コラム「音楽編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2017-01-25
前回の“蔵出し”第1弾に続く第2弾!
この原稿は小学館発行の雑誌(今もあるのかな?)『サウンドパル』1997年7月号の『連載・玉木正之のビデオで見るオペラの時間』の第2回目として書いたモノです。のちに東京新聞社のサンシャインシティ文化センター『東京カルチャー倶楽部』での講座『オペラは、ほんまにオモロイでぇ〜』(1999年4月〜2000年3月)の講義録と合わせて『オペラ道場入門』(小学館2000年5月刊)として単行本にしました。そのときは、本の帯に佐渡裕(指揮者)島田雅彦(作家)野村万之丞(狂言師)岡田武史(コンサドーレ札幌監督=当時)山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)が推薦人として名前を連ねてくださり、出版と同時に料理評論家でオペラ・ファンの山本益博さんや、音楽評論家の故・宇野功芳氏や故・永竹由幸氏などが絶賛してくださった本でした。が、今では絶版になってしまったことでもあり、前回に続いて第2弾を“蔵出しします。ご愛読をよろしく!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第2回 ♪ラリラリラア〜……と、イタ・オペの音楽に酔えば、あなたは、もう、オペラ通!プッチーニの流麗なメロディにハマロウ!

 さて、いよいよ今回から、具体的「オペラ入門」の開幕である。
 つまり、これまでオペラなんぞ見たことも聴いたこともないという人でも、この連載を読めば、オペラを見たい! 聴きたい!
という気持ちになり、推薦するビデオやCDを買いに走り、それを見たり聴いたりするうちに、オペラにハマリ、やがてオペラの大ファンとなり、80年もある人生を、退屈することもなければ飽きることも嘆くこともなく、オペラとともに楽しく過ごせるようになる−−というわけである。

 学歴、教養等、一切不問。まあ、話の内容を理解するためには、字幕の日本語を読むことのできる力だけは必要だが、それも小学校の高学年程度の理解力があれば十分。「イタリア語の魅力がわからないとイタリア・オペラは理解できない」とか、「ニーチェを読まないとワーグナーのオペラはわからない」などと、それこそワケのわからないゴタクを並べる音楽評論家もいる。が、そんな言葉は、音楽評論家氏が、自分のなけなしの教養をひけらかしたいだけのこと。

 オペラとは(どんなに難しそうに思えるオペラでも)つまるところ男と女(あるいは、時に男と男、女と女)のホレたハレたの物語でしかない(これは、けっして乱暴な言い方でもなければ、比喩としていっているのでもなく、実際オペラのテーマには、愛と恋の物語しか存在しないのだ)。だから、「恋する心」さえお持ちの方なら、誰だってオペラ・ファンになれるのだ。

 それに、オペラには、どうして音楽がついているのか? どうして台詞を音楽に乗せて歌うのか?
それは、物語の内容を難しいものにするためではない。音楽は、物語を理解しやすくするためについているのだ。

 たとえば、男が女に向かって「愛してる」といったとしよう。小説ならば、その言葉が「偽りの愛」なのか「純粋な愛」なのか、「不倫の愛」なのか「ほんの出来心の愛」なのか、「肉欲だけを目的にした愛」なのか「精神的な愛」なのか、あるいは、それらが「どのくらいの割合で入り交じった愛」なのか、相当のページ数にわたる文字を読まなければ理解することはできない。

 また、芝居ならば、同じことを理解するために、役者の仕種や台詞の言い方に注目しなければならない。しかしオペラの場合は、音楽に乗って歌われるため、それが自然に理解できるようになっているのだ。観客であり、聴衆である我々は、ただ音楽に耳を傾ければ、それでいい。
そうすれば、甘美で官能的なメロディに全身が包まれ、陶酔の世界に誘われることもあれば、可憐で愛らしいメロディに、思わず頬笑むこともある。あるいは、「愛してる」という言葉の背後に、重く低く漂うメロディを耳にして、不吉な予感を感じることもある。

 とはいえ、それらの音楽から感じられることを、「なるほど、この男はSEXがしたいだけなのだな」とか、「純粋に女を愛してるのだな」とか、「これは実らぬ愛だな」などと、言葉に置き換えて理解する必要は、毛頭ない。

