玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(21.10.13更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
鮨處 もり山
ホームページ制作【京都 東京】 SEO対策、ホームページ制作のbit-ビット
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2021-10-13 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
東京五輪2020は「オリンピック大会」など必要ないことを証明した!?
この原稿は、東京五輪が閉幕した直後に時事ドットコム(時事通信社のWEB 版)に掲載された原稿です。「横暴」とも言えるほどの力で開催を押し切ろうとするIOC(国際オリンピック委員会)。それに対して、何ら代案を出せないまま開催に突入し、多くのコロナ感染者を出し、病院と病床の危機的状況を招いてしまった日本政府と日本のオリパラ組織委員会。この原稿は、オリンピックが終わった直後(パラリンピックはまだ開会していないとき)に書いたモノですが、そのときの正直な気持ちを書いたモノとして"蔵出し"します。パラリンピックについての感想(オリンピックよりもはるかに価値ある素晴らしい大会だった!)については、改めて"蔵出し"したいと思います。
【記事全文を表示】

2021-10-13 タマキの蔵出しコラム「音楽編」 NEW!!
玉木正之の新オペラ入門講座/オペラで美しい「異国情緒(エキゾチズム)」を味わいましょう!(12月24日)
コロナ禍のために毎月のオペラ講座が開講できなくなった代わりの、単発のオペ ラ講座第2弾です。第1弾(9月25日)は「オペラ・ブッファ(喜劇)」の大特集で、ロッシーニを中心に解説しましたが、第2弾はジャコモ・プッチーニの「異国情緒(エキゾチズム)」がテーマです。ジュゼッペ・ヴェルディに続いてイタリア・オペラの大巨匠となったプッチーニですが、イタリアやスペインやフランスといったラテン系の国を舞台にした作品の多かったヴェルディとは異なり、プッチーニは、『蝶々夫人』で明治時代の日本(長崎)、『西部の娘』で西部開拓時代のアメリカ、『つばめ』でウィーン、『トゥーランドット』で清朝(?)の中国など、イタリア(ラテン系)以外の文化の異なる「異国」を舞台に選びました。それは、爛熟期を迎えて限界に到達したイタリア・オペラ(ヨーロッパ文明)を生き長らえさせるための「刺激策」だったのか? あるいはイタリア・オペラ(ヨーロッパ文明)の否定だったのか? その謎を探りながら、美しい「異国情緒(エキゾチズム)」を味わってみたいと思い、ここに"蔵出し"します。名古屋周辺の方は、どうぞ、ふるってご参加下さい。面白い舞台と音楽をご紹介します!
【記事全文を表示】

2021-08-25 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」
日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(9)「大阪タイガース來る」
日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(10)遠藤忠「長嶋茂雄ヘルメット飛ばす」
今年(2021年)2月16〜25日の『日本経済新聞』のシリーズ「美の十選」に10回連載した「アート・オブ・ベースボール」。これまで"蔵出し"してきたた第1〜8回に続いて、いよいよ今回は採取海として第9〜10回を"蔵出し"します。第9回は戦前の大阪タイガースのポスター。戦前のプロ野球のポスターや写真は、ブロマイドのようなものではなく、迫力あるプレイのシーンを表現したものが多いですね。「野球の凄さ/面白さ」を多くの人に伝えようとしたのでしょうが、現在の「スター選手(の笑顔)中心」の宣伝ポスターより野球の本質が表現されていましたよね。最後の第10回は雑誌『ナンバー』の表紙を飾って有名になったスポーツ新聞の「ボツ写真」(笑)。スポーツ紙の報道写真としては「タダの空振り写真」は使い物にならなかったようですが、これぞ、まさしく、ベースボールの瞬間!ですよね。という「思想」とともに“蔵出し”します。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
Blu-ray
『フラガール』
『フラガール』
もう15年も前の映画になるのですね。久し振りに見直しましたけど、イイ映画ですね。李鳳宇さんは新しい映画創ってるのかな?
