コラム「音楽編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2004-09-20

この原稿は、西宮芸術文化センター(来秋オープン)の先行事業として行われたコンサート『Viva!Bernstein!』(9月10〜12日/明石・神戸・大阪)のパンフレットに寄稿したものです。演奏は佐渡裕指揮の京都市交響楽団(と、カレッジ・オペラハウス合唱団)を中心に、ブルノ・フォンテーヌ(ピアノ)、則竹裕之(ドラム)、納浩一(ベース)、越智順子(ジャズ・ヴォーカル)、天羽明恵(ソプラノ)、中鉢聡(テノール)、黒田博(バリトン)、玉木正之(語り)というメンバーで、演目(すべてレナード・バーンスタイン作曲)は次の通りでした。

  1. 『ミュージカル・トースト』
  2. 『オン・ザ・タウン』のテーマによるジャズ・トリオの即興
  3. 『オン・ザ・タウン』より“I can cook too”“Lucky to be Me”“Some other time”
  4. 『ウエスト・サイド・ストーリー』より“Maria”“One Hand One heart”“Somewhere”“Tonight”
  5. 『交響曲第二番 不安の時代』より「仮面舞踏会」「エピローグ」
  6. 歌曲『音楽なんて大嫌い』『大きなインディアンと小さなインディアン』
  7. 『キャンディード』より「火あぶりの場面」「着飾りて」「メイク・アワー・ガーデン・グロウ」

尚、このコンサートの模様は、9月19日と26日の朝(7時5分〜55分)ABCラジオの『ザ・シンフォニーホール・アワー』(司会=桂小米朝、角野啓子)で放送されます(但し、関西地方限定)。

人を愛し、未来を信じ、時代を超越するパワー

 レナード・バーンスタイン(1918〜1990)は、晩年になって(1985年頃から)自作を自分の指揮で次々と録音しはじめた。
  超一流のピアニストでもあり、超一流の音楽解説者・音楽教育者でもあり、そして何より超一流の指揮者であった彼が、自分のタクトで自分の作曲した作品の「決定版」を残したいと思った気持ちは理解できなくもない。
  が、まず最初に『ウエスト・サイド・ストーリー』の全曲を録音する企画がもちあがったとき、バーンスタインは、あまり乗り気になれなかったという。それは「音楽も台詞も舞台設定も、すべて1950年代のものであり、古くさくなっているのではないか、と思えたから」だという。

 この言葉は、にわかには信じられない。なぜなら、「ダンス組曲」としての『ウエスト・サイド・ストーリー』は、多くの国々の多くの指揮者とオーケストラによって繰り返し演奏され、録音もされ、大勢の音楽ファンに楽しまれているからだ。その音楽を「古くさい」などとは誰も思っていないことくらい、当のバーンスタイン自身もわかっているはずだ。
  とはいえ、このときの録音は「ダンス組曲」ではなく、ミュージカルの全曲だった。そうなると、抽象的な音楽のみの響きとは異なり、日常的な会話や台詞、そしてそれにマッチした音楽という具体的な要素が、露骨に1950年代のニューヨークという姿を表現することになる。

 Tシャツ(というよりも丸首シャツ)やカッターシャツやポロシャツにジーンズ姿の若者たちは、ジェット団やシャーク団といった名前を付けた愚連隊を形成し、縄張り争いを繰り返す。が、彼らは、ドラッグには手を出さず、入れ墨もせず、もちろん銃を乱射するわけでもなく、警官をバカにしながらも呼び止められれば会話を交わす。マリファナを吸いながら乱交パーティにふけるのでもなく、ブレザーやドレス姿で体育館でのダンスパーティに足を運ぶ。そして、たった一度の偶然から生じてしまった殺人に、恐れおののく。

