コラム「音楽編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2017-07-26
この原稿は小学館発行の雑誌(今もあるのかな?)『サウンドパル』1998年1月号の『連載・玉木正之のビデオで見るオペラの時間』の第9回目として書いたモノです。のちに東京新聞社のサンシャインシティ文化センター『東京カルチャー倶楽部』での講座『オペラは、ほんまにオモロイでぇ〜』(1999年4月〜2000年3月)の講義録と合わせて『オペラ道場入門』(小学館2000年5月刊)として単行本にしました。そのときは、本の帯に佐渡裕(指揮者)島田雅彦(作家)野村万之丞(狂言師・故人)岡田武史(コンサドーレ札幌監督=当時)山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)の各氏が推薦人として名前を連ねてくださり、出版と同時に、料理評論家でオペラ・ファンの山本益博さんや、音楽評論家の故・宇野功芳氏や、故・永竹由幸氏などが書評で取りあげてくださり、絶賛してくださった本でした(このなかで、既に3人も故人になられたのですねえ…合掌)。ところが、単行本も今では絶版になってしまったことでもあり(amazon.comでは、まだ購入可能のようですが)、第9弾を“蔵出し”します。ご愛読をよろしく!

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第9回《物語は無骨で、無粋で、理屈だらけ……でも、音楽があるから大丈夫!理屈の多いドイツ・オペラを、理屈抜きに楽しもう!》

 ボローニャ・オペラの来日公演を見た。
 演目はプッチーニの『ジャンニ・スキッキ』とマスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』。ジョルダーノの『フェドーラ』。そしてヴェルディの『ドン・カルロ』。どれも見事な舞台で、アリオ(ニンニク)のたっぷり効いたコテコテのイタ・オペの世界を満喫した。

 ボローニャ歌劇のオーケストラのメンバーたちは、演奏を合わせようという気がまったくない−−としか思えないほど自由自在に音楽を奏でる。が、その音色が柔らかいうえに、個々の演奏家のだれもが、じっくりと遅いテンポに、たっぷりと情感を込めて、歌い、叫び、すすり泣く。CDで聴いたら「これはヤリスギやでぇ!」と吹き出すだろうが、ナマの会場で聴かされると、たまらない。

 その美しい演奏は、ガーリックのタップリ効いたペペロンチーノのスパゲッティを、おなかいっぱい食べるような味わいで、少々食傷気味という声にも納得するが、そういう濃い味の大好きな私は、「ブラーヴォー!」を何度も叫んでしまった。

 そのうえ、歌手がすばらしかった。
 なかでも『フェドーラ』のタイトルロールを歌ったミレッラ・フレーニは最高で、歌手という領域を越え、堂々たる大女優の大演技に圧倒されてしまった。

 共演のホセ・カレーラスも真摯で情熱的な歌いぶりで、「腐っても三大テナー」という言い方は失礼だろうが、いま売り出し中のホセ・クーラより、よほど中味の濃い歌唱で酔わせてくれた(『カヴァレリア』のクーラの歌唱と演技も将来のスター誕生を予感させるものだったが、決闘に行くシーンで、最後の高い音を延ばしながら走り去ったのには、少々ガッカリ。そこはやっぱり、♪アアアアアアアアアアーーーーーと、声を張り上げ終えてから去ってほしかった)。

 ほかにも『ジャンニ・スキッキ』は現代演出がおもしろく、主役のファン・ポンスも貫禄十分だったし、『ドン・カルロ』でのニコライ・ギャウロフの朗々たるバス(フィリッポ2世)の歌唱も見事だった。

 というわけで、横浜ベイスターズの38年ぶりのリーグ優勝も、西武と西友の大バーゲンも、JOMOカップでの柳沢のハットトリックも尻目に、スポーツの秋よりも芸術の秋に酔いしれたのだったが、これだけ連続して、おなかいっぱいイタ・オペを食べると、胸の奥のほうにちょいと不思議な感懐が湧き出すのを感じた。

 その感懐を説明するには、まず、オペラの粗筋を紹介しておかねばならない。ジョルダーノ作曲の『フェドーラ』というオペラは、ロシアの皇女フェドーラの婚約者が、結婚式の前日に殺害される、という事件で幕を開ける。フェドーラは、容疑者と思しき伯爵のロリスに色仕掛で接近し、婚約者殺害の事実を聞き出すことに成功する。そこでロリスを逮捕投獄し、殺すよう官憲に密告するのだが、ロリスから詳しい話を聞くと、フェドーラの婚約者だった人物はかなりの遊び人で、ロリスの妻と密会していたことがわかる。

