玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(18.01.19更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2018-01-19 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
ロシアの組織ぐるみのドーピングは、科学の進歩の結果? 人間の道徳観は進歩しないのか?
この原稿は、『北國新聞』2017年12月22日付夕刊の「スポーツを考える・第23回」に書いたものです。最近では日本人カヌー選手が後輩の飲料にドーピングの禁止薬物(筋肉増強剤)を入れて失格処分にしようとするなど、ドーピングに関する事件は一向になくなる気配を見せない。ここらでそろそろスポーツマンシップや道徳心の話を始めなければならないのでは? でなければ、オリンピックのあり方を根本的に考え直すべきでは?……と思いながら“蔵出し”します。
【記事全文を表示】

2017-12-13 タマキの蔵出しコラム「音楽編」
山下洋輔×佐渡裕《RETROSPECTIVE》このコンサートには、きっとエイリアンが現れるに違いない
この原稿は、『treeトゥリー:東京オペラシティArts友の会会報Vol.125』に書いたものです。毎年山下洋輔さんのニューイヤー・コンサートに原稿を書いていたのが3年前の2014年で終わり、少々寂しく思っていたのが久しぶりに復活。この原稿は、以前のようにパロディのお遊び(漫才、落語、講談、純文学…等々)にはなっていませんが、コンサートのパンフレット用にも原稿を依頼されているので、どんな書き方をしようか…と考えて(迷って)いるところです。全部宇宙人の言葉で書こうかな…なんて頭をひねりながら“蔵出し”します。
【記事全文を表示】

2018-01-19 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」 NEW!!
大相撲は日本文化の精華――それを「保守」することこそスポーツ(格闘技)以上の大相撲の役割なのだ
この原稿は、(株)FORUM8の機関紙『UP & Coming no.120January2018新年号』の新連載「スポーツは教えてくれる」の第1回に書いたものです。はっきり言って小生は人情相撲擁護論者であり、貴ノ岩が土俵に復帰してきたときは、関取の皆さん、よろしくお願いします、と言いたいです。ただし、モンゴル互助会のヤリスギについては認めることはできません!と思いながら“蔵出し”します。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
BOOK
『かわいい こわい おもしろい 長沢芦雪』(新潮社・トンボの本)
『かわいい こわい おもしろい 長沢芦雪』(新潮社・トンボの本)
こんな素晴らしい画家が日本に入るのですね。若冲だけやないでぇ。
辻惟雄『奇想の系譜 又兵衛−国芳』(ちくま学芸文庫)
辻惟雄『奇想の系譜 又兵衛−国芳』(ちくま学芸文庫)
又兵衛は知らなんだ。この系譜がコミックにつながるのか?
内田樹『ローカリズム宣言 「成長」から「定常」へ』(deco)
内田樹『ローカリズム宣言 「成長」から「定常」へ』(deco)
脱市場・脱貨幣!納得!さあオリンピックをどうしまひょ?
内田樹・安田登『変調「日本の古典」講義』(祥伝社)
内田樹・安田登『変調「日本の古典」講義』(祥伝社)
伝統と保守主義こそ今の日本に欠けているモノですね
【以上、ナンカン1/12】
BOOK
『三人吉三廓初買(新潮日本古典集成)』(新潮社)
『三人吉三廓初買(新潮日本古典集成)』(新潮社)
永竹さんも川淵さんも「こいつぁ春から縁起がいいわい…」の台詞は活字で憶えた?
【ナンカン1/11】
DVD
『松竹大歌舞伎 松本幸四郎「勧進帳」〜999回静岡公演・1000回東大寺記念公演』
『松竹大歌舞伎 松本幸四郎「勧進帳」〜999回静岡公演・1000回東大寺記念公演』
今や先代の幸四郎です。松緑の映像も発売してほしいなぁ
【ナンカン1/3、10】
BOOK
『監督論−星野仙一の戦略と戦術』(ネスコ)
『監督論−星野仙一の戦略と戦術』(ネスコ)
こんな本も作りました。七万5千部も売れましたが今は手に入らない。小生も1冊しか持ってません
【ナンカン1/6、7、8】
Blu-ray
『ダイハード3』
『ダイハード3』
クダラナイ映画です。頭を空っぽにしたいときにどうぞ。
DVD
『ダイハード』
『ダイハード』
03年の第1作がまだマシかな。日本批判も入ってます
【以上、ナンカン1/6】
Blu-ray
『ダイハード2』
『ダイハード2』
クダラナイ映画です。頭を空っぽに…と同じことしか書けません
【ナンカン1/5】
DVD
『ベスト・オブ・ニューイヤー・コンサート』
『ベスト・オブ・ニューイヤー・コンサート』
今年のムーティも良かったけど1963ー79年までウィーン・フィルのコンサートマスター=ボスコフスキ−が指揮していたこの時代がベストかな
【ナンカン1/1】
DVD
『愛すべき女女(めめ)たち』
『愛すべき女女(めめ)たち』
ラクエル・ウェルチ、ジャンヌ・モロー、アンナ・カリーナ…たしかに愛すべき女ですね。ゴダール監督など6話のオムニバス
【ナンカン12/31】
DVD
『ヘッドライト』
『ヘッドライト』
ジャン・ギャバン主演アンリ・ベルヌール監督のメロドラマ不倫劇。原題「重要でない人々」。面白いけど原作のほうがイイ?