 誤解をおそれずに書くなら、彼ら1950年代の若者たちは、おとなしいものである。そして、彼らの会話をそのまま台詞にしたアーサー・ロレンツの詩も、それにメロディをつけたバーンスタインの音楽も、じつにおとなしいものといえる。歌詞にはせいぜい“Punk”(ろくでなし)という言葉が出てくる程度で、“Fuck”(この訳語は書かないでおきましょう)という言葉は一度も用いられず、音楽もエレキギターやシンセサイザーが用いられているわけでなく、せいぜいドラムとエレキベースが加わっているだけなのである。

 しかしそれでも、『ウエスト・サイド・ストーリー』は、1950年代当時、あらゆる意味で「時代の最先端」を突っ走る文字通りの前衛的作品にほかならなかった。
  16世紀イタリアのヴェローナが舞台となっているシェークスピアの最高傑作『ロミオとジュリエット』を、「時代の最先端」としての「現代」に置き換えて再生しようとする試みは、舞台をニューヨークのウエスト・サイドという(当時の)貧民街に移し、そこに蠢く若者たちの民族的対立(白人対プエルトリカン)という構図へと変化した。そして格調高い名台詞は当時の若者たちの日常語に置き変えられ、古典劇はブロードウェイ・ミュージカルへと変身し、歌詞も音楽も(そして振付も)、「時代の最先端」にふさわしい革新性を備えたものとして、世界中の人々に強烈な衝撃を与えたのだった。

 新しいものは、時代とともに古くなる。新しいものほど、古くなるのも早い。その例として「たまごっち」や「プリクラ」をあげるまでもなく、流行が移ろいやすいのは、孔子、孟子、ソクラテス、プラトンの時代から、洋の東西を問わず、賢人たちが嘆きとともに指摘されている事実である。
  バーンスタインが「古くさくなっているのでは・・・」と怖れたのは、まさに自分が「時代の最先端」を走ったという自覚があったからだったに違いない。
  が、彼は、リハーサルや録音のための演奏を繰り返すうちに「そんな心配は完全に消え去った」という。「アーサー・ロレンツの書いた歌詞は、完璧な作品の詩になっていたから色あせることなく、音楽も同様に古くさくなっていなかった」と感じたという。そしてバーンスタインは、この自作を、「ちょっとばかりおかしな言い方になるが」(funny little crazy way)と少し照れながら断ったうえで、こう結論づけたのだった。「これは、クラシックだ」

「クラシック」とは、誰もが知っている言葉だが、少々わかりにくい言葉といえる。
  とりわけ日本では「古典」という言葉に翻訳されているため、誤解も生じている。
  バッハやモーツァルト、ベートーヴェンやチャイコフスキーなどの音楽が「クラシック」と呼ばれることには、誰も異論がないだろう。が、では、ビートルズの音楽はどうか? ディスクショップでは「ロック・ミュージック」のコーナーに並べられており、「クラシック」のコーナーに並ぶことは、まずありえない。しかし英語を母国語とする音楽ファンに向かって「ビートルズはクラシックだよね」というと、ほとんどの人が首を縦にふるに違いない(ローリング・ストーンズをクラシックだというと、ほとんどの人が首を横に振るだろうし、エリック・クラプトンについて同じことをいうと、大議論になるおそれがあるだろう)。

 アメリカ大リーグでは、10月に行われるワールドシリーズのことを“Autumn Classic”(秋のクラシック)と呼んでいるし、競馬の世界では、日本でもアメリカやイギリスでも、ダービーなどの大きなレースのことを「クラシック・レース」と呼んでいる。
  つまり「クラシック」とは、何も「古い古典的なもの」を指すのではなく、「時代を超えて伝統的に継続しているもの」のことを示す言葉なのだ。

 したがって、音楽のジャンルでいうなら、「懐かしのメロディ」と呼ばれて演奏されるものは「クラシック」とは呼べないし、ディスク・ショップのクラシック・コーナーに置かれている現代音楽作曲家による現代音楽も、将来「クラシック」と呼ばれるようになるかどうかはわからない。「継続する」ということは、時代を超えて繰り返し演奏されるもの、多くの人々が聴き続けるもの、という意味なのだ。

