コラム「音楽編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2017-02-09
前々回の“蔵出し”第1弾と前回の“蔵出し”第2弾に続く“蔵出し”第3弾! この原稿は小学館発行の雑誌(今もあるのかな?)『サウンドパル』1997年7月号の『連載・玉木正之のビデオで見るオペラの時間』の第3回目として書いたモノです。のちに東京新聞社のサンシャインシティ文化センター『東京カルチャー倶楽部』での講座『オペラは、ほんまにオモロイでぇ〜』(1999年4月〜2000年3月)の講義録と合わせて『オペラ道場入門』(小学館2000年5月刊)として単行本にしました。そのときは、本の帯に佐渡裕(指揮者)島田雅彦(作家)野村万之丞(狂言師)岡田武史(コンサドーレ札幌監督=当時)山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)が推薦人として名前を連ねてくださり、出版と同時に料理評論家でオペラ・ファンの山本益博さんや、音楽評論家の故・宇野功芳氏や故・永竹由幸氏などが絶賛してくださった本でした。が、今では絶版になってしまったことでもあり、前回に続いて第3弾を“蔵出し”します。ご愛読をよろしく!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第3回 ♪ブンチャカチャッチャ…というヴェルディの単純なリズムにムムムッと唸れば、あなたは、もう、オペラ通ヴェルディの「政治劇」にハマロウ!

 さて、前号をお読みになって早速プッチーニのオペラのビデオを購入し、甘美なメロディにドップリとハマってしまった方々は、もう、立派なオペラ・ファンである。

『ラ・ボエーム』のロドルフォとミミの二重唱に涙し、『トスカ』で女の愛の力に身震いし、『トゥーランドット』のエキゾチックな音楽に酔ったなら、続けてディスク・ショップへ足を運び、ジャケット写真を見て美しい舞台のオペラのビデオを買うもよし、美人歌手や美男歌手の容貌に魅かれて選ぶもよし。

 そうして、レオンカヴァッロやマスカーニといったプッチーニと同時代のイタ・オペの魅力に深入りするもよし、ビゼーの『カルメン』やヴェルディの『椿姫』のような有名な作品を楽しむもよし。モーツァルトの『フィガロの結婚』や、思い切ってワーグナーの超大作『ニーベルンクの指環』に挑戦してみるもよし。

 世の中の多くの物事には順序というものがある。が、オペラを楽しむには順序やルールなんてものはない。何から手をつけてもかまわない。

「プッチーニのオペラって面白い」と思った人なら、もう、どんなオペラも怖くない。要するに、歌手が♪アアア〜…と声をはりあげて歌うことを「不自然」と思わなくなり、「カッコイイ!」と思えるようにさえなれば、もう、こっちのもの(それだけがフツウの人がオペラ・ファンになる唯一の条件なのだ!)。

 そうなれば、あらゆる「オペラ入門書」など必要ない(もちろん、この連載も必要ない)。自分の勘と嗅覚だけで、見てみたい舞台、聴いてみたい音楽を選べばいい。そして「リヒャルト・シュトラウスってプッチーニより凄い!」と思ったり、「ベルクの『ヴォツェック』ってワケがわからん!」などと怒ったりしながら、様々なオペラと出逢い続けていくと、そのうちあらゆるオペラが面白くなる。

 そして、カラオケやゴルフや援助交際なんぞで時間とカネをムダに浪費することもなくなり、「失楽園」などという甘ッチョロケた世界へ迷い込むこともなくなり、平均寿命の伸びた長い人生を、もっと豊かで官能的に謳歌できるようになる−−というわけである。

 だから、はっきりいってしまえば、前号の本欄の文章を読んでプッチーニにハマッた人には、もう、新たな文章を読んでいただく必要などないのだ。あとは勝手に楽しんでください。それで、オシマイ。

 だけど、それではツマラナイ。何がツマラナイかって、私(筆者)がツマラナイ。オペラが大好きで、毎朝起きればすぐにラジカセにオペラのCDを放り込み、仕事中も常にオペラを聴き、夕食後はオペラのビデオ映像を必ず見るほどのオペラ・フリークである筆者は、モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』をまだ見たことも聴いたこともない、という人が一人でもいると知ると、黙っていられなくなる。シェイクスピアの『オセロ』なら知ってるけど、ヴェルディの『オテッロ』なんか知らない、という人が一人でもいると、喋らずにいられなくなる。

 そんなオモロイものを見もせず聴きもしないなんて、そりゃ不幸ってもんですよ。酒を飲むのもゴルフを楽しむのもいい。カラオケもフリンもタマには面白いかもしれない。けど、オペラの魅力には勝てないね。一度、見てごらん…といいたくなる。

