コラム「ノンジャンル編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2020-12-23
この原稿は、長田渚左さんが編集著を務める『スポーツゴジラ』第47号(2020年6月18日発行/スポーツネットワークジャパン)に書いたものです。『スポーツゴジラ』は、東京都内の都営地下鉄の角栄で無料配布されているスポーツ・マガジンで、1年4回刊、毎号かなり内容の濃い原稿が並んでいます。この号はスポーツ映画(DVD) かスポーツ本を推薦する特集で、小生の他にも木村元彦さん(板東英二『赤い手』、ハンガリー映画『君の涙ドナウに流れハンガリー1965』)長田渚左さん(奥田英朗『オリンピックの身代金』、『マイケル・ジョーダン・トゥ・ザ・マックス』)など、興味深い本や映画が紹介されています。まだバックナンバーもあるはずで、ホームページを訊ねてみて下さい。
というわけで、そのなかから小生の原稿を“蔵出し”します。

スポーツお薦めの一本!一冊!/『けんかえれじい』と『老人と海』

 スポーツが好き。本を読むのも好き。映画を観るのはもっと好き。だからスポーツの本は誰よりも沢山読んでいる。スポーツ映画も誰よりも多く観ていると思う。

 だからこそ一冊のスポーツ本、一本のスポーツ映画を選ぶのは至難の技。何しろスポーツそのものの種類が多すぎる。野球の本とボクシングの本、サッカー映画とラグビー映画、そのどちらかを選ぶことなど不可能だ。

 が、そんなことを言い出しても始まらない。とにかく心を動かされたスポーツ作品を片っ端から並べてみよう。そこから何かが見えてくるかもしれない。というわけで、まずはサッカーから。

 サッカー本のイチオシはジョナサン・ウィルソン『孤高の守護神ゴールキーパー進化論』(白水社)かな。GKという特別な存在を、その誕生から取りあげ、歴史に残る優秀なGKを紹介し、様々な国の国柄まで滲み出させているのは見事だ。沢田啓明『マラカナンの悲劇』(新潮社)も面白い。1950年のW杯で地元開催のブラジルが隣国ウルグアイに敗れたことを通してブラジルとブラジル人にとってのサッカーとは何か? を描き出している。

 映画なら『ザ・カップ〜夢のアンテナ』が素晴らしい。ヒマラヤ山麓の僧院でチベット仏教の修行を続ける少年僧たちが、何としてでもフランスW杯のテレビ中継を観ようとする。フランスはチベット独立を支持している国でもあり、彼らは一計を企て、サッカーを知らない老総長の説得に成功。パラポラアンテナも手に入れ、W杯でフランスの優勝を観ることができる。大興奮のあと、再び静かに読経と黙想の日々に戻る少年僧たちの爽やかな顔。何ともほんわかとした雰囲気のなかでサッカーの魅力が描かれている。

 W杯とは対極にある世界ランク202位のブータンと203位の英国領モンセラトが闘った世界最下位を決める試合のドキュメンタリー映画『ジ・アザー・ファイナル』も良い映画だ。
2002年日韓W杯決勝と同じ日に行われた試合は4−0でブータンの勝利。しかしカップは半分にして両国に。ニューハーフの選手の活躍など、世界一ではなく、本当のスポーツの魅力を考え直させられる作品だ。

 第二次大戦中の連合軍捕虜とドイツ・チームとの試合を描いたジョン・ヒューストン監督シルヴェスター・スタローン主演の『勝利への脱出』(ペレも出演)や、ヨコハマ・フットボール映画祭(12年)で上映された『二人のエスコバル』も素晴らしい映画だ。コロンビア代表主将のアンドレス・エスコバル(94年W杯で優勝候補とされながらオウンゴールで決勝T進出ならず、帰国後射殺される)と、麻薬組織メデジン・カルテルのボスで麻薬王のパブロ・エスコバル(アンドレスが所属したチームのオーナーでもある)を対照的に取りあげ、サッカーと社会(と裏社会)の関係を描いた素晴らしいドキュメンタリーだった。

 サッカーの社会的存在を知るにはヴィットリオ・デ・シーカ監督の名作『自転車泥棒』と『ひまわり』も見落とせない。前者は第二次大戦後のローマで、仕事のために買ったばかりの自転車を盗まれた父親が、幼い子供を連れてサッカー場の周囲を探し回る。後者は戦時中に美女(ソフィア・ローレン)と結婚した夫(マルチェロ・マストロヤンニ)が、嫉妬したファシスト党員によってソビエトとの戦争の過酷な最前線に送り込まれる。そして戦後までファシスト党員の男の求愛を拒み通した妻は、夫の生存情報を得てソ連へ赴き、イタリア人ならサッカー場に姿を見せるはずだと夫を捜し回る。しかし……。