 どんな音楽でも、それが創られたときは「現代音楽」にほかならず、モーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』のなかの有名なアリア『もう飛ぶまいぞこの蝶々』も、『ドン・ジョヴァンニ』のなかの有名な二重唱『奥様お手を』といった歌も、18世紀末に誕生した当初は、ウィーンやプラハに住む多くの人々が(貴族も庶民も)流行歌として口ずさんだ。
  また(これは佐渡裕さんに教わったことだが)ベートーヴェンの『第九交響曲』の第四楽章のメロディが、♪ミミファソソファミレ、ドドレミミ〜レレ・・・と、簡単な音階になっているのは、フランス革命に共鳴したベートーヴェンが、それまで貴族の暴政に苦しめられていた庶民の誰もが簡単に口ずさむことができ、「世界中の人々よ、手をつなごう!」というメッセージを発することができるように創ったためだという。

 つまり「クラシック音楽」とは、断じて「堅苦しい音楽」や「難解な音楽」のことを意味するものではなく、それが生まれた時代時代の空気を存分にふくみ、なおかつ時代を超えて愛され続ける音楽のことをいうのである。
  その意味において、レナード・バーンスタインの残した音楽は、『ウエスト・サイド・ストーリー』だけでなく、すべてが素晴らしいクラシック音楽といえるものばかりである(本人が自分の作品を「クラシック」と呼んだときに、“funny little crazy way”という言葉を前置きに使ったのは、自画自賛になってしまうことを少々照れたことに加えて、「通常クラシックといわれているバッハやモーツァルトの音楽とは、かなり異なっていますが」ということを断っておきたかったに違いない)。

 1944年という第2次世界大戦中につくられたミュージカル『オン・ザ・タウン』は、ベティ・コムデンとアドルフ・グリーンの二人が、戦争中の3人の兵士のニューヨークでのたった一日の休暇、という当時の時代そのままを舞台にして台本を書いた(のちに彼女と彼は、ジーン・ケリーの主演で大ヒットしたミュージカル映画『雨に唄えば』の脚本も担当した)。
  バーンスタインは、その台本に、40年代に大流行したスイング・ジャズと時代の最先端であるモダン・ジャズの要素を採り入れた音楽をつけた。そしてこのミュージカルは、ブロードウェイで463回ものロングラン公演となるほど人気を博し、ジーン・ケリーとフランク・シナトラの主演によって映画化もされた(邦題は『踊る大紐育』。もっとも、この映画化に際しては、バーンスタインの音楽は半分くらいしか使われず、代わって、さらに「人気を博す」ような「流行歌」が他の作曲家によって挿入され、バーンスタインはそのことを不愉快に思うと同時に、大いに嘆き悲しんだという。この映画のプロデューサーは、おそらく、「時代に迎合する」あまり、「時代を超越する」部分があることに気づかなかったのだろう)。

 1956年に初演されたミュージカル『キャンディード』は、バーンスタイン自身のアイデアによって、フランス革命の時代の大作家ヴォルテールの作品をミュージカルにしたものだが、その時代背景としては、アメリカ国内にマッカーシズムの嵐が吹き荒れるという出来事があった(マッカーシズムとは、上院議員のマッカーシーが提唱し、ソビエト連邦の台頭から、共産主義や社会主義だけでなく、自由主義者の知識人までが逮捕されたり追放されたりして、アメリカの国家主義を煽動した運動だった)。
  バーンスタイン自身も、自由主義的な言動からFBIに目をつけられたらしい。が、そこで彼が発表した作品は、いかにもバーンスタインらしいというべきか、何歳になっても誰からも「レニー」と呼ばれて愛された人物らしく、自ら「コミカル・オペレッタ」と呼ぶ笑いと皮肉と哀愁に満ちた心温まるものとなった。