 この世の中の出来事には、言葉で言い表せないことが、山ほどある。なかでも、愛情や恋情は、言葉に置き換えにくい。異性に惹かれたときの純愛と肉欲のバランスや、それがなぜBという女性(男性)ではなく、Aという女性(男性)なのかという理由など、とうてい言葉でいいあらわせるものではない。

 そこで、人間は、音楽というメディアを発達させた、ともいえる。言葉では表現できないことを、音楽のリズムやメロディやハーモニーであらわすことにしたのだ。

 だから、オペラを見る人、聴く人は、オペラ(音楽付きの言葉)で表現された内容を、言葉だけに置き換えないほうがいい。言葉で理解しようとしないほうがいい。オペラの内容(オペラの筋書きではなく、オペラで表現されていること)を解説した言葉など読まないほうがいい。

 ただ、音楽を聴き、音楽に身をゆだね、全身で陶酔すれば、音楽が、いわば、サブリミナル効果として、人間の複雑な愛情や恋情のすべてを教えてくれる(だから、イタリア語やドイツ語やフランス語を理解する必要もない)。そして観衆であり聴衆である我々は、オペラを見聴きして、喜んだり、怒ったり、泣いたり、笑ったり、驚いたりすれば、それでいいのだ。

 それが「オペラを理解する」ということであり、要するに、オペラとは「楽しむもの」であり、楽しめばそれでいいものなのである。

 オペラに用いられる音楽−−いわゆる「クラシック音楽」というもの自体を「難しいもの」と考えている人がいるかもしれないが、それも大きな誤解であり、誤った先入観である。アムロの歌もベートーヴェンの音楽も、どっちも、ただ耳を傾け、陶酔すればいいだけのこと。Puffyも、森進一も、モーツァルトも、素直に耳を傾ければ、どれも陶酔でき、素直に耳を傾けなければ(「奥田民生の音楽はパクリばかりでくだらない」とか「演歌は嫌い」とか「クラシックは難しい」というような先入観を抱いてしまうと)どんな音楽も楽しめるものではない。

 その意味において、音楽のジャンルに「貴賤」などなく、「いい音楽」と「悪い音楽」の区別はあるだろうが、どんな音楽のジャンルも同等であり、「難解なもの」と「容易に理解できるもの」というような区別は、一切存在しないものなのだ。

 そもそもオペラの音楽というのは、基本的に登場人物の心理の描写であり、あるいは舞台となる場面の情景の描写だから、交響曲や協奏曲といったクラシックの純音楽よりも、わかりやすいもの、楽しみやすいもの、俗っぽいもの、なのである。オペラのほうが交響曲よりも「高級」とか「難解」などとという考えは、断じて誤りであり、ヴェルディやプッチーニのオペラのアリアを口ずさむことのできる人よりも、ベートーヴェンの『第九交響曲』の合唱を歌える人のほうが圧倒的に多い、という日本の「音楽状況」は、甚だ奇妙なものというほかないのだ。

 したがって、以上、少々長くなった前置きをまとめるなら、1)日本語が読める。2)恋愛に興味がある。3)音楽に素直に耳を傾けられる−−という三つの条件さえ整っている人なら(つまり、誰でも)オペラ・ファンになれる、というわけである−−。
というところで、「具体的オペラ入門」の幕を開けよう。

 まず最初に、オペラとはじめて出逢う人に見聴きしてほしい作品として、小生が選んだのは、ジャコモ・プッチーニ(1858〜1924年)の3つのイタリア・オペラ『ラ・ボエーム』『トスカ』『トゥーランドット』である。

 タイトルの『ラ・ボエーム』とは、「ボヘミアン」と呼ばれた若い芸術家たちのこと。『トスカ』と『トゥーランドット』は、どっちも主人公の名前であり、美貌の女性歌手と中国の姫君のことである。それらプッチーニの作品を選んだのは、美しいメロディが、オペラの全編にあふれんばかりに流れ出ているからであり、ハマリやすいからである。

 ドイツ・オペラは、やはり少々堅い。それに(モーツァルトのイタリア語による作品も含めて)上演時間の長いものが多い。プッチーニの諸作品は、正味の上演時間が、だいたい2時間前後だが、ドイツ・オペラのポピュラーな作品は3〜4時間を要するものが多い。