 これらの映画はサッカーそのものを描いているわけではない。が、イタリア人とサッカーの関係を知るうえで興味深い。

『新黄金の七人7×7』は七人の悪党がロンドンの造幣局へ忍び込み、偽札ならぬ本物の札を大量に印刷して盗み出す喜劇映画。その大胆な犯行を実行するのがFAカップ決勝戦の日。イギリス全国民が(造幣局の警備員も)サッカーのTV中継に熱中するなか、悪巧みは大成功と思われたが……との筋書も、サッカーと英国社会の関係が伺えて面白い。

 ラグビー映画なら、マンデラ大統領の下でアパルトヘイトから脱した南アフリカでのW杯を描いた『インビクタス〜負けざる男たち』(C・イーストウッド監督/モーガン・フリーマン、マット・デイモン主演)にトドメを刺す。

 アメリカン・フットボールの映画には、デンセル・ワシントン主演の『タイタンズを忘れない』(ボアズ・イェーキン監督)やウォーレン・ベイティ監督主演の『天国から来たチャンピオン』、サンドラ・ブロック主演『しあわせの隠れ場所』(ジョン・リー・ハンコック監督)など素晴らしいハリウッド映画も多い。が、なかでもアル・パチーノ、キャメロンディアスなどが出演した『エニイ・ギブン・サンデー』が見事。さすがはオリヴァ・ストーン監督の作品で、黒人の差別問題やスポーツにおける商業主義の問題点などが、アメフトのコーチの人生を描くなかに織り込まれている。

 フットボール以上に映画や本のテーマとして取りあげられているのが野球だ。

 ゲイリー・クーパーの映画『打撃王(原題はプライド・オヴ・ヤンキース)』(サム・ウッド監督)は、コロンビア大学出身のエリートの道でなく、愛する野球の道を選んだルー・ゲーリッグの実話。ヤンキースの大打者として2130試合連続出場を記録しながら筋萎縮症のために引退。間もなく死去した生涯を描いたこの映画は、少年野球の楽しさやメジャーリーガーたちの豪放さと猥雑さ、ファンの身勝手な心情までも描いたうえで、気高い人格者ゲーリッグの姿を浮き彫りにしている。

 死期の迫るなかでの引退試合で「私は世界一幸せな男」とファンの前で涙したゲーリー・クーパー演じるルー・ゲーリッグの姿は涙なしには観られない。おまけにこの映画にはゲーリッグとともにヤンキースの黄金時代を築いたベーブ・ルース本人が出演。達者な演技を披露しているのも興味深い。

 試合中に中断が多い野球は、映画やドラマに適している。ケヴィン・コスナー主演の『さよならゲーム』(ロン・シェルトん監督/スーザン・サランドン共演)はマイナーリーグのロートル・キャッチャーが若い投手を育てるなかで、野球の素晴らしさが描かれた佳作。同じくコスナーの『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』(サム・ライミ監督)は生まれ初めて心から愛せる女性と出会った引退直前の大投手が、その女性から別れを告げられるなかで完全試合に挑む物語。

 コスナーは、W・P・キンセラの小説『シューレス・ジョー』が原作の映画『フィールド・オブ・ドリームズ』(フィル・アルデン・ロビンソン監督)にも主演。自宅のあるアイオワの砂糖黍(サトウキビ)畑を潰して野球場を造ると、昔のワールドシリーズでの八百長事件で球界を追放されたジョー・ジャクソン(シューレス・ジョー=裸足のジョー)を初めとする八人のメジャーリーガーが現れ、さらに自分の父親も現れるという物語。
 粗筋を書くと、なんとも平板な味気ない文章にしかならないが、貧しいなかから必死に働いて豊かになったアメリカ中産階級の人々のあいだに、常にメジャーリーグ・ベースボールが存在していたことが美しく描かれ、アメリカの著名な野球作家ロジャー・カーンの言葉「野球とはアメリカの父子相伝の文化である」ーーが思い出される。そして最後に出現した父親と、必ずしも良好な関係ではなかった息子がキャッチボールをする(理解し合う)シーンは、(野球好きの男なら)涙が溢れ出て止まらないシーンと言える。

