玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(20.04.08更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
ホームページ制作【京都 東京】 SEO対策、ホームページ制作のbit-ビット
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2020-04-08 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
クーベルタン男爵に呪われた?東京五輪の延期決定
この原稿は、『北國新聞』3月27日付夕刊の月イチ連載『スポーツを考える・第50回』に掲載されたモノです。東京オリンピック・パラリンピックの延期は、まさに麻生財務大臣が口にしたように、「呪われた」事態と言えるかもしれません。が、どうせ「呪われた」と表現するなら、もう少々奥行きの深い話の内容を展開できたのではないか……という考えとともに“蔵出し”します。あ。近代オリンピックでは「延期」は史上初の出来事ですが、古代ギリシャのオリンピアの祭典(古代オリンピック)ローマ帝国のネロ皇帝が、自分が出場するために起原65年の大会を67年に延期したことがあったんですよね。そうしてネロ皇帝は戦車競走などで優勝したそうです。まさか安倍総理が五輪に出場することはなでしょうが、自民党総裁の4選は……?
【記事全文を表示】

2020-03-20 タマキの蔵出しコラム「音楽編」
玉木正之の「オペラ入門・解説講座」
悲しい恋の青春群像!青春のオペラ『ラ・ボエーム』の魅力を満喫しましょう!
この原稿は、名古屋の中日文化センターで、4月から新たに始める小生のオペラ講座の内容です。今回は、西宮市にある兵庫県立芸術文化センターの毎年夏恒例・佐渡裕芸術監督プロデュース・オペラ2020(7/24〜8/2)歌劇『ラ・ボエーム』の鑑賞ツアー(8月1日)と連動し、3回に限って講座を設けました。名古屋近郊の方は(そうでない方も!)ふるってご参加下さい…という気持ちを込めて“蔵出し”します。尚『佐渡裕芸術監督プロデュース・オペラ2020兵庫県立芸術文化センター開館15周年記念事業 歌劇ラ・ボエーム』のホームページはこちらです。→ http://www.gcenter-hyogo.jp/boheme/
【記事全文を表示】

2020-02-26 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」
まえがき――今こそ「スポーツとは何か?」を考え直してみよう!
この文章は、2月28日に春陽堂書店から上梓された拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』に書いた「まえがき」の冒頭部分の一部です。“蔵出しコラム・スポーツ編”や“音楽編”にも書いたことですが、これまで小生は、35歳になった頃から翻訳書も含め、平均して年に1冊くらいのペースで拙著を出版してきました。自分で書いた本ができあがって書店に並ぶというのは、子供の姿を見るように愛しいものです。しかも、そろそろ「末っ子」になるかもしれないという本書です。ひとりでも多くの読者の方々に読んでいただけることを祈念して、ほんの少しだけ“蔵出し”させていただきます。皆さん、よろしくお願いします。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
BOOK
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとamazonへ跳びます。どうぞ、お買い求めを!
『天地創造』
『天地創造』
アルコール消毒液をアダムに渡す神
『休憩するモナリザ』
『休憩するモナリザ』
ルーヴル閉館で入館者がなく、暇してるモナリザ
『手洗いに励むインド・ヒンズー教の女神』
『手洗いに励むインド・ヒンズー教の女神』
彼女は千手観音の元祖ですね
『ワイン・オープナーの自宅待機』
『ワイン・オープナーの自宅待機』
運動不足を解消しましょう!・以上フランス発のCOVID19特集でした
新型コロナウイルスは鳥を介して感染したのか?
新型コロナウイルスは鳥を介して感染したのか?
『真珠に耳飾りの少女』
新型コロナとは関係ないですが、これもフランスの友人の作品。愛犬をフェルメールの「真珠に耳飾りの少女」に!
【以上、ナンカン3/26】
WINE
赤ワイン『ノーマ・ジーン』
赤ワイン『ノーマ・ジーン』
若い頃のマリリン・モンローは本当に可愛いですね。
赤ワイン『地獄の黙示録 40周年記念限定ラベル アポカリプス ナウ』
赤ワイン『地獄の黙示録 40周年記念限定ラベル アポカリプス ナウ』
ナパ・ヴァレー・コッポラ・ワイナリーのなかなか強烈な男性向け赤ワイン。小生は大好きな味!
BOOK
坂上康博『権力装置としてのスポーツ 帝国日本の国家戦略』(講談社メチエ叢書)
坂上康博『権力装置としてのスポーツ 帝国日本の国家戦略』(講談社メチエ叢書)
日本のスポーツ史を考えるうえでの必読本です
【以上ナンカン4/4】
Blu-ray
『モダン・タイムス』
『モダン・タイムス』
チャップリンはやっぱりスゴイ!面白い!
