのは並大抵のことではあるまい。
 「けど、それは、やらんといかんことですから、やりますよ」といってジミーさんは笑う。
 そうなのだ。勉強は、誰にとっても、何歳になっても、「やらんといかんこと」なのだ。

***

 昨シーズン(2002年)開幕当初の阪神タイガースの快進撃には、すべてのタイガース・ファンが熱狂したことだろう。が、その後は息切れ。
 原因は、明白だ。選手が疲れたのである。これまで鍛えられてなかったのか、あるいは、その程度の選手しか揃っていなかったのか、いずれにしろ、緊張感を持ってプレイし続けることに、あまり慣れていなかったのである。

 星野監督は、そのくらいのことはお見通しだろう。シーズン終了後、新たにコーチ陣の入れ替えを行い、西本聖投手コーチ、達川バッテリーコーチと、面白い人材を加えた。今後(本誌の発売される頃には)、トレード、ドラフト、フリーエージェントで、戦力補強も行われるに違いない。
 とはいえ、ジャイアンツの松井のメジャー宣言で、日本のプロ野球人気の凋落が危惧される。いつまでも「企業野球」で延命できるわけもなく、そのことに気づき、実行力もある星野さんに(人気があるだけの人ではなく!)、一日も早くプロ球界全体の指導者になってほしい、というと、「まだ早い!」と叱られるだろうか?

***

 2002年ワールドカップの昂奮が幕を閉じたあとは「家の網戸を洗ってばかりいた」という岡田武史さん。「家の網戸って、ほんまにたくさんあるんやぞ」という岡田さんに、監督の誘いは? と訊くと、「ないこともないけど、シーズン途中からやるのはいやだから」。
――途中からでも面白いのでは?
 「おれが途中からやったことあるのを、忘れたの? たいへんだったんやから(笑)」
 たしかに、日本代表監督のときがそうだった。
 環境保護団体のメンバーとして、南アフリカの環境サミットにも参加したり、障害者サッカーのイベントにも参加したり・・・と、充実した短い「浪人生活」を経て、いよいよ「次は優勝をねらえるチームで」といっていたとおり、横浜Fマリノスの監督就任となりそうな気配。逗子の自宅から通えることで、奥様がいちばん喜んでおられるに違いない。

***

 映画監督の井筒和幸さんは、新作『ゲロッパ』の仕事を進めている。
 「玉木さん、いっぺん李鳳宇に会うてみいや。ワシのいちばん信頼してる映画プロデューサーや。彼がおらんと、ワシ、映画撮られへんもん」
 という井筒さんの薦めもあってお会いした李鳳宇さんは、なるほど、男が男に惚れるほどの素敵な人物だった。

 静かで柔らかい物腰と、穏やかな知性とでもいえばいいのか、話し相手にまったく不快感を感じさせず、自分のペースに巻き込んでしまう。私も、インタビュアーでありながら、彼が創りたいと思っているスポーツ映画(相撲映画?)や音楽映画(「のど自慢U」?)のネタ探しに利用されてしまった(ようにも思える)。
 おそらく井筒さんも、李鳳宇さんのてのひらの上で、孫悟空のように楽しんで映画作りに邁進しているに違いない(井筒さん、失礼)。

***

 格闘技ファンは、ボクシング派とプロレス派に分けることができる。ボクシング派である小生は、どうもプロレスの胡散臭さが好きになれなかった。が、ザ・グレート・サスケさんと会ってから、そんな考えは吹き飛んだ。
 サスケさんには、プロレスを愛することは、豊かな心を持つことにほかならない、ということを教えていただいた。
――みちのくプロレスは、40歳定年を決められましたね。
 「ええ。プロレスラーというのは自分勝手なところがあって、いつまでもダラダラと続けようというヤツもいるから、短い期間で専念しろという気持ちも込めて決めました」

――だったらサスケさんも40歳で引退?
 「いいえ。私は取締役ですから(笑)。それに創業者ですからね。それくらいの特権はあってもいいでしょう(爆)」
 これくらい正直なプロレスラーばかりだといいのだが・・・。

***

 過去24回の連載のなかで、唯一、人物ではなく団体をとりあげたのが、シエナ・ウインド・オーケストラ(SWO)だった。
 ブラスの響きは、素晴らしい(団長の郡さんに薦められて、映画『ブラス』をDVDで見て、ますますブラス・バンドの面白さにはまってしまった)。

