玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(18.05.16更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2018-05-16 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
大谷翔平の大活躍から見える日本のスポーツ界の問題点
この原稿は、『アサヒ芸能』(2018年4月26日号)の連載「NIPPONスポーツ内憂内患」第162回(最終回)に書いたものです。いままで、この連載原稿は2〜3回しか“蔵出し”しなかったのですが、連載も終わったことですので、これから順次“蔵出し”していこうかな…とも思っています。その第1回というわけでもないですが、今後御期待ください。
【記事全文を表示】

2018-05-16 タマキの蔵出しコラム「音楽編」 NEW!!
玉木正之の「オペラ超入門徹底解説講座」 ドイツならではのメルヘン・オペラを堪能する
この原稿は、中日新聞社の主催する名古屋の「栄中日文化センター」で、15年以上(30期以上)続けている「オペラ入門講座」の今年4月からの予定表です。少々“蔵出し”するのが遅れてしまいましたが、興味のある方は(名古屋近郊以外の方でも)ふるってご参加ください(ただし交通費はすべて自前でお願いしますのでご注意ください(>_<))。5月の『魔弾の射手』は7月28日に予定しています兵庫県立文化芸術センターでの公演(佐渡裕プロデュース)へのグループ観劇ツアーの準備でもあり、この回だけの参加とツアー参加も受け付けていますので、よろしく!
【記事全文を表示】

2018-05-16 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」 NEW!!
スポーツに映し出されたアメリカという国の本質/鈴木透・著『スポーツ国家アメリカ 民主主義と巨大ビジネスのはざまで』中公新書
この原稿は、日本経済新聞2018年4月28日付朝刊の書評欄に書いたものです。ここで取りあげた本『スポーツ国家アメリカ』は、アメリという国の特殊性を、アメリカ生まれのスポーツ(ベースボール、アメリカン・フットボール、バスケットボール)の特殊性から考えたもので、たしかにアメリカのスポーツは(バスケを除けば)全然グローバルでないことなど、首を傾げたくなることが多いのですが、それがまた、現在のアメリカを象徴しているんですよね。この“蔵出し”した書評とともに、御一読をオススメします。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
BOOK
『相撲ファンvol.07』(大空出版)
『相撲ファンvol.07』(大空出版)
荒井太郎さんがSuperviserを務めるメッチャ面白い大相撲の本です。玄人からギャルまで楽しめるのが凄い。力士の写真が美しい!
【ナンカン5/14】
CD
『ベートーヴェン:交響曲全集』
『ベートーヴェン:交響曲全集』
ブロムシュテット指揮ゲヴァントハウス管。本場ドイツの重厚な…と思いきや意外と颯爽と明快なベートーヴェン。小細工なしで見事です
【ナンカン5/13】
DVD
『人形浄瑠璃文楽名演集 彦山権現誓助剣・勧進帳』
『人形浄瑠璃文楽名演集 彦山権現誓助剣・勧進帳』
うわっ。このDVDは買わねば。見なけりゃ!
【ナンカン5/8】
BOOK
半藤一利『B面昭和史』(平凡社)
半藤一利『B面昭和史』(平凡社)
メッチャ面白い本、いやタメになる本です。現代人必読の昭和史!
【ナンカン5/7、10、12、13】
CD
『ハイドン:交響曲《朝》《昼》《晩》』
『ハイドン:交響曲《朝》《昼》《晩》』
小生の友人でハイドンしか聴かない音楽ファンがいるけど納得。なるほどメッチャ面白い音楽です
【ナンカン5/6】
BOOK
フィリップ・ロス『素晴らしいアメリカ野球』(新潮文庫)
フィリップ・ロス『素晴らしいアメリカ野球』(新潮文庫)
小生の大好きな小説。村上春樹と柴田元幸の面白対談付き。井上ひさしさんの解説もお見事
【ナンカン5/5】
DVD
『伽羅先代萩』
『伽羅先代萩』
腹が空いてもひもじゅうない…の台詞しか知らなかったけど。通しで初めて見て面白かったです
【ナンカン5/4、6、7】
DVD
『アイズ・ワイド・シャット』
『アイズ・ワイド・シャット』
キューブリックの遺作。ショスタコのワルツがテーマ。最後の台詞はたしかニコール・キッドマンの「Fuck!」でしたよね。
CD
『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番/ジャズ組曲第2番』
『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番/ジャズ組曲第2番』
佐渡裕が最も得意としているシンフォニー。ジャズ組曲も面白い。
『グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調/ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲』
『グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調/ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲』
辻井伸行クンのピアノは既に大家の領域です。ペトレンコの指揮も凄い!
DVD
『歌舞伎名作撰 梅雨小袖昔八丈 髪結新三』
『歌舞伎名作撰 梅雨小袖昔八丈 髪結新三』
これは急逝した勘三郎の勘九郎時代の舞台とか。見てみたい
【以上、ナンカン5/3】
DVD
『曽根崎心中』
『曽根崎心中』
宇崎竜童と梶芽衣子が徳兵衛とお初。監督は増村保造。昔新宿文化アートシアターで見たなあ。
BOOK
『講談名作文庫23幡随院長兵衛』(講談社)
『講談名作文庫23幡随院長兵衛』(講談社)
これは親父が『天保六歌仙』などと一緒に持っていたはず。講談は日本人の基礎教養でしたねえ。
【以上、ナンカン5/2】
DVD
『女殺油地獄』
『女殺油地獄』
この仁左衛門の与平衛は凄いですねえ。まさに狂気の演技です、バックの新ウィーン楽派のような三味線の無調音楽も凄い!
