玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(19.01.09更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2019-01-09 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
仮想通貨が五輪の赤字の危機を救う?/パソコンゲームは五輪が否定
この原稿は『北國新聞』2018年12月28日付夕刊の連載コラム『スポーツを考える第34回』に書いたモノです。「eゲーム(パソコンゲーム)」がオリンピックの正式委競技になる可能性は、ほとんどなくなったように思えますが、「仮想通貨」という現代社会の現実は、世界のスポーツ界にも浸透してきそうです。サァ未来のスポーツ界は、いったいどんな方向に動くのか? 平成の次の時代を迎えようとしている今、世界も、世界のスポーツ界も、大きな転換期を迎えているようです。
【記事全文を表示】

2019-01-09 タマキの蔵出しコラム「音楽編」 NEW!!
こころの玉手箱 第5回「三波春夫さんからの手紙 会えなかった人を思い出す」
これは、日本経済新聞夕刊に5回連続で掲載された短期連載「こころの玉手箱」(2018年26〜30日)の第5回目(最終回)の原稿です。この原稿を書くことになった経緯は、前回、第1回を“蔵出し”することになった“蔵出し原稿ノンジャンル編”に詳しいので、そちらをお読みください。こちらの“蔵出し原稿音楽編”では、比較的(笑)音楽に関係している原稿を“蔵出し”していきたいと思います。今回は、今は亡き三波春夫さんからいただいた素晴らしい手紙について書きました。“ノンジャンル編”の第2回「母がくれた小さな薬缶」と合わせて御一読ください。
【記事全文を表示】

2019-01-09 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」 NEW!!
こころの玉手箱第2回「母がくれた小さな薬缶 常に一緒、激励の手紙にはマイッタ」
これは前回に引き続き、日本経済新聞夕刊に5回連続で掲載された短期連載「こころの玉手箱」(2018年26〜30日)の第2回目の原稿です。この原稿を書くことになった経緯は、前回の本欄に書いたので、それを読んでいただくことにして、今回は第2回。第1回目で小生の父親の話を書かせていただいたので、2回目は母親についての話を”蔵出し”します。少々照れくさい気持ちと、恥ずかしい気持ちもあるのですが、”蔵出しノンジャンル編”の原稿と合わせて御一読下さい。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
DVD
『雨のしのび逢い』
『雨のしのび逢い』
白黒の映像もジャンヌ・モローも美しいキス・シーンのない不倫映画。ピーター・ブルック監督マルグリット・デュラス原作。『モデラート・カンタービレ』が原題。邦題以外は見事な映画
【ナンカン1/6&8】
DVD
『ワーテルロー』
『ワーテルロー』
ナポレオン(ロッド・スタイガー)もルイ18世(オーソン・ウェルズ)も戦争場面も本物に思える凄い映画
【ナンカン1/5&8】
BOOK
塩野七生『ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊』(新潮社)
塩野七生『ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊』(新潮社)
いよいよペリクレスの登場。文化繚乱。彼らはどう滅びた?
Blu-ray
『カッコーの巣の上で』
『カッコーの巣の上で』
ミロス・フォアマン監督とジャック・ニコルソンの最高傑作かな。
DVD
『レナードの朝』
『レナードの朝』
ロバート・デニーロとロビン・ウィリアムスの名作劇場。しかしメッセージは平凡ですね。
『殯の森』
『殯の森』
美しい映画。女性監督にしか作れない映画ですね
【以上、ナンカン1/3】
DVD
『バラバ』
『バラバ』
アンソニー・クイン主演。キリストに代わって生かされた極悪人の生涯。イイ映画です。半世紀ぶりに見ることができて良かった。
【ナンカン12/30&1/1】
DVD
『25時』
『25時』
これもアンソニー・クイン主演の名作映画。戦争に翻弄される庶民の話。安倍さんも見て泣いてほしい。
『ロンメル』
『ロンメル』
ドイツ製作の第二次大戦ナチス映画。ドイツ最後の良心。山本五十六と同じかな?
