コラム「音楽編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2007-09-26
300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム
「音楽編」 第1弾!

音楽編は、2003年12月22日にアップした『極私的ワーグナー体験の告白 私は如何にしてワーグナーの洗脳を解かれたか?』です。この原稿は、もともと日本ワーグナー協会・編の『年刊ワーグナー・フォーラム2003』(2003年7月20日発行)に寄稿したものですが、小生は、同協会の会員となる人物から「お前みたいなバカがワーグナーを語るな」という抗議文(?)をいただいたこともあり(それは「『ニーベルンクの指環』は『スター・ウォーズ』のようなもの」と拙著に書いたことに対する「抗議」でしたが)、それだけに、同協会の機関誌に原稿を書かせていただけたのは、うれしかったものです。


掲載日2003-12-22 
この原稿は、日本ワーグナー協会・編の『年刊ワーグナー・フォーラム2003』(2003年7月20日発行)に寄稿したものです。
極私的ワーグナー体験の告白
私は如何にしてワーグナーの洗脳を解かれたか?

《世の中に絶えてワーグナーのなかりせば音楽の心はのどけからまし》

 人生五十年。長いのか短いのかわからないその年月を一年超えようとしている現在、振り返ってみれば、わたしの人生はワーグナーとの格闘の連続だった。
 最初の出逢いは小学四年。忘れもしない昭和三十七年夏。毎年夏休みになると宝塚に住む叔父の家にあずけられたわたしは、「そろそろこういう音楽も聴いてみいや」という叔父に促され、床の間に三菱ダイヤトーンスピーカーが二台左右に並んだ和室の真ん中に正座させられた。
 叔父は一枚のレコードを取り出し、丁寧にクリーナーで拭いてからマランツの大きな四十センチ・ターンテーブルの上に載せ、グレースのムーヴィングマグネット型カートリッジの着いたアームを操作し、マッキントッシュのアンプのヴォリュームをまわした。
 その瞬間、わたしの耳の鼓膜を破るかと思えるほどに鳴り響いたのは、まさしく悪魔の音楽だった。頭の天辺から跳び出たようなソプラノの叫び声を聴き続けるのは、まさに拷問だった。が、それ以上に辛かったのは、もう一枚のレコードだった。これが音楽か? メロディもなければ歌もない。何やら空気が漂ってるだけ。そんな音を聴くだけで、ほかに何もせずに正座しつづけるのは、いまにして思えば児童虐待以外の何物でもなかった。

 音大のピアノ科を一番で卒業しながら戦争中にアル中で指が動かなくなり、中学校の数学の教師をしていた叔父は、わたしの横で籐椅子に座り、悦に入って指揮者のように腕を動かし続けた。
「最後まで座って聴いたら西宮球場へ連れてったる」
 わたしは、張本対米田の対決やスペンサーの「殺人スライディング」を思い浮かべながら拷問に耐えつづけたのだった。
 エーリヒ・ラインスドルフ指揮ボストン交響楽団による『ワルキューレ』第三幕。トスカニーニ指揮NBC交響楽団による『トリスタンとイゾルデ』の前奏曲と「愛の死」。それらの言葉を記憶したのは二年後の小学六年の夏休み。そのときは、自分から進んで叔父のレコード棚を漁り、グレースやマッキントッシュも操作できるようになっていた。

 叔父の洗脳をきっかけに、中学生になったわたしは暴走を開始した。
 ベートーヴェンやチャイコフスキーも嫌いではなかった。『ウエストサイド・ストーリー』もビートルズもストーンズも、モンクもコルトレーンもレイ・チャールズも都はるみも悪くないと思った。が、『ニーベルンクの指環』は一三時間半。『トリスタンとイゾルデ』だけでも四時間半なのである。この大芸術をうわまわるものなど世の中に存在しない。京都に暮らしながら、鮎や鱧よりもトンカツのほうが好きだった餓鬼は、そう確信して疑わなくなったのである。
 そうして、抜粋ではなく管弦楽曲集でもなく、『さまよえるオランダ人』や『タンホイザー』のような「短いオペラ」でもなく、『ニーベルンクの指環』という「大楽劇」の全曲を、とにかく聴いてみなければならない、というオブセッションに取り憑かれたのだった。
 ところが、全曲版のレコードは存在しない。いや、存在していたところで餓鬼に買える値段ではない。さいわい我が家が電器屋だったので、総出力三〇ワットのアンプを職人さんに手伝ってもらって手作りし、テクニクスの8PW1スピーカー二台を親父にねだり、サンスイのスタンド型テープレコーダーを中古で手に入れたわたしは、NHK-FMのバイロイト祝祭劇場の『ニーベルンクの指環』の放送をエアチェックするようになった。