 その密会現場を見つけたロリスが、思わず殺してしまった……という話を聞いたフェドーラは、ロリスに愛情を感じ、官憲に捕らえられないよう、彼と一緒に逃げる。しかし、スイスの山荘で愛の逃亡生活を続ける二人のもとへ、ロリスの兄と母が死んだ、という知らせが届く。それは、ある女がロリスの犯罪を密告したからだった。

「密告者は誰だ!」と怒るロリスに向かって、フェドーラは「その女性を許してあげて」と懇願するが、ロリスは許さない。そればかりか、話すうちに密告者がフェドーラ自身だったことを知り、激怒する。その瞬間フェドーラは、毒を飲んで死ぬ。そこで幕−−。

 あまり有名でなく、上演回数も少ない作品だが、美しいメロディがふんだんに盛り込まれ、舞踏会の席でピアニストが独奏するそのピアノ音楽にのってフェドーラとロリスが二重唱を歌うなど、凝った趣向もあるうえ、フェドーラの揺れる女心など聴き所も多く、なかなかに素敵な作品である。とはいえ、この物語は、きわめて深刻で、暗い話である。

 婚約者の不義を知らなかった女。妻の不倫を知らなかった男。婚約者を殺害された女。妻の不倫を知って思わず殺人を犯してしまった男。真摯な男性であることを知らずに、官憲に密告してしまった女。自らの犯罪から兄と母を失う男。愛する男の兄と母を死なせてしまった女。そんな女を愛してしまい、許せないまま自殺に追い込んでしまった男……。

 嗚呼! なんたる悲劇!
 しかし、オペラが幕を閉じた瞬間、悲しみの感情は、微塵も湧いてこなかった!
 わたしの感情が特殊だから、というのではない。隣に座っていた私の女房など、喜色満面の笑みを浮かべて「すごい! すごい!」とキャッキャと喜び、拍手をするばかりか、カーテンコールで登場した歌手に向かって両手を振りまくっていた。ほかの観客も同じで、男も女も「こんな幸せな瞬間はない!」という表情で客席から立ちあがり、「ブラーヴォー!」と叫び、跳びはねていた。

 すばらしいイタ・オペを見たあとというのは、だいたい、こんなものである。
 イタ・オペの物語というのは、ヴェルディにしろプッチーニにしろ、だいたい主人公が死ぬ(もちろん喜劇は除く)。主人公が死ななくても、近い人物が死ぬ。何体もの死体が舞台にゴロゴロと転がる場合もある。早い話が、悲劇のオン・パレードである。

 ところが、その死は心に残らない。歌手の見事な歌唱と演技、あるいはオーケストラの華麗な演奏、さらにゴージャスな舞台や衣裳……といったものばかりが、心に残るのである。

 シェークスピアの舞台ではこうはいかない。『ハムレット』や『ロミオとジュリエット』の舞台を見た女性のなかには、ハンカチを握りしめて泣く人が少なくない。ハムレットやオフィーリア、ロミオやジュリエットの悲劇に涙するのである。

 かなり以前の話になるが、学生時代に尾上松緑主演による『オセロ』を見たときも、客席ですすり泣く女性が少なからずいた(イヤーゴは日下武史だった)。が、ヴェルディのオペラ『オテロ』(「オセロ」のイタリア語読み)となると、様相はがらりと変わる。すすり泣く人が皆無とはいわないが、オテロとデズデモーナがベッドのうえで死ぬと、「ブラヴォー!」の嵐のなかで、ガッツポーズを見せる観客まで現れる。それは、<幸福とは他人の不幸のこと>と『悪魔の辞典』に書いたアンブローズ・ビアスの言葉を思い出したくなる光景である。

 が、イタ・オペとはそんなものなのだ。
 観客は、舞台上の人物に「同化」しない。物語に「同化」しない。悲劇の皇女フェドーラに涙しない。悲劇の指揮官オテロにも妻のデズデモーナにも涙することはない。彼女や彼の「悲劇」は、歌手やオーケストラの力量を最大限に引き出すための道具でしかないのだ。そして観客は、フェドーラやオテロの心理を見事に歌で表現した歌手に向かって「ブラーヴォー!」と叫ぶのである。

 オペラの台本作家も作曲家も、そのことは心得ている。百も承知だ。だから彼らは、だれも、オペラによって悲劇の物語を観客に伝えようなどとは思っていない。歌手も、指揮者も、同じである。彼らは、主人公の心理を表現することによって、物語を伝えるのではなく、自分たちの音楽のすばらしさを伝えているのである。

 オペラを創る側も、演奏する側も、観たり聴いたりする側も、すべての目的は「ブラーヴォー!」であり、その掛け声の多寡が評価のすべてなのだ。悲劇の筋書きは、ただ「ブラーヴォー!」の声を誘い出すための呼び水に過ぎないのだ。