TV
『ねほりんぱほりん』
『ねほりんぱほりん』
コレは「大人のピタゴラ」と並ぶEテレ史上最高のモノスゴイ番組だ!
【以上、ナンカン1/1】
DVD
『マーラー:交響曲第4・5・6番』
『マーラー:交響曲第4・5・6番』
ヤッパリ小生はマーラーもバーンスタインのファンです。
BOOK
山下洋輔『猛老猫の逆襲』(新潮社)
山下洋輔『猛老猫の逆襲』(新潮社)
佐渡裕さんとのウィーン公演の話も出てきます。
宮崎克己『ジャポニスム 流行としての日本』(講談社現代新書)
宮崎克己『ジャポニスム 流行としての日本』(講談社現代新書)
日本文化も文化の作り手も凄いですね。ダメなのは政治家官僚経済人?
澤西祐典・柴田元幸/編集&訳『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』(岩波書店)
澤西祐典・柴田元幸/編集&訳『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』(岩波書店)
ワイルド、ポー、ルイス…龍之介はこーゆー作品が好きだったのですね。
吹浦忠正『オリンピック101の謎』(新潮文庫)
吹浦忠正『オリンピック101の謎』(新潮文庫)
この方から1964年東京五輪閉会式の仕掛け人の話をお聞きしました。
斎藤美奈子『日本の同時代小説』(岩波新書)
斎藤美奈子『日本の同時代小説』(岩波新書)
この著者の書くモノはすべて読みましょう。東京新聞の連載も!
中野京子『大人のためのオペラ入門』(講談社α文庫)
中野京子『大人のためのオペラ入門』(講談社α文庫)
う〜ん…何で「薔薇の騎士」がない?!「大人のため」なのに…
【以上、ナンカン12/29】
Blu-ray
『質屋』
『質屋』
最高の映画。最高の演技。最高の音楽。文句なし!
【以上、ナンカン12/27・28】
DVD
『ゴッド・ファーザーpartV』
『ゴッド・ファーザーpartV』
アル・パチーノは最後に叫びますね。ロッド・スタイガーは最後まで叫ばない。その差は何かな?
『ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス/合唱幻想曲他』
『ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス/合唱幻想曲他』
筆舌に尽くせないしみじみと味わい深い演奏です。こういう演奏を名演奏と言うのでしょうね。
CD
『マーラー:交響曲第6番 悲劇的』
『マーラー:交響曲第6番 悲劇的』
クルレンツィス指揮ムジカエテルナの演奏(以下3作品も)。素晴らしい演奏ですけど大騒ぎするほどのモノかなぁ?
『チャイコフスキー:交響曲第6番 悲愴』
『チャイコフスキー:交響曲第6番 悲愴』
考え抜かれたイイ演奏ですけど10年後に古いと感じないか心配。
モーツァルト:オペラ『フィガロの結婚』
モーツァルト:オペラ『フィガロの結婚』
スピーディで切れ味最高。きっとモーツァルトもこんな指揮を…と思える演奏です。
モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』
モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』
なかなか面白い演奏です
【以上、ナンカン12/28】
DVD
『暴行outrage』
『暴行outrage』
黒澤「羅生門」は西部劇に合わないのでは?
【ナンカン12/26・27】
Blu-ray
『羅生門』
『羅生門』
凄い映画ですけど日本語が聞き取りにくいですね。字幕が欲しい。
『荒野の七人』
『荒野の七人』
このパクリは面白い。ブリンナー&マックィーン&コバーン&ブロンソン…豪華ですね。
『七人の侍』
『七人の侍』
これぞ映画!ですね。
CD
『クレド』
『クレド』
エレーヌ・グリモ―は最高の知性派女流ピアニストですね。
『バーンスタイン交響曲第3番カディッシュ/セレナード』
『バーンスタイン交響曲第3番カディッシュ/セレナード』
佐渡裕指揮トーンキュンストラー管弦楽団。ドイツ語のナレーションも新鮮です
【以上、ナンカン12/27】
BOOK
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二・訳『ドリトル先生アフリカ行き(ドリトル先生物語全集1)』(岩波書店)
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二・訳『ドリトル先生アフリカ行き(ドリトル先生物語全集1)』(岩波書店)
孫はどこまで読み進んだかな?