 戦争で故郷を焼き払われ、離ればなれになった一組の恋人は、あるときは殺人事件に巻き込まれて火炙りの刑寸前になったり、またあるときは一攫千金を求めて南米に渡って大金持ちになったり・・・と奇想天外の大冒険を繰り返す。が、最後に再び巡り会い、故郷に戻った恋人同士は、「二人で家を建て、畑を耕し、穏やかな生活を始めよう・・・」と歌う。
  人間の権力欲や金銭欲や闘争本能の愚かさを、笑いとともに吹き飛ばし、最後に到達するきわめて単純な真理が、これほど心に深く染み入るのは、バーンスタインの創った素晴らしい音楽の力というほかない。

 バーンスタインは、それらのミュージカルのほかに、三曲の交響曲やミサ曲、ダンス音楽や歌曲も残している。それらの音楽のなかには、ちょっと聴いただけでは、いかにも現代音楽(ハ長調やニ短調といった調性やメロディがよくわらず、単純な繰り返しや不協和音が響く、といった類の音楽)と思える曲もある。が、よく聴くと(というよりも、素直に音の響きと流れに身をまかせると)、バーンスタインの音楽は、じつに様々なことを語りかけてくれていることに気づく。
  1949年に発表された『交響曲第二番 不安の時代』は、イギリス生まれ(のちにアメリカに帰化)の詩人W・H・オーデンの同名の詩に触発されて創られた。第2次世界大戦が幕を閉じても戦争は終わらず、地球を破壊してしまうことも可能なほどの核兵器の開発競争を伴った冷戦という時代のなか、それでも経済的に豊かになった社会は享楽を求め続ける・・・。バーンスタインの音楽は、そのような「不安な時代」を絶望と皮肉で描写しながらも、けっしてそれだけで終わらない。

 これは、『オン・ザ・タウン』にも、『キャンディード』にも通じることだが、バーンスタインの音楽は、すべて希望と喜びにあふれた結末になっている。兄のベルナルドと恋人のトニーを失ったマリアひとりが取り残されるという『ウエスト・サイド・ストーリー』の結末でさえ、最後に流れる美しいメロディは、単なる悲しみだけを表すものとは思えない。それはマリアに対する鎮魂歌であると同時に、一人の男性を懸命に愛した女性の美しい心に対する賛歌でもあり、彼女の愛の犠牲によって闘いを繰り返していた男たちが和解に向かうという希望をも表しているように思える。
  それと同様、交響曲『不安な時代』の結末も、不安な音の洪水の果てに、素晴らしい未来の光が輝く。

 人間は、たしかに、いつの時代も愚かなことを繰り返し続ける。おかげで、文明はいくら発達しても、わたしたちの心に平安は訪れない。が、それでもバーンスタインという天才は、人間を信じ続けている。いつかは発揮することのできる、あるいは、時々は垣間見ることのできる、人間の素晴らしい叡智と、その結果としての輝かしい未来を、バーンスタインは信じている。おそらく、それを「愛」というのだろうが、そのことが、彼の音楽を聴くと痛いほど伝わってくるのだ。
  佐渡裕さんから聞いたことだが、「レニーほど人間の好きな人はいない」という。仕事のうえでも、個人的な交流のうえでも、バーンスタインは、人と会うことを無碍に拒否したりすることはなく、会えばいろんなことを時間の許すかぎり話し込んだという。

 残念ながら出逢ったことはないが、小学生のときからの40年来のバーンスタイン・ファンとして、彼がエネルギッシュな人物であったことは想像に難くない。それは、彼の作曲した作品、指揮した音楽、奏でたピアノを聴いてもわかることだが、人を愛し、人間の未来を信じるには、さらに大きなエネルギーが必要だったに違いない。
  悲観主義は雰囲気の問題だが、楽観主義は意志の問題である、という言葉がある。
  雰囲気に呑まれてダメだダメだと嘆くのは楽だが、未来に輝きを見つける意志を持つにはパワーがいる。さらに、その意志を作品にまで昇華するエネルギーのことを思うと(しかも、世界中を飛びまわる超過密なスケジュールのなかで!)、レナード・バーンスタインという人物の計り知れないほど大きなエネルギーには、呆然とするばかりである。