 録音用のオープンリール・テープは、店から盗むことができた。しかし、カール・ベーム指揮の『指環』を全曲録音するには、一本往復二時間録音の七インチ・テープでも、八本は盗まなければならない。それが発覚しないわけがない。親父に雷を落とされ、『指環』全曲への挑戦は、『ジークフリート』第一幕で挫折したのだった。
 中学三年になったときには、大事件が起きた。
 大阪フェスティバルホールにバイロイト祝祭劇場が引っ越してくるという。『ワルキューレ』は指揮がトーマス・シッパース。ブリュンヒルデがアニヤ・シリア、ヴォータンがテオ・アダム、ジークリンデがヘルガ・デルネシュ、ジークムントがジェス・トーマス。フンディンクは・・・忘れた。
『トリスタンとイゾルデ』は、指揮がピエール・ブーレーズ、トリスタンがヴォルフガンク・ヴィントガッセン(!)、イゾルデがビルギット・ニルソン(!)、マルケ王がハンス・ホッター(!)、ブランゲーネは・・・忘れた。クルヴェナールも・・・記憶にない。

 が、そのころから、バドミントンというスポーツでインターハイをめざすと同時に『レコード芸術』の熱烈な愛読者になり、読者投稿まではじめていたわたしは、それがいかにすごいメンバーであるか、よ〜く理解できた。
 京都と大阪は近い。が、入場料を知った瞬間、あきらめた。オケがN響なんだからホンマモンのバイロイトやない、と思えばさほど悔しくもなく、NHKが実況中継したテレビ放送を六時間以上、二日にわたって食い入るように見た。そして、聴いた。
 親父が晩酌を楽しむ四畳半の居間のテレビではなく、店先のテレビを夜遅くまで見ていると、親父が心配して「何をしてるんや」と居間から店先を覗き込んだ。そして素っ頓狂な声を張りあげた。
「おまえ、売り物のテレビを壊したんやないやろな。画面の色が消えて真っ暗やないか」
「これでええねん。こういう舞台やねん」
 しかし、親父は納得がいかず、奥の居間から店先に出てきてチャンネルをまわし、ほかのチャンネルが「色つき」できちんと映っていることに安心したのだった。
「近頃はNHKもケッタイナモンを放送しよるんやな」
 そのころワグネリアンという言葉に輝きを感じていた生意気な餓鬼は、親父に向かってヴィーラント・ワーグナーの演出の特徴を話したところでどうにもならん、と思いながらチャンネルを元に戻し、宇宙を示す無限の放物線と、大地を表す有限の楕円の接点に横たわるブリュンヒルデの横で、主神ヴォータンが高々と槍を掲げる姿に陶酔していたのだった。

 高校三年になったときには、さらに大きな事件が勃発した。それは、わたしにとっては、大阪万博よりも大きな事件だった。
 なんと、『ニーベルンクの指環』の全曲版のレコードが発売されるというのだ。ゲオルク・ショルティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。プロデューサーであるジョン・カルーショーの著作が特典として付き、解説書が二冊に、レコードが一九枚。プラス、ライトモチーフ集三枚。合計二十二枚。四万円!
 これには、あらゆる意味で、まいった。
 まず、高校三年生として、これを手に入れたら受験に支障を来すことは明らかだった。高校二年でバドミントンのインターハイに出場し、三年になる前に種目を変えてハンドボールでの二種目インターハイ連続出場を狙っていたわたしにとって、その練習にプラスして一三時間半の大楽劇のレコードを手にすることは、勉強時間の完全喪失を意味した。
 おまけに受験勉強をはじめる区切りというか、最後の楽しみとして、春休みに一人で東京へ出かけ、ベルリン・ドイツ・オペラの『ファルスタッフ』を日生劇場で見るという贅沢を味わっていた。往復には新幹線を使わず、各駅停車の鈍行と夜行の寝台列車で節約したが、A席八千円プラス交通費で貯金は吹っ飛んでしまっていた。

