玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(20.10.07更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
ホームページ制作【京都 東京】 SEO対策、ホームページ制作のbit-ビット
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2020-10-07 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
アスリートの意思表示/政治問題と無縁でいられぬ時代
この原稿は、2020年9月25日付『北國新聞』夕刊の月イチ連載「玉木正之のスポーツを考える第56回」として書いたものでした。が、なぜか文字数の量を間違えてしまい、300字近くオーバーしてしまいました。もちろん担当の文化部長からメールでの指摘を受けて、慌ててオーバーした文字量分をカットして、短縮した原稿を入稿し、掲載していただきました。が、せっかく書いた原稿ですから、当ホームページではカットせず全文を“蔵出し”します。映画のDVDなどによくあるディレクターズカット版というヤツです。もしも貴方がライターを目指している若者だったなら、いったいどこをカットするか、挑戦してみてください。
【記事全文を表示】

2020-03-20 タマキの蔵出しコラム「音楽編」
玉木正之の「オペラ入門・解説講座」
悲しい恋の青春群像!青春のオペラ『ラ・ボエーム』の魅力を満喫しましょう!
この原稿は、名古屋の中日文化センターで、4月から新たに始める小生のオペラ講座の内容です。今回は、西宮市にある兵庫県立芸術文化センターの毎年夏恒例・佐渡裕芸術監督プロデュース・オペラ2020(7/24?8/2)歌劇『ラ・ボエーム』の鑑賞ツアー(8月1日)と連動し、3回に限って講座を設けました。名古屋近郊の方は(そうでない方も!)ふるってご参加下さい…という気持ちを込めて“蔵出し”します。尚『佐渡裕芸術監督プロデュース・オペラ2020兵庫県立芸術文化センター開館15周年記念事業 歌劇ラ・ボエーム』のホームページはこちらです。→ http://www.gcenter-hyogo.jp/boheme/
【記事全文を表示】

2020-09-24 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」
戦前日本野球史の誤りを正す/坂本邦夫・著『紀元2600年満州リーグ 帝国日本とプロ野球』岩波書店
この原稿は『日本経済新聞』2020年9月12日付朝刊の書評欄に書いたおのです。30年ほど前に『プロ野球ニュース』という番組にゲスト出演したとき、一緒に出演しておられた解説者のB・Tさんが、「巨人は日本で最初のプロ野球チームという伝統があるから…」とおっしゃったので、小生が、「巨人の前に芝浦協会とか宝塚協会というプロ野球チームもありましたよ」と正すと、苦虫を噛み潰したようなイヤァーな顔をされたのを今も憶えている。そんな間違った認識を、鮮やかに覆してくれたのが、この1冊だ。スポーツ書という以上に、歴史書として“ノンジャンル編”に“蔵出し”します。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
Blu-ray
『おしゃれ泥棒』
『おしゃれ泥棒』
ヘップバーンの映画は全部知ってる…と思いながらすっかり中味を忘れていることに気づき新たにメッチャ楽しめました。音楽はJ・ウイリアム スなんですね。
DVD
『オーソン・ウェルズのフェイク』
『オーソン・ウェルズのフェイク』
贋作・偽作家・映画監督…嘘(フェイク)の世界に生きる人々。ピカソも最後に出てきます。最高の映画!
【以上ナンカン10/6】
CD
『ショパン:ピアノ・ソナタ第3番』
『ショパン:ピアノ・ソナタ第3番』
グールドがショパンを弾いた!それだけでも今でも事件ですね。もう亡くなって40年近く経つのに彼はまだ生きてますね
【ナンカン10/4】
BOOK
鈴木邦男『愛国者は信用できるか』講談社現代新書
鈴木邦男『愛国者は信用できるか』講談社現代新書
愛国心は国民一人一人が心の中に持っていればいい。口に出して言ったら嘘になる…しかり!