 気取らず、誰もが楽しめる音楽をめざしながら、技術に対しては高いプライドを持ち、最高の演奏をめざす――それがブラス・バンドの基本的スタンスのように思える。
 クラシック界では、気取った音楽を粗雑な技術で・・・という演奏会も少なくないが、SWOの演奏会は、痛快なまでに高級である。
 佐渡裕の指揮による三枚目のCD録音が待ち遠しい(『演歌メドレー』は録音してくれないかなあ)。

***

 ジーコ・ジャパンのデビュー戦(対ジャマイカ戦)は、1対1の引き分けに終わった。
 ジーコは「手直しは必要だが、悪くなかった」と語り、多くのファン(素人)は「勝てなかったのは残念だけど、面白かった」と評したが、サッカー通のファンは「何をしたいかわからなかった」「作戦がなかった」と批判した。
 結果はさておき、評価は予想どおりである。おそらく5対0で勝っていても、同じような評価が口にされたに違いない。

 ジーコは選手にサッカーをさせる。監督がサッカーをするのではない、ということをわきまえている。自分で考え、自分で動き、自分でサッカーをし、自分で試合に勝とうとする選手、そんな「自立」した選手が集まったチームを創ろうとしているのだ。

***

 それは、過去の我々日本人に最も欠けていたことであり、未来の我々日本人にとって最も必要とされるものに違いない。
 この欄でとりあげた24人の人々は、そんな私達にとってのお手本であり、これからも、お手本となる人々に出逢いたいと思う。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

スタジアムとは都市の文化の核となる存在である/後藤健生・著『世界スタジアム物語 競技場の誕生と紡がれる記憶』ミネルヴァ書房

2020東京五輪は環境問題も無為無策?

子規の野球への視点――それは、スポーツライターの原点

銃剣道はスポーツか? そのうちに、まさか竹槍も?

先人たちの語る日本マラソン低迷の理由/折山淑美『日本のマラソンはなぜダメになったのか−日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!』文藝春秋社

元ボクサーたちの痛快な再起:沢木耕太郎『春に散る』朝日新聞出版・書評

2016年は没後400年〜シェイクスピアは未来永劫生き続ける超人(スーパースター)である

無駄でなかった小池提起〜しかし、問題はまだ山積

半歩遅れの読書術第5回/五輪とは何か 文明化を表象する平和運動

半歩遅れの読書術・第4回/五輪で何を撮るか ドイツの女性監督と市川崑

半歩遅れの読書術・第3回/ユーロ・サッカーとシェイクスピア 原作者の意図を超える面白さ

半歩遅れの読書術・第2回/モハメド・アリと南部麒六 悲歌の似合う雄々しい人生

半歩遅れの読書術・第1回/ドナルド・キーンとイチロー 伝統の魅力思い出す

猫ブームの日本で好かれている猫〜それはドラえもんのような「犬的な猫」?

大相撲こそ江戸の華。昔も、今も、都の華。

大相撲は「お国自慢」の文化――琴奨菊の優勝を日本人として喜ぶ

大学スポーツを考える

大相撲は日本の国技――と同時に、ユーラシア大陸全体に広がる格闘技文化なのだ

スポーツライターを引退しました

エンブレムがプロブレム〜創作とは過去を超えること

NHK視点・論点 「体育からスポーツへの変化を」

槇文彦グループの提言:低いキールアーチ構造がコスト高・長工期の原因である。

『スポーツ・アンソロジー彼らの奇蹟』(新潮文庫)は、何故か「死」と関わりを持つ作品が多くなってしまった。

スポーツと文学第5回/「人間ドラマ」礼讃の気風/競技描いた名作も多く

スポーツと文学第4回/運動会 躍動するパワー/壮士も近代女性も熱中

スポーツと文学第3回/思想を宿し物語る肉体/20世紀 覆る「精神優位」

スポーツと文学第2回/近代民主主義と武道/国際化と反時代2つの道

スポーツと文学第1回/古典に描かれた競技・日本人の個人技好みを映す?

日本の作家はスポーツが好き!?/数多い「日本のスポーツの本」に改めて注目しよう!

夏の甲子園・投手の酷使……最大の問題点は?

世界最強のブラジル・サッカーは、史上最悪の敗北からスタートを切った!(沢田啓明『マラカナンの悲劇 世界サッカー史上最大の敗北』新潮社)

京がたり 俺の祇園 いやで捨てたけど、好き

スポーツの正しい発展のために指導者ライセンス制度の確立を!