 それは、イタリア人の基本的気質に根ざしたもの、といっていいだろう。アルプスの南の暖かい太陽のもと、地中海の青い空と海を見ながら、豊かな食生活を楽しみ、「アモーレ! カンターレ! マンジャーレ!」(恋して、歌って、食べて)で生きることを理想とする陽気なイタリア人にとって、オペラとは楽しむものであり味わうものであり、人生をより楽しくする装飾品のようなものなのだ。

 話は少々横道にそれるが、最近イギリス人のサッカー好きの若い作家と酒を飲んだとき、彼が、首を傾げながらいった。「ワールドカップに出場した各国の代表チームが、それぞれの国民性や民族の気質を表現していると言い方は、ほんとうに正しいと思う。ドイツは厳格になまでに組織的なプレイをするし、南米諸国は々荒っぽい個人プレイに走る。イギリスは紳士的といいながら隠れて荒っぽいことをするし、日本は真面目だし、韓国は技術より精神力を優先させている。でも、不思議なのはイタリアで、守って守ってカウンターで得点を取るという彼らの戦法は、どう考えても陽気なラテン系のイタリア人気質に反している……」

 わたしも、その話を聞いたときはナルホドと思ったのだが、この原稿を書きながら、それもまたイタリア人気質の現れなのだ! と気づいた。なぜなら、守って、守って、守り抜いて、一瞬の敵のスキを衝いた逆襲で、アッという間に得点をあげるなど、メチャメチャかっこいいではないか! 「ブラーヴォー!」の世界ではないか! 「ブラーヴォー!」の局地ではないか! 舞台のうえで死んでいたオテロが、カーテンコールで生き返り、観客の大喝采を浴びるのと同じパターンではないか! 閑話休題−−。

 というわけで、イタ・オペは理屈抜きにかっこよければ(歌と音楽がすばらしければ)それでいいのだ。

 が、ドイツ・オペラは、そういうわけにはいかない。理屈が付きまとうのだ。 ベートーヴェンの残した唯一のオペラ『フィデリオ』は、副題に『夫婦の愛』とあるとおり、深い夫婦愛の物語である。

 政敵のドン・ピツァロの陰謀で、国事犯として無実の罪で投獄された夫フロレスタンを救うため、妻のレオノーレは男装してフィデリオと名を変え、牢屋の番人ロッコの手下として働きながら夫に近づく。ある日、大臣でありフロレスタンの友人であるドン・フェルナンドが視察に来ることを知ったピツァロは、自分の悪行のばれることを恐れ、フロレスタン殺害を計画する。そして、殺害を実行しようと剣を抜いたとき、そこへ男装したレオノーレが現れ、「まず、彼の妻から殺せ!」と叫んで立ちふさがる。ならば、夫婦そろって…とピツァロが剣を振りあげたところへドン・フェルナンドが現れ、ピツァロの過去の悪行が暴かれる。

 フェルナンドはピツァロを逮捕させ、政治犯の囚人たちを解放し、レオノーレとフロレスタンはしっかりと抱き合い、だれもが強い夫婦愛を讃えて……幕−−。

 −−となるのだが、イタ・オペのように主人公が死ぬことはない。愛(夫婦愛)と正義が勝つハッピー・エンドの筋書きである。

 物語のなかには、牢番のロッコの一人娘マルツェリーネが、男装したレオノーレ(フィデリオ)に心をひかれ、ロッコも真面目に働くフィデリオに娘を嫁がせたく思い、レオノーレは困惑し、マルツェリーネに恋心を抱く門番の若者ヤキーノは憔悴する−−といった挿話もある。が、三角関係がもつれるようなことはなく、物語は、フランス革命当時の理想「愛と正義の勝利!」を高らかに歌いあげ、音楽は、ベートーヴェンの『第九交響曲』のような大合唱で終わる。

 これがイタ・オペなら、レオノーレがマルツェリーネに自分が女であることを打ち明ける。それを盗み聞きしたヤキーノが、ドン・ピツァロに伝える。ピツァロは、レオノーレに「オレの女になれ」と迫る。レオノーレは夫のフロレスタンの釈放と引換にピツァロの誘惑を受け入れる。しかし、スキを見てピツァロを殺し、フロレスタンと逃げようと思ったところが、夫は既に殺害され、それを知ったレオノーレも牢屋の塔から飛び降り自殺する……で、幕−−といった具合になるはずである(まるで『トスカ』だ!)。