 子供の頃からリトルリーグでも活躍したというコスナーは、『ティン・カップ』(ロン・シェルトン監督)というゴルフ映画にも出演。天才的才能を持ちながら攻撃一本槍でレッスンプロに甘んじているゴルファーが、一念発起して全米プロで大活躍……という面白い役柄を演じている。

 スポーツ映画は(特にハリウッドの野球映画は)ハッピーエンドの大勝利か、勝てなくても爽やかな印象の残るモノが多い。戦時中に男子の多くが兵隊に取られていなくなったあとの女子野球を描いた『プリティリーグ』(ベニー・マーシャル監督/トム・ハンクス、マドンナ出演)。少年野球のなかで活躍する少女を取りあげた『がんばれベアーズ』。弱小チームのインディアンズが勝ち進む『メジャーリーグ』(デヴィッド・S・ウォード監督/トム・ベレンジャー、チャーリー・シーン出演)なども理屈抜きに面白い。またドキュメンタリーとしても、弱小チームだったアスレチックスがデータ野球で勝ち進む『マネーボール』(ベネット・ミラー監督/ブラッド・ピット主演)、メジャー初の黒人選手を描いた『42〜世界を変えた男』(ブライアン・ヘルクランド監督/チャドウィック・ボーズマン/ハリソン・フォード出演)なども気持ち良く楽しめる映画だ。

 日本の野球映画でも、野球によって明るく育つ終戦後の子供たちを描いた『瀬戸内少年野球団』(阿久悠/原作・篠田正浩・監督/夏目雅子・郷ひろみ・渡辺謙・他出演)、終戦直後の小倉で、エスカレートする「組の抗争」を鎮めるために行われたヤクザの対抗野球試合を面白く描いた『ダイナマイトどんどん』(岡本喜八・監督/菅原文太・主演)、謎の覆面投手が大活躍して阪神タイガースを優勝に導く『ミスター・ルーキー』(伊坂聡・監督/長嶋一茂・主演/ランディ・バース特別出演)など、話の内容は単純でも、スポーツの楽しさや喜びが、そのまま溢れ出ている映画と言えるだろう。

 そんななかで戦前のバンクーバーに実在した日系野球チーム朝日軍の活躍を描くなかで、戦争を迎えて敵国人となった日本人の悲劇も描いた『バンクーバーの朝日』(石井裕也監督/妻夫木聡・主演)は、少々異色の素晴らしい野球映画と言える。

 野球の本について書き始めると、それだけで与えられた紙幅を尽くしてしまうに違いないが、一冊だけ選ぶとすれば12本のアメリカ野球短編小説を集めたアンソロジー『12人の指名打者』(文春文庫)。J・サーバー『消えたピンチ・ヒッター』W・L・シュラム『馬が野球wやらない理由』など抱腹絶倒のうちに溢れ出る野球の素晴らしさが味わえるはずだ。

 そんな野球の楽しさとは対照的なのが、ボクシングをテーマにした映画や本だ。

 マーティン・スコセッシ監督ロバート・デ・ニーロ主演で実在した世界ミドル級王者ジェイク・ラモッタの生涯を描いた『レイジング・ブル』は、打たれても前に出るブルファイターが主人公。その無骨な試合展開と同様の不器用な人生で、引退後はバーを経営したりコメディ芸人になったり、未成年の少女をバーの客に斡旋した罪で刑務所に入ったり。デ・ニーロはその物悲しい人生を見事に演じた。

 他にも素晴らしいボクシング映画は目白押しで、ラモッタと同世代のミドル級王者で、やはりブルファイターとして破天荒な人生を生きたロッキー・グラジアノの生涯をポール・ニューマン主演で描いた『傷だらけの人生』(監督は『ウエストサイド物語』や『サウンド・オブ・ミュージック』も手掛けた巨匠ロバート・ワイズ)。クリント・イーストウッドが監督主演し、女子ボクシングの世界を題材に、家庭と宗教と安楽死の問題を厳しく問いかけた『ミリオンダラー・ベイ ビー』。マイケル・マン監督ウィル・スミス主演で、黒人差別と闘い反ベトナム戦争を訴えた世界王者モハメド・アリの生涯を描いた『アリ』。同じ内容をアリ自身の主演で映画化した『モハメド・アリ・ザ・グレイテスト1964〜74)』(ウィリアム・クライン監督)。