【ナンカン4/1】
BOOK
芥川龍之介『蜘蛛の糸/杜子春』(新潮文庫)
芥川龍之介『蜘蛛の糸/杜子春』(新潮文庫)
小3の孫が読んでも大人が読んでも感心させられる作品というのはホント素晴らしいですね
【ナンカン3/30,31】
DVD
『老人と海』
『老人と海』
老人がカジキマグロや鮫と闘うなかでスポーツの挑戦・苦闘・満足感などがすべて描かれてます
【ナンカン3/29】
DVD
『飛べバージル』
『飛べバージル』
核戦争の実験台にされたチンパンジーがセスナ飛行機を運転して逃亡する素晴らしい反戦映画です
【ナンカン3/28】
DVD
『硫黄島からの手紙』
『硫黄島からの手紙』
これもクリント・イーストウッド監督の傑作だと思います。
BOOK
高島航『国家とスポーツ 岡部平太と満洲の夢』(角川書店)
高島航『国家とスポーツ 岡部平太と満洲の夢』(角川書店)
岡部平太という人物には非常に興味があるので衝動買い。
山口昌男『挫折の昭和史』(岩波書店)
山口昌男『挫折の昭和史』(岩波書店)
岡部平太の存在を教えてくれた本です。はたして彼は挫折したのか?
森田真生『数学する身体』(新潮社)
森田真生『数学する身体』(新潮社)
学問することも数学することも身体的行為なのですね
【以上、ナンカン3/27】
DVD
『父親たちの星条旗』
『父親たちの星条旗』
原作のドキュメンタリーが素晴らしいとはいえ映画はクリント・イーストウッド監督の傑作だと思います。
BOOK
芥川龍之介『或る日の大石内蔵助/枯野抄 他12編』(岩波文庫)
芥川龍之介『或る日の大石内蔵助/枯野抄 他12編』(岩波文庫)
龍之介は大石内蔵助をジャーナリスティックなドキュメンタリーの視点で描いてます
【以上、ナンカン3/26】
DVD
『避暑地の出来事』
『避暑地の出来事』
トロイ・ドナヒュー&サンドラ・ディー。中学か高校の時に見た覚えはありますが、当時としては刺激が強かったなぁ。
『遠い喇叭』
『遠い喇叭』
トロイ・ドナヒュー&スザンヌ・プレシェット&ダイアン・マクベイン…懐かしいなぁ。『サーフサイド6』『ハワイアン・アイ』の世界
【以上、ナンカン3/16】
BOOK
ヤマザキマリ『オリンピア・キュクロス1』(集英社)
ヤマザキマリ『オリンピア・キュクロス1』(集英社)
古代ギリシャの壺絵師がタイムスリップ。アベベや円谷と東京オリンピックを走る…以上に面白い内容です。
ヤマザキマリ『オリンピア・キュクロス2』(集英社)
ヤマザキマリ『オリンピア・キュクロス2』(集英社)
何しろ手塚治虫までが登場。主人公の壺絵師は円谷の自死に直面。芸術論からスポーツ論まで読み甲斐があります。
ヤマザキマリ『オリンピア・キュクロス3』(集英社)
ヤマザキマリ『オリンピア・キュクロス3』(集英社)
この表紙のレッスルしている顔は手塚治虫『火の鳥』の我王であり猿田彦であり…相手はプラトン?
ヤマザキマリ『オリンピア・キュクロス4』(集英社)
ヤマザキマリ『オリンピア・キュクロス4』(集英社)
ゼウス(オリンピア)の祭典が近代五輪では「経済」が主神?プロレスのほうが五輪よりも正直?なんてテーマも登場、面白い!
【以上、ナンカン3/14,15】
BOOK
町田康『パンク侍、斬られて候』(角川文庫)
町田康『パンク侍、斬られて候』(角川文庫)
私は町田文学の大ファンです。
町田康『人生パンク道場』(角川文庫)
町田康『人生パンク道場』(角川文庫)
『しらふで生きる』を読むうえで欠かせない酒呑みの延命が掲載されてます。
坂上康博/中房敏朗ほか『スポーツの世界史』(一色出版)
坂上康博/中房敏朗ほか『スポーツの世界史』(一色出版)
勉強になります。
新井博・編著『新版スポーツの歴史と文化』(道話書院)
新井博・編著『新版スポーツの歴史と文化』(道話書院)
勉強のために読んでます。
ヴォルフガング・ベーリンガー『スポーツの文化史 古代オリンピックから21世紀まで』(法政大学出版会)
ヴォルフガング・ベーリンガー『スポーツの文化史 古代オリンピックから21世紀まで』(法政大学出版会)
まだ読んでません。勉強せねば!