【ナンカン10/9】
DVD
『マッカーサー』
『マッカーサー』
グレゴリー・ペック演じるマッカーサーがフィリピン撤退から対日戦争勝利、朝鮮戦争で「老兵は去る」までを描いた映画。日本国憲法の不戦条項は幣原首相が言い出してます。
BOOK
ダグラス・マッカーサー『マッカーサー大戦回顧録』中公文庫
ダグラス・マッカーサー『マッカーサー大戦回顧録』中公文庫
憲法9条の不戦条項は幣原首相が言い出したとこの本に書かれているすです。読んで見ようかな。しかし朝鮮戦争の記述はないらしい。
DVD
『パットン大戦車軍団』
『パットン大戦車軍団』
これは素晴らしい映画です。ドン・キホーテのように風車(政治?時代?)に挑んだパットンを演じたジョージ・C・スコットの演技が凄い
【以上ナンカン10/10】
Blu-ray
『ミニヴァー夫人』
『ミニヴァー夫人』
イギリスの上流階級の日常を描いた見事な戦争(反ナチ)映画です。戦場場面は一切ナシ。しかしダンケルクのシーンは圧巻!
DVD
『噂の二人』
『噂の二人』
これもワイラー監督。私はどちらかというとヘップバーンよりマクレーンのファンです。
Blu-ray
『ファニー・ガール』
『ファニー・ガール』
これもワイラー監督。ピアニストのグレン・グールドはこの映画でアカデミー主演女優賞をとったバーブラ・ストライザンドの大ファンです。
CD
『クラシカル・バーブラ』
『クラシカル・バーブラ』
ドビュッシー、フォーレ、ヘンデル、シューマン…これはグールドも絶賛している素晴らしい1枚です。
DVD
『ベン・ハー』
『ベン・ハー』
これもワイラー監督。チャールトン・ヘストンの英雄映画と思って初めて見たときキリストの映画だとわかり驚きました
【以上ナンカン10/9】
Blu-ray
『動乱』
『動乱』
吉永小百合と高倉健を見たい人のためだけの映画。何も考えさせられるところのない残念な戦争映画
【ナンカン10/6】
DVD
『壬生義士伝』
『壬生義士伝』
ちょっと最後が長かったかなぁ。テーマを盛り込みすぎ? ちょっと残念。
『テルマエ・ロマエ2』
『テルマエ・ロマエ2』
まぁ笑えれば良いのでしょうか?
【以上ナンカン10/4】
BOOK
高島俊男『中国の大盗賊』講談社現代新書
高島俊男『中国の大盗賊』講談社現代新書
何度推薦しても多すぎると思えない面白くてタメになる本。中国理解には随一の名著。
CD
『モーツァルト:二台のピアノのための協奏曲』
『モーツァルト:二台のピアノのための協奏曲』
フリードリヒ・グルダ&チック・コリアのピアのにアーノンクールの指揮ゴキゲンなモーツァルトです
【以上ナンカン10/3】
FOOTBALL TEAM
『鎌倉インターナショナルFC』
『鎌倉インターナショナルFC』
近所にできたサッカー・クラブ。略称「鎌倉インテル」。応援は湘南ベルマーレからこっちに鞍替えです。
STADIUM
『みんなの鳩サブレースタジアム』
『みんなの鳩サブレースタジアム』
略称「鳩スタ」。良いですねえ。鳩サブレーは牛乳でもコーヒーでも浸して食してベリーグーです
DVD
『日本のいちばん長い日』
『日本のいちばん長い日』
岡本喜八監督の歴史大河映画。阿南陸将は三船敏郎。人物像は違うかも知れないけどこっちの映画も好きです
【以上ナンカン10/2】
Blu-ray
『日本のいちばん長い日』
『日本のいちばん長い日』
原田眞人監督によるリメイク。阿南陸将は秘書だった隣人のお婆さんによると役所広司のほうが三船より本人に近いようですね
【ナンカン10/1】
『わが母の記』
『わが母の記』
樹木希林&役所広司の名演技と原田眞人監督の暖かい映像と見事なテンポですばらしい映画でした。
DVD
ロッシーニ:オペラ『ランスへの旅』
ロッシーニ:オペラ『ランスへの旅』
バルセロナ・リセウ歌劇場の名舞台。舞台上のプールやお風呂で戯れながら歌う歌手も見事ですね。
ロッシーニ:オペラ『ランスへの旅』
ロッシーニ:オペラ『ランスへの旅』
パリ・シャトレ座の名舞台。指揮者ゲルギエフが中折れ帽とトレンチコート姿で客席から登場。抜群のセンスの演出です
【以上ナンカン9/28】
ロッシーニ:オペラ『アルジェのイタリア娘』
ロッシーニ:オペラ『アルジェのイタリア娘』
イタリア・ペーザロでのロッシーニ祭での舞台。ビデオにCGにアニメに漫画。抱腹絶倒の舞台です。
ロッシーニ:オペラ『アルジェのイタリア娘』
ロッシーニ:オペラ『アルジェのイタリア娘』
パリ・オペラ座の楽しい舞台。音楽大学を出たエリート歌手がここまで阿呆なことを…で大拍手!