 もっとも、それくらいのパワーを持つ人物でないと、これほど多くの時代を超越するクラシックを残すことはできないに違いない。
  さあ、今宵は、もう一人のパワフルな音楽家、レナード・バーンスタインの最後の愛弟子である佐渡裕さんの指揮するレニーの音楽から、わたしたちも大きなパワーをもらうことにしましょう。人を愛し、未来を信じるパワーを。

▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第4回 ♪キュイ〜ンとヴァイオリンが胸を掻き毟るメロディに乗って、♪アアア〜とテノールとソプラノが熱唱〜イタ・オペはガーリックとオリーヴオイルたっぷりのパスタの味わい!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第3回 ♪ブンチャカチャッチャ…というヴェルディの単純なリズムにムムムッと唸れば、あなたは、もう、オペラ通ヴェルディの「政治劇」にハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第2回 ♪ラリラリラア〜……と、イタ・オペの音楽に酔えば、あなたは、もう、オペラ通!プッチーニの流麗なメロディにハマロウ!

ビデオで見る玉木正之のオペラの時間 第1回 いまなぜ、あなたはオペラ・ファンになるべきか…?まず現代演出のオペラを見よう!

佐渡裕さんの音楽にあふれる「大男の優しさ」

アンドレア・バッティストーニ:イタリア・オペラと『運命』によせて/イタリア音楽の魅力とイタリア人指揮者の素晴らしさ

『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』オペラの神様ヴェルディの知られざる作品を味わう!

PACの奇蹟――そこでは「広大な世界」を味わうことが出来るのだ。

音楽を心から愛する佐渡さん率いる楽団ゆえに

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』シェイクスピアとオペラで愉しさ倍増:名作戯曲オペラを味わい尽くす!

オペラの歴史の最後期を飾るに相応しい……リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』〜華麗なるオペラの大傑作

スポーツと音楽……それは絶対に切り離せないもの

指揮者は魔法使い?〜音楽の指揮者とスポーツの監督の共通点――それは、どちらも魔法を使うこと

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!』 チョット地味で退屈なオペラを面白く楽しむウラワザとコツ!

PAC――聴衆と音楽が一体化する素晴らしいオーケストラ

PACオーケストラ――その「若さ」の魅力

オペラ超入門徹底解説講座/大傑作オペラ『椿姫』のすべてを味わい尽くしましょう!

スポーツと音楽。どちらも人間という存在の表現。

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』宝塚歌劇のようにゴージャスで煌びやかなシュトラウスのオペラに酔いましょう!

PICTURES AT JAZZ EXHIBITION composed by Modest Mussorgsky / arranged by Osamu Matsumoto

『展覧会の絵』にラクガキ!――メタ・ジャズの創成

シドニー五輪は、芸術祭とパラリンピックに注目

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』:モーツァルト「三大オペラ」に隠された「謎」とは?

音の力〜コラボする音楽たち〜音楽では「別れ」が実は「旅立ち」を、「出発」が実は「哀しみ」を表す?

東京オペラシティ「ニューイヤー・ジャズコンサート2014 山下洋輔プロデュース・ファイナル『新春寿邪頭音頭祭文萬歳楽(しんしゅんをことほぐジャズおんどさいもんまんざいらく)〜言祝千穐楽若衆迎春夜明(はるのよあけをむかえるわかしゅうをことほぐさいごのまつり)』

新・地獄八景万之丞乃戯(じごくばっけいまんのじょうのたわむれ)東京五輪開会式之巻

音の力〜コラボする音楽たち/クラシック音楽×スポーツ〜運動会やオリンピックは「芸術祭」でもあるのだ

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 夢と魔法の世界:童話オペラは大人の世界〜『魔笛』から『怪獣たちのいるところ』まで

素晴らしいアジア・オーケストラウィーク2005

衝撃のレポート!! 英国BBCフィル・メンバーが語る「3.11体験」

音の力〜コラボする音楽たち:クラシック音楽×スポーツ〜氷の上でもクラシック、それともオペラ?