 メロディの美しさだけなら、ドニゼッティの『愛の妙薬』や『ランメルモールのルチア』といったオペラも入門用といえるが、戯曲としての筋書きが弱く、オペラに最初に接する人にとっては、幼稚で滑稽な感じがするに違いない。また、ヴェルディの『椿姫』『リゴレット』『オテロ』といった作品なら戯曲としての構成もしっかりしているが、プッチーニのほうがメロディ・ラインが流麗で、よりわかりやすい。早い話が、映画音楽やムード音楽に近い。

 ディズニーのアニメ『わんわん物語』で、主人公の恋人どうしの二匹の犬がイタリアの町の路地裏でスパゲッティを食べる有名なシーンがある。そのとき背景に流れる名曲『ベラ・ノッテ』(美しい夜)と同じような奇麗なメロディが、プッチーニのオペラには次々とあらわれるのである。

 この華麗にして流麗なイタリアのメロディ−−素晴らしいボンゴレ・スパゲッティを食べたときのような感触−−にハマッてしまうと、悲しい場面では胸がキュンと締めつけられ、涙が流れそうになり、楽しい場面では、自分も一緒に、♪ラリラリラア〜……と歌い出したくなる。要するに、平野レミさんが料理を作るときのノリに陥るのである(プッチーニの最も有名なオペラ『蝶々夫人』を除外したのは、オペラ入門者がビデオを見る場合、日本の衣装とイタリアのメロディが少々不自然に思えるからであり、プッチーニのメロディにいったんハマッてしまえば、その不自然さも気にならなくなるからである。だから『蝶々夫人』は、またいずれ別にとりあげることにしたい)。

 プッチーニのオペラは、映画『月の輝く夜に』(この映画のタイトルは『ラ・ボエーム』第一幕の最後に歌われる美しい二重唱の歌詞をそのまま使ったものである)や、『ラスト・ソング』(この本木雅弘が主演したトレンディ映画でも、『ラ・ボエーム』のなかの美しいアリアが使われている)といった映画にも用いられているから、これまでオペラに無縁だった人でも取っ付きやすいはずである。

 また、『ラ・ボエーム』には「なんと冷たい手」「私の名前はミミ」「ムゼッタのワルツ」といった有名なアリア(独唱曲)があり、『トスカ』にも「星は光りぬ」「歌に生き恋に生き」、『トゥーランドット』にも「泣くなリュー」「誰も寝てはならぬ」といった美しいアリアがあり、パヴァロッティ、ドミンゴ、カレーラスという「三大テナー」のコンサートで歌われたものもあるから、彼らのコンサートに少しでも興味を持ったことのある人にとっても、取っ付きやすいものといえよう。

(『トスカ』の「歌に生き恋に生き」は、かつて美空ひばりも歌ったことがある。また、美空ひばりが主演した昭和30年代の松竹映画『青草に坐す』の主題歌「お針子ミミーの日曜日」=黛敏郎・作曲=は、『ラ・ボエーム』の主人公のお針子ミミをアイデアにして作られたものである)。

 では、ここで、プッチーニの三つのオペラの筋書きを紹介しておくことにしよう。
『ラ・ボエーム』(ボヘミアンたちの生活)は、パリのアパートの屋根裏で暮らす若い貧乏詩人(ロドルフォ)と、同じアパートに引っ越してきたお針子(ミミ)の恋の物語。クリスマスの夜、二人は出逢い、恋に落ち、同棲するようになる。が、肺病を病んでいたミミの治療費すら稼げないロドルフォは、ミミが金持ちの男のもとで暮らしたほうがいい、といいだし、二人は別れる。が、病気がいっそう重くなったミミは、死に際になってロドルフォのアパートを訪れ、愛する男に見守られながら息を引き取る。その二人の恋物語に、若い画家(マルチェッロ)と少々あばずれな女(ムゼッタ)の恋を絡ませ、さらに友人の音楽家(ショナール)や哲学者(コルリーネ)など、パリでの若者たちの生活を描いたオペラ。

『トスカ』は、ナポレオン時代のローマを舞台に、共和主義者の革命家の画家(カヴァラドッシ)と、彼の恋人である美貌の歌姫(トスカ)の物語。カヴァラドッシは、ある日、逃亡してきた友人の革命家を隠れ家にかくまう。トスカに横恋慕するローマの総督(スカルピア)は、カヴァラドッシを捕らえ、拷問を加えながら、彼の命を救うことと引き換えに、トスカに対して自分の女になるよう求める。トスカは、その取引に応じた素振りを示し、逃亡の通行証を手に入れると、スカルピアをナイフで刺し殺す。そして、カヴァラドッシと一緒に逃げようとする。が、カヴァラドッシを救うと約束したスカルピアの言葉は偽りで、カヴァラドッシは銃殺され、トスカも塔の上から身を投げ、自殺する−−という物語。