 ハンフリー・ボガート主演でマフィアに操られて世界王者となったイタリア移民の大男プリモ・カルネラの悲劇を描いた『殴られる男』(マーク・ロブソン監督)は、最後のシーンで主役のスポーツ記者が「ボクシングは国の法律で禁止されるべき」とタイプを打つ。が、ボクシング・ファンで、裏社会のあり方を非難していた原作者のバッド・シュルバーグは、この幕切れを大いに非難したという。

 彼の原作でエリア・カザン監督マーロン・ブランド主演の『波止場』や、ルキーノ・ヴィスコンティ監督アラン・ドロン主演の『若者のすべて』では、元ボクサーの実直な青年が、マフィアなどの裏社会と闘ったり、社会の不条理に苦しみ悩む様子が描かれている。そのとき元ボクサーという経歴(ルールに則って力を発揮する青年)が、映画の「核」になっているのだ。

 大人気を博したS・スタローン主演の『ロッキー』は、真面目な無骨者が成り上がる単純な筋書ながら、『ロッキー4炎の友情』ではソ連(現・ロシア)の王者と闘い、ボクシングというスポーツが政治的な背景のなかで生まれ育ったスポーツであることを描いてみせた。他にも愛する子供のために復活しようとしてリング上で亡くなってしまう『チャンプ』(F・ゼッフィレッリ監督/J・ボイト主演/フェイ・ダナウェイ共演)や、「浪花のロッキー」と呼ばれた人気ボクサー赤井英和が、復帰戦で脳挫傷の重症を負ってしまう自伝を自ら演じた『どついたるねん』(阪本順治監督)も、素晴らしい映画だった。

 それに世界ライト・ヘビー級王者で、モハメド・アリのスパーリングパートナーを務めたボクサーのドキュメンタリー映画『ホゼ・トーレス』(勅使河原宏・監督)もボクサーとボクシングというスポーツを考えるうえで極めて興味深い作品だった。「インテリ・ボクサー」とも呼ばれたトーレスは、モハメド・アリを描いた『カシアス・クレイ』(朝日新聞社)やマイク・タイソンを描いた『ビッグファイト、ビッグマネー《拳の告白》』(山際淳司・訳/竹書房)など、自ら見事な著作も残している。

 ……と、ここまで書いて、与えられた紙面がなくなりそうになった。まだモーター・スポーツや自転車競技に関する映画や本、それにオリンピックや格闘技や武道に関する映画や本、あ、バスケットボールも忘れている……と焦っても、もう遅い。それは別の機会に譲るとして、ならば、オススメの本一冊と、映画一本を、どーするか?

 こうなりゃ誰にも文句の言われない(もちろん自分も納得づくの)、どんな作品とも較べられない、比較を超越した凄い作品を選ぶしかない。それが「スポーツ本」や「スポーツ映画」と呼んで良いのかのかどうか、と訝(いぶか)る人もいるだろうし、だから小生も少々躊躇したのだが、いや、それらは紛れもないスポーツというジャンルの大傑作と言うべきなのだ。

 その作品とは、まずは鈴木隆『けんかえれじい』(岩波現代文庫)。主人公は戦前の蛮カラ学生学生の南部麒六。若者らしい焦燥感(彼自身の言葉で言えば「満身創痍感」)に満たされていた彼は、毎日を喧嘩に明け暮れ、礫(つぶて=石)の投げ方、陣地の作り方などの研究に余念がなく、岡山旧制中学を放校処分に。会津の高校へ進んでも喧嘩の毎日を過ごすが、やがて太平洋戦争が始まり、早大に進学したあとB25の東京爆撃に遭遇。そこでさらに喧嘩の血を沸き立たせた麒六は生涯最大の「米英との喧嘩」に挑むべく帝国陸軍に入隊。

 しかし喧嘩(戦争)どころか、そこにあったのは、不条理な軍隊規則や上官の命令。さらに飢えと病気。自ら病気に倒れた麒六に向かって、唯一信頼できる上官は「俺もお前も、所詮はまあ模糊とした悲歌(エレジー)街道を行くものよ」という。その言葉を胸に麒六は中国大陸のなかで軍隊から消える。

 痛快な青春小説が、最後は痛烈な反戦小説へ。喧嘩という肌感覚で生きてきた男の感性は、肉体感覚で生きるアスリートに通じるものがあるはずだ。この小説は鈴木清順監督で映画化もされ、、麒六(高橋英樹)と道子(浅野順子)の恋愛感情なども面白いが、上京した時点で終わるのが(そこに北一輝が登場するのだが)少々残念だ。