BOOK
『SWITCH Vol.35 No.11 襲名前夜―松本金太郎』
『SWITCH Vol.35 No.11 襲名前夜―松本金太郎』(スイッチパブリッシング)
はっはっは。コリャ人気が出るわいなぁ。
DVD
『暫・外郎売』
『暫・外郎売』
いまは亡きお父さん團十郎の『暫』。成田屋の縁起物ですな。
BOOK
『歌舞伎座さよなら公演 五月大歌舞伎/六月大歌舞伎(第3巻)』(小学館)
『歌舞伎座さよなら公演 五月大歌舞伎/六月大歌舞伎(第3巻)』(小学館)
『暫』『毛剃』『幡随院長兵衛』『女殺油地獄』『髪結新三』に金太郎初舞台の『連獅子』などDVD12枚組2万5千円はお買い得です。
『歌舞伎座さよなら公演 三月大歌舞伎/四月大歌舞伎(第2巻)』(小学館)
『歌舞伎座さよなら公演 三月大歌舞伎/四月大歌舞伎(第2巻)』(小学館)
真山青果の『元禄忠臣蔵』に『曽根崎心中』『伽羅先代萩』などなど。買ってしまった。うれしい
【以上、ナンカン5/1】
DVD
『歌舞伎名作撰 菅原伝授手習鑑 車引・賀の祝』
『歌舞伎名作撰 菅原伝授手習鑑 車引・賀の祝』
親父の古稀の祝いに桜丸が切腹。良くできた芝居ですね。
『歌舞伎名作撰 菅原伝授手習鑑 寺子屋』
『歌舞伎名作撰 菅原伝授手習鑑 寺子屋』
なかでもこれは泣けます。初世白鸚の松王丸・仁左衛門の武部源蔵・鴈治郎の千代・芝翫の戸浪。歌舞伎は面白い
【以上、ナンカン4/30】
DVD
モーツァルト『魔笛』
モーツァルト『魔笛』
サヴァリッシュ指揮バイエルン歌劇場。若きグルベローヴァは不調かな。でも演奏も演出も楽しい。パパパの二重唱はサイコー。
Blu-ray
モーツァルト『魔笛』
モーツァルト『魔笛』
ラトル指揮ベルリン・フィル。R・カーセンの現代演出も見事。最高級の演奏と舞台です。
DVD
モーツァルト『魔笛』
モーツァルト『魔笛』
ベルイマン監督の映画。モノスタトスを黒人でなくした最初の演出かな
【以上、ナンカン4/28】
BOOK
永竹由幸『ロココの裏の欲望』(ショパン)
永竹由幸『ロココの裏の欲望』(ショパン)
我が師の本はどれも傑作です。
永竹由幸『ロココのスカートをまくった男モーツァルト』(扶桑社)
永竹由幸『ロココのスカートをまくった男モーツァルト』(扶桑社)
この魔笛の解説とモーツァルト暗殺の謎解き(コンスタンツェを使ったフリーメイソンの陰謀説)は面白い!
橋本治・岡田嘉夫(絵)『菅原伝授手習鑑』(ポプラ社)
橋本治・岡田嘉夫(絵)『菅原伝授手習鑑』(ポプラ社)
これ持ってません。買お。
CASE
『iPhone6/6s Plusケースカバー石川五右衛門・楼門五三桐』
『iPhone6/6s Plusケースカバー石川五右衛門・楼門五三桐』
こんなんあるんですね。五右衛門は人気ありますね
【以上、ナンカン4/27】
DVD
『坂東玉三郎舞踊集2「鷺娘」』
『坂東玉三郎舞踊集2「鷺娘」』
これは玉三郎の舞いの最高傑作ですね。三味線も見事。
BOOK
新渡戸稲造(著)須知徳平(訳)『武士道』(講談社バイリンガル・ブックス)
新渡戸稲造(著)須知徳平(訳)『武士道』(講談社バイリンガル・ブックス)
英語と日本語、較べて読みましょう。新渡戸自身の日本語があれば面白いのに…残念。
新渡戸稲造・矢内原忠雄(訳)『武士道』(岩波文庫)
新渡戸稲造・矢内原忠雄(訳)『武士道』(岩波文庫)
これはsportiveの部分をスポーツ的と訳した唯一のものかな?
【以上、ナンカン4/26】
BOOK
島田裕己『京都がなぜいちばんなのか』(ちくま新書)
島田裕己『京都がなぜいちばんなのか』(ちくま新書)
この本、唯一のオススメ京都本です。好きとか嫌いとか阿呆なこと書く前に歴史に面と向かうべきですね。京都という虚構は今もアンダー・コンストラクションです。
平岩弓枝『私家本椿説弓張月』(新潮文庫)
平岩弓枝『私家本椿説弓張月』(新潮文庫)
しらなんだ。すぐ買お。すぐ読も
【以上、ナンカン4/25】
BOOK
近松半二・橋本治・岡田嘉夫(絵)『妹背山婦女庭訓』(ポプラ社)
近松半二・橋本治・岡田嘉夫(絵)『妹背山婦女庭訓』(ポプラ社)
これもまだ読んでません。読みたいなあ。
DVD
『人形浄瑠璃文楽名演集 通し狂言 妹背山婦女庭訓』
『人形浄瑠璃文楽名演集 通し狂言 妹背山婦女庭訓』
歌舞伎のDVDはないのかな?
【以上、ナンカン4/24】
BOOK
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
【ナンカン4/24】
BOOK
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした】
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.