『トゥーランドット』の舞台は(おそらく清朝時代の)北京。絶世の美女の姫君(トゥーランドット)のもとへは求婚者が絶えない。が、「愛」を知らず、氷のように冷たい心の持ち主であるトゥーランドット姫は、三つの謎を解くことを条件に、それが解けない求婚者を次々と死刑台に送り続ける。そんな姫君を改心させようとして、ダッタン人の王子(カラフ)が謎に挑戦し、その謎を解き、姫君と結婚する権利を手に入れる。が、わがままな姫君は、なお結婚を拒否したため、王子は、「それなら翌朝までに自分の名前が明かされれば結婚はあきらめ、死刑台に上る」と、逆に謎をかける。トゥーランドット姫は、王子に遣えている女(リュー)を捕らえ、拷問を加えるなどして、名前を聞き出そうとする。が、王子を慕い続けてきたリューは、自殺することで名前を口にすることを拒否し、王子の命を救う。王子はトゥーランドット姫の冷酷な心を非難し、「愛」を教えるために自ら自分がカラフという名前であることを名乗る。翌朝、皇帝や民衆の前で、トゥーランドット姫は、王子の名前がわかったこと、その名前は「愛」であると発表し、王子と姫君は結ばれる−−という物語。

 こうして筋書きを並べてみると、『トスカ』が最もドラマチックで、戯曲の構成としても充実している。一方、『トゥーランドット』は、メルヘンチックともいえるが、物語自体が少々滑稽であり、自己犠牲によって精神的な愛を貫く奴隷女のリューと愛に目覚めるトゥーランドット姫という女性の描き方は、今日ではナンセンスというほかないものである。

 また『ラ・ボエーム』も、ロドルフォを愛する純情可憐ななミミが、ロドルフォにいわれるまま別れ、金持ちの男のもとへ走る、というのも少々理解しにくい矛盾した構成ではある。

 が、とりあえず、そんなことはどうでもいい。プッチーニの美しいメロディに酔えば、そんなアナクロニズムも、矛盾も、まったく気にならなくなる。プッチーニの甘美にして流麗なメロディは、麻薬のような怪しさで、聴き手を別天地に誘ってくれるのである。
 さて、プッチーニの音楽の魅力にハマリ、♪ラリラリラア〜……というメロディとともにトスカの悲劇に興奮し、ロドルフォとミミの別離やミミの死に際に涙し、さらにトゥーランドット姫の高らかに「愛」を歌い上げる声と豪華絢爛な舞台に胸をスカッとさせることができれば、あなたは、もう、立派なオペラ・フリークである。

 それから先は、もっとイタ・オペを楽しもう、という気になって、ヴェルディの諸作品に手をつけるもよし、プッチーニの作品と同類ともいえるレオンカヴァッロの『道化師』、マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』(田舎の騎士道)、チレーアの『アドリアーナ・ルクヴール』、ジョルダーノの『アンドレア・シェニエ』といったヴェリズモ(現実派)オペラと呼ばれる作品を楽しむもよし。また、モーツァルトの作品や、ワーグナー、リヒャルト・シュトラウスといったドイツ・オペラに挑戦してみるもよし。

 プッチーニをきっかけに、いったん少しでも「オペラって面白いもんだ」と思えるようになったなら、あとは、どうとでもレパートリーを広げることができる。が、それだけでなく、「入門」のために手をつけた『ラ・ボエーム』『トスカ』『トゥーランドット』という作品とも、一生涯あきないほど、何度も何度も違う角度から「楽しみ直す」ことができる。それが(プッチーニに限らず)オペラの素晴らしいところでもあるのだ。

『ラ・ボエーム』では、ミミを純情なお針子として描くのではなく、自分の死に至る病気を知り、「死ぬまでに一度でいいから燃えるような恋をしたい」という思いで、自分から男に迫る積極的な(現代的な)女性として描いたハリー・クプファーの演出による舞台がある(ベルリン・コーミッシュ・オーパーの来日公演で上演された)。