 しかし、ベートーヴェンのドイツ・オペラは、そうは進行しない。愛情が憎しみに変わることもなければ、不倫の危機もなく、もちろん、人が死ぬこともない。ベートーヴェンのオペラには、オペラによって伝えようとする「コンセプト」が存在し、それが「愛と正義の勝利!」という勧善懲悪的道徳であるため、「悪」を勝たせるためにはいかないのである。破局は、避けなければならないのである。人間の心の奥に存在する「悪」の要素にスポットライトを当てられないのである(ちなみにベートーヴェンは生涯独身だったので、夫婦愛も彼の想像した理想と言えなくもない)。

 ドイツ・ロマン派オペラの幕を開けた作曲家とされるカール・マリア・フォン・ウェーバーも、そうである。彼の代表作『魔弾の射手』も、登場人物が死ぬことはなく、物語はハッピーエンドで終わる。

 ボヘミアの若い漁師マックスは射撃の名手として有名だったが、射撃大会で敗れ、村人からからかわれる。森林保護官のクーニーからも、そんなことでは娘のアガーテを嫁にやれない、といわれる。そこで次の射撃大会では絶対に優勝しようと思い、悪魔に魂を売り渡した男カスパルから、百発百中の魔弾(悪魔の弾丸)を手に入れる。

 ところが、射撃大会でマックスの放った魔弾は恋人のアガーテの胸に命中する。アガーテは、聖なる薔薇の加護によって助かり、魔弾はカスパルの胸を貫く。が、マックスは魔弾を使ったことから、領主オットカルに追放を命じられる。そこへ、隠者が現れ、マックスを弁護し、一年の猶予を与えて試練を乗り越えたらアガーテとの結婚を許してやるよう説き、オットカルもその言葉に従う。そして、人々が、その寛大な処置を讃えて……幕−−。

 ドイツ的神秘主義のなかで、ドイツ的共同体のあり方を「お説教」するような物語だが、この物語でも(普通の)人は死なない(悪魔と手を結んだ悪人しか死なない)。ハッピーエンドの結末である。 作品の「コンセプト」(ドイツ讃歌)を肯定的に伝えるためには、物語を「悲劇」に終わらせることができないのだ。

 重く雲の垂れるアルプスの北側で、粗食に甘んじながら森を切り開き、開拓を続けてきたドイツ人は、イタリア人のロッシーニのようなハチャメチャ・ドタバタ喜劇を楽しむゆとりなどなく、ヴェルディやプッチーニやジョルダーノやマスカーニのように「悲劇を楽しむ」わけにもいかず、オペラにも、きわめてコンセプチュアルな(観念的な)思想を持ち込んだのである。

 このような「コンセプト」は、ワーグナーのドイツ・オペラにも引き継がれる。
 ワーグナーのオペラの場合は、主人公クラスの登場人物が(主として女性が)死ぬことが多い。が、その「死」には、人生に悩み、迷える男性や、滅びゆく世界などを救済する「乙女の自己犠牲」という、大きな意味が含まれている。

 イタ・オペのように、ふとした思い違いや、心のすれ違いから人が死に至るようなバカなことは、ドイツ・オペラには存在しない。強い愛が激しい憎悪に転じたための殺人や自殺というような、きわめて人間的な死も存在しない。ドイツ・オペラの(悪人や悪魔以外の)登場人物の「死」には、魂の浄化作用といえるような意味が存在しているのである。

 そのような「理屈」は、ベルクの作曲した『ヴォツェック』のような二十世紀の現代オペラにも存在する。

 小心者で少々精神障害のある兵士ヴォツェックは、上官に馬鹿にされても媚び諂うほど純朴な男で、医者から生活のためにカネをもらって生体実験の材料になるほどの貧乏だが、内縁の妻マリーを愛している。しかしマリーは、純朴なヴォツェックに心をひかれながらも、もう少し金持ちで普通の男性にあこがれる。そしてヴォツェックに悪いと思いながらも、鼓手長との不義に走る。それを知ったヴォツェックは、口論の末にマリーを刺し殺し、みずからも狂い、血のついた体を洗おうとして沼に入り、溺れ死ぬ。マリーの幼子は母親の死を知らされるが、何事かわからず木馬で遊び続ける……幕−−。

 この悲劇の主人公を、精神薄弱者に設定しているところがいかにもドイツ的で、ベルクの無調音楽(メロディらしいメロディのない不気味な音楽)と相俟って、愛憎の絡んだ殺人劇が単なるメロドラマに終わらず、避けようのない人生、避けようのない悲劇、意味があるようでいて意味がなく、それだけに恐ろしい日常を表現した「不条理劇」に昇華しているのである。

 普通の人間ならホレタハレタで殺人まで犯すものではない。そこには何か深い意味があるはずだ−−と、ドイツ・オペラ(ドイツ人)は、いいたげである。

 そういえば、ドイツは、恋愛文学でも常に「思索的」である。若きウェルテルは、愛する人に向かって猪突盲進に進むのでなく「悩む」。シューベルトの歌曲でも、若き水車小屋の娘に恋した青年は、その恋に破れると死への旅路を歩む。