 バーンスタイン指揮のレコードで大感激していたフィッシャー・ディースカウのファルスタッフの舞台(ロリン・マゼール指揮)をナマで見て、オペラがこんなにおもしろいものかとレコード以上の感激を味わったとはいえ、大楽劇『ニーベルンクの指環』のスケールにはおよぶものでなく、ちょっと「浮気」をしてみただけ、と思っていた当時、「指環全曲版発売」のニュースを知ったわたしは、頭を抱え込んでしまった。
 受験に支障を来すとはいえ、我慢ができるわけがない。かといってカネはなく、アルバイトをするわけにもいかず・・・。そこで思いついたのが、昼飯を抜くことだった。高校三年は学校の食堂を使わなければいけない、などとありもしない御託を並べて母親に弁当を作らせず、毎日昼食代をせしめてそれを貯め込んだ。
 しかし、発売の日までに一万円がやっと。そこで意を決して、その一万円を握り締め、京都三条河原町にあった(いまもあるのかな?)「清水屋レコード」へ行き、主人に直談判した。頭金一万円。残りは三千円の十か月払い。ダメだというなら、ここを動かない。売ってくれるまで店先に座る。ハンストや!(昼飯抜きの生活は、本当にハンスト状態だった)
「どうぞ御勝手に。うちは月賦はしてまへんねん」
 そこで本当に店先に座り込むこと約一時間。
「ほんまに、もう、しゃあないヤツやなあ。そんなにほしいんか。毎月あんじょう持って来てくれるんやろな」
 その言葉に跳んで立ちあがり、「持ってきます!」と答え、人工皮革のケースに二十二枚のレコードと二冊の解説書の入った重い段ボール箱と、一冊の単行本を抱きしめるようにして持ち帰ったときは、四条大橋の上で涙が出そうになった。それほどうれしかった。

 なにが『ファルスタッフ』や。なにがヴェルディや。なにがプッチーニや。オペラはアカン。ムジーク・ドラマこそホンマモンや。なんちゅうても一三時間半なんやぞ。レコード二二枚なんやぞ。『ボエーム』や『トスカ』なんて、たったレコード二枚やないか。『ファルスタッフ』でも三枚しかないやないか。『椿姫』でも三枚や。それに、なんや、あのナヨナヨした音楽は。なんや、あのブンチャカチャッチャは。『ドン・カルロ』が四枚やって? あほいえ。『タンホイザー』でも『ローエングリン』でも四枚あるんや。『トリスタンとイゾルデ』は五枚やぞ。『ニーベルンクの指環』は、その4倍やぞ。ワーグナーは、レベルが違うんや。レベルも次元も違うんや。ニーチェやぞ。無限旋律やぞ。男と女がイチャイチャするのんやないんやぞ・・・。
 と、まあ、そのときの思いをいまになって書けば、こんなふうなものだったに違いない。それだけで涙しそうにもなった青春というものは、まったく恥ずかしい季節というほかない。が、それはさておき・・・。