【以上、ナンカン3/14】
MUSIC
『バナナ・ボート エッセンシャル・ハリー・ベラフォンテ』
『バナナ・ボート エッセンシャル・ハリー・ベラフォンテ』
♪で〜お、みぜでえええお…と言えばこの人でしたね。
CD
『バナナ・ボート』
『バナナ・ボート』
でもハリー・ベラフォンテよりもこっちの人気が高かった。♪あんみつ食べたいカネがな〜い…なんて替え歌も憶えてます
【ナンカン3/13】
BOOK
南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集14)(河出書房新社)
南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集14)(河出書房新社)
この1巻はこの全集のなかでも白眉です。柳田「酒の飲みようの変遷」が入ってます。面白い!
【ナンカン3/10】
BOOK
島内秀晃&生島淳『どんな男になんねん 関西学院大アメリカンフットボール部鳥内流人の育て方』(ベースボール・マガジン社)
島内秀晃&生島淳『どんな男になんねん 関西学院大アメリカンフットボール部鳥内流人の育て方』(ベースボール・マガジン社)
怖いのは顔だけや…と嘯くアメフト・コーチ。饂飩屋の大将でもあるこの人はホントに面白い素晴らしい人です。
生島淳『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)
生島淳『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)
著者の出身地。被災した姉を追うなかで多くの被災者に出逢い気仙沼の歴史も振り返る。貴重な震災の記録の一つ
【以上、ナンカン3/9】
CD
『ザ・ベスト シャンソン』
『ザ・ベスト シャンソン』
英仏混合表題も絵も無視。越路吹雪『愛の賛歌』淡谷のり子『暗い日曜日』石井好子『サンジャンの恋人』美空ひばり『薔薇色の人生』…と中味はナカナカです。
『シャンソンの悲劇女優』
『シャンソンの悲劇女優』
ダミアの歌を集めた決定版。でも『暗い日曜日』は彼女の持ち歌ではなかったのですね
【以上、ナンカン3/8】
CD
ワーグナー:楽劇『DER RING DES NIBELUNGEN』
ワーグナー:楽劇『DER RING DES NIBELUNGEN』
ショルティ指揮ウィーン・フィルのこの録音は演奏・歌手・録音とも奇蹟的金字塔。昔LP22枚組を買って喜びのあまり涙を流しました。
ワーグナー:楽劇『神々の黄昏』
ワーグナー:楽劇『神々の黄昏』
カール・ベーム指揮バイロイト音楽祭絶好調時のライヴ。ニルソン&ヴィントガッセン!これもスゴイ!
Blu-ray
ワーグナー:楽劇『DER RING DES NIBELUNGEN』
ワーグナー:楽劇『DER RING DES NIBELUNGEN』
バレンボイム指揮スカラ座。今は映像で楽しめる時代。びわ湖ホールのライヴも早くDVDに!
【以上ナンカン3/7,8】
DVD
R・シュトラウス『ばらの騎士』
R・シュトラウス『ばらの騎士』
クライバー指揮ウィーン・フィル。同じメンバーによる日本公演のほうが素晴らしかった!ナマを見たからか?
『都はるみ大文字送り火コンサート』
『都はるみ大文字送り火コンサート』
クライバーの「ばらの騎士」よりこっちが素晴らしいと「CDジャーナル」に書いてクラシック・ファンから猛抗議を受けたことがあったなぁ。でも今もそう思ってます
【以上、ナンカン3/7】
BOOK
『スポーツとは何か?』
2月下旬発売の小生の新刊『いまこそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』の表紙(帯付き)です。皆さん、是非とも買って読んで下さい!面白くてタメになりますよ!
『スポーツとは何か?』
表紙の帯をとって圓山さんのイラストを集めると、こんな感じになります。パラスポーツもeスポーツも取りあげています。
BOOK
『プロ野球大事典』(新潮文庫)3
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね。
BOOK
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
ナベツネの家庭教師もした著者が東京で過ごした半世紀を回顧。ヤクザとの出逢い女子大生との失恋…波瀾万丈の東京物語。是非とも買って読んでください!
BOOK
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
【ナンカン4/24】
BOOK
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした】
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.