 さらに、「アタシ、オペラって無縁だと思ってたのに、プッチーニにハマッちゃった」という人がいれば、ネ、ネ、そうでしょ、そうでしょ。でも、プッチーニのほかに、もっと面白いオペラが、いっぱいあるんだから…といいたくなる。

 早い話が御節介。しかし最近の世の中は、御節介が少なすぎる。
 夫婦はセックスレスになり、親子の会話は希薄になり、学校の先生は生徒の自主性ばかり尊重して教育をしなくなり、近所付き合いもなくなってコミュニティは崩壊。だからマンションの隣の部屋から白骨死体が出てきたり、酒鬼薔薇なんて少年が出現したり……というのは話を横道に逸らしすぎだろうが、少しは御節介をやく人間が存在してもいいはず。御節介ってのは言葉を換えれば「啓蒙」といえなくもないですからね。それに、御節介をやかれる方は、イヤなら無視すればいいだけなんだから。

 −−というわけで、前置きが長くなったが、プッチーニの甘美なメロディにハマッた「若葉マークのオペラ・ファン」は、次にどんなオペラに手を出してもいいのだが、「オペラの深み」へすんなりハマリこむための「順序」として(御節介ながら)是非ともヴェルディのオペラに接することをオススメしたい。

 プッチーニの次に、なぜ、ヴェルディなのか? といわれても、さほど深い理由はない。プッチーニの甘美なメロディに酔った人なら、同系統のイタ・オペのメロディが聴きやすいに違いない…というだけのこと。

 とはいえ、プッチーニとヴェルディでは、同じイタ・オペでも性質がかなり違う。その性質の違いが、あなたのオペラの世界を、グイッと広げてくれるはずである。

 19世紀末から今世紀初めにかけて活躍したプッチーニが、甘美の極みを尽くしたロマンチシズムの極限とするなら、1813年生まれのヴェルディ(亡くなったのは1901年)は、少々「古典的」。

 もちろんイタリアの作曲家だから、「古典的」といったところで美しいメロディがロマンチックに響くことには変わりないのだが、「物語と音楽の融合」をめざしたヴェルディのオペラは、彼より少し前の時代に活躍したロッシーニ(1792〜1868)や、ドニゼッティ(1797〜1848)や、ベッリーニ(1801〜1835)といったイタリアの作曲家の作品以上に、音楽が「古典的」に響く。

 つまりヴェルディのオペラは、理屈抜きに美しいイタリアのメロディが次々と奏でられる、というのでなく、理にかなった音楽が節度正しく現れる。登場人物が怒るときには怒りの音楽、泣くときには悲しい音楽、喜ぶときには楽しい音楽、偉大な国王が登場するときには威厳のある音楽、魔法使いが登場するときにはオドロオドロしい音楽−−が、きちんと流れるのである。

 そんなこと、あたりまえじゃないか…と思う人がいるかもしれない。が、じつは、そうでもない。音楽とは基本的に抽象的で曖昧なメディアであり、それを「正確に」言葉に置き換えるのは困難な場合が多い。作曲家は、悲しい気持ちを表すために悲しい音楽、楽しい気持ちを伝えるために楽しい音楽を作るのだが、聴く人に悲しさや楽しさが意図通り伝わるとは限らない。

 ベートーヴェンの『交響曲第七番』の第二楽章を聴いて「葬送の(悲しい)音楽」という人もいれば「婚礼の(喜びの)音楽」という人もいるのだ。では、ベートーヴェンの真意は? というのは、さほど重要な問題ではない。悲しく感じようと嬉しく感じようと、「感動」という一点においては同じであり、それで音楽の役割は果たせている。それが、音楽の現実であり、音楽の本質というものなのだ(要するに、音楽で味わう感動を、無理に言葉に置き換える必要などないのだ)。

 オペラの場合は台詞があるから、「悲しい」という言葉が歌われれば、「悲しい」には違いない。が、台詞を無視してメロディだけを聴けば、よくわからない場合が少なくない。

 たとえばプッチーニの『ボエーム』には、主人公のミミ(ソプラノ)のアリアが二つある。第一幕で恋人のロドルフォと初めて出逢ったときに歌う『私の名はミミ』と、第三幕でロドルフォと別れるときに歌う『あなたの愛の呼ぶ声に』。

 前者は恋の始まりに心ときめく喜びの歌。後者は別離を耐え忍ぶ悲しい歌。だが、プッチーニの作曲した音楽はどっちもひたすら美しく、喜びとか悲しみを超越している。そのため、両者のメロディを入れ替えても何の問題も生じない。「恋の始まりの喜び」と「恋の終わりの悲しみ」が、音楽を入れ替えても内容的に矛盾を来さない(ように思える)のだ。 イタリア音楽は美しさを優先するあまりか、そのようにメロディと内容が結びつかない(ように思える)ものが少なくない。

