玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(19.08.14更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
ホームページ制作【京都 東京】 SEO対策、ホームページ制作のbit-ビット
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2019-08-14 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
夏の甲子園大会は100回記念大会で一度中止すべし!
この原稿は、昨年(2018年)8月に発行された月刊誌『ZAITEN』(財界展望新社)の「高校野球特集号」に書いたものです。今年もまた猛暑のなかで、「高校生の学業を妨げる大会」「何のために行っているのかわからない大会」「大人たちが高校生をダシにして喜んで騒いでる大会」……と言っても過言ではない「甲子園大会開催されました。メディアが主催のためマトモな議論もなされず、投球制限ひとつ決めるのにも1年間を要するナンセンスが横行しています(過去100回も行いながら高校生の健康調査の結果すら存在しないのですね)。大船渡高校佐々木投手が地方大会決勝で登板しなかった件(それに張本勲氏などが無責任な暴論を口にしたことなど)については、改めて小生の意見を書くことにして、とりあえず昨年の夏に書いた原稿を“蔵出し”します。
【記事全文を表示】

2019-05-15 タマキの蔵出しコラム「音楽編」
佐渡オペラ史上 最強プロジェクト!『オン・ザ・タウン』公演迫る!
この原稿は、4月22日名古屋の栄中日文化センターで行った指揮者・佐渡裕さんとのトーク・ライヴの抜粋をチラシにしたものです。テーマは昨年生誕100周年を迎えたレナード・バーンスタイン(レニー)について。作曲家として、指揮者として、ピアニストとして、音楽解説者として、指導者として、超一級の活躍をしたレニーについて、最後の愛弟子である佐渡さんの話は1時間半にわたったので、とてもここにすべてを紹介するわけにはいきませんが、そのエッセンスだけでも味わってほしいと思い“蔵出し”します。御一読のうえ、7月12〜21日(兵庫県立芸術文化センター)、26〜28日(東京文化会館大ホール)で上演されるバーンスタインのミュージカル『オン・ザ・タウン』を是非とも御覧ください。メッチャ面白いこと、保証しますよ。
【記事全文を表示】

2019-07-30 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」
東京五輪の遺産(レガシー)はなにか? スポーツの根源問う好機に
この原稿は、日本経済新聞朝刊2019年7月13日付書評欄『今を読み解く』に書いたものです。東京五輪開幕1年前となり、観戦チケットの抽選や聖火リレーのランナーの募集、交通規制や暑さ対策の問題、さらに五輪出場選手の内定……など話題になってます。が、最も大きな問題=オリンピックの遺産(レガシー)について、マスメディアで(とりわけテレビ等で)取りあげられるケースは少ないようです。そこで日経文化部書評担当編集者の執筆依頼を喜んで引き受け、こんなコラムを書いてみました。それを、スポーツだけにとどまらない内容として、ノンジャンル編として"蔵出し"します。御一読ください。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
DVD
『ギャング・オブ・ニューヨーク』
『ギャング・オブ・ニューヨーク』
わずか150年前。国家成立前(暴力の独占前)の荒れたニューヨークをスコセッシが映像にしたのは凄いですね。この移民の争いをトランプは知らない?
【ナンカン8/12〜13】
DVD
『コクーン2』
『コクーン2』
西方浄土から帰ってきた老人たちは様々な選択肢のなかから人生を選ぶ。コレがアメリカン・ウェイかな?