 また、舞台設定そのものを19世紀から現代のパリに移し、現代的美男美女(アメリカの連続TVドラマに出てきそうな顔つき)の歌手を集め、別離でもウェットにならないドライな恋人関係を描いたシドニー・オペラの名舞台もある(NHKのBSで放送された)。

 どっちも、クリスマスのパリの雑踏を描いたときの舞台装置の素晴らしさなども含めて、最高の『ラ・ボエーム』といえるもので、ビデオが発売されてないのは残念だが、そのように、演出の違いで、オペラはまったく新しいもの、別のもののように「楽しみ直す」ことができるのだ。

 しかも、歌手の(歌い方の)違い、指揮者の(演奏の仕方の)違いによっても、同じオペラが、まったく別物といえるほどに違ってくる。別掲のリストにあるマリア・カラスのトスカと、ティト・ゴッビのスカルピアによる『トスカ』(第二幕)など、舞台(映像)であることを忘れ、本物の悪漢が本当に美女を掻き口説いているとしか思えないほどの迫力(演技力)がある。

 また、トスカニーニの指揮する『ラ・ボエーム』は、音楽が盛り上がるたびに指揮者が歌手以上に大きな声を張り上げて歌い出す(唸り出す?)というほど熱のこもった演奏で、イタリア・オペラの魅力を満喫できる(ほかにも、パヴァロッティとフレーニという大歌手の魅力を満喫できるカラヤン指揮のCD、イタリアの匂いがプンプンと漂うセラフィンやパッパーノといった指揮者の演奏など、『ラ・ボエーム』のCDには名演奏が多い。が、満足できるビデオのないのが残念!)。

 そして『トスカ』にしろ『トゥーランドット』にしろ、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場の舞台(のビデオ)は、豪華絢爛たる巨大で美事な舞台装置を見るだけで、ホーッと溜息をつきたくなる。また、イタリア・ヴェローナの古代ローマの遺跡を利用した野外劇場で上演された『トゥーランドット』もある。

 オペラは総合芸術。音楽、歌手、演出、衣装、舞台装置等、多くの要素が混じり合い、同じオペラ座の同じ指揮者と歌手と演出家による上演で毎日上演されても、日によって印象が異なるともいわれている。

 それだけに『ラ・ボエーム』という一つのオペラを好きになり、それだけを繰り返し見たり聴いたりするだけでも一生楽しめるくらい、オペラには、味わい尽くせないほどの豊かな魅力が満ちているのである。(以下次号)

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第4回 ♪キュイ〜ンとヴァイオリンが胸を掻き毟るメロディに乗って、♪アアア〜とテノールとソプラノが熱唱〜イタ・オペはガーリックとオリーヴオイルたっぷりのパスタの味わい!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第3回 ♪ブンチャカチャッチャ…というヴェルディの単純なリズムにムムムッと唸れば、あなたは、もう、オペラ通ヴェルディの「政治劇」にハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第2回 ♪ラリラリラア〜……と、イタ・オペの音楽に酔えば、あなたは、もう、オペラ通!プッチーニの流麗なメロディにハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第1回 いまなぜ、あなたはオペラ・ファンになるべきか…?まず現代演出のオペラを見よう!

佐渡裕さんの音楽にあふれる「大男の優しさ」

アンドレア・バッティストーニ:イタリア・オペラと『運命』によせて/イタリア音楽の魅力とイタリア人指揮者の素晴らしさ

『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』オペラの神様ヴェルディの知られざる作品を味わう!

PACの奇蹟――そこでは「広大な世界」を味わうことが出来るのだ。

音楽を心から愛する佐渡さん率いる楽団ゆえに

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』シェイクスピアとオペラで愉しさ倍増:名作戯曲オペラを味わい尽くす!

オペラの歴史の最後期を飾るに相応しい……リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』〜華麗なるオペラの大傑作

スポーツと音楽……それは絶対に切り離せないもの

指揮者は魔法使い?〜音楽の指揮者とスポーツの監督の共通点――それは、どちらも魔法を使うこと

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』 チョット地味で退屈なオペラを面白く楽しむウラワザとコツ!

PAC――聴衆と音楽が一体化する素晴らしいオーケストラ

PACオーケストラ――その「若さ」の魅力

オペラ超入門徹底解説講座/大傑作オペラ『椿姫』のすべてを味わい尽くしましょう!