 往年の名テノール、タリアヴィーニが主演して有名になった映画『忘れな草』の同名の主題歌(デ・クルティス作曲)や、同じ作曲家による名曲『帰れソレントへ』(いずれもTVのトレンディ・ドラマ『白鳥麗子でございます』に使われ、OLやコギャルやマゴギャルの間でも有名になった)など、「イタリア民謡」「ナポリ民謡」と呼ばれている歌は、ほとんどが「失恋」を題材にし、悲しみに満ちた歌詞が歌われている。が、メロディは美しさにあふれ、悲しみは(よく注意して聴かなければ)聴く者の心に染み込んでこない。

 それらの音楽を聴いて誰もがまず感じるのは、地中海の空や海の青さであり、イタリアの輝く太陽であり、『オー・ソレ・ミオ』(私の太陽)と同じような内容(恋人の女性を讃える歌)に聴こえるのだ。

 そのような「音楽の表す曖昧さ」から、深い悲しみと深い喜びはつまるところ同じ精神作用である、という真理に目覚めるのか、恋とは失恋をもって至上とする、というアフォリズムを発見するのか、あるいは、地中海性気候のイタリア人に及ぼした精神作用といった民族学に興味を抱くのか−−は、各人の勝手だが、ともかく音楽(とりわけイタリア音楽)は、「音楽美」(音楽独自の美しさ)を追求する結果、言葉によって表しうる人間の感情から乖離し、人間の喜怒哀楽を操作している心の根っこの部分(魂?)に直接働きかける場合が少なくないのだ。そして音楽(心地よい空気の振動の連続作用)によって心の奥底を揺すぶられた聴き手は、得もいわれぬ陶酔状態に陥り、自分勝手に喜びもし、悲しみもする、というわけである。

 ところが、ヴェルディの音楽は、違う。先にも書いたように、楽しいときには楽しい音楽、悲しいときには悲しい音楽が、間違いなく、きちんと流れているのである。

 ヴェルディ中期の傑作(全部で26のオペラを作曲したなかで16作目)『リゴレット』で、マントヴァ公爵が歌う有名な『女心の歌』(♪風の中の羽根のように…と歌われる歌)は、誰がどう聴いても「軽薄な女ったらしのプレイボーイの歌」だし、続く(17作目の)『トロヴァトーレ』(「吟遊詩人」の意)で、主人公マンリーコ(テノール)が怒りに震えて歌う有名なアリア『見よ、恐ろしい火を』は、『女心の歌』をチョイとイジッただけ(と思える)が、戦いに赴く男の歌としては、これ以上の表現はないといえるほどの勇気と迫力が表現されている。

 後期の傑作『ドン・カルロ』(23作目)でスペイン国王フィリッポU世(バス)が歌うアリア『ひとり静かに眠ろう』には、妻に愛されない男の悲哀がしみじみと漂っているし、ヴェルディの作品中最大の傑作というべき『オテッロ』(25作目)のイヤーゴ(バリトン)のアリア『無慈悲な神の命ずるままに』には、恨みに満ちた男の怨念があふれている。

 そして、いちばん最後の作品である喜劇『ファルスタッフ』で、フォード(バリトン)が歌う『これは夢か、誠か』は、そのイヤーゴのアリアと似たような歌であるにもかかわらず、女房を寝取られようとしていることに気づいた間抜けな男の馬鹿さかげんが、驚きと悔しさと滑稽さを伴って鮮やかに表現されている。

 初期の傑作『マクベス』(10作目)に登場するマクベス夫人(ソプラノ)や、『トロヴァトーレ』に登場するジプシー女のアズチェーナ(メゾ・ソプラノ)、それに『仮面舞踏会』(21作目)の占い女ウルリカ(同)といった「悪女」や「魔女」の歌は、どこまでもオドロオドロしく、『リゴレット』のジルダ(ソプラノ)や、『トロヴァトーレ』のレオノーラ(同)、それに『運命の力』(22作目)のドンナ・レオノーラ(同)のような清純な女の歌う歌は、どこまでも清らかに……。

 −−といった具合で、ヴェルディの音楽は、どれも、登場人物の性格、歌詞の内容、その場の雰囲気に、ピタリと合致するメロディであり、リズムであり、入れ替えなどまったく不可能な形に仕上がっているのだ。