 マーラーは、一生かけて、音楽で「人生とは何か?」ということを、問いつづけた。
 ドイツ人は、悩む。考える。そして、救いを求め、人生を戦い、世界を変えようとする。もちろん、どれほど悩み、考えたところで、人間の生や死、男女の愛や憎しみに、回答など出るものではない。だからドイツ人は、多くの優秀な音楽家を輩出したともいえる。言葉で答えが出ないなら、音楽(という別の言語で)回答を得ようというわけである。

 バッハも、ベートーヴェンも、シューベルトも、ウェーバーも、ブラームスも、ワーグナーも、ブルックナーも、マーラーも、ベルクも、シェーンベルクも、ウェーベルンも、音楽という抽象言語を駆使して、人生について、男女の関係について、世界について、宇宙について、神について、悩み、考え、音にした。

 ところが、音楽という抽象言語もまた、回答を与えてはくれるものではない。それどころか、抽象的なだけに、いくら作曲者が深く悩み、重く考えようが、聴衆(観衆)は清々しいカタルシスを得る、という余禄を楽しむことができる。

 つまり、ドイツ音楽(オペラ)にどれほど「コンセプト(意味)」があろうと、その音楽に酔えば、結局はイタ・オペと同じように「ブラーヴォー!」の世界にたどりつくのである。「意味」は、イタ・オペの「悲劇」と同様、歌手や演奏家の技量を引き出すための道具−−などとは、ドイツ人は断固として考えなかっただろう。が、オーケストラがジャーン……と轟き、テノールやソプラノが♪アアア〜と声を張りあげ、大合唱が鳴り響けば、聴衆の全身は、わけのわからない(意味のない)ほどすばらしい感動につつまれる、というわけである。

 それこそ、台詞だけの演劇では味わえない、オペラのすばらしいところである。
 LDやCDのドイツ・オペラには少々小難しい理屈の書かれていることが多い。が、そんなことはどうでもいい。言葉による理屈では十分表せないものがあるから、音楽があるのだ。ならば、音楽に身を任せればいい。そうすれば、ベートーヴェンやウェーバーやワーグナーやベルクの理屈も、意外とすんなりと心に染みとおるものである。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第11回《古いバロック?オペラも、新しい現代オペラも、エリック・クラプトン感覚で楽しもう!》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第10回《ひょっとしてオペラ初心者にはフランス・ロシアの作品が入門編として最適かも…。書を捨てて、フランス・オペラ、ロシア・オペラを聞こう!》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第9回《物語は無骨で、無粋で、理屈だらけ……でも、音楽があるから大丈夫!理屈の多いドイツ・オペラを、理屈抜きに楽しもう!》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第8回《父親の心を表現したワーグナーや、女の心を表現したR・シュトラウスのオペラを理解できない人など存在しない! オペラとは「人間の心」を表現した芸術である》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第7回《イタ・オペが好きになったら、次はドイツ・オペラに挑戦だ! ワーグナーの『指環』は初心者向き。スター・ウォーズ以上の奇想天外無比壮大のハリウッドSFオペラである》

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第6回 オペレッタもミュージカルも「オペラ」である。カルメンを楽しむ感覚で『こうもり』も『ウエスト・サイド・ストーリー』も『キャッツ』も楽しもう!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第5回 歌で、ドラマで、音楽で、「女」が描かれた大傑作・三大オペラ「カルメン」「椿姫」「蝶々夫人」は、オペラに少し慣れてから見ることにしよう!

ひょいと出かける気分でベートーヴェン〜そんなことのできる関西の人はエエナァ

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』モーツァルト『フィガロの結婚』を味わい尽くす!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第4回 ♪キュイ〜ンとヴァイオリンが胸を掻き毟るメロディに乗って、♪アアア〜とテノールとソプラノが熱唱〜イタ・オペはガーリックとオリーヴオイルたっぷりのパスタの味わい!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第3回 ♪ブンチャカチャッチャ…というヴェルディの単純なリズムにムムムッと唸れば、あなたは、もう、オペラ通ヴェルディの「政治劇」にハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第2回 ♪ラリラリラア〜……と、イタ・オペの音楽に酔えば、あなたは、もう、オペラ通!プッチーニの流麗なメロディにハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第1回 いまなぜ、あなたはオペラ・ファンになるべきか…?まず現代演出のオペラを見よう!

佐渡裕さんの音楽にあふれる「大男の優しさ」

アンドレア・バッティストーニ:イタリア・オペラと『運命』によせて/イタリア音楽の魅力とイタリア人指揮者の素晴らしさ

『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』オペラの神様ヴェルディの知られざる作品を味わう!