ロッシーニ:オペラ『ラ・チェネレントラ』
ロッシーニ:オペラ『ラ・チェネレントラ』
ディドナード&フローレスの名唱とスマートな舞台セット・衣裳・振付で最高の舞台。ブラーヴォ!
ロッシーニ:オペラ『ラ・チェネレントラ』
ロッシーニ:オペラ『ラ・チェネレントラ』
シュターデ&アライサの歌も見事!J・P・ポネルの映像が美しい最高のオペラ映画
【以上ナンカン9/25】
CD
『鳥の歌〜ホワイト・ハウス・コンサート』
『鳥の歌〜ホワイト・ハウス・コンサート』
パブロ・カザルスがケネディ大統領の前で唸り声を出しながらの大名演です
【ナンカン9/24】
DVD
『オペラ名作鑑賞6セビリャの理髪師』世界文化社
『オペラ名作鑑賞6セビリャの理髪師』世界文化社
ノーベル賞作家ダリオ・フォー演出の大笑いの名舞台。歌手が5メートル以上も上空に飛ばされます(?)
【ナンカン9/23.25】
BOOK
長谷川智・坂上康博・木寺英史・鈴木智也『剣道の未来 人口増加と新たな飛躍のための提案』左文右武堂
長谷川智・坂上康博・木寺英史・鈴木智也『剣道の未来 人口増加と新たな飛躍のための提案』左文右武堂
武道は文科省が中学生の必修科目にしてから競技人口が減ったんですね。役所はイランことするな!
【ナンカン9/22】
Blu-ray
『スターリンの葬送行進曲』
『スターリンの葬送行進曲』
ハハハハハと笑うほかなほど怖く恐ろしい映画です
【ナンカン9/21】
『アウトブレイク』
『アウトブレイク』
正体不明のアフリカ経由の感染症ウイルスは細菌兵器研究の…それが市中に広まって正義感溢れる医者が…というハリウッド映画
【ナンカン9/20】
『手紙は憶えている』
『手紙は憶えている』
アウシュビッツで生き延びたユダヤ人がドイツ人に復讐を…と思っていたら、実は…。現在まで続くホロコーストの後遺症映画。考えさせられます。
DVD
『地獄に堕ちた勇者ども』
『地獄に堕ちた勇者ども』
ユダヤ人大虐殺の水晶の夜と突撃隊粛正の夜には『トリスタンとイゾルデ』が歌われたのでしょうか?
【以上ナンカン9/19】
CD
『淡谷のり子ブルースの女王』
『淡谷のり子ブルースの女王』
子供の頃にテレビに出ていた彼女は少々恐ろしい存在でした。それほど歌にも迫力がありました。
『淡谷のり子ベスト』
『淡谷のり子ベスト』
暗い日曜日/枯葉/愛の賛歌/人の気も知らないで…日本版ブルース以上に心に響きます。
BOOK
平岡正明『大歌謡論』筑摩書房
平岡正明『大歌謡論』筑摩書房
日本版ブルースが七七七五の都々逸(どどいつ)だと教えてくれたのはこの本です
【以上ナンカン9/17】
レンツ・クリス=レッテンベック他『図説西洋護符大全-魔法・呪術・迷信の博物誌』八坂書房
レンツ・クリス=レッテンベック他『図説西洋護符大全-魔法・呪術・迷信の博物誌』八坂書房
大好きな一冊です。
カール・シファキス『詐欺とペテンの大百科』青土社
カール・シファキス『詐欺とペテンの大百科』青土社
これも大好きな一冊です
【以上ナンカン9/16】
平林直哉『クラシックの深淵』青弓社
平林直哉『クラシックの深淵』青弓社
平林さん、頑張ってますね。ナカナカのウンチクの一冊です
【ナンカン9/15】
SAKE
『水尾 純米吟醸/辛口 720ml 道の駅花の駅千曲川オリジナル2本セット』
『水尾 純米吟醸/辛口 720ml 道の駅花の駅千曲川オリジナル2本セット』
山本敦 久さんの生まれ故郷の銘酒。美味しくいただきました
【ナンカン9/14】
BOOK
坂上康博『権力装置としてのスポーツ 帝国日本の国家戦略』講談社選書メチエ
坂上康博『権力装置としてのスポーツ 帝国日本の国家戦略』講談社選書メチエ
これは何度も読み返してメチャメチャ勉強した一冊です。
坂上康博・中房敏朗他『スポーツの世界史』一色出版
坂上康博・中房敏朗他『スポーツの世界史』一色出版
これも勉強になりました。スポーツは学ばなければならないことが多いですね。
坂上康博『海を渡った柔術と柔道 日本武道のダイナミズム』青弓社
坂上康博『海を渡った柔術と柔道 日本武道のダイナミズム』青弓社
これは面白く興味深くスポーツと武道を学べる一冊です
【以上ナンカン9/13】
DVD
『陽の当たる場所』
『陽の当たる場所』
モンゴメリー・クリフト&エリザベス・テイラーの名作。石原慎太郎の『狂った果実』の元ネタ?