 そのような、「完璧」ともいえる「音楽とドラマの一致」は、確固たる「様式」(形式)に根ざしている。

 序曲があり、アリア(独唱)があり、二重唱、三重唱といった重唱があり、合唱曲があり、それらの楽曲をレシタティーヴォでつなぐ(「レシタティーヴォ」とは、旋律を美しく歌う「アリア」に対して「歌う」よりも「語る」ほうに重点がおかれた部分のことで、ハープシコードやピアノを用いた「レシタティーヴォ・セッコ」と、オーケストラの楽器を用いた「レシタティーヴォ・アッコンパニャート」の二種類に分類される)−−というオペラの形式は、17世紀から18世紀のナポリ楽派と呼ばれる作曲家たちや、モールァルト、ロッシーニによって確立された。

 が、続くドニゼッティ、ベッリーニ、ヴェルディ(ドイツ・オペラではべートーヴェン、ウェーバー、ワーグナー)の時代になると、その形式が徐々に崩され、より自由な表現が用いられるようになった。そしてレシタティーヴォはなくなり、やがて、アリアや重唱も、わざわざ歌われるのではなく、ドラマの展開にのっとって連続する音楽のなかで自然に歌われるようになったのだ。

 とはいえ、ベッリーニやドニゼッティやヴェルディの時代には、まだ「形式」が完全に消滅せず、歌がわざわざ歌われる場面も数多く残った。もちろんプッチーニのオペラにも、アリアや重唱や合唱曲は存在する。が、プッチーニ(というより、ヴェルディの『オテッロ』以降)のアリアや重唱や合唱曲は、ドラマの筋書きの流れのなかで必要な台詞を「聴かせ所」にしただけで、その部分をカットすれば筋書きがわからなくなったり、ドラマの構成が崩れてしまう場合が多い。従って、歌を歌っている最中も歌手の演技は続く。

 しかし、ヴェルディの『アイーダ』(『オテッロ』の前の作品)以前のアリアや重唱や合唱曲は、ドラマの展開をいったん完全に停止させ、歌そのものを聴かせようとする性質が強く、その歌を取り除いてもドラマの筋書きは成立する場合が多い。あるいは、たとえ筋書きとして欠かせない台詞でも、独立した「歌」として、わざわざ歌われる場合が多い。

 そのような場面では、歌手は身体の動きによる演技をほとんど停止し(いまにも剣で切りかかろうとしていた敵同士もいったん動きを止め)、舞台の上で棒立ちになり、両手を広げて朗々と歌を歌い出す。それは、当然のことながら、ドラマの展開として、きわめて不自然な行為であり、オペラを見慣れていないフツウの人々にとっては、吹き出したくなるほど滑稽なものといえる。

 そのような「形式」のなかで、ドニゼッティやベッリーニは、歌手の技巧を思い切り発揮させるような楽曲を書いた(前者の『ランメルモールのルチア』や後者の『夢遊病の女』など、狂女を登場させるオペラが流行し、ソプラノが技巧の限りを尽くした「狂った女の歌」を歌った)。

 それも一種の「形式破壊」ではあったが、ヴェルディは「形式」に「内容」を持ち込むことによって、「形式」を凌駕した。すなわち、ドラマの流れを止める単なる「歌」(形式)に、その場面ならではの音楽を付与し、登場人物の性格や、そのときの感情を、より深め、より立体的に描き出すことに成功したのである。

 要するに、ドラマの進行上は明らかに不自然である「形式」を残したまま、ドラマの進行を壊さず、よりドラマをダイナミックに展開するためには、音楽の有する曖昧さや抽象性をいっさい排除し、的確な意味を持つ音楽を付与する必要があった、というわけである。

 そのような「意味の明確な音楽」は、意味が曖昧で多様な「音楽美を追求した音楽」に較べて、ある意味で「単純な音楽」といえる。

 騎士が戦いに赴くときはブンチャカチャッチャと軍隊行進曲の力強い調子になるし、魔女が呪いをかけるときはヒュ〜ドロドロという歌舞伎の効果音に近い音楽になる。悲恋に泣く清楚な女はヨヨヨと泣き崩れ、呪われたような不幸な運命に気づいた群衆は、オッオッオッと喉を詰まらせ、言葉が出なくなる。

 その「単純」なブンチャカチャッチャやヒュ〜ドロドロも、もちろん音楽としてなかなか心地よいもので、何度か聴くうちに、音楽そのものに酔いしれるようになるものだ。が、その「単純な」ブンチャカチャッチャを、歌手が舞台の上で演技を止めて歌うのだから、演技のなかで美しいメロディを歌ってくれるプッチーニのオペラなどに較べて、初心者にはとっつきにくいのも事実である。

 が、ヴェルディの音楽は単純なだけに(それだけ洗練されているだけに)、いったんハマレば、奥が深い。たとえば『アイーダ』の主人公アイーダ(ソプラノ)の『勝ちて帰れ』というアリアでは、エジプトの捕虜となったエチオピア王の娘アイーダが、エジプトとエチオピアの戦いを前にして、恋心を抱くようになった敵の将軍ラダメスと、エチオピア王である自分の父親のどちらもの勝利を願う。その矛盾に引き裂かれる心と、神にすがるほかない祈りの気持ちが、音楽の一音一音の具体的な響きによって、じつに細かく表現されているのだ。