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 『オペラは喜劇だ!喜劇が基本!笑って、笑って、オペラ・ブッファの世界!!』

オーケストラ生演奏版映画『ウエスト・サイド物語』〜青春時代に名作と出逢えた喜び

東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズコンサート2013 山下洋輔プロデュース『ひみつのミッホちゃん〜鏡の中からジャズ作曲家宣言!の巻〜』

モーツァルト『魔笛』上演社中結成報告!

何しろ日本は万葉以来の“歌の国”泣く泣く絞った30曲+α

サスペンス劇場:オペラ殺人事件!!玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第5期 オペラ・サスペンス劇場:オペラに描かれた殺人事件の秘密!!

オペラ・オペレッタの日本語訳上演が不可能な本当の理由!?

連載「日本人ならオペラ・ファン」第3回 世界文学全集+音楽=オペラ〜それは、人生を楽しむ最高のツール!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第2回 オペラのテーマは男と女〜しかも90パーセントが不倫!

連載「日本人ならオペラ・ファン」第1回 日独伊オペラ歌舞伎三国同盟

山下洋輔さん(ジャズ・ピアニスト)――自由な音の跳躍

佐渡裕『僕が大人になったら』〜解説「デッカイことはいいことだ!」

『現代』書評 新書・選書おたのしみレビュー〜音楽本を読みましょう

紫色の音にして〜追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

玉木正之の『オペラ超入門 徹底解説講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』 第4期 プッチーニがオペラで描いた「女性」と「愛のカタチ」のすべて!〜華麗なるイタリア・オペラを味わい尽くす!

まえがき――貪欲な音楽ファンの呟き

劇団冬季ミュージカル・シアター 8000回突破連続上演中!

胸のわくわくするコンサート――西の端(ハーディング)と東の端(佐渡裕)の邂逅

佐渡裕さんのベルリン・フィル・デビューに拍手!〜世界が愛する世界市民オーケストラ

お見事!佐渡裕のベルリンフィル・デビュー

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第15回 小泉さん、日本のオペラにも注目して! / 第16回 (最終回)ヴェルディのブンチャカチャッチャにハマル

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第13回 「オキュパイド・ジャパン」(占領下の日本)のノーテンキな素直さ / 第14回 エレキギター協奏曲はキワモノ?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第11回 一流の音楽家は一流の指導者でもある / 第12回 指揮者だけは、昔がよかった…かな?

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第9回 スポーツと音楽――その親密な関係 /第10回 万葉以来「歌」と生きている日本人

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第7回 日本最高のオペラ歌手・三波春夫 /第8回 映画音楽はイタリアンに限る!

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第5回 天才・筒美京平の歌謡曲は消えてゆくから美しい?/第6回 イタリアのド演歌歌手フィリッパ・ジョルダーノ

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第3回 森進一の「雪が降る」/第4回 バーブラ・ストライザンドの「歌曲」

『大人ぴあ』連載「玉木正之のちょっとオモロイモン」第1回 ひばりのプッチーニ/第2回 クレオ・レーンのシェーンベルク

スポーツ&音楽〜どちらも最高に面白い!

音楽のパワーを実感〜『第九』でのハーディング氏との幸運な出会い

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第2期 Viva! Verdi! ヴェルディ万歳!〜華麗なるイタリア歌芝居の世界!

特報!! 撮影快調! 完成間近!! 公開迫る!映画『幻の幻燈辻馬車』の『遊び場』

若きバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルの演奏は、名演の宝庫。なかでも「ショスタコ五番」は絶品の一枚。

美しすぎるメロディは「何」を表す?

メジャー級のプレイと音楽

イタリア・オペラからイタリア・サッカーを理解する

玉木正之の『続々オペラ超入門講座〜オペラを心ゆくまで楽しみましょう!〜』第1期「オペラのツボ」

『カルメン』は怖ろしい

ロマン派を金聖響さんの指揮で聴ける喜び

ベートーヴェンと『神』と『人々』は、どんな三角形を形づくるのか?