 ハンドボールのインターハイ出場は予選でボロ負け、勉強も手に着かず、その日から、学校から帰ると対訳と首っ引きで一三時間半に挑み続けた。が、『神々の黄昏』の最後の最後、ここで大感激に浸れる!・・・と心の準備までしていたところで、愕然とした。
「なんや、これ、バーンスタインの『ウエストサイド・ストーリー』の音楽やないか」
 もちろんそれは、バーンスタインのほうが『指環』の「愛の復活のテーマ」をパクッたというべきだろう。が、何やら期待していた感激に水をさされた気がしたのも事実だった。とはいいながらも、滅び行く神々と英雄の長大な物語に感動し、おまけに一三時間半の超大作とはいえ、あまり難解ではないわかりやすいメロディにも感激し、毎日のようにニルソン、ホッター、ヴィントガッセンの歌声に酔い、大阪万博で二期会が上演した『ラインの黄金』にも足を運び、「天地創造」の冒頭から「世界の破滅」と「愛の復活」まで、おおよそ口ずさめるほどにまで何度も何度も『指環』のレコードを聴きつづけた結果・・・大学受験に失敗。
「わけのわからん音楽ばっかり聴いてたさかいや」
 と親父にもいわれ、我が愛器のステレオに封印。一浪して大学に合格し、東京へ出たときは、四畳半の下宿にステレオを運び込むわけにもいかず、二期会の『ワルキューレ』を東京文化会館で楽しんだ程度。半年ほど通っただけで大学を中退し、フリーのスポーツライターになったときには、カネもなく、オペラや楽劇どころではなくなった。

 それから十数年後、《『ニーベルンクの指環』全曲日本初演》というニュースを耳にしたのは、結婚もし、子供も二人生まれ、仕事も忙しくなり、ワーグナーはクナッパーツブッシュの抜粋版を時折楽しむ程度になっていた一九八七年のことだった。ベルリン・ドイツ・オペラ来日公演。ゲッツ・フリードルリヒの演出。指揮はヘスス・ロペス・コボス。
 とつぜん「青春時代」を懐かしく思い出したわたしは、公演半年前に四夜すべてのチケットを購入。ところが、それがジャイアンツ対ライオンズの日本シリーズとバッティング。おまけにそのシリーズが六戦目までもつれ込み、『指環』のチケットは、よだれを垂らして待ち受けている友人の手に次々と渡ってしまった。
 それでも最後の『神々の黄昏』にだけは足を運ぶことができ、マッティ・サルミネンのハーゲンにふるえたのだったが、なぜか、どうも感激が薄かった。演奏が悪いのでも、演出が悪いのでもない。聴きすぎたせいか・・・とも思ったが、そうでもない。ワグネリアンの皆さんは怒るかもしれないが、な〜んや、この程度の話やったのか、と思ってしまったのだ。
「愛」を断念してラインの黄金から指環をつくったアルベリヒの息子のハーゲン。彼の奸計にはまり、ジークフリートがグートルーネを愛してしまい、怒り狂ったブリュンヒルデが復讐を誓い・・・。なるほど、これは「神話」である。神話から「テツガク」は引き出せる。
 しかし、結婚もし、子供も生まれ、仕事に励み、住宅ローンも組み、そんななかで、ちょいと浮気心も湧き、女房と喧嘩もし、仲直りもし・・・という生活をしているイッパシの三十代の男が、まあ、たまに「神話」で「テツガク」するのもいいのかもしれないけれど、そこまでの暇もなく・・・などと思っているところで再会したのが、ヴェルディでありプッチーニであり、イタリア・オペラだった。
 すごいですねえ・・・。すばらしいですねえ・・・。『椿姫』二幕のジェルモンとヴィオレッタの二重唱。グルベローヴァの舞台とメータの指揮には泣きました。『リゴレット』の父と娘の二重唱も。人生の深い悲哀がしみじみと感じられ、それに較べてワーグナーは、ヴォータンとフリッカの会話の卑近なくせに理屈っぽいこと。「ヴェルディの音楽は『リゴレット』の『女心の歌』だけでも『ニーベルンクの指環』全曲以上の価値がある」と、ストラヴィンスキーがいったことにも頷けます。