 また『仮面舞踏会』では、「あなたは、いまから最初に握手をする相手に暗殺される」と不吉な占いを口にするウルリカと、その予言を聞いて不安になりながらも一笑に付そうと冗談を口にする国王のリッカルド(グスタフU世)、暗殺を計画していることがばれたかとたじろぐ部下たち、そして、そのような占いの下されたことを知らず(自分の妻がリッカルドと不倫の関係にあることも知らず)に、国王と握手をしてしまう忠実な部下のレナート…といった人物の心理が、これまた一音一音の音楽の響きによって、すべて微細に描き出されているのである。

 ヴェルディのオペラに耳を澄ませば、そのような細かな人間の心理が、一音の無駄もない音楽によって、鮮やかに描き出されていることに気づく。「明確な意味を持つ単純な音楽」も、ここまで「明確さ」を徹底されていることに改めて気づくと、天才作曲家の偉大な手腕に、思わずムムムッ…と唸らざるをえなくなる。

 そのうえ、そのような人間の細かな心理描写に気づくと、そのちっぽけな人間たちを背後から動かしている大きな「力」が、ドーンと出現してくる思いがする。その「力」とは、「政治」や「社会」という人間自身が作りあげた「制度」である。

 ヴェルディのオペラは、ミクロの表現によってマクロを描き出す−−それは、プッチーニのような曖昧で美しい「恋愛劇」には存在しない、音楽による「政治劇」なのである。

 プッチーニから入門したオペラ・ファンなら、歌によってドラマが停滞することのない(舞台上の歌手が演技を止めて歌に専念することのない)『オテッロ』や『ファルスタッフ』といった晩年の作品をまず見て、それから『仮面舞踏会』や『リゴレット』といった中期の作品に手を出し、さらに、『運命の力』『ドン・カルロ』『アイーダ』といった後期の作品群、『ナブッコ』『マクベス』といった初期の作品へと手を広げる方法をオススメしたい。(以下次号)

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

「ベルカント(美しい歌)オペラの巨匠・ドニゼッティ」の珍しいオペラを味わう

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第12回《大天才モーツァルトともに、心豊かな「オペラ人生」を!》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第11回《古いバロック?オペラも、新しい現代オペラも、エリック・クラプトン感覚で楽しもう!》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第10回《ひょっとしてオペラ初心者にはフランス・ロシアの作品が入門編として最適かも…。書を捨てて、フランス・オペラ、ロシア・オペラを聞こう!》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第9回《物語は無骨で、無粋で、理屈だらけ……でも、音楽があるから大丈夫!理屈の多いドイツ・オペラを、理屈抜きに楽しもう!》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第8回《父親の心を表現したワーグナーや、女の心を表現したR・シュトラウスのオペラを理解できない人など存在しない! オペラとは「人間の心」を表現した芸術である》

「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第7回《イタ・オペが好きになったら、次はドイツ・オペラに挑戦だ! ワーグナーの『指環』は初心者向き。スター・ウォーズ以上の奇想天外無比壮大のハリウッドSFオペラである》

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第6回 オペレッタもミュージカルも「オペラ」である。カルメンを楽しむ感覚で『こうもり』も『ウエスト・サイド・ストーリー』も『キャッツ』も楽しもう!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第5回 歌で、ドラマで、音楽で、「女」が描かれた大傑作・三大オペラ「カルメン」「椿姫」「蝶々夫人」は、オペラに少し慣れてから見ることにしよう!

ひょいと出かける気分でベートーヴェン〜そんなことのできる関西の人はエエナァ

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』モーツァルト『フィガロの結婚』を味わい尽くす!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第4回 ♪キュイ〜ンとヴァイオリンが胸を掻き毟るメロディに乗って、♪アアア〜とテノールとソプラノが熱唱〜イタ・オペはガーリックとオリーヴオイルたっぷりのパスタの味わい!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第3回 ♪ブンチャカチャッチャ…というヴェルディの単純なリズムにムムムッと唸れば、あなたは、もう、オペラ通ヴェルディの「政治劇」にハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第2回 ♪ラリラリラア〜……と、イタ・オペの音楽に酔えば、あなたは、もう、オペラ通!プッチーニの流麗なメロディにハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第1回 いまなぜ、あなたはオペラ・ファンになるべきか…?まず現代演出のオペラを見よう!