東京の新しい歌舞伎座が完成オープン/歌舞伎はナンデモアリの最高に楽しい大衆芸能ナノダ

あけましておめでとうございます。

スポーツする身体 十選/第9回スポーツする身体 パブロ・ピカソ『マタドールの死』/第10回スポーツする身体 ベン・シャーン『ハンド・ボール』

スポーツする身体 十選/第7回スポーツする身体エドガー・ドガ『観覧席前の競走馬』/第8回スポーツする身体ルネ・マグリット『迷える騎手』

スポーツする身体 十選/第5回ボナール『ボクサー』/第6回モネ『アルジャントレイユのレガッタ』

スポーツする身体 十選/第3回ディスコボロス(円盤を投げる人)/第4回クールベ『レスラー』

スポーツする身体 十選/第1回アルジェリアの洞窟壁画/第2回マチス『ダンス』

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

「黒人選手」は本当に速くて強いのか!?〜スポーツと五輪の過去・現在・未来

「美」で誘惑した女の一生――ライナー・ローター著『レーニ・リーフェンシュタール 美の誘惑者』(ライナー・ローター/瀬川裕司訳/青土社・2,800円)

プロ野球ビジネスの未来〜球界全体の新戦略を

日本体罰論〜いま改めて考える「スポーツ」と「教育」と「体罰」

東京の新しい歌舞伎座が完成オープン/歌舞伎はナンデモアリの最高に楽しい大衆芸能ナノダ

六道珍皇寺・閻魔大王像――幼い頃に恐怖心を刻まれた閻魔様との再会

大河ドラマは世に連れ、家族は大河ドラマに連れ……

京都駅の思い出

スポーツ振興くじ(toto)は「ギャンブル」や「金集め」だけでは語れない!

あなたは知ってる!? スポーツの疑問の数々…

五輪のあり方を考える〜ネット中継や交流も…/ロンドン・オリンピックはシェイクスピアに注目!?

「猫もするなり球遊び」スポーツは、世界(オリンピック)と地域社会(クラブ)をつなげる

「猫もするなり球遊び」オリンピックは人類の祭典!日本人にとっては?

二代目市川亀治郎さん(現・四代目市川猿之助)――伝統とは「変える力」

大学の教壇に立って……〜ジャーナリズムとアカデミズム

ランニングの歴史と魅力を伝える〜トル・ゴタス著『なぜ人は走るのか:ランニングの人類史』(筑摩書房)

読者からの質問への回答

『マーラーの交響曲』発売記念エッセイ〜いつか私の時代が来る、とマーラーは言った。

祇園町の電器屋の初荷

権力志向者がジャーナリストになる危険性――魚住昭『渡邉恒雄 メディアと権力』講談社

かつてラグビーは日本中を湧かせた!(上岡伸雄・著『釜石ラグビー栄光の日々松尾雄治とくろがねのラガーたち』中央公論社)

日本文化「大相撲」は「スポーツ」なのか?

オペラ(音楽)とスポーツの濃密な関係

塾や予備校は学校より大事?

「新道」という名前が消える寂しさ

孤立化、個別化する社会のあり方に警告(杉本厚夫『「かくれんぼ」ができない子どもたち』ミネルヴァ書房)

女心・男心…人間を描くため、肉体を描ききった本物の作家(虫明亜呂無『パスキンの女たち』清流出版)

松本修『「お笑い」日本語革命』(新潮社)書評「みたいな。」の元祖はとんねるずか!?

犬好き男の愛猫記

大魔神を巡る見事な「知的探検の旅」/小野俊太郎・著『大魔神の精神史』(角川ONEテーマ21)

企業の「所有物」と化したスポーツ・文化団体

スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

「スポーツ放送はどうあるべきか?」を考える前に、考えるべきこと

書評『茶の世界史』/茶が映し出す過去の世界史&茶が匂わせる未来社会

思い出すのは仕事をしている姿

脳出血と恐怖心

現代社会の「怪物性」を説き明かす見事な一冊〜小野俊太郎・著『フランケンシュタイン・コンプレックス 人間は、いつ怪物になるのか?』青草書房

「劣等感・コンプレックス」とは、本当はどんなものなのか

あけましておめでとうございます

脳出血から復活できた理由(わけ)

「何か」を表現しようとする究極の本能

天職人〜あとがき

そばは京都にかぎる

総選挙の行方とスポーツ界

小泉首相の「趣味」と「文化政策」

行きつけの店は恋人に似てる?

アイ・ラヴ・サッポロ!アイ・ラヴ・ホッカイドウ!