【ナンカン12/25】
DVD
『メル・ブルックス/珍説世界史part1』
『メル・ブルックス/珍説世界史part1』
私の最高に好きな映画のひとつです
【ナンカン12/24】
BOOK
塩野七生『ギリシア人の物語T民主政のはじまり』(新潮社)
塩野七生『ギリシア人の物語T民主政のはじまり』(新潮社)
東京五輪の前に読みましょう
【ナンカン12/17・21・24・25・30】
BOOK
『風の又三郎-宮沢賢治童話集2』(講談社青い鳥文庫)
『風の又三郎-宮沢賢治童話集2』(講談社青い鳥文庫)
孫と一緒に読み直したいな。
CD
『N響85周年記念シリーズ:ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界」チャイコフスキー交響曲第4番他/』
『N響85周年記念シリーズ:ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界」チャイコフスキー交響曲第4番他/』
シルヴェストリの指揮は凄い!狂気です
【以上、ナンカン12/23】
BOOK
中野京子『ハプスブルク家12の物語』(光文社新書)
中野京子『ハプスブルク家12の物語』(光文社新書)
ハプスブルクの末裔は今も万博等に影響を?
【ナンカン12/19】
CD
『BEETHOVEN SINFONIEN 1-9, OUVERTUERE』
『BEETHOVEN SINFONIEN 1-9, OUVERTUERE』
若きバーンスタインとNYフィルの演奏は今聴いても新鮮
【ナンカン12/17】
CD
『ワーグナー:序曲前奏曲集』
『ワーグナー:序曲前奏曲集』
ベーム指揮ウィーン・フィルの見事な演奏。特に『リエンチ』『名歌手』が凄い
【ナンカン12/16】
BOOK
中野京子『ブルボン王朝12の物語』(光文社新書)
中野京子『ブルボン王朝12の物語』(光文社新書)
この著者の絵画の本は本当に面白いですね
【ナンカン12/15】
BOOK
ユヴァル・ノア・ハラリ『ホモ・デウス(上下合本版)テクノロジーとサピエンスの未来』(河出書房新社)
ユヴァル・ノア・ハラリ『ホモ・デウス(上下合本版)テクノロジーとサピエンスの未来』(河出書房新社)
本はそれなりに面白かったですけど未来がこーなるかどーかは…?。
DVD
『エイリアン4』
『エイリアン4』
最低の映画ですね。
Blu-ray
『ポセイドン・アドベンチャー』
『ポセイドン・アドベンチャー』
ジーン・ハックマンも出演しています。映画として最高に面白いアイデア満載ですね。
DVD
『猿の惑星』
『猿の惑星』
チャールトン・ヘストン主演。本当に面白い映画でしたね
【以上ナンカン12/14】
BOOK
加藤唐九郎『唐九郎の焼き物教室(とんぼの本)』(新潮社)
加藤唐九郎『唐九郎の焼き物教室(とんぼの本)』(新潮社)
この人は本当に凄い人だと思います。
加藤唐九郎『自伝、土と炎の迷路(人間の記録)』(講談社学芸文庫)
加藤唐九郎『自伝、土と炎の迷路(人間の記録)』(講談社学芸文庫)
今までに小生が出逢った最高の傑物です
【以上、ナンカン12/13】
BOOK
『保存版・平成の30年と皇室 週刊朝日ムック』(朝日新聞出版)
『保存版・平成の30年と皇室 週刊朝日ムック』(朝日新聞出版)
写真が綺麗です。小生も平成のスポーツの記事を寄稿してます
【ナンカン12/12】
BOOK
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
ナベツネの家庭教師もした著者が東京で過ごした半世紀を回顧。ヤクザとの出逢い女子大生との失恋…波瀾万丈の東京物語。是非とも買って読んでください!
BOOK
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
【ナンカン4/24】
BOOK
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした】
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.