天才バーンスタインが残した『キャンディード』もう一つの大傑作

映画とは「オペラ」である。

紫色の音にして 追悼・浅川マキ、唄い続けた生涯

『山下洋輔プロデュース IMPROVISING ブーニン! 吉例異種鍵盤技名人戦/先手・鍵聖無有人古典派八段 VS 後手・盤鬼ヨウスケ邪頭派八段/初春 夢幻の対決』

オペラ『忠臣蔵外伝』第1幕第2場、第3場 作曲/三枝成彰 脚本・演出/島田雅彦 美術監督/日比野克彦 再構成/玉木正之

オペラ『忠臣蔵外伝』 作曲/三枝成彰 脚本/島田雅彦 再構成/玉木正之

マリオ・デル・モナコは長嶋茂雄である

ドラマチックに、そして、優しく……――大岩千穂さんの歌心

ダフ屋の矜恃

スポーツは音楽とともに

玉木正之の『クラシック音楽道場入門』 第1期「クラシックはオモシロイ〜その楽しみ方」

BRAVO! 神奈フィル新常任指揮者・金聖響さんの「魔法」に期待する!

『ウェスト・サイド・ストーリー』は最高のオペラ?

日本人なら『椿姫』で泣ける

「オペラ=音楽プラス世界文学」 それは、人生を楽しむ最高のツール!

オペラのテーマは男と女。しかも90パーセントが不倫!

アメリカ音楽が超大国アメリカを支える!?

21世紀のベートーヴェン――その国際性と多様性

ベートーヴェンの『天の時、地の利、人の和』

純文学書き下ろし序曲『のだめのためのだめな虚無舞踏序曲(ダンシング・ヴァニティ・オヴァチュア)』

『指輪物語』よりも面白い『ニーベルンクの指環』

日本人ならオペラ・ファンになる!〜「日独伊オペラ歌舞伎同盟」

オペラといえば『トゥーランドット』!?

真のオペラの誕生と成長

「身体の音楽」――太鼓打ち・林英哲さんに関する断想

トリエステ・オペラの魅力〜イタリア・オペラの神髄

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』 第15期「オペラで世界文学全集!」

玉木正之のオペラへの招待 大人の恋の物語『メリーウィドウ』

『ジャンニ・スキッキ』の舞台は京都?

クラシック音楽ファン、オペラ・ファンは、なぜDVDに狂喜しているのか?

「不〜倫火山」大爆発!善男善女の皆さんも、煩悩まみれの皆さんも、みんな一緒に御唱和ください!「不倫、不倫、不倫、フリ〜ン!」

クラシック・コンサートは「真に新しい音楽」に触れる場所

オペラとは男と女の化かし合いを楽しむもの

50歳からのホンモノ道楽

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第14期「オペラ掘り出しモノ!」

山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート ヨースケ&サド緊急“生”記者会見!『いま明かされる!反則肘打ち事件の真相』

「ベートーヴェンの交響曲」その名声と誤解

ベートーヴェンの「圧倒的感動」

ファジル・サイの魅力

スポーツは音楽とともに――フィギュアスケートはオペラとともに

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第3弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

天才少年ヴィトゥスとテオと音楽と……

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第13期「オペラは、ゼッタイ演出に注目!」

<演歌 de おぺら(エンカ・デ・オペラ)>上演企画書

『指揮者列伝』ミニミニ・ダイジェスト「カラヤン・ゲルギエフ・セラフィン・バーンスタイン」

あけましてフリー漫才

男の子がヴァイオリンを弾くのは恥ずかしいことだった・・・?

『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第12期「オペラは、祭りだ! お祭りだ!」MUSIC FESTIVALS IN THE WORLD

革命的斬新さを失わない音楽――それがクラシック

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

日本ポップス史講座アンケート

待ち焦がれた“パリジャン”の本領

「浪漫派ベートーヴェン」を存分に楽しませてくれた演奏に心から拍手

音楽家はいかにして演奏に心をこめるのか?