佐渡裕さんの音楽にあふれる「大男の優しさ」

アンドレア・バッティストーニ:イタリア・オペラと『運命』によせて/イタリア音楽の魅力とイタリア人指揮者の素晴らしさ

『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』オペラの神様ヴェルディの知られざる作品を味わう!

PACの奇蹟――そこでは「広大な世界」を味わうことが出来るのだ。

音楽を心から愛する佐渡さん率いる楽団ゆえに

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』シェイクスピアとオペラで愉しさ倍増:名作戯曲オペラを味わい尽くす!

オペラの歴史の最後期を飾るに相応しい……リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』〜華麗なるオペラの大傑作

スポーツと音楽……それは絶対に切り離せないもの

指揮者は魔法使い?〜音楽の指揮者とスポーツの監督の共通点――それは、どちらも魔法を使うこと

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』 チョット地味で退屈なオペラを面白く楽しむウラワザとコツ!

PAC――聴衆と音楽が一体化する素晴らしいオーケストラ

PACオーケストラ――その「若さ」の魅力

オペラ超入門徹底解説講座/大傑作オペラ『椿姫』のすべてを味わい尽くしましょう!

スポーツと音楽。どちらも人間という存在の表現。

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』宝塚歌劇のようにゴージャスで煌びやかなシュトラウスのオペラに酔いましょう!

PICTURES AT JAZZ EXHIBITION composed by Modest Mussorgsky / arranged by Osamu Matsumoto

『展覧会の絵』にラクガキ!――メタ・ジャズの創成

シドニー五輪は、芸術祭とパラリンピックに注目

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』:モーツァルト「三大オペラ」に隠された「謎」とは?

音の力〜コラボする音楽たち〜音楽では「別れ」が実は「旅立ち」を、「出発」が実は「哀しみ」を表す?

東京オペラシティ「ニューイヤー・ジャズコンサート2014 山下洋輔プロデュース・ファイナル『新春寿邪頭音頭祭文萬歳楽(しんしゅんをことほぐジャズおんどさいもんまんざいらく)〜言祝千穐楽若衆迎春夜明(はるのよあけをむかえるわかしゅうをことほぐさいごのまつり)』

新・地獄八景万之丞乃戯(じごくばっけいまんのじょうのたわむれ)東京五輪開会式之巻

音の力〜コラボする音楽たち/クラシック音楽×スポーツ〜運動会やオリンピックは「芸術祭」でもあるのだ

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 夢と魔法の世界:童話オペラは大人の世界〜『魔笛』から『怪獣たちのいるところ』まで

素晴らしいアジア・オーケストラウィーク2005

衝撃のレポート!! 英国BBCフィル・メンバーが語る「3.11体験」

音の力〜コラボする音楽たち:クラシック音楽×スポーツ〜氷の上でもクラシック、それともオペラ?

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 『オペラは喜劇だ!喜劇が基本!笑って、笑って、オペラ・ブッファの世界!!』

オーケストラ生演奏版映画『ウエスト・サイド物語』〜青春時代に名作と出逢えた喜び

東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズコンサート2013 山下洋輔プロデュース『ひみつのミッホちゃん〜鏡の中からジャズ作曲家宣言!の巻〜』

モーツァルト『魔笛』上演社中結成報告!

何しろ日本は万葉以来の“歌の国”泣く泣く絞った30曲+α

サスペンス劇場:オペラ殺人事件!!玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第5期 オペラ・サスペンス劇場:オペラに描かれた殺人事件の秘密!!

オペラ・オペレッタの日本語訳上演が不可能な本当の理由!?

連載「日本人ならオペラ・ファン」第3回 世界文学全集+音楽=オペラ〜それは、人生を楽しむ最高のツール!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第2回 オペラのテーマは男と女〜しかも90パーセントが不倫!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第1回 日独伊オペラ歌舞伎三国同盟

山下洋輔さん(ジャズ・ピアニスト)――自由な音の跳躍

佐渡裕『僕が大人になったら』〜解説「デッカイことはいいことだ!」

『現代』書評 新書・選書おたのしみレビュー〜音楽本を読みましょう

紫色の音にして〜追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 第4期 プッチーニがオペラで描いた「女性」と「愛のカタチ」のすべて!〜華麗なるイタリア・オペラを味わい尽くす!

まえがき――貪欲な音楽ファンの呟き

劇団冬季ミュージカル・シアター 8000回突破連続上演中!