スポーツと音楽。どちらも人間という存在の表現。

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』宝塚歌劇のようにゴージャスで煌びやかなシュトラウスのオペラに酔いましょう!

PICTURES AT JAZZ EXHIBITION composed by Modest Mussorgsky / arranged by Osamu Matsumoto

『展覧会の絵』にラクガキ!――メタ・ジャズの創成

シドニー五輪は、芸術祭とパラリンピックに注目

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』:モーツァルト「三大オペラ」に隠された「謎」とは?

音の力〜コラボする音楽たち〜音楽では「別れ」が実は「旅立ち」を、「出発」が実は「哀しみ」を表す?

東京オペラシティ「ニューイヤー・ジャズコンサート2014 山下洋輔プロデュース・ファイナル『新春寿邪頭音頭祭文萬歳楽(しんしゅんをことほぐジャズおんどさいもんまんざいらく)〜言祝千穐楽若衆迎春夜明(はるのよあけをむかえるわかしゅうをことほぐさいごのまつり)』

新・地獄八景万之丞乃戯(じごくばっけいまんのじょうのたわむれ)東京五輪開会式之巻

音の力〜コラボする音楽たち/クラシック音楽×スポーツ〜運動会やオリンピックは「芸術祭」でもあるのだ

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 夢と魔法の世界:童話オペラは大人の世界〜『魔笛』から『怪獣たちのいるところ』まで

素晴らしいアジア・オーケストラウィーク2005

衝撃のレポート!! 英国BBCフィル・メンバーが語る「3.11体験」

音の力〜コラボする音楽たち:クラシック音楽×スポーツ〜氷の上でもクラシック、それともオペラ?

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 『オペラは喜劇だ!喜劇が基本!笑って、笑って、オペラ・ブッファの世界!!』

オーケストラ生演奏版映画『ウエスト・サイド物語』〜青春時代に名作と出逢えた喜び

東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズコンサート2013 山下洋輔プロデュース『ひみつのミッホちゃん〜鏡の中からジャズ作曲家宣言!の巻〜』

モーツァルト『魔笛』上演社中結成報告!

何しろ日本は万葉以来の“歌の国”泣く泣く絞った30曲+α

サスペンス劇場:オペラ殺人事件!!玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第5期 オペラ・サスペンス劇場:オペラに描かれた殺人事件の秘密!!

オペラ・オペレッタの日本語訳上演が不可能な本当の理由!?

連載「日本人ならオペラ・ファン」第3回 世界文学全集+音楽=オペラ〜それは、人生を楽しむ最高のツール!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第2回 オペラのテーマは男と女〜しかも90パーセントが不倫!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第1回 日独伊オペラ歌舞伎三国同盟

山下洋輔さん(ジャズ・ピアニスト)――自由な音の跳躍

佐渡裕『僕が大人になったら』〜解説「デッカイことはいいことだ!」

『現代』書評 新書・選書おたのしみレビュー〜音楽本を読みましょう

紫色の音にして〜追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 第4期 プッチーニがオペラで描いた「女性」と「愛のカタチ」のすべて!〜華麗なるイタリア・オペラを味わい尽くす!

まえがき――貪欲な音楽ファンの呟き

劇団冬季ミュージカル・シアター 8000回突破連続上演中!

胸のわくわくするコンサート――西の端(ハーディング)と東の端(佐渡裕)の邂逅

佐渡裕さんのベルリン・フィル・デビューに拍手!〜世界が愛する世界市民オーケストラ

お見事!佐渡裕のベルリンフィル・デビュー

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第15回 小泉さん、日本のオペラにも注目して! / 第16回 (最終回)ヴェルディのブンチャカチャッチャにハマル

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第13回 「オキュパイド・ジャパン」(占領下の日本)のノーテンキな素直さ / 第14回 エレキギター協奏曲はキワモノ?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第11回 一流の音楽家は一流の指導者でもある / 第12回 指揮者だけは、昔がよかった…かな?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第9回 スポーツと音楽――その親密な関係 /第10回 万葉以来「歌」と生きている日本人

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第7回 日本最高のオペラ歌手・三波春夫 /第8回 映画音楽はイタリアンに限る!

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第5回 天才・筒美京平の歌謡曲は消えてゆくから美しい?/第6回 イタリアのド演歌歌手フィリッパ・ジョルダーノ

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第3回 森進一の「雪が降る」/第4回 バーブラ・ストライザンドの「歌曲」

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第1回 ひばりのプッチーニ/第2回 クレオ・レーンのシェーンベルク

スポーツ&音楽〜どちらも最高に面白い!