【ナンカン10/3,4,5】
Blu-ray
『刑事マディガン』
『刑事マディガン』
映画の古さを感じてしまったなあ…。クルマも服装も街並みも…そして人間関係の古臭いのが辛いですね
【ナンカン10/1】
『シークレット・サービス』
『シークレット・サービス』
なかなか面白い歳取ってからのクリント・イーストウッドの映画。W・ピーターゼン監督はなかなかの巧者ですね。ただし最後の5分は要らない。
DVD
『ネバーエンディング・ストーリー』
『ネバーエンディング・ストーリー』
ピーターゼン監督の大好きな映画。子供と見ました。孫とも見ました
【以上ナンカン9/28】
『バニー・レイクは行方不明』
『バニー・レイクは行方不明』
うむむむむ。ローレンス・オリヴィエ&オットー・プレミンジャー監督というので見たけどサイコ・ミステリーとしてイマイチでした。
『サイコ』
『サイコ』
サイコ・ミステリーならヒッチコックのコレが何と言ってもベスト。風呂場の殺人シーンも豪雨の中のクルマの運転も凄い!
【以上ナンカン9/24】
BOOK
多木浩二『スポーツを考える 身体・資本・ナショナリズム』ちくま新書
多木浩二『スポーツを考える 身体・資本・ナショナリズム』ちくま新書
スポーツライター必読本です。
カール・ディーム編ピエール・ド・クーベルタン『オリンピックの回想』ベースボール・マガジン社
カール・ディーム編ピエール・ド・クーベルタン『オリンピックの回想』ベースボール・マガジン社
クーベルタンも古い人ですね
【以上ナンカン9/24】
Blu-ray
『エイリアン ブルーレイ・コレクション6枚組』
『エイリアン ブルーレイ・コレクション6枚組』
6枚も持っていなくても「1」だけで充分かな。ギーガーのデザインは凄い!
『スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組)』
『スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組)』
1〜3は私は嫌いです。4〜6は素晴らしい。CGは映画に不要かな。
『ゴッドファーザー ベストバリューBlu-rayセット 』
『ゴッドファーザー ベストバリューBlu-rayセット 』
コレは1,2,3すべて素晴らしい!原作のマリオ・プーゾは図書館で調べてコノ物語を書いたそうです
【以上ナンカン9/23】
BOOK
高島俊男『中国の大盗賊・完全版』講談社現代新書
高島俊男『中国の大盗賊・完全版』講談社現代新書
これほど中国という国の歴史をわかりやすくダイナミックに書いた本は他にないでしょう
【ナンカン9/22,23,26,28,29】
Blu-ray
『キング・コング』
『キング・コング』
アメリカン・コミックの馬鹿さ加減を現代のCGと映像技術でカ ネをかければ軽々と再現できますね
【ナンカン9/21】
DVD
『レッド・サン』
『レッド・サン』
三船がブロンソンを投げつけるシーンは爽快ですがコマンチ族 との闘いは見てられないですね。アラン・ドロンも出てますけど見なくてもイイ 映画ですね。
『トラ!トラ!トラ!』
『トラ!トラ!トラ!』
真珠湾で米艦船に爆弾や魚雷をバンバンぶつけて轟沈させ るシーンに爽快感を感じる自分の感性の意味は奈辺にありや?
【以上ナンカン9/18】
プッチーニ:オペラ『マノン・レスコー』
プッチーニ:オペラ『マノン・レスコー』
ムーティ指揮ミラノ・スカラ座の音楽&舞 台はサスガの高水準。クーラ&ゲルギーナも頑張ってます
【ナンカン9/17,21】
BOOK
ヴォルフガング・ベーリンガー『スポーツの文化史 古代オリンピックから21世紀まで』
ヴォルフガング・ベーリンガー『スポーツの文化史 古代オリンピックから21世紀 まで』
法政大学出版局・叢書ウニベルタス/勉強&勉強…ですね
【ナンカン9/17,18,19,20,21】
『紀元2600年の満州リーグ―帝国日本とプロ野球』
『紀元2600年の満州リーグ―帝国日本とプロ野球』
岩波書店/プロ野球は学生野球の人気過剰防止から始まった。これぞプロ野球の正史です
【ナンカン8/16,18,20&9/17】
鴨長明『方丈記 発心集 新潮日本古典集成』
鴨長明『方丈記 発心集 新潮日本古典集成』
方丈記は歳取って読むと一段と胸に響きます。特に後半が凄いですね
【ナンカン9/16】
DVD
『ザ・ボーダー』
『ザ・ボーダー』
J・ニコルソン主演の映画だから見たけどイマイチ。ただアメリカのメキシコ人低賃金労働者対応がよくわかりました。トランプ大統領も見ろ!