PACの奇蹟――そこでは「広大な世界」を味わうことが出来るのだ。

音楽を心から愛する佐渡さん率いる楽団ゆえに

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』シェイクスピアとオペラで愉しさ倍増:名作戯曲オペラを味わい尽くす!

オペラの歴史の最後期を飾るに相応しい……リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』〜華麗なるオペラの大傑作

スポーツと音楽……それは絶対に切り離せないもの

指揮者は魔法使い?〜音楽の指揮者とスポーツの監督の共通点――それは、どちらも魔法を使うこと

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』 チョット地味で退屈なオペラを面白く楽しむウラワザとコツ!

PAC――聴衆と音楽が一体化する素晴らしいオーケストラ

PACオーケストラ――その「若さ」の魅力

オペラ超入門徹底解説講座/大傑作オペラ『椿姫』のすべてを味わい尽くしましょう!

スポーツと音楽。どちらも人間という存在の表現。

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』宝塚歌劇のようにゴージャスで煌びやかなシュトラウスのオペラに酔いましょう!

PICTURES AT JAZZ EXHIBITION composed by Modest Mussorgsky / arranged by Osamu Matsumoto

『展覧会の絵』にラクガキ!――メタ・ジャズの創成

シドニー五輪は、芸術祭とパラリンピックに注目

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』:モーツァルト「三大オペラ」に隠された「謎」とは?

音の力〜コラボする音楽たち〜音楽では「別れ」が実は「旅立ち」を、「出発」が実は「哀しみ」を表す?

東京オペラシティ「ニューイヤー・ジャズコンサート2014 山下洋輔プロデュース・ファイナル『新春寿邪頭音頭祭文萬歳楽(しんしゅんをことほぐジャズおんどさいもんまんざいらく)〜言祝千穐楽若衆迎春夜明(はるのよあけをむかえるわかしゅうをことほぐさいごのまつり)』

新・地獄八景万之丞乃戯(じごくばっけいまんのじょうのたわむれ)東京五輪開会式之巻

音の力〜コラボする音楽たち/クラシック音楽×スポーツ〜運動会やオリンピックは「芸術祭」でもあるのだ

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 夢と魔法の世界:童話オペラは大人の世界〜『魔笛』から『怪獣たちのいるところ』まで

素晴らしいアジア・オーケストラウィーク2005

衝撃のレポート!! 英国BBCフィル・メンバーが語る「3.11体験」

音の力〜コラボする音楽たち:クラシック音楽×スポーツ〜氷の上でもクラシック、それともオペラ?

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 『オペラは喜劇だ!喜劇が基本!笑って、笑って、オペラ・ブッファの世界!!』

オーケストラ生演奏版映画『ウエスト・サイド物語』〜青春時代に名作と出逢えた喜び

東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズコンサート2013 山下洋輔プロデュース『ひみつのミッホちゃん〜鏡の中からジャズ作曲家宣言!の巻〜』

モーツァルト『魔笛』上演社中結成報告!

何しろ日本は万葉以来の“歌の国”泣く泣く絞った30曲+α

サスペンス劇場:オペラ殺人事件!!玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第5期 オペラ・サスペンス劇場:オペラに描かれた殺人事件の秘密!!

オペラ・オペレッタの日本語訳上演が不可能な本当の理由!?

連載「日本人ならオペラ・ファン」第3回 世界文学全集+音楽=オペラ〜それは、人生を楽しむ最高のツール!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第2回 オペラのテーマは男と女〜しかも90パーセントが不倫!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第1回 日独伊オペラ歌舞伎三国同盟

山下洋輔さん(ジャズ・ピアニスト)――自由な音の跳躍

佐渡裕『僕が大人になったら』〜解説「デッカイことはいいことだ!」

『現代』書評 新書・選書おたのしみレビュー〜音楽本を読みましょう

紫色の音にして〜追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 第4期 プッチーニがオペラで描いた「女性」と「愛のカタチ」のすべて!〜華麗なるイタリア・オペラを味わい尽くす!

まえがき――貪欲な音楽ファンの呟き

劇団冬季ミュージカル・シアター 8000回突破連続上演中!