音楽のパワーを実感〜『第九』でのハーディング氏との幸運な出会い

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第2期 Viva! Verdi! ヴェルディ万歳!〜華麗なるイタリア歌芝居の世界!

特報!! 撮影快調! 完成間近!! 公開迫る!映画『幻の幻燈辻馬車』の『遊び場』

若きバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルの演奏は、名演の宝庫。なかでも「ショスタコ五番」は絶品の一枚。

美しすぎるメロディは「何」を表す?

メジャー級のプレイと音楽

イタリア・オペラからイタリア・サッカーを理解する

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第1期「オペラのツボ」

『カルメン』は怖ろしい

ロマン派を金聖響さんの指揮で聴ける喜び

ベートーヴェンと『神』と『人々』は、どんな三角形を形づくるのか?

天才バーンスタインが残した『キャンディード』もう一つの大傑作

映画とは「オペラ」である。

紫色の音にして 追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

『山下洋輔プロデュース IMPROVISING ブーニン! 吉例異種鍵盤技名人戦/先手・鍵聖無有人古典派八段 VS 後手・盤鬼ヨウスケ邪頭派八段/初春 夢幻の対決』

オペラ『忠臣蔵外伝』第1幕第2場、第3場 作曲/三枝成彰 脚本・演出/島田雅彦 美術監督/日比野克彦 再構成/玉木正之

オペラ『忠臣蔵外伝』 作曲/三枝成彰 脚本/島田雅彦 再構成/玉木正之

マリオ・デル・モナコは長嶋茂雄である

ドラマチックに、そして、優しく……――大岩千穂さんの歌心

ダフ屋の矜恃

スポーツは音楽とともに

玉木正之の『クラシック音楽道場入門』 第1期「クラシックはオモシロイ〜その楽しみ方」

BRAVO! 神奈フィル新常任指揮者・金聖響さんの「魔法」に期待する!

『ウェスト・サイド・ストーリー』は最高のオペラ?

日本人なら『椿姫』で泣ける

「オペラ=音楽プラス世界文学」 それは、人生を楽しむ最高のツール!

オペラのテーマは男と女。しかも90パーセントが不倫!

アメリカ音楽が超大国アメリカを支える!?

21世紀のベートーヴェン――その国際性と多様性

ベートーヴェンの『天の時、地の利、人の和』

純文学書き下ろし序曲『のだめのためのだめな虚無舞踏序曲(ダンシング・ヴァニティ・オヴァチュア)』

『指輪物語』よりも面白い『ニーベルンクの指環』

日本人ならオペラ・ファンになる!〜「日独伊オペラ歌舞伎同盟」

オペラといえば『トゥーランドット』!?

真のオペラの誕生と成長

「身体の音楽」――太鼓打ち・林英哲さんに関する断想

トリエステ・オペラの魅力〜イタリア・オペラの神髄

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』 第15期「オペラで世界文学全集!」

玉木正之のオペラへの招待 大人の恋の物語『メリーウィドウ』

『ジャンニ・スキッキ』の舞台は京都?

クラシック音楽ファン、オペラ・ファンは、なぜDVDに狂喜しているのか?

「不〜倫火山」大爆発!善男善女の皆さんも、煩悩まみれの皆さんも、みんな一緒に御唱和ください!「不倫、不倫、不倫、フリ〜ン!」

クラシック・コンサートは「真に新しい音楽」に触れる場所

オペラとは男と女の化かし合いを楽しむもの

50歳からのホンモノ道楽

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第14期「オペラ掘り出しモノ!」

山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート ヨースケ&サド緊急“生”記者会見!『いま明かされる!反則肘打ち事件の真相』

「ベートーヴェンの交響曲」その名声と誤解

ベートーヴェンの「圧倒的感動」

ファジル・サイの魅力

スポーツは音楽とともに――フィギュアスケートはオペラとともに

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第3弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

天才少年ヴィトゥスとテオと音楽と……

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第13期「オペラは、ゼッタイ演出に注目!」

<演歌 de おぺら(エンカ・デ・オペラ)>上演企画書

『指揮者列伝』ミニミニ・ダイジェスト「カラヤン・ゲルギエフ・セラフィン・バーンスタイン」

あけましてフリー漫才

男の子がヴァイオリンを弾くのは恥ずかしいことだった・・・?