 そこで一本の映画は、アーネスト・ヘミングウェイ原作ジョン・スタージェス監督スペンサー・トレーシー主演『老人と海』を選びたい。

 小舟に乗った一人の老漁師が、カリブ海で巨大なカジキと大格闘。綱の先の餌に食らいついたカジキは老人を引き倒す。顔面から流血した老人は、筋肉に食い込み血の滲む背中の綱の痛みに耐え、両腕と手を痺らせながらも闘う。「ヤツがどんなに立派で素晴らしくても殺す。人間がどんなことをできるか、ヤツにわからせてやる」

 死闘は二昼夜も続き、それに勝利した老人は、カジキを銛で刺し殺し、小舟に結わいつける。が、鮫の群れに襲われ、再び大格闘となるが、カジキは骨を残すだけで全部食われてしまう。疲れ切って帰港した老人は、ひとり呟く。「負けてしまえば気楽なもの。こんなに気楽だとは思わなかった。しかし、さて何に負けたのか?」そして老人はベッドに入り、眠りにつきライオン(強さの象徴? 強さへの憧れ?)の夢を見る。

 私は、この小説の凄さが長年わからなかった。老人がカジキと格闘して、鮫と格闘して、だから何なのだ? カジキはライバル? 鮫は悪人?(不条理な社会?) いろいろ考えられるだろうが、この小説は身体感覚がすべてのハードボイルド小説で、スポーツを「身体を用いた挑戦」と考えるなら、ヘミングウェイはこの小説で、スポーツの(一瞬の)栄光と挫折(清々しいとも言える敗北)のすべてを描いたのだ(と私は考えたい)。映画は、ヘミングウェイ自身も製作に協力したという。

 鈴木隆やヘミングウェイには、こんな凄い作品をこの世に残してくれてありがとう、と感謝して頭を下げるほかないですね。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(9)「大阪タイガース來る」 / 日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(10)遠藤忠「長嶋茂雄ヘルメット飛ばす」

日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(7)ベン・シャーン”National Patime" / 日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(8)ナット・ファイン『The Babe Bows Out』

日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(5)hoda Shrball「Casey Stengel」 / 日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(6)「Baseball scene of Batter,Catcherand Umpire」

日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(3)玉井力三「ジョー・ディマジオ親子とヤンキースタジアム」/同(4)「ワールドシリーズのオフィシャル・プログラム1988」

日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(1)ニール・ライファー「シェイ・スタジアム」/同(2)「The American National Game of Base Ball.」

スポーツお薦めの一本!一冊!/『けんかえれじい』と『老人と海』

愛情あふれる「野球の素人」奮戦記/清武英利『サラリーマン球団社長』文藝春秋

戦前日本野球史の誤りを正す/坂本邦夫・著『紀元2600年満州リーグ 帝国日本とプロ野球』岩波書店

スポーツそのものを描いた小説〜ヘミングウェイ『老人の海』の凄さ、素晴らしさ!

六道珍皇寺・閻魔大王像――幼い頃に恐怖心を刻まれた閻魔様との再会

まえがき――今こそ「スポーツとは何か?」を考え直してみよう!

「スポーツ・ブーム」「マッチョ・ブーム」は危険ではないか?

現在の「スポーツ・ブーム」「マッチョ・ブーム」は危険ではないか?

東京五輪の遺産(レガシー)はなにか? スポーツの根源問う好機に

市川崑監督の映画1964年の『東京オリンピック』は、スポーツの素晴らしさを教えてくれた史上最高のスポーツ映画。はたして河瀬直美作品は、どんなオリンピック映画になるのか?

『彼らの奇蹟 傑作スポーツ・アンソロジー』解説

英語は難しい? 外国語とスポーツの不思議な関係

それはわずか50年前の出来事 高速道路と新幹線が初めて出現した時代の興奮

こころの玉手箱第3回「一本足打法のブルドッグ 旧ソ連、不思議な国家とその時代」

こころの玉手箱第2回「母がくれた小さな薬缶 常に一緒、激励の手紙にはマイッタ」

こころの玉手箱第1回「父の飯盒と水筒と勲章」

『ふたつのオリンピック東京1964/2020』訳者あとがき――そこにはただ風がふいているだけ……

猛暑の高校野球 改革せよ!試験期間中の予選もおかしい

政治経済問題は第1回大会から。オリンピックに未来はあるか?/ジュールズ・ボイコフ[著]中島由華[訳]『オリンピック秘史−120年の覇権と利権』早川書房

いまも京都はアンダー・コンストラクション/島田裕巳『京都がなぜいちばんなのか』ちくま新書

スポーツに映し出されたアメリカという国の本質/鈴木透・著『スポーツ国家アメリカ 民主主義と巨大ビジネスのはざまで』中公新書

スポーツ教養主義を押し進めたメディアの興亡/佐藤彰宣『スポーツ雑誌のメディア史 ベースボール・マガジン社と大衆教養主義』勉誠出版(3200円+税)