【ナンカン12/30】
DVD
『刑事』
『刑事』
ピエトロ・ジェルミ監督・主演。クラウディア・カルディナーレと主題曲「死ぬほど愛して(アモーレ・ミオ)」がいいですねぇ。
『鉄道員』
『鉄道員』
ジェルミ監督の名作。上の作品もそうだがイタリアの格差社会が描き出されている
【以上、ナンカン12/29】
DVD
ワーグナー:オペラ『ローエングリン』
ワーグナー:オペラ『ローエングリン』
ケント・ナガノ指揮カウフマン主演。演奏も歌も素晴らしいバイエルン歌劇場の舞台。ジョーンズの演出はサイテー(>_<)
Blu-ray
『ルートヴィヒ』
『ルートヴィヒ』
ヴィスコンティ監督ヘルムート・バーガー主演。上の舞台を見れば、ローエングリン大好きのルートヴィヒ2世もガッカリでしょうね。
DVD
ワーグナー:オペラ『ローエングリン』
ワーグナー:オペラ『ローエングリン』
ペーター・ホフマン主演バイロイト歌劇場。ゲッツ・フリードリヒ演出。こーゆー演出がイイと思う小生は歳を取ったかな?
【以上、ナンカン12/28】
BOOK
平尾誠二『生きつづける言葉』(PHP研究所)
平尾誠二『生きつづける言葉』(PHP研究所)
朋友の本がまた一冊。彼は「永遠の生命」を手に入れたのかもしれないけど残された者は寂しく辛いですね
【ナンカン12/25】
BOOK
宮脇淳子『モンゴル人力士はなぜ嫌われるのか―日本人のためのモンゴル学』(ワック)
宮脇淳子『モンゴル人力士はなぜ嫌われるのか―日本人のためのモンゴル学』(ワック)
目からウロコの連続です。年間降雨量が日本の豪雨の一日と同じ草原の国の遊牧民には長幼の序もなければ互助会もないのですね。
岡田英弘『世界史の誕生―モンゴルの発展と伝統』(ちくま文庫)
岡田英弘『世界史の誕生―モンゴルの発展と伝統』(ちくま文庫)
これも目ウロコ本で興奮しましたねえ。上の本の著者と御夫婦なんですね
【以上、ナンカン12/24】
DVD
ドニゼッティ『オペラ:ピーア・デ・トロメイ』
ドニゼッティ『オペラ:ピーア・デ・トロメイ』
題名を「結婚という悲劇」とかにすれば大人気間違いなし。何しろヴェルディが『椿姫』のテーマにパクった音楽ですから
【ナンカン12/14&23】
BOOK
内田樹『街場の天皇論』(東洋経済新報社)
内田樹『街場の天皇論』(東洋経済新報社)
象徴天皇による「鎮魂」「慰謝」「共苦」…なるほど。自民党改憲案に対する批判も見事。皆さん読みましょう
【ナンカン12/23】
BOOK
『昭和の名横綱シリーズ1双葉山定次』(ベースボールマガジン社)
『昭和の名横綱シリーズ1双葉山定次』(ベースボールマガジン社)
考えてみればイイ時代だったのかもしれないですね。いや戦争を思えばそうは言えないか…。
工藤美代子『一人さびしき双葉山』(ちくま文庫)
工藤美代子『一人さびしき双葉山』(ちくま文庫)
ガチンコを貫き通すのはさびしいことなのですね
【以上、ナンカン12/22】
DVD
『シエナ・ウインド・オーケストラ結成20周年記念コンサートLIVE』
『シエナ・ウインド・オーケストラ結成20周年記念コンサートLIVE』
アフリカン・シンフォニー、アルメニアン・ダンス…見事です。
CD
『ブルックナー:交響曲第9番/武満徹:セレモニアル』
『ブルックナー:交響曲第9番/武満徹:セレモニアル』
佐渡さん&トーンキュンストラーのコレは見事な演奏ですよ
【以上、ナンカン12/21】
BOOK
上杉隆+NOBORDER取材班『オプエド 真実を知るための異論反論逆説』(KADOKAWA)
上杉隆+NOBORDER取材班『オプエド 真実を知るための異論反論逆説』(KADOKAWA)
小生もコラムに登場します。「オプエド」に「ニュース」ではなく「ニューズ」と名付けたのは小生です
【ナンカン11/13】
BOOK
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした】
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.