 最近、「オペラ講座」などというものを開講するようになった小生は、その席で、『トリスタンとイゾルデ』の「愛の死」(カラヤン指揮ウィーン・フィル/ジェシー・ノーマン)をビデオ映像で聴いた直後に、続けてプッチーニの『ジャンニ・スキッキ』の「私のお父さん」(ガヴァツェーニ指揮スカラ座/チェチーリア・ガスティア)を聴くという無茶をやった。「ドイツ式観念論」と「イタリア式人生論」の比較文化論、というほど大袈裟なものではないが、ドイツのジャガイモ料理とイタリアのパスタ料理の違いは明白(まあ、どっちが美味いかは、嗜好の問題といえるのでしょうが・・・)。
 というわけで、青春時代の洗脳を解かれたわたしは、いまもときおりクナッパーツブッシュやショルティの『指環』のCDを聴いたり、バイエルン国立歌劇場やバイロイトの映像を見ながら、スッゲエなあ、『ニーベルンクの指環』はやっぱり『スターウォーズ』よりはずっと素晴らしい神話やなあ・・・と納得しているのであります。
 まあ、もう少し年を重ねれば、また違う見方になるのでしょうが・・・。
▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第5回 歌で、ドラマで、音楽で、「女」が描かれた大傑作・三大オペラ「カルメン」「椿姫」「蝶々夫人」は、オペラに少し慣れてから見ることにしよう!

ひょいと出かける気分でベートーヴェン〜そんなことのできる関西の人はエエナァ

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』モーツァルト『フィガロの結婚』を味わい尽くす!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第4回 ♪キュイ〜ンとヴァイオリンが胸を掻き毟るメロディに乗って、♪アアア〜とテノールとソプラノが熱唱〜イタ・オペはガーリックとオリーヴオイルたっぷりのパスタの味わい!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第3回 ♪ブンチャカチャッチャ…というヴェルディの単純なリズムにムムムッと唸れば、あなたは、もう、オペラ通ヴェルディの「政治劇」にハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第2回 ♪ラリラリラア〜……と、イタ・オペの音楽に酔えば、あなたは、もう、オペラ通!プッチーニの流麗なメロディにハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第1回 いまなぜ、あなたはオペラ・ファンになるべきか…?まず現代演出のオペラを見よう!

佐渡裕さんの音楽にあふれる「大男の優しさ」

アンドレア・バッティストーニ:イタリア・オペラと『運命』によせて/イタリア音楽の魅力とイタリア人指揮者の素晴らしさ

『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』オペラの神様ヴェルディの知られざる作品を味わう!

PACの奇蹟――そこでは「広大な世界」を味わうことが出来るのだ。

音楽を心から愛する佐渡さん率いる楽団ゆえに

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』シェイクスピアとオペラで愉しさ倍増:名作戯曲オペラを味わい尽くす!

オペラの歴史の最後期を飾るに相応しい……リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』〜華麗なるオペラの大傑作

スポーツと音楽……それは絶対に切り離せないもの

指揮者は魔法使い?〜音楽の指揮者とスポーツの監督の共通点――それは、どちらも魔法を使うこと

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』 チョット地味で退屈なオペラを面白く楽しむウラワザとコツ!

PAC――聴衆と音楽が一体化する素晴らしいオーケストラ

PACオーケストラ――その「若さ」の魅力

オペラ超入門徹底解説講座/大傑作オペラ『椿姫』のすべてを味わい尽くしましょう!

スポーツと音楽。どちらも人間という存在の表現。

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』宝塚歌劇のようにゴージャスで煌びやかなシュトラウスのオペラに酔いましょう!

PICTURES AT JAZZ EXHIBITION composed by Modest Mussorgsky / arranged by Osamu Matsumoto

『展覧会の絵』にラクガキ!――メタ・ジャズの創成

シドニー五輪は、芸術祭とパラリンピックに注目

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』:モーツァルト「三大オペラ」に隠された「謎」とは?

音の力〜コラボする音楽たち〜音楽では「別れ」が実は「旅立ち」を、「出発」が実は「哀しみ」を表す?