胸のわくわくするコンサート――西の端(ハーディング)と東の端(佐渡裕)の邂逅

佐渡裕さんのベルリン・フィル・デビューに拍手!〜世界が愛する世界市民オーケストラ

お見事!佐渡裕のベルリンフィル・デビュー

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第15回 小泉さん、日本のオペラにも注目して! / 第16回 (最終回)ヴェルディのブンチャカチャッチャにハマル

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第13回 「オキュパイド・ジャパン」(占領下の日本)のノーテンキな素直さ / 第14回 エレキギター協奏曲はキワモノ?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第11回 一流の音楽家は一流の指導者でもある / 第12回 指揮者だけは、昔がよかった…かな?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第9回 スポーツと音楽――その親密な関係 /第10回 万葉以来「歌」と生きている日本人

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第7回 日本最高のオペラ歌手・三波春夫 /第8回 映画音楽はイタリアンに限る!

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第5回 天才・筒美京平の歌謡曲は消えてゆくから美しい?/第6回 イタリアのド演歌歌手フィリッパ・ジョルダーノ

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第3回 森進一の「雪が降る」/第4回 バーブラ・ストライザンドの「歌曲」

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第1回 ひばりのプッチーニ/第2回 クレオ・レーンのシェーンベルク

スポーツ&音楽〜どちらも最高に面白い!

音楽のパワーを実感〜『第九』でのハーディング氏との幸運な出会い

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第2期 Viva! Verdi! ヴェルディ万歳!〜華麗なるイタリア歌芝居の世界!

特報!! 撮影快調! 完成間近!! 公開迫る!映画『幻の幻燈辻馬車』の『遊び場』

若きバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルの演奏は、名演の宝庫。なかでも「ショスタコ五番」は絶品の一枚。

美しすぎるメロディは「何」を表す?

メジャー級のプレイと音楽

イタリア・オペラからイタリア・サッカーを理解する

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第1期「オペラのツボ」

『カルメン』は怖ろしい

ロマン派を金聖響さんの指揮で聴ける喜び

ベートーヴェンと『神』と『人々』は、どんな三角形を形づくるのか?

天才バーンスタインが残した『キャンディード』もう一つの大傑作

映画とは「オペラ」である。

紫色の音にして 追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

『山下洋輔プロデュース IMPROVISING ブーニン! 吉例異種鍵盤技名人戦/先手・鍵聖無有人古典派八段 VS 後手・盤鬼ヨウスケ邪頭派八段/初春 夢幻の対決』

オペラ『忠臣蔵外伝』第1幕第2場、第3場 作曲/三枝成彰 脚本・演出/島田雅彦 美術監督/日比野克彦 再構成/玉木正之

オペラ『忠臣蔵外伝』 作曲/三枝成彰 脚本/島田雅彦 再構成/玉木正之

マリオ・デル・モナコは長嶋茂雄である

ドラマチックに、そして、優しく……――大岩千穂さんの歌心

ダフ屋の矜恃

スポーツは音楽とともに

玉木正之の『クラシック音楽道場入門』 第1期「クラシックはオモシロイ〜その楽しみ方」

BRAVO! 神奈フィル新常任指揮者・金聖響さんの「魔法」に期待する!

『ウェスト・サイド・ストーリー』は最高のオペラ?

日本人なら『椿姫』で泣ける

「オペラ=音楽プラス世界文学」 それは、人生を楽しむ最高のツール!

オペラのテーマは男と女。しかも90パーセントが不倫!

アメリカ音楽が超大国アメリカを支える!?

21世紀のベートーヴェン――その国際性と多様性

ベートーヴェンの『天の時、地の利、人の和』

純文学書き下ろし序曲『のだめのためのだめな虚無舞踏序曲(ダンシング・ヴァニティ・オヴァチュア)』

『指輪物語』よりも面白い『ニーベルンクの指環』

日本人ならオペラ・ファンになる!〜「日独伊オペラ歌舞伎同盟」

オペラといえば『トゥーランドット』!?

真のオペラの誕生と成長

「身体の音楽」――太鼓打ち・林英哲さんに関する断想

トリエステ・オペラの魅力〜イタリア・オペラの神髄

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』 第15期「オペラで世界文学全集!」

玉木正之のオペラへの招待 大人の恋の物語『メリーウィドウ』

『ジャンニ・スキッキ』の舞台は京都?

クラシック音楽ファン、オペラ・ファンは、なぜDVDに狂喜しているのか?

「不〜倫火山」大爆発!善男善女の皆さんも、煩悩まみれの皆さんも、みんな一緒に御唱和ください!「不倫、不倫、不倫、フリ〜ン!」

クラシック・コンサートは「真に新しい音楽」に触れる場所

オペラとは男と女の化かし合いを楽しむもの

50歳からのホンモノ道楽

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第14期「オペラ掘り出しモノ!」

山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート ヨースケ&サド緊急“生”記者会見!『いま明かされる!反則肘打ち事件の真相』

「ベートーヴェンの交響曲」その名声と誤解

ベートーヴェンの「圧倒的感動」

ファジル・サイの魅力

スポーツは音楽とともに――フィギュアスケートはオペラとともに

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第3弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

天才少年ヴィトゥスとテオと音楽と……

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第13期「オペラは、ゼッタイ演出に注目!」

<演歌 de おぺら(エンカ・デ・オペラ)>上演企画書

『指揮者列伝』ミニミニ・ダイジェスト「カラヤン・ゲルギエフ・セラフィン・バーンスタイン」

あけましてフリー漫才

男の子がヴァイオリンを弾くのは恥ずかしいことだった・・・?