大相撲は日本文化の精華――それを「保守」することこそスポーツ(格闘技)以上の大相撲の役割なのだ

愛煙家には理解できない煙草の話 「卒煙」して初めてわかる元ヘビースモーカーの悩み

モンゴル会の実態把握を

スタジアムとは都市の文化の核となる存在である/後藤健生・著『世界スタジアム物語 競技場の誕生と紡がれる記憶』ミネルヴァ書房

2020東京五輪は環境問題も無為無策?

子規の野球への視点――それは、スポーツライターの原点

銃剣道はスポーツか? そのうちに、まさか竹槍も?

先人たちの語る日本マラソン低迷の理由/折山淑美『日本のマラソンはなぜダメになったのか−日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!』文藝春秋社

元ボクサーたちの痛快な再起:沢木耕太郎『春に散る』朝日新聞出版・書評

2016年は没後400年〜シェイクスピアは未来永劫生き続ける超人(スーパースター)である

無駄でなかった小池提起〜しかし、問題はまだ山積

半歩遅れの読書術第5回/五輪とは何か 文明化を表象する平和運動

半歩遅れの読書術・第4回/五輪で何を撮るか ドイツの女性監督と市川崑

半歩遅れの読書術・第3回/ユーロ・サッカーとシェイクスピア 原作者の意図を超える面白さ

半歩遅れの読書術・第2回/モハメド・アリと南部麒六 悲歌の似合う雄々しい人生

半歩遅れの読書術・第1回/ドナルド・キーンとイチロー 伝統の魅力思い出す

猫ブームの日本で好かれている猫〜それはドラえもんのような「犬的な猫」?

大相撲こそ江戸の華。昔も、今も、都の華。

大相撲は「お国自慢」の文化――琴奨菊の優勝を日本人として喜ぶ

大学スポーツを考える

大相撲は日本の国技――と同時に、ユーラシア大陸全体に広がる格闘技文化なのだ

スポーツライターを引退しました

エンブレムがプロブレム〜創作とは過去を超えること

NHK視点・論点 「体育からスポーツへの変化を」

槇文彦グループの提言:低いキールアーチ構造がコスト高・長工期の原因である。

『スポーツ・アンソロジー彼らの奇蹟』(新潮文庫)は、何故か「死」と関わりを持つ作品が多くなってしまった。

スポーツと文学第5回/「人間ドラマ」礼讃の気風/競技描いた名作も多く

スポーツと文学第4回/運動会 躍動するパワー/壮士も近代女性も熱中

スポーツと文学第3回/思想を宿し物語る肉体/20世紀 覆る「精神優位」

スポーツと文学第2回/近代民主主義と武道/国際化と反時代2つの道

スポーツと文学第1回/古典に描かれた競技・日本人の個人技好みを映す?

日本の作家はスポーツが好き!?/数多い「日本のスポーツの本」に改めて注目しよう!

夏の甲子園・投手の酷使……最大の問題点は?

世界最強のブラジル・サッカーは、史上最悪の敗北からスタートを切った!(沢田啓明『マラカナンの悲劇 世界サッカー史上最大の敗北』新潮社)

京がたり 俺の祇園 いやで捨てたけど、好き

スポーツの正しい発展のために指導者ライセンス制度の確立を!

東京の新しい歌舞伎座が完成オープン/歌舞伎はナンデモアリの最高に楽しい大衆芸能ナノダ

あけましておめでとうございます。

スポーツする身体 十選/第9回スポーツする身体 パブロ・ピカソ『マタドールの死』/第10回スポーツする身体 ベン・シャーン『ハンド・ボール』

スポーツする身体 十選/第7回スポーツする身体エドガー・ドガ『観覧席前の競走馬』/第8回スポーツする身体ルネ・マグリット『迷える騎手』

スポーツする身体 十選/第5回ボナール『ボクサー』/第6回モネ『アルジャントレイユのレガッタ』

スポーツする身体 十選/第3回ディスコボロス(円盤を投げる人)/第4回クールベ『レスラー』

スポーツする身体 十選/第1回アルジェリアの洞窟壁画/第2回マチス『ダンス』

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

「黒人選手」は本当に速くて強いのか!?〜スポーツと五輪の過去・現在・未来

「美」で誘惑した女の一生――ライナー・ローター著『レーニ・リーフェンシュタール 美の誘惑者』(ライナー・ローター/瀬川裕司訳/青土社・2,800円)