JAZZとテツガク

ソロ(孤高)を求めてバンド(連帯)を怖れず!

我が「師匠」福島明也の魅力

城之内ミサ『華Uroad to OASIS』「ジャンル」を超えた素晴らしい音楽

懐かしい空間の響き

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク

五嶋龍―「神童」の生まれ出る一瞬

ヤッタリーナ!ガンバリーナ!イタリーア!

アメリカのスポーツとアメリカの音楽

フィリッパ・ジョルダーノの魅力〜フィリッパの歌はイタリアの味

「私の好きな音楽」身体で感じる世界

玉木正之の『オペラはやっぱりオモロイでぇ』第10期「オペレッタを楽しもう!」

リヒャルト・シュトラウスのオペラは宝塚にふさわしい

日本人は「万葉集」以来「歌とともに生きている」

東方の奇蹟の二重唱

永遠の歌声

「原点回帰」の「山下洋輔ニュー・イヤー・コンサート2006」に贈る新春お笑い寄席 新作古典落語『人生振出双六』

20世紀最高の「歌役者」

クルマとラジオ

世界は演歌に満ちている

バーブラは諸行無常の響きあり

最高の「日本オペラ」

タイムマシンと冷戦時代

ニッポンは明るい!

春の祭典

シャンソンは高級?

イタリアはイタリア

ジャズはサッカー?

世界はひとつ?

大事なのは、質より量?内面より外見?

ビートルズはわかる?

無人島で聴く最後の歌

歌は世に連れない

クレオ・レーンの学歴

ひばりの川流れ

NASAと蓄音機

日本人の遊び心

「革命的音楽」は時代とともに消えてゆく?

究極のノスタルジー

『プロの仕事』

佐渡&玉木のぶっちゃけトーク(最終回)

「映画を所有したい!」と思うのは何故?

討ち入りや ゑひもせすまで ジャズに酔ひ――『ジャズマン忠臣蔵』講釈・前口上

ゲルギエフの引き出す無限の可能性/偉大な芸術とは、オモロイもんである。

冬の夜長にオペラ――その極上の面白さをDVDで味わう

都はるみさんの「世界」との新たな出逢い

天国の大トークバトル『クラシック あとは野となれ ジャズとなれ!』

超虚構音楽史―山下洋輔作曲「ピアノ・コンチェルト」の世紀の一戦

男と女の愛の形――悪いのはどっち?

「世の中に新しきものナシ」あらゆる創作はパクリである?

モーツァルトのオペラのおもしろさ

人を愛し、未来を信じ、時代を超越するパワー

バーンスタイン『キャンディード』の単純明快な世界

いつの世も変わらない「親子」と「男女」

<演歌 de オペラ>上演企画書

カルロス・クライバー〜〜実体験なき体験/〜夢のような体験

歌うピアニスト ―― G&G(グルダとグールド)

グレン・グールド<ガラス=音楽=グールド>

『ブルース・ブラザース』讃

翔べ! 21世紀へ!「エレクトリック・クラシック」の翼に乗って!

サロメ――官能と陶酔の神話の魅力

神野宗吉(ジャンニ・スキッキ)の娘・涼子(ラウレッタ)のアリア『好きやねん、お父ちゃん』(『私のお父さん』)

「子供(jr)」という大発見

NHK-FM『クラシックだい好き』 1〜6回プログラム

島田雅彦のオペラと小説――『バラバラの騎士』と『どんな? あんな?こんな? そんな!』

「オペラ忠臣蔵」のテロリズム

フリンオペラ年表400年史『オペラの歴史はフリンの歴史』

極私的ワーグナー体験の告白『私は如何にしてワーグナーの洗脳を解かれたか?』

ベートーヴェンの「朝ごはん」

サッカーと音楽の合体――それがスポーツ!それがワールドカップ!

オペラ「アイーダ」の本当の魅力

ヨースケのことなら何でもワカル!『ヤマシタ・ヨースケ・ジャズ用語大辞典』遠日発売未定 内容見本

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit-ビット- bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る