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第12期「オペラは、祭りだ! お祭りだ!」MUSIC FESTIVALS IN THE WORLD

革命的斬新さを失わない音楽――それがクラシック

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

日本ポップス史講座アンケート

待ち焦がれた“パリジャン”の本領

「浪漫派ベートーヴェン」を存分に楽しませてくれた演奏に心から拍手

音楽家はいかにして演奏に心をこめるのか?

JAZZとテツガク

ソロ(孤高)を求めてバンド(連帯)を怖れず!

我が「師匠」福島明也の魅力

城之内ミサ『華Uroad to OASIS』「ジャンル」を超えた素晴らしい音楽

懐かしい空間の響き

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク

五嶋龍―「神童」の生まれ出る一瞬

ヤッタリーナ!ガンバリーナ!イタリーア!

アメリカのスポーツとアメリカの音楽

フィリッパ・ジョルダーノの魅力〜フィリッパの歌はイタリアの味

「私の好きな音楽」身体で感じる世界

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第10期「オペレッタを楽しもう!」

リヒャルト・シュトラウスのオペラは宝塚にふさわしい

日本人は「万葉集」以来「歌とともに生きている」

東方の奇蹟の二重唱

永遠の歌声

「原点回帰」の「山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート2006」に贈る新春お笑い寄席 新作古典落語『人生振出双六』

20世紀最高の「歌役者」

クルマとラジオ

世界は演歌に満ちている

バーブラは諸行無常の響きあり

最高の「日本オペラ」

タイムマシンと冷戦時代

ニッポンは明るい!

春の祭典

シャンソンは高級?

イタリアはイタリア

ジャズはサッカー?

世界はひとつ?

大事なのは、質より量?内面より外見?

ビートルズはわかる?

無人島で聴く最後の歌

歌は世に連れない

クレオ・レーンの学歴

ひばりの川流れ

NASAと蓄音機

日本人の遊び心

「革命的音楽」は時代とともに消えてゆく?

究極のノスタルジー

『プロの仕事』

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク(最終回)

「映画を所有したい!」と思うのは何故?

討ち入りや ゑひもせすまで ジャズに酔ひ――『ジャズマン忠臣蔵』講釈・前口上

ゲルギエフの引き出す無限の可能性/偉大な芸術とは、オモロイもんである。

冬の夜長にオペラ――その極上の面白さをDVDで味わう

都はるみさんの「世界」との新たな出逢い

天国の大トークバトル『クラシック あとは野となれ ジャズとなれ!』

超虚構音楽史―山下洋輔作曲「ピアノ・コンチェルト」の世紀の一戦

男と女の愛の形――悪いのはどっち?

「世の中に新しきものナシ」あらゆる創作はパクリである?

モーツァルトのオペラのおもしろさ

人を愛し、未来を信じ、時代を超越するパワー

バーンスタイン『キャンディード』の単純明快な世界

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

<演歌 de オペラ>上演企画書

カルロス・クライバー〜〜実体験なき体験/〜夢のような体験

歌うピアニスト ―― G&G(グルダとグールド)

グレン・グールド<ガラス=音楽=グールド>

『ブルース・ブラザース』讃

翔べ! 21世紀へ!「エレクトリック・クラシック」の翼に乗って!

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

神野宗吉(ジャンニ・スキッキ)の娘・涼子(ラウレッタ)のアリア『好きやねん、お父ちゃん』(『私のお父さん』)

「子供(jr)」という大発見

NHK-FM『クラシックだい好き』 1〜6回プログラム

島田雅彦のオペラと小説――『バラバラの騎士』と『どんな? あんな?こんな? そんな!』

「オペラ忠臣蔵」のテロリズム

フリンオペラ年表400年史『オペラの歴史はフリンの歴史』

極私的ワーグナー体験の告白『私は如何にしてワーグナーの洗脳を解かれたか?』

ベートーヴェンの「朝ごはん」

サッカーと音楽の合体――それがスポーツ!それがワールドカップ!

オペラ「アイーダ」の本当の魅力

ヨースケのことなら何でもワカル!『ヤマシタ・ヨースケ・ジャズ用語大辞典』遠日発売未定 内容見本

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. WEBサイト制作 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る