東京オペラシティ「ニューイヤー・ジャズコンサート2014 山下洋輔プロデュース・ファイナル『新春寿邪頭音頭祭文萬歳楽(しんしゅんをことほぐジャズおんどさいもんまんざいらく)〜言祝千穐楽若衆迎春夜明(はるのよあけをむかえるわかしゅうをことほぐさいごのまつり)』

新・地獄八景万之丞乃戯(じごくばっけいまんのじょうのたわむれ)東京五輪開会式之巻

音の力〜コラボする音楽たち/クラシック音楽×スポーツ〜運動会やオリンピックは「芸術祭」でもあるのだ

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 夢と魔法の世界:童話オペラは大人の世界〜『魔笛』から『怪獣たちのいるところ』まで

素晴らしいアジア・オーケストラウィーク2005

衝撃のレポート!! 英国BBCフィル・メンバーが語る「3.11体験」

音の力〜コラボする音楽たち:クラシック音楽×スポーツ〜氷の上でもクラシック、それともオペラ?

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 『オペラは喜劇だ!喜劇が基本!笑って、笑って、オペラ・ブッファの世界!!』

オーケストラ生演奏版映画『ウエスト・サイド物語』〜青春時代に名作と出逢えた喜び

東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズコンサート2013 山下洋輔プロデュース『ひみつのミッホちゃん〜鏡の中からジャズ作曲家宣言!の巻〜』

モーツァルト『魔笛』上演社中結成報告!

何しろ日本は万葉以来の“歌の国”泣く泣く絞った30曲+α

サスペンス劇場:オペラ殺人事件!!玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第5期 オペラ・サスペンス劇場:オペラに描かれた殺人事件の秘密!!

オペラ・オペレッタの日本語訳上演が不可能な本当の理由!?

連載「日本人ならオペラ・ファン」第3回 世界文学全集+音楽=オペラ〜それは、人生を楽しむ最高のツール!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第2回 オペラのテーマは男と女〜しかも90パーセントが不倫!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第1回 日独伊オペラ歌舞伎三国同盟

山下洋輔さん(ジャズ・ピアニスト)――自由な音の跳躍

佐渡裕『僕が大人になったら』〜解説「デッカイことはいいことだ!」

『現代』書評 新書・選書おたのしみレビュー〜音楽本を読みましょう

紫色の音にして〜追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 第4期 プッチーニがオペラで描いた「女性」と「愛のカタチ」のすべて!〜華麗なるイタリア・オペラを味わい尽くす!

まえがき――貪欲な音楽ファンの呟き

劇団冬季ミュージカル・シアター 8000回突破連続上演中!

胸のわくわくするコンサート――西の端(ハーディング)と東の端(佐渡裕)の邂逅

佐渡裕さんのベルリン・フィル・デビューに拍手!〜世界が愛する世界市民オーケストラ

お見事!佐渡裕のベルリンフィル・デビュー

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第15回 小泉さん、日本のオペラにも注目して! / 第16回 (最終回)ヴェルディのブンチャカチャッチャにハマル

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第13回 「オキュパイド・ジャパン」(占領下の日本)のノーテンキな素直さ / 第14回 エレキギター協奏曲はキワモノ?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第11回 一流の音楽家は一流の指導者でもある / 第12回 指揮者だけは、昔がよかった…かな?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第9回 スポーツと音楽――その親密な関係 /第10回 万葉以来「歌」と生きている日本人

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第7回 日本最高のオペラ歌手・三波春夫 /第8回 映画音楽はイタリアンに限る!

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第5回 天才・筒美京平の歌謡曲は消えてゆくから美しい?/第6回 イタリアのド演歌歌手フィリッパ・ジョルダーノ

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第3回 森進一の「雪が降る」/第4回 バーブラ・ストライザンドの「歌曲」

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第1回 ひばりのプッチーニ/第2回 クレオ・レーンのシェーンベルク

スポーツ&音楽〜どちらも最高に面白い!

音楽のパワーを実感〜『第九』でのハーディング氏との幸運な出会い

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第2期 Viva! Verdi! ヴェルディ万歳!〜華麗なるイタリア歌芝居の世界!

特報!! 撮影快調! 完成間近!! 公開迫る!映画『幻の幻燈辻馬車』の『遊び場』

若きバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルの演奏は、名演の宝庫。なかでも「ショスタコ五番」は絶品の一枚。

美しすぎるメロディは「何」を表す?