CD
ムソルグスキー『展覧会の絵』
ムソルグスキー『展覧会の絵』
ストコフスキーの編曲をナッセン指揮クリーヴランド管が演奏。これは大名演ですよ。
『THE ENCHANTED KINGDOM』
『THE ENCHANTED KINGDOM』
プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管によるリャードフ&チェレプニン&リムスキー=コルサコフの珍しい作品。ロシア音楽の魅力たっぷりです。
BOOK
水木しげる『総員玉砕せよ!』
水木しげる『総員玉砕せよ!』
講談社文庫/独善的暴力支配の帝国陸軍の姿を直視して反省しないと日本は前へ進めませんね
【以上ナンカン9/15】
水木しげる『マンガ古典文学 方丈記』
水木しげる『マンガ古典文学 方丈記』
小学館文庫/水木しげるさんのマンガも素晴らしけど荒俣宏さんの短い解説に感激!
【ナンカン9/14】
水木しげる『猫楠ー南方熊楠の生涯』
水木しげる『猫楠ー南方熊楠の生涯』
角川文庫/コレはサイコーの熊楠の評伝です。中沢新一さんとの対談も素晴らしい!
【以上ナンカン9/11,12】
小林信也『柳都新潟 古町芸妓ものがたり』
小林信也『柳都新潟 古町芸妓ものがたり』
ダイヤモンド社/明治初期の新潟県は東京都とほぼ同じ人口だったんですね。地方文化再生は遊郭から?
『黄金』
『黄金』
ハンフリー・ボガートが汚れ役で出演した西部劇。とはいえジョン・ヒューストン監督は見事なヒューマンドラマに仕上げてます
【ナンカン9/12】
DVD
『NUMBER(ナンバー)1010号』
『NUMBER(ナンバー)1010号』
文藝春秋/スポーツとしての盤上遊戯論はありません。藤井人気に便乗しただけで残念ですね。
BOOK
『拳銃王』
『拳銃王』
グレゴリー・ペック主演のリンゴ―・キッド伝。娯楽映画として面白いですね
【以上ナンカン9/11】
DVD
ヴォルフガング・ベーリンガー『スポーツの文化史: 古代オリンピックから21世紀まで』
ヴォルフガング・ベーリンガー『スポーツの文化史: 古代オリンピックから21世紀まで』
勉強のために読まねば。しかし学者先生の著述は隔靴掻痒?
【ナンカン9/8,11】
BOOK
木原敏江『雨月物語―マンガ日本の古典〈28〉』
木原敏江『雨月物語―マンガ日本の古典〈28〉』
中公文庫/この作品も素晴らしいけど雨月物語は他の漫画家にも書いてほしいなぁ。黒鉄サンどーですか?
【ナンカン9/10】
J・ジョイス『ユリシーズーまんがで読破』
J・ジョイス『ユリシーズーまんがで読破』
イースト・プレス/マンガを読んだあとはいつも丸谷才一・訳を読まねばと思って20年以上経ちます。とほほ
【以上ナンカン9/9】
DVD
ヴェルディ:オペラ『ドン・カルロ』
ヴェルディ:オペラ『ドン・カルロ』
いつ見ても聴いても本当に素晴らしい作品。私が訪れたことのあるモデナ・パヴァロッティ劇場の舞台だから尚更です
【以上ナンカン9/9,10】
ヴェルディ:オペラ『アイーダ』
ヴェルディ:オペラ『アイーダ』
最近、このオペラの素晴らしさをしみじみ感じてます。凱旋行進曲以外が素晴らしい!
【ナンカン9/8】
『カルロス・クライバー…無への足跡 エリック・シュルツによるドキュメンタリー・フィルム』
『カルロス・クライバー…無への足跡 エリック・シュルツによるドキュメンタリー・フィルム』
つくづく凄い指揮者だったと思うほかないですね。
CD
『ブルックナー交響曲選集』
『ブルックナー交響曲選集』
私にはブルックナーの音楽の良さがマダわかりません。お楽しみはコレからだ?