胸のわくわくするコンサート――西の端(ハーディング)と東の端(佐渡裕)の邂逅

佐渡裕さんのベルリン・フィル・デビューに拍手!〜世界が愛する世界市民オーケストラ

お見事!佐渡裕のベルリンフィル・デビュー

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第15回 小泉さん、日本のオペラにも注目して! / 第16回 (最終回)ヴェルディのブンチャカチャッチャにハマル

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第13回 「オキュパイド・ジャパン」(占領下の日本)のノーテンキな素直さ / 第14回 エレキギター協奏曲はキワモノ?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第11回 一流の音楽家は一流の指導者でもある / 第12回 指揮者だけは、昔がよかった…かな?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第9回 スポーツと音楽――その親密な関係 /第10回 万葉以来「歌」と生きている日本人

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第7回 日本最高のオペラ歌手・三波春夫 /第8回 映画音楽はイタリアンに限る!

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第5回 天才・筒美京平の歌謡曲は消えてゆくから美しい?/第6回 イタリアのド演歌歌手フィリッパ・ジョルダーノ

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第3回 森進一の「雪が降る」/第4回 バーブラ・ストライザンドの「歌曲」

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第1回 ひばりのプッチーニ/第2回 クレオ・レーンのシェーンベルク

スポーツ&音楽〜どちらも最高に面白い!

音楽のパワーを実感〜『第九』でのハーディング氏との幸運な出会い

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第2期 Viva! Verdi! ヴェルディ万歳!〜華麗なるイタリア歌芝居の世界!

特報!! 撮影快調! 完成間近!! 公開迫る!映画『幻の幻燈辻馬車』の『遊び場』

若きバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルの演奏は、名演の宝庫。なかでも「ショスタコ五番」は絶品の一枚。

美しすぎるメロディは「何」を表す?

メジャー級のプレイと音楽

イタリア・オペラからイタリア・サッカーを理解する

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第1期「オペラのツボ」

『カルメン』は怖ろしい

ロマン派を金聖響さんの指揮で聴ける喜び

ベートーヴェンと『神』と『人々』は、どんな三角形を形づくるのか?

天才バーンスタインが残した『キャンディード』もう一つの大傑作

映画とは「オペラ」である。

紫色の音にして 追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

『山下洋輔プロデュース IMPROVISING ブーニン! 吉例異種鍵盤技名人戦/先手・鍵聖無有人古典派八段 VS 後手・盤鬼ヨウスケ邪頭派八段/初春 夢幻の対決』

オペラ『忠臣蔵外伝』第1幕第2場、第3場 作曲/三枝成彰 脚本・演出/島田雅彦 美術監督/日比野克彦 再構成/玉木正之

オペラ『忠臣蔵外伝』 作曲/三枝成彰 脚本/島田雅彦 再構成/玉木正之

マリオ・デル・モナコは長嶋茂雄である

ドラマチックに、そして、優しく……――大岩千穂さんの歌心

ダフ屋の矜恃

スポーツは音楽とともに

玉木正之の『クラシック音楽道場入門』 第1期「クラシックはオモシロイ〜その楽しみ方」

BRAVO! 神奈フィル新常任指揮者・金聖響さんの「魔法」に期待する!

『ウェスト・サイド・ストーリー』は最高のオペラ?

日本人なら『椿姫』で泣ける

「オペラ=音楽プラス世界文学」 それは、人生を楽しむ最高のツール!

オペラのテーマは男と女。しかも90パーセントが不倫!

アメリカ音楽が超大国アメリカを支える!?

21世紀のベートーヴェン――その国際性と多様性

ベートーヴェンの『天の時、地の利、人の和』

純文学書き下ろし序曲『のだめのためのだめな虚無舞踏序曲(ダンシング・ヴァニティ・オヴァチュア)』

『指輪物語』よりも面白い『ニーベルンクの指環』

日本人ならオペラ・ファンになる!〜「日独伊オペラ歌舞伎同盟」

オペラといえば『トゥーランドット』!?

真のオペラの誕生と成長

「身体の音楽」――太鼓打ち・林英哲さんに関する断想

トリエステ・オペラの魅力〜イタリア・オペラの神髄

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』 第15期「オペラで世界文学全集!」

玉木正之のオペラへの招待 大人の恋の物語『メリーウィドウ』

『ジャンニ・スキッキ』の舞台は京都?

クラシック音楽ファン、オペラ・ファンは、なぜDVDに狂喜しているのか?

「不〜倫火山」大爆発!善男善女の皆さんも、煩悩まみれの皆さんも、みんな一緒に御唱和ください!「不倫、不倫、不倫、フリ〜ン!」

クラシック・コンサートは「真に新しい音楽」に触れる場所

オペラとは男と女の化かし合いを楽しむもの

50歳からのホンモノ道楽

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第14期「オペラ掘り出しモノ!」

山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート ヨースケ&サド緊急“生”記者会見!『いま明かされる!反則肘打ち事件の真相』

「ベートーヴェンの交響曲」その名声と誤解

ベートーヴェンの「圧倒的感動」

ファジル・サイの魅力

スポーツは音楽とともに――フィギュアスケートはオペラとともに

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第3弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

天才少年ヴィトゥスとテオと音楽と……

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第13期「オペラは、ゼッタイ演出に注目!」

<演歌 de おぺら(エンカ・デ・オペラ)>上演企画書

『指揮者列伝』ミニミニ・ダイジェスト「カラヤン・ゲルギエフ・セラフィン・バーンスタイン」

あけましてフリー漫才

男の子がヴァイオリンを弾くのは恥ずかしいことだった・・・?