【ナンカン8/13】
DVD
『コクーン』
『コクーン』
老人たちが不老不死の宇宙の国へ旅立つ。阿弥陀如来の西方浄土が宇宙人世界に変わっただけの物語。まぁ面白いですよ。
Blu-ray
『E.T.』
『E.T.』
コレは基本的に子供が犬(宇宙人)を拾ってきて母親に飼うのを拒否される愛犬物語…と断じたのは澁澤龍彦氏でした。
CD
『ウランバンURABANA』
『ウランバンURABANA』
櫻川唯丸師匠の江州音頭は絶品です。盂蘭盆会をuran bang!ですからね。自衛隊様違憲節…という歌詞も歌われてます。
『リスト:ヴェルディ、ワーグナー・トランスクリプション全集』
『リスト:ヴェルディ、ワーグナー・トランスクリプション全集』
リストのピアノ編曲によるヴェルディ、ワーグナーの名曲集。ピアノという楽器の力に驚かされます。
BOOK
黒鉄ヒロシ『伊勢物語―マンガ古典文学』(小学館文庫)
黒鉄ヒロシ『伊勢物語―マンガ古典文学』(小学館文庫)
【以上、ナンカン8/12】
CD
『Parsifal Goes La Habana』
『Parsifal Goes La Habana』
キューバン・ミュージック編曲のワーグナー名曲集。楽しく軽く踊れるラテン音楽にもなるワーグナーって凄いです。
BOOK
水木しげる『方丈記―マンガ古典文学』(小学館文庫)
水木しげる『方丈記―マンガ古典文学』(小学館文庫)
水木先生も鴨長明も登場する方丈記はわかりやすく唸らされるほど見事。解説は荒俣宏さんです
【以上、ナンカン8/11】
DVD
『男と女』
『男と女』
物語も台詞回しも役者の演技も映像も編集も…すべてが見応えのある大人の恋愛映画です。
『アウト・オブ・サイト』
『アウト・オブ・サイト』
私にとっては最後まで見続けることのできなかったツマラナイ映画でした
【以上、ナンカン8/9】
BOOK
樫永真佐夫『殴り合いの文化史』(左右社)
樫永真佐夫『殴り合いの文化史』(左右社)
【ナンカン8/8.9,11】
DVD
『パッチ・アダムス』
『パッチ・アダムス』
素晴らしい実話の素晴らしい映画化ですが、主役のR・ウィリアムス自身の自死を思うと重いコメディです
【ナンカン8/8】
DVD
『皆殺しの天使』
『皆殺しの天使』
ルイス・ブニュエル監督の不条理映画。オペラ鑑賞後のセレブたちがパーティの家から出られなくなって…。コレが人生?
Blu-ray
『ミッドウェイ』
『ミッドウェイ』
チャールトン・ヘストン、ヘンリー・フォンダ、三船敏郎…大スター総出演の悪くない映画。日本人が英語を話さなくてもいいと思うけど…。
CD
『ハイドン:オラトリオ天地創造』
『ハイドン:オラトリオ天地創造』
佐渡裕指揮キュンストラー管弦楽団のコレは名演です。歌手も揃ってますね
【以上、ナンカン8/7】
BOOK
花村えい子『落窪物語 マンガ日本の古典2』(中公文庫)
花村えい子『落窪物語 マンガ日本の古典2』(中公文庫)
チョット少女漫画っぽかったとはいえ原文読まずに話の内容がわかったのは便利?
【ナンカン8/6〜7】
Blu-ray
『オレゴン魂』
『オレゴン魂』
ジョン・ウェインとキャサリン・ヘップバーンがイイ味出してます。かつては米共和党にも色気があった?
BOOK
『茂山逸平 風姿和伝』(春陽堂書店)
『茂山逸平 風姿和伝』(春陽堂書店)
イッペイちゃんファンにお勧めのお豆腐狂言物語
【以上、ナンカン8/6】
BOOK
竹宮恵子『吾妻鏡(下)マンガ日本の古典16』(中公文庫)
竹宮恵子『吾妻鏡(下)マンガ日本の古典16』(中公文庫)
ヤッパリ平家物語のほうが親しみやすいですが、作者の力作には敬意を表します
【ナンカン8/5】
BOOK
『この世界の片隅に』
『この世界の片隅に』
呉に住む一家に戦争下と原爆が…。素晴らしい反戦アニメです
【ナンカン8/3】
DVD
竹宮恵子『吾妻鏡(中)マンガ日本の古典15』(中公文庫)
竹宮恵子『吾妻鏡(中)マンガ日本の古典15』(中公文庫)
最初は少々つまらなく思った政治劇もなかなかの迫力で展開します。
竹宮恵子『吾妻鏡(上)マンガ日本の古典16』(中公文庫)
竹宮恵子『吾妻鏡(上)マンガ日本の古典16』(中公文庫)
なるほど頼朝の政治力ですね。義経は美男過ぎるかな?