Blu-ray
『シェーン』
『シェーン』
ジョージ・スティーヴンス監督の言わずと知れた名作。最後のシーンでバスが走ることも有名?
『ジャイアンツ』
『ジャイアンツ』
ジェームス・ディーンの遺作ですね。白人世界のアメリカの原点の物語ですね。
DVD
『偉大な生涯の物語』
『偉大な生涯の物語』
キリストの生涯を描いた大河ドラマ。歌手のパット・ブーンが「あの人は甦られました」と一言言ってます。
BOOK
『ZAITEN』10月号
『ZAITEN』10月号
この号に寄稿された自民党村上誠一郎衆院議員の強烈な安倍批判は一読の価値アリ!
【以上ナンカン9/11】
Blu-ray
『フィラデルフィア』
『フィラデルフィア』
「羊たちの沈黙」をゲイのグループに批判された監督が反論せずに創った名作です
【ナンカン9/8】
Blu-ray
『羊たちの沈黙』
『羊たちの沈黙』
何度も何度も部分的に見たり原作読んだりでしたが、やっとキチンと見ました。アンソニー・ホプキンスの凄味をつまらないハリウッド映画ですね
【ナンカン9/7】
DVD
『ファンシイダンス』
『ファンシイダンス』
もう20年以上前の映画になりましたが周防監督の作る映画は面白いですね。坊さんの世界がイカンナクえがかれています。
『シコふんじゃった』
『シコふんじゃった』
周防監督の醸し出すユーモアは上品で嫌味がないですがパワーはありますね。
『Shall We ダンス?』
『Shall We ダンス?』
イイ映画ですけど大人向き?と言うよりもう少々パンチがほしかった
【以上ナンカン9/7】
4K
『フィールド・オブ・ドリームズ』
『フィールド・オブ・ドリームズ』
何度でも推薦したくなる最高のアメリカ映画です。原作者のキンセラも原作より素晴らしいと言ってます
【ナンカン9/6】
BOOK
後藤逸郎『亡国の東京オリンピック』文藝春秋
後藤逸郎『亡国の東京オリンピック』文藝春秋
2020の記録として素晴らしい一冊です。坂上&來田両誌との対談も一読の価値アリ!
【ナンカン9/4,5】
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつ
				のアメリカ史3帝国の緩やかな黄昏』ハヤカワ文庫
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつ のアメリカ史3帝国の緩やかな黄昏』ハヤカワ文庫
日本全国の大学生に読ませたい一冊
【ナンカン9/1,2,4,5,6他】
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史2ケネディと世界存亡の危機』ハヤカワ文庫
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史2ケネディと世界存亡の危機』ハヤカワ文庫
日本全国の有権者に読ませたい一冊。
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史1二つの世界大戦と原爆投下』ハヤカワ文庫
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史1二つの世界大戦と原爆投下』ハヤカワ文庫
政治ジャーナリストを名乗る人物は当然読んで出ますよね
【以上ナンカン8/31】
BOOK
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとRakutenブックスへ跳びます。amazonよりもこっちの評価のほうが正しいですね(笑)。どうぞ、お買い求めを!
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとamazonへ跳びます。どうぞ、お買い求めを!
『プロ野球大事典』(新潮文庫)3
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね。
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaitenbooks)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
(以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.