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第12期「オペラは、祭りだ! お祭りだ!」MUSIC FESTIVALS IN THE WORLD

革命的斬新さを失わない音楽――それがクラシック

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

日本ポップス史講座アンケート

待ち焦がれた“パリジャン”の本領

「浪漫派ベートーヴェン」を存分に楽しませてくれた演奏に心から拍手

音楽家はいかにして演奏に心をこめるのか?

JAZZとテツガク

ソロ(孤高)を求めてバンド(連帯)を怖れず!

我が「師匠」福島明也の魅力

城之内ミサ『華Uroad to OASIS』「ジャンル」を超えた素晴らしい音楽

懐かしい空間の響き

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク

五嶋龍―「神童」の生まれ出る一瞬

ヤッタリーナ!ガンバリーナ!イタリーア!

アメリカのスポーツとアメリカの音楽

フィリッパ・ジョルダーノの魅力〜フィリッパの歌はイタリアの味

「私の好きな音楽」身体で感じる世界

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第10期「オペレッタを楽しもう!」

リヒャルト・シュトラウスのオペラは宝塚にふさわしい

日本人は「万葉集」以来「歌とともに生きている」

東方の奇蹟の二重唱

永遠の歌声

「原点回帰」の「山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート2006」に贈る新春お笑い寄席 新作古典落語『人生振出双六』

20世紀最高の「歌役者」

クルマとラジオ

世界は演歌に満ちている

バーブラは諸行無常の響きあり

最高の「日本オペラ」

タイムマシンと冷戦時代

ニッポンは明るい!

春の祭典

シャンソンは高級?

イタリアはイタリア

ジャズはサッカー?

世界はひとつ?

大事なのは、質より量?内面より外見?

ビートルズはわかる?

無人島で聴く最後の歌

歌は世に連れない

クレオ・レーンの学歴

ひばりの川流れ

NASAと蓄音機

日本人の遊び心

「革命的音楽」は時代とともに消えてゆく?

究極のノスタルジー

『プロの仕事』

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク(最終回)

「映画を所有したい!」と思うのは何故?

討ち入りや ゑひもせすまで ジャズに酔ひ――『ジャズマン忠臣蔵』講釈・前口上

ゲルギエフの引き出す無限の可能性/偉大な芸術とは、オモロイもんである。

冬の夜長にオペラ――その極上の面白さをDVDで味わう

都はるみさんの「世界」との新たな出逢い

天国の大トークバトル『クラシック あとは野となれ ジャズとなれ!』

超虚構音楽史―山下洋輔作曲「ピアノ・コンチェルト」の世紀の一戦

男と女の愛の形――悪いのはどっち?

「世の中に新しきものナシ」あらゆる創作はパクリである?

モーツァルトのオペラのおもしろさ

人を愛し、未来を信じ、時代を超越するパワー

バーンスタイン『キャンディード』の単純明快な世界

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

<演歌 de オペラ>上演企画書

カルロス・クライバー〜〜実体験なき体験/〜夢のような体験

歌うピアニスト ―― G&G(グルダとグールド)

グレン・グールド<ガラス=音楽=グールド>

『ブルース・ブラザース』讃

翔べ! 21世紀へ!「エレクトリック・クラシック」の翼に乗って!

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

神野宗吉(ジャンニ・スキッキ)の娘・涼子(ラウレッタ)のアリア『好きやねん、お父ちゃん』(『私のお父さん』)

「子供(jr)」という大発見

NHK-FM『クラシックだい好き』 1〜6回プログラム

島田雅彦のオペラと小説――『バラバラの騎士』と『どんな? あんな?こんな? そんな!』

「オペラ忠臣蔵」のテロリズム

フリンオペラ年表400年史『オペラの歴史はフリンの歴史』

極私的ワーグナー体験の告白『私は如何にしてワーグナーの洗脳を解かれたか?』

ベートーヴェンの「朝ごはん」

サッカーと音楽の合体――それがスポーツ!それがワールドカップ!

オペラ「アイーダ」の本当の魅力

ヨースケのことなら何でもワカル!『ヤマシタ・ヨースケ・ジャズ用語大辞典』遠日発売未定 内容見本

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. WEBサイト制作 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る