日本文化の「型」と「カタヤブリ」と「カタナシ」の関係を横綱・朝青龍の「カタチ」から読み解く。

いま、ベネズエラで起きている「大事件」

「文化」の持つ本当の力

あけましておめでとうございます

煩悩の世界史〜『要約世界文学全集』(木原武一・著/新潮社)

「夢かうつつか…」逝った者へ…、残された者は…

オリンピックはスポーツではない

「天才」の多くなった世の中

『二十五時』との数奇な出逢い

わたしは猫になりたい。

紅旗征戎不有吾事 金は天下の周りの持ちもの…

アメリカ珍道中〜This is American Way

仕事人間の弁明

変わらないことの素晴らしさ

<二人袴>

女人狂言『茶壺 de Hermes』

私の行きつけの店・好きな店

島田雅彦vs玉木正之 ドイツW杯特別対談「選手を自由にさせたら高校生になっちゃった」

あけましておめでとうございます

個人的パラダイム・シフトに導かれた三冊

ゴシック・万博・ストリップ・吉本…を読む

現代と未来の世界を考えるうえでの「真の世界史情報」(井野瀬久美恵・著『興亡の世界史16 大英帝国という経験』)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第3弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

知識や情報なんて、ないほうがいい

現代日本人必読の一冊

タクシーと自家用車の違い

「天才」って何? ――まえがきにかえて

「ある女の一生」

「戦争映画」が好きな理由(わけ)

とかく京都のスポーツマンは……

道はどれほど重要なものか

祇園町の「生活」=「文化」

地獄八景万之丞乃戯(じごくばっけいまんのじょうのたわむれ)

わたしは猫になりたい。

読書日記〜稲垣足穂から梅原猛まで

アッピア街道に乾杯(ブリンディシ)!

「質より量」の読書は「質」が残る?

スポーツは究極の道楽?

久しぶりに「銀ブラ」でもするか・・・

行きつけの店は恋人に似てる?

権力志向者がジャーナリストになる危険性――魚住昭『渡邉恒雄 メディアと権力』講談社

ロジャー・パルバース著『旅する帽子』生身のラフカディオ・ハーンが幻想のなかに甦る

作者の名前も作品の題名も消えるほどのノンフィクションの名作〜デイビッド・レムニック著『モハメド・アリ』

戦争と軍隊の歴史

スポーツと音楽を通して出逢ったトリュフ

スポーツ・ジャーナリストにはスポーツよりも大事なものがある?

お薦めの本(2003年夏〜2004年春)

日本人は元気だ――24人の元気な日本人

美しい最後の素晴らしさ

「若い国」アメリカ

京都人の溜息

経済には倫理が必要である

オススメ脳味噌のマッサージ

吉本興業は匈奴である『わらわしたい――竹中版正調よしもと林正之助伝』竹中功・著/河出書房新社

虚実の皮膜――『イッセー尾形の都市カタログPART2』イッセー尾形/森田祐三・共著 早川書房・刊

胡散臭さ礼賛――竹内久美子『賭博と国家と男と女』(日本経済新聞社)

衝撃的な笑劇――レイ・クーニー『笑劇集』劇書房

翻訳って何?――『翻訳史のプロムナード』(辻由美・著/みすず書房・刊)

脳細胞の組み替え――『世界史の誕生』岡田英弘・著/筑摩書房(現・ちくま文庫)

長老の話――堀田善衛・著『めぐりあいし人びと』を読んで

古典の楽しさ

ドリトル先生 不思議な本

京都が消える

嬉しいこと――喜びは常に過去のもの

野村万之丞 ラジカルな伝統継承者(2)

野村万之丞 ラジカルな伝統継承者(1)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第5回=最終回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第4回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第3回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第2回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第1回)

先達はあらまほしきか?

旅の衣は篠懸(すずかけ)の

パチンコと飢餓海峡

最近の映画はつまらない?いや、やっぱり、映画はおもしろい?

神道、天皇、韓国・・・を読む。

はかなく、素晴らしい、味わい

京の祇園の極私的元服之儀

コースケ(野村万之丞)の遺言

ミレニアム歳末読書日記 楽しい世紀末

お金と勉強

親父ゆずりの数学好き

わたしの本棚(4) スポーツを読む

わたしの本棚(3) 祭りの原型

わたしの本棚(2) ドラマの感動

わたしの本棚(1) 振動する快楽

夏休み読書日記/スポーツ・身体・ジャーナリズム

銀行は痰壺処理会社

親父の隠したエロ小説

野村万之丞――伝統と格闘するパワー

女が動く時代、男は思索せよ

バック・オーライ

二十五時――わたしの好きな世界文学

「私の京都」

わたしの東京体験

SPレコードは生演奏と同じ〜蓄音機にはまってしまった!

感銘した一冊の本〜鈴木隆『けんかえれじい』

「情報過多時代」の楽しみ方

内面より外面

不味いものが食いたい!

ああ、肩が凝る。

父の勲章

京の昼寝

祇園町の電器屋の初荷

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ制作 bit.
. 『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る