メジャー級のプレイと音楽

イタリア・オペラからイタリア・サッカーを理解する

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第1期「オペラのツボ」

『カルメン』は怖ろしい

ロマン派を金聖響さんの指揮で聴ける喜び

ベートーヴェンと『神』と『人々』は、どんな三角形を形づくるのか?

天才バーンスタインが残した『キャンディード』もう一つの大傑作

映画とは「オペラ」である。

紫色の音にして 追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

『山下洋輔プロデュース IMPROVISING ブーニン! 吉例異種鍵盤技名人戦/先手・鍵聖無有人古典派八段 VS 後手・盤鬼ヨウスケ邪頭派八段/初春 夢幻の対決』

オペラ『忠臣蔵外伝』第1幕第2場、第3場 作曲/三枝成彰 脚本・演出/島田雅彦 美術監督/日比野克彦 再構成/玉木正之

オペラ『忠臣蔵外伝』 作曲/三枝成彰 脚本/島田雅彦 再構成/玉木正之

マリオ・デル・モナコは長嶋茂雄である

ドラマチックに、そして、優しく……――大岩千穂さんの歌心

ダフ屋の矜恃

スポーツは音楽とともに

玉木正之の『クラシック音楽道場入門』 第1期「クラシックはオモシロイ〜その楽しみ方」

BRAVO! 神奈フィル新常任指揮者・金聖響さんの「魔法」に期待する!

『ウェスト・サイド・ストーリー』は最高のオペラ?

日本人なら『椿姫』で泣ける

「オペラ=音楽プラス世界文学」 それは、人生を楽しむ最高のツール!

オペラのテーマは男と女。しかも90パーセントが不倫!

アメリカ音楽が超大国アメリカを支える!?

21世紀のベートーヴェン――その国際性と多様性

ベートーヴェンの『天の時、地の利、人の和』

純文学書き下ろし序曲『のだめのためのだめな虚無舞踏序曲(ダンシング・ヴァニティ・オヴァチュア)』

『指輪物語』よりも面白い『ニーベルンクの指環』

日本人ならオペラ・ファンになる!〜「日独伊オペラ歌舞伎同盟」

オペラといえば『トゥーランドット』!?

真のオペラの誕生と成長

「身体の音楽」――太鼓打ち・林英哲さんに関する断想

トリエステ・オペラの魅力〜イタリア・オペラの神髄

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』 第15期「オペラで世界文学全集!」

玉木正之のオペラへの招待 大人の恋の物語『メリーウィドウ』

『ジャンニ・スキッキ』の舞台は京都?

クラシック音楽ファン、オペラ・ファンは、なぜDVDに狂喜しているのか?

「不〜倫火山」大爆発!善男善女の皆さんも、煩悩まみれの皆さんも、みんな一緒に御唱和ください!「不倫、不倫、不倫、フリ〜ン!」

クラシック・コンサートは「真に新しい音楽」に触れる場所

オペラとは男と女の化かし合いを楽しむもの

50歳からのホンモノ道楽

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第14期「オペラ掘り出しモノ!」

山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート ヨースケ&サド緊急“生”記者会見!『いま明かされる!反則肘打ち事件の真相』

「ベートーヴェンの交響曲」その名声と誤解

ベートーヴェンの「圧倒的感動」

ファジル・サイの魅力

スポーツは音楽とともに――フィギュアスケートはオペラとともに

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第3弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

天才少年ヴィトゥスとテオと音楽と……

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第13期「オペラは、ゼッタイ演出に注目!」

<演歌 de おぺら(エンカ・デ・オペラ)>上演企画書

『指揮者列伝』ミニミニ・ダイジェスト「カラヤン・ゲルギエフ・セラフィン・バーンスタイン」

あけましてフリー漫才

男の子がヴァイオリンを弾くのは恥ずかしいことだった・・・?