【以上、ナンカン8/2〜3】
DVD
『ミッドナイトラン』
『ミッドナイトラン』
マフィアのカネを横領して指名手配された会計士を元警官の賞金稼ぎが捕まえて…。ハリウッド映画はこーでなきゃ!という面白さ
【ナンカン8/2】
DVD
大石高典・近藤祉秋・池田光穂・編『犬からみた人類史』(勉誠出版)
大石高典・近藤祉秋・池田光穂・編『犬からみた人類史』(勉誠出版)
まだ読んでませんが、これから読めると思うだけでわくわくする一冊
【ナンカン8/1】
BOOK
松井良明『ボクシングはなぜ合法化されたのか―英国スポーツの近代史』(平凡社)
松井良明『ボクシングはなぜ合法化されたのか―英国スポーツの近代史』(平凡社)
スポーツの勉強に欠かせない近代イギリススポーツ紙の一冊です。
DVD
『ミクロの決死圏』
『ミクロの決死圏』
何度見ても面白いSF映画です。ラクエル・ウェルチのほどほどのお色気もイイですね
【以上、ナンカン7/30】
DVD
『ジルヴェスター・コンサート2002〜バーンスタイン「ワンダフル・タウン」』
『ジルヴェスター・コンサート2002〜バーンスタイン「ワンダフル・タウン」』
素晴らしいバーンスタインの音楽にラトル指揮ベルリン・フィルのメンバーもノリノリ。観客も踊りまくって素晴らしいコンサートです。
『バーンスタイン音楽のよろこび〜オムニバス』
『バーンスタイン音楽のよろこび〜オムニバス』
1950年代のテレビ番組でピアノを弾き指揮をしながらジャズやバッハやオペラなどを縦横無尽に解説するレニー。見事な才能と教養に舌を巻きます。
CD
『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲他』
『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲他』
この演奏は本当に素晴らしいですねえ。バックのアバド指揮ベルリン・フィルも燃えてます。
BOOK
『ボクシングはなぜ合法化されたのか―英国スポーツの近代史』(平凡社)
『ボクシングはなぜ合法化されたのか―英国スポーツの近代史』(平凡社)
賭博の対象だった多くのスポーツのなかで、合法化されたものと非合法のまま消滅したもの……スポーツの歴史は面白い
【以上、ナンカン7/27】
CD
『オン・ザ・タウン』
『オン・ザ・タウン』
ティルソン・トーマス指揮ロンドン響の素晴らしい演奏。バーンスタインの音楽は本当に見事です
【ナンカン7/13,26】
BOOK
月村了衛『悪の五輪』(講談社)
月村了衛『悪の五輪』(講談社)
花形敬・永田雅一・児玉誉士夫から新興宗教団体・同和団体…等々が続々登場。1964年の五輪映画監督を巡る小説に日本社会の恥部が描かれる。五輪1年前の現在の話?と思えるほど面白い。
奥田英朗『オリンピックの身代金(上)(下)』(講談社文庫)
奥田英朗『オリンピックの身代金(上)(下)』(講談社文庫)
1964年の東京五輪を扱った小説として、コレも面白い!爆弾魔が開会式を爆破?!
【以上、ナンカン7/22,23,24】
BOOK
古谷三敏『浮世床―マンガ日本の古典〈30〉』(中公文庫)
古谷三敏『浮世床―マンガ日本の古典〈30〉』(中公文庫)
ちょっと読むところが多いけど面白かったです。
式亭三馬『浮世床』(岩波文庫)
式亭三馬『浮世床』(岩波文庫)
うん、原文が読みたくなりました。
【ナンカン7/19〜22】
BOOK
つのだじろう『怪談ーマンガ日本の古典〈32〉』(中央公論新社)
つのだじろう『怪談ーマンガ日本の古典〈32〉』(中央公論新社)
この人のマンガは好きではなかったのに、このラフカディオ・ハーンの漫画化は素晴らしいと思いました
【ナンカン7/18,19】
BOOK
木原敏江『雨月物語―マンガ日本の古典〈28〉』(中公文庫)
木原敏江『雨月物語―マンガ日本の古典〈28〉』(中公文庫)
コレは抜粋で全編を木原さんのマンガで読みたいな。
CD + Blu-ray
『マーラー:交響曲第6番悲劇的』
『マーラー:交響曲第6番悲劇的』
ラトル指揮ベルリン・フィルのお別れコンサート。確かに気合いの入った素晴らしい演奏です。
Blu-ray
『ヴァルトビューネ 2018〜グッバイ・サー・サイモン!』
『ヴァルトビューネ 2018〜グッバイ・サー・サイモン!』
素晴らしい演奏会ですね。最後の「ベルリンの風」ではサイモンは指揮せずビールを飲んでます(笑)
【以上、ナンカン7/17】
BOOK
樫永真佐夫『殴り合いの文化史』(左右社)
樫永真佐夫『殴り合いの文化史』(左右社)
メッチャ面白そうな本ですのでそろそろ気合いを入れて読み始めます。感想は改めてその時に…。
渡辺十絲子『今を生きるための現代詩』(講談社現代新書)
渡辺十絲子『今を生きるための現代詩』(講談社現代新書)
詩というものを理解させてくれる名著。安美錦も出てきます
【以上、ナンカン7/16蔵出しスポーツ
BOOK
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
ナベツネの家庭教師もした著者が東京で過ごした半世紀を回顧。ヤクザとの出逢い女子大生との失恋…波瀾万丈の東京物語。是非とも買って読んでください!
BOOK
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
【ナンカン4/24】
BOOK
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした】
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.