【以上ナンカン9/6】
BOOK
つのだじろう『怪談―マンガ日本の古典〈32〉』
つのだじろう『怪談―マンガ日本の古典〈32〉』
中公文庫/小泉八雲とつのだじろうがマッチしすぎかな?他の漫画家で読みたいですね
【ナンカン9/5】
水木しげる『今昔物語(上)―マンガ日本の古典(8)』
水木しげる『今昔物語(上)―マンガ日本の古典(8)』
中公文庫/オモシロイとしか言い様がありません。いつか全文を原典で通して読んでみたい。
水木しげる『今昔物語(下)―マンガ日本の古典(9)』
水木しげる『今昔物語(下)―マンガ日本の古典(9)』
中公文庫/同上
【以上ナンカン9/4】
坂本邦夫『紀元2600年の満州リーグ―帝国日本とプロ野球』
坂本邦夫『紀元2600年の満州リーグ―帝国日本とプロ野球』
岩波書店/プロ野球は学生野球の人気過剰によるプロ化防止で始まった。これぞプロ野球の正史です
【ナンカン8/16,18,20,&9/4】
水木しげる『敗走記』
水木しげる『敗走記』
講談社文庫/水木さんの戦争漫画は体験に裏打ちされた迫力とユーモアと悲惨さと説得力に満ちてますね。
DVD
『野火』
『野火』
市川崑監督の素晴らしい映画。人肉食の場面を描かなくても映画ではより戦争の悲惨さが伝わってくるのでしょうね。
BOOK
大岡昇平『野火』
大岡昇平『野火』
新潮文庫/最高の戦争文学と言えるかもしれませんが、こんな戦争が現実にあったことこそ怖ろしいですね
【以上ナンカン9/3】
水木しげる『白い旗』
水木しげる『白い旗』
講談社文庫/中国戦線の最前線を何度も体験した親父に読ませたかったな。
水木しげる『姑娘(クーニャン)』
水木しげる『姑娘(クーニャン)』
講談社文庫/親父もきっと喜んで読むと思います。戦争の現実をありのまま描いて少しも美化してませんからね
【以上ナンカン9/2】
Blu-ray
『フィールド・オブ・ドリームズ』
『フィールド・オブ・ドリームズ』
野球映画の最高峰。試写会で大先輩の佐瀬稔さんが大声で泣いていました。もちろん私も。
DVD
『さよならゲーム』
『さよならゲーム』
大好きな映画!「スポーツは恋愛に似ている」という虫明亜呂無氏の言葉が思い出される。監督は元マイナーの野球選手で素晴らしいゴルフ映画も撮ってますね。
Blu-ray
『ナチュラル』
『ナチュラル』
ベースボールの美しさ&野球場の美しさが描かれている映画。だから人生の醜悪さも際立つのですが美しいものはイイですね
【以上ナンカン8/31】
『用心棒』
『用心棒』
超娯楽大作とはこの映画のことですね。カメラワーク・編集・音楽と効果音・脚本…映画の魅力満載ですね
【ナンカン8/29】
DVD
ムソルグスキー:オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
ムソルグスキー:オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
ケント・ナガノ指揮バイエルン国立歌劇場の素晴らしい演奏。舞台には安倍晋三首相も登場してます!?
Blu-ray
ワーグナー:オペラ『恋愛禁制』
ワーグナー:オペラ『恋愛禁制』
ワーグナー初期の珍しい喜劇オペラ。恋愛を禁止された町をドイツのメルケル首相が救います!?
【以上ナンカン8/28】
『突撃』
『突撃』
キューブリック監督の初期作品(1957年)。第一次大戦の軍隊の不条理。上官の貴族趣味と前線兵士の悲劇。『フルメタル・ジャケット』にもつながるかな。
『フルメタル・ジャケット』
『フルメタル・ジャケット』
ヴェトナム戦争の凄惨と悲惨。最後の「ミッキーマウスの歌」を歌いながらの行進は怖いですね。
【以上ナンカン8/27】
DVD
『遠すぎた橋』
『遠すぎた橋』
R・オリヴィエ、S・コネリー、G・ハックマン、A・ホプキンス、R・レッドフォード…スター総出でR・アッテンボロー監督も一流。でも映画としてはイマイチです
【ナンカン8/26】
BOOK
『御伽草子(上)』岩波文庫
『御伽草子(上)』岩波文庫
義経が蝦夷の航途中に馬の国や小人の国へ。ガリヴァー旅行記の300年前に書かれた「御曹司島渡」はスゴイ!
【ナンカン8/26,27】
BOOK
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとRakutenブックスへ跳びます。amazonよりもこっちの評価のほうが正しいですね(笑)。どうぞ、お買い求めを!
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとamazonへ跳びます。どうぞ、お買い求めを!
『プロ野球大事典』(新潮文庫)3
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね。
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaitenbooks)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
(以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.