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第12期「オペラは、祭りだ! お祭りだ!」MUSIC FESTIVALS IN THE WORLD

革命的斬新さを失わない音楽――それがクラシック

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

日本ポップス史講座アンケート

待ち焦がれた“パリジャン”の本領

「浪漫派ベートーヴェン」を存分に楽しませてくれた演奏に心から拍手

音楽家はいかにして演奏に心をこめるのか?

JAZZとテツガク

ソロ(孤高)を求めてバンド(連帯)を怖れず!

我が「師匠」福島明也の魅力

城之内ミサ『華Uroad to OASIS』「ジャンル」を超えた素晴らしい音楽

懐かしい空間の響き

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク

五嶋龍―「神童」の生まれ出る一瞬

ヤッタリーナ!ガンバリーナ!イタリーア!

アメリカのスポーツとアメリカの音楽

フィリッパ・ジョルダーノの魅力〜フィリッパの歌はイタリアの味

「私の好きな音楽」身体で感じる世界

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第10期「オペレッタを楽しもう!」

リヒャルト・シュトラウスのオペラは宝塚にふさわしい

日本人は「万葉集」以来「歌とともに生きている」

東方の奇蹟の二重唱

永遠の歌声

「原点回帰」の「山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート2006」に贈る新春お笑い寄席 新作古典落語『人生振出双六』

20世紀最高の「歌役者」

クルマとラジオ

世界は演歌に満ちている

バーブラは諸行無常の響きあり

最高の「日本オペラ」

タイムマシンと冷戦時代

ニッポンは明るい!

春の祭典

シャンソンは高級?

イタリアはイタリア

ジャズはサッカー?

世界はひとつ?

大事なのは、質より量?内面より外見?

ビートルズはわかる?

無人島で聴く最後の歌

歌は世に連れない

クレオ・レーンの学歴

ひばりの川流れ

NASAと蓄音機

日本人の遊び心

「革命的音楽」は時代とともに消えてゆく?

究極のノスタルジー

『プロの仕事』

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク(最終回)

「映画を所有したい!」と思うのは何故?

討ち入りや ゑひもせすまで ジャズに酔ひ――『ジャズマン忠臣蔵』講釈・前口上

ゲルギエフの引き出す無限の可能性/偉大な芸術とは、オモロイもんである。

冬の夜長にオペラ――その極上の面白さをDVDで味わう

都はるみさんの「世界」との新たな出逢い

天国の大トークバトル『クラシック あとは野となれ ジャズとなれ!』

超虚構音楽史―山下洋輔作曲「ピアノ・コンチェルト」の世紀の一戦

男と女の愛の形――悪いのはどっち?

「世の中に新しきものナシ」あらゆる創作はパクリである?

モーツァルトのオペラのおもしろさ

人を愛し、未来を信じ、時代を超越するパワー

バーンスタイン『キャンディード』の単純明快な世界

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

<演歌 de オペラ>上演企画書

カルロス・クライバー〜〜実体験なき体験/〜夢のような体験

歌うピアニスト ―― G&G(グルダとグールド)

グレン・グールド<ガラス=音楽=グールド>

『ブルース・ブラザース』讃

翔べ! 21世紀へ!「エレクトリック・クラシック」の翼に乗って!

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

神野宗吉(ジャンニ・スキッキ)の娘・涼子(ラウレッタ)のアリア『好きやねん、お父ちゃん』(『私のお父さん』)

「子供(jr)」という大発見

NHK-FM『クラシックだい好き』 1〜6回プログラム

島田雅彦のオペラと小説――『バラバラの騎士』と『どんな? あんな?こんな? そんな!』

「オペラ忠臣蔵」のテロリズム

フリンオペラ年表400年史『オペラの歴史はフリンの歴史』

極私的ワーグナー体験の告白『私は如何にしてワーグナーの洗脳を解かれたか?』

ベートーヴェンの「朝ごはん」

サッカーと音楽の合体――それがスポーツ!それがワールドカップ!

オペラ「アイーダ」の本当の魅力

ヨースケのことなら何でもワカル!『ヤマシタ・ヨースケ・ジャズ用語大辞典』遠日発売未定 内容見本

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit-ビット- bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る