プロ野球ビジネスの未来〜球界全体の新戦略を

日本体罰論〜いま改めて考える「スポーツ」と「教育」と「体罰」

東京の新しい歌舞伎座が完成オープン/歌舞伎はナンデモアリの最高に楽しい大衆芸能ナノダ

六道珍皇寺・閻魔大王像――幼い頃に恐怖心を刻まれた閻魔様との再会

大河ドラマは世に連れ、家族は大河ドラマに連れ……

京都駅の思い出

スポーツ振興くじ(toto)は「ギャンブル」や「金集め」だけでは語れない!

あなたは知ってる!? スポーツの疑問の数々…

五輪のあり方を考える〜ネット中継や交流も…/ロンドン・オリンピックはシェイクスピアに注目!?

「猫もするなり球遊び」スポーツは、世界(オリンピック)と地域社会(クラブ)をつなげる

「猫もするなり球遊び」オリンピックは人類の祭典!日本人にとっては?

二代目市川亀治郎さん(現・四代目市川猿之助)――伝統とは「変える力」

大学の教壇に立って……〜ジャーナリズムとアカデミズム

ランニングの歴史と魅力を伝える〜トル・ゴタス著『なぜ人は走るのか:ランニングの人類史』(筑摩書房)

読者からの質問への回答

『マーラーの交響曲』発売記念エッセイ〜いつか私の時代が来る、とマーラーは言った。

祇園町の電器屋の初荷

権力志向者がジャーナリストになる危険性――魚住昭『渡邉恒雄 メディアと権力』講談社

かつてラグビーは日本中を湧かせた!(上岡伸雄・著『釜石ラグビー栄光の日々松尾雄治とくろがねのラガーたち』中央公論社)

日本文化「大相撲」は「スポーツ」なのか?

オペラ(音楽)とスポーツの濃密な関係

塾や予備校は学校より大事?

「新道」という名前が消える寂しさ

孤立化、個別化する社会のあり方に警告(杉本厚夫『「かくれんぼ」ができない子どもたち』ミネルヴァ書房)

女心・男心…人間を描くため、肉体を描ききった本物の作家(虫明亜呂無『パスキンの女たち』清流出版)

松本修『「お笑い」日本語革命』(新潮社)書評「みたいな。」の元祖はとんねるずか!?

犬好き男の愛猫記

大魔神を巡る見事な「知的探検の旅」/小野俊太郎・著『大魔神の精神史』(角川ONEテーマ21)

企業の「所有物」と化したスポーツ・文化団体

スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

「スポーツ放送はどうあるべきか?」を考える前に、考えるべきこと

書評『茶の世界史』/茶が映し出す過去の世界史&茶が匂わせる未来社会

思い出すのは仕事をしている姿

脳出血と恐怖心

現代社会の「怪物性」を説き明かす見事な一冊〜小野俊太郎・著『フランケンシュタイン・コンプレックス 人間は、いつ怪物になるのか?』青草書房

「劣等感・コンプレックス」とは、本当はどんなものなのか

あけましておめでとうございます

脳出血から復活できた理由(わけ)

「何か」を表現しようとする究極の本能

天職人〜あとがき

そばは京都にかぎる

総選挙の行方とスポーツ界

小泉首相の「趣味」と「文化政策」

行きつけの店は恋人に似てる?

アイ・ラヴ・サッポロ!アイ・ラヴ・ホッカイドウ!