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第12期「オペラは、祭りだ! お祭りだ!」MUSIC FESTIVALS IN THE WORLD

革命的斬新さを失わない音楽――それがクラシック

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

日本ポップス史講座アンケート

待ち焦がれた“パリジャン”の本領

「浪漫派ベートーヴェン」を存分に楽しませてくれた演奏に心から拍手

音楽家はいかにして演奏に心をこめるのか?

JAZZとテツガク

ソロ(孤高)を求めてバンド(連帯)を怖れず!

我が「師匠」福島明也の魅力

城之内ミサ『華Uroad to OASIS』「ジャンル」を超えた素晴らしい音楽

懐かしい空間の響き

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク

五嶋龍―「神童」の生まれ出る一瞬

ヤッタリーナ!ガンバリーナ!イタリーア!

アメリカのスポーツとアメリカの音楽

フィリッパ・ジョルダーノの魅力〜フィリッパの歌はイタリアの味

「私の好きな音楽」身体で感じる世界

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第10期「オペレッタを楽しもう!」

リヒャルト・シュトラウスのオペラは宝塚にふさわしい

日本人は「万葉集」以来「歌とともに生きている」

東方の奇蹟の二重唱

永遠の歌声

「原点回帰」の「山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート2006」に贈る新春お笑い寄席 新作古典落語『人生振出双六』

20世紀最高の「歌役者」

クルマとラジオ

世界は演歌に満ちている

バーブラは諸行無常の響きあり

最高の「日本オペラ」

タイムマシンと冷戦時代

ニッポンは明るい!

春の祭典

シャンソンは高級?

イタリアはイタリア

ジャズはサッカー?

世界はひとつ?

大事なのは、質より量?内面より外見?

ビートルズはわかる?

無人島で聴く最後の歌

歌は世に連れない

クレオ・レーンの学歴

ひばりの川流れ

NASAと蓄音機

日本人の遊び心

「革命的音楽」は時代とともに消えてゆく?

究極のノスタルジー

『プロの仕事』

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク(最終回)

「映画を所有したい!」と思うのは何故?

討ち入りや ゑひもせすまで ジャズに酔ひ――『ジャズマン忠臣蔵』講釈・前口上

ゲルギエフの引き出す無限の可能性/偉大な芸術とは、オモロイもんである。

冬の夜長にオペラ――その極上の面白さをDVDで味わう

都はるみさんの「世界」との新たな出逢い

天国の大トークバトル『クラシック あとは野となれ ジャズとなれ!』

超虚構音楽史―山下洋輔作曲「ピアノ・コンチェルト」の世紀の一戦

男と女の愛の形――悪いのはどっち?

「世の中に新しきものナシ」あらゆる創作はパクリである?

モーツァルトのオペラのおもしろさ

人を愛し、未来を信じ、時代を超越するパワー

バーンスタイン『キャンディード』の単純明快な世界

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

<演歌 de オペラ>上演企画書

カルロス・クライバー〜〜実体験なき体験/〜夢のような体験

歌うピアニスト ―― G&G(グルダとグールド)

グレン・グールド<ガラス=音楽=グールド>

『ブルース・ブラザース』讃

翔べ! 21世紀へ!「エレクトリック・クラシック」の翼に乗って!

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

神野宗吉(ジャンニ・スキッキ)の娘・涼子(ラウレッタ)のアリア『好きやねん、お父ちゃん』(『私のお父さん』)

「子供(jr)」という大発見

NHK-FM『クラシックだい好き』 1〜6回プログラム

島田雅彦のオペラと小説――『バラバラの騎士』と『どんな? あんな?こんな? そんな!』

「オペラ忠臣蔵」のテロリズム

フリンオペラ年表400年史『オペラの歴史はフリンの歴史』

極私的ワーグナー体験の告白『私は如何にしてワーグナーの洗脳を解かれたか?』

ベートーヴェンの「朝ごはん」

サッカーと音楽の合体――それがスポーツ!それがワールドカップ!

オペラ「アイーダ」の本当の魅力

ヨースケのことなら何でもワカル!『ヤマシタ・ヨースケ・ジャズ用語大辞典』遠日発売未定 内容見本

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. WEBサイト制作 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る