日本文化の「型」と「カタヤブリ」と「カタナシ」の関係を横綱・朝青龍の「カタチ」から読み解く。

いま、ベネズエラで起きている「大事件」

「文化」の持つ本当の力

あけましておめでとうございます

煩悩の世界史〜『要約世界文学全集』(木原武一・著/新潮社)

「夢かうつつか…」逝った者へ…、残された者は…

オリンピックはスポーツではない

「天才」の多くなった世の中

『二十五時』との数奇な出逢い

わたしは猫になりたい。

紅旗征戎不有吾事 金は天下の周りの持ちもの…

アメリカ珍道中〜This is American Way

仕事人間の弁明

変わらないことの素晴らしさ

<二人袴>

女人狂言『茶壺 de Hermes』

私の行きつけの店・好きな店

島田雅彦vs玉木正之 ドイツW杯特別対談「選手を自由にさせたら高校生になっちゃった」

あけましておめでとうございます

個人的パラダイム・シフトに導かれた三冊

ゴシック・万博・ストリップ・吉本…を読む

現代と未来の世界を考えるうえでの「真の世界史情報」(井野瀬久美恵・著『興亡の世界史16 大英帝国という経験』)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第3弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

知識や情報なんて、ないほうがいい

現代日本人必読の一冊

タクシーと自家用車の違い

「天才」って何? ――まえがきにかえて

「ある女の一生」

「戦争映画」が好きな理由(わけ)

とかく京都のスポーツマンは……

道はどれほど重要なものか

祇園町の「生活」=「文化」

地獄八景万之丞乃戯(じごくばっけいまんのじょうのたわむれ)

わたしは猫になりたい。

読書日記〜稲垣足穂から梅原猛まで

アッピア街道に乾杯(ブリンディシ)!

「質より量」の読書は「質」が残る?

スポーツは究極の道楽?

久しぶりに「銀ブラ」でもするか・・・

行きつけの店は恋人に似てる?

権力志向者がジャーナリストになる危険性――魚住昭『渡邉恒雄 メディアと権力』講談社

ロジャー・パルバース著『旅する帽子』生身のラフカディオ・ハーンが幻想のなかに甦る

作者の名前も作品の題名も消えるほどのノンフィクションの名作〜デイビッド・レムニック著『モハメド・アリ』

戦争と軍隊の歴史

スポーツと音楽を通して出逢ったトリュフ

スポーツ・ジャーナリストにはスポーツよりも大事なものがある?

お薦めの本(2003年夏〜2004年春)

日本人は元気だ――24人の元気な日本人

美しい最後の素晴らしさ

「若い国」アメリカ

京都人の溜息

経済には倫理が必要である

オススメ脳味噌のマッサージ

吉本興業は匈奴である『わらわしたい――竹中版正調よしもと林正之助伝』竹中功・著/河出書房新社

虚実の皮膜――『イッセー尾形の都市カタログPART2』イッセー尾形/森田祐三・共著 早川書房・刊

胡散臭さ礼賛――竹内久美子『賭博と国家と男と女』(日本経済新聞社)

衝撃的な笑劇――レイ・クーニー『笑劇集』劇書房

翻訳って何?――『翻訳史のプロムナード』(辻由美・著/みすず書房・刊)

脳細胞の組み替え――『世界史の誕生』岡田英弘・著/筑摩書房(現・ちくま文庫)

長老の話――堀田善衛・著『めぐりあいし人びと』を読んで

古典の楽しさ

ドリトル先生 不思議な本

京都が消える

嬉しいこと――喜びは常に過去のもの

野村万之丞 ラジカルな伝統継承者(2)

野村万之丞 ラジカルな伝統継承者(1)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第5回=最終回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第4回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第3回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第2回)

事典・辞典・字典・ジテンする楽しみ(第1回)

先達はあらまほしきか?

旅の衣は篠懸(すずかけ)の

パチンコと飢餓海峡

最近の映画はつまらない?いや、やっぱり、映画はおもしろい?

神道、天皇、韓国・・・を読む。

はかなく、素晴らしい、味わい

京の祇園の極私的元服之儀

コースケ(野村万之丞)の遺言

ミレニアム歳末読書日記 楽しい世紀末

お金と勉強

親父ゆずりの数学好き

わたしの本棚(4) スポーツを読む

わたしの本棚(3) 祭りの原型

わたしの本棚(2) ドラマの感動

わたしの本棚(1) 振動する快楽

夏休み読書日記/スポーツ・身体・ジャーナリズム

銀行は痰壺処理会社

親父の隠したエロ小説

野村万之丞――伝統と格闘するパワー

女が動く時代、男は思索せよ

バック・オーライ

二十五時――わたしの好きな世界文学

「私の京都」

わたしの東京体験

SPレコードは生演奏と同じ〜蓄音機にはまってしまった!

感銘した一冊の本〜鈴木隆『けんかえれじい』

「情報過多時代」の楽しみ方

内面より外面

不味いものが食いたい!

ああ、肩が凝る。

父の勲章

京の昼寝

祇園町の電器屋の初荷

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ制作 bit.
s. 『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る