玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(17.12.13更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2017-12-13 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
箱根駅伝の全国化で組織や経理も改革を!
この原稿は『アサヒ芸能』2017年11月30日特大号に掲載された連載『NIPPONスポーツ内憂内患・第144回』に書いたものです。『アサ芸』の原稿は、あまり“蔵出し”しないことにしていたのですが、新年が近づき箱根駅伝がまた騒がれる季節になたので、特別に“蔵出し”することにします。東京中心の世の中も、一部大学のエリート意識もイヤですよねえ。
【記事全文を表示】

2017-12-13 タマキの蔵出しコラム「音楽編」 NEW!!
山下洋輔×佐渡裕《RETROSPECTIVE》このコンサートには、きっとエイリアンが現れるに違いない
この原稿は、『treeトゥリー:東京オペラシティArts友の会会報Vol.125』に書いたものです。毎年山下洋輔さんのニューイヤー・コンサートに原稿を書いていたのが3年前の2014年で終わり、少々寂しく思っていたのが久しぶりに復活。この原稿は、以前のようにパロディのお遊び(漫才、落語、講談、純文学…等々)にはなっていませんが、コンサートのパンフレット用にも原稿を依頼されているので、どんな書き方をしようか…と考えて(迷って)いるところです。全部宇宙人の言葉で書こうかな…なんて頭をひねりながら“蔵出し”します。
【記事全文を表示】

2017-12-13 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」 NEW!!
モンゴル会の実態把握を
この原稿は、2017年11月29日に共同通信社が配信した「日馬富士暴行傷害事件」に対する「識者大型談話」と呼ばれる企画で、小生がコメントしたものです。共同通信社が付したタイトルは、受信した新聞社によっていろいろと変更されたようです(たとえば信濃毎日新聞では「社会常識の欠如も背景」と変えられました)。何故変更されたのか? は、わかりませんが、チョイと首を傾げながら“蔵出し”します。尚、この「大型談話」は、モンゴル人力士の星の貸し借りの疑惑の部分が、サンケイスポーツの引用としてテレビのワイドショウでも紹介されましたが、なぜか全コメンテイターに無視されてしまいました。「互助会」の話はタブーなのでしょうかねえ?
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
DVD
『ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX(27)ゴジラvsキングギドラ』(講談社)
『ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX(27)ゴジラvsキングギドラ』(講談社)
うん。やっぱり大森一樹監督の作品は面白いですね
【ナンカン12/10】
BOOK
カズオ・イシグロ『日の名残り』(ハヤカワ文庫)
カズオ・イシグロ『日の名残り』(ハヤカワ文庫)
しっとりとした読み応え。映画もいいけどげんさくもいいですね。
DVD
『ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX(24)ゴジラvsビオランテ』(講談社)
『ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX(24)ゴジラvsビオランテ』(講談社)
近所の歯医者さんが原作者です。動物vs植物。面白かった。織田信長も出てますね…と言ってわかる人は少ないかな
【以上、ナンカン12/9】
Blu-ray
『アバウト・シュミット』
『アバウト・シュミット』
定年退職して妻に先立たれた男の悲哀をジャック・ニコルソンが好演。私、この映画、好きです。
DVD
『黙秘』
『黙秘』
スティーヴン・キングが名女優キャシー・ベイツのために書き下ろしたミステリー。アメリカンな正義の結末。それなりに面白いけど私はミステリーは人為的に思えてNGです。
Blu-ray
『シャイニング』
『シャイニング』
スティーヴン・キングのこのミステリー・ホラーは大好きです。いやジャック・ニコルソンの怪演が好きなのかな
【以上、ナンカン12/5】
CD
『バーンスタインへのトリビュート』
『バーンスタインへのトリビュート』
いつかは出ると思っていた佐渡裕指揮トーンキュンストラー管弦楽団のレニー生誕百周年記念名曲集。キャンディード序曲・ウェストサイド・波止場・ファンシーフリーにレニーの歌声も入った快演です。
Blu-ray
『波止場』
『波止場』
マーロン・ブランド主演エリア・カザン監督の名作映画の音楽はバーンスタインでアカデミー作曲賞をとってます。
DVD
『評決』
『評決』
アメリカン・ムーヴィーですねえ。アメリカ的正義を描きたいあまり「敵」の姿が浅くなりましたねえ。残念。
『十二人の怒れる男』
『十二人の怒れる男』
シドニー・ルメット監督はコレに尽きますね
【以上、ナンカン12/2】
DVD
『日の名残り』
『日の名残り』
カズオ・イシグロ原作の素晴らしい物語。アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンの演技も見事。これがアカデミー賞で下の作品に負けたのはナチスの扱いのせい?
Blu-ray
『シンドラーのリスト』
『シンドラーのリスト』
悪い映画ではないが、私は上の映画のほうが上だと思います。
DVD
『沈黙』
『沈黙』
原作は何十回読み直したことか。途中までは素晴らしい映画でしたが通してみると感動はイマイチ。イッセー尾形は凄い。
モーツァルト:オペラ『魔笛』
モーツァルト:オペラ『魔笛』
グルベローヴァの夜の女王・ポップのパミーナ・モルのザラストロ。・みんな素晴らしい!パパパの二重唱の演出は最高!
【以上、ナンカン11/30】
DVD
『ゲロッパ』
『ゲロッパ』
ワシはこの井筒映画が大好きです
【ナンカン11/29】
WEB
『日本スポーツ学会』
『日本スポーツ学会』
長田渚左さんが頑張ってる団体です。私も頑張ります
【ナンカン11/28】
CD
『モーツァルト:交響曲第39番/ベートーヴェン:交響曲第3番英雄』
『モーツァルト:交響曲第39番/ベートーヴェン:交響曲第3番英雄』
オーケストラ・リベラ・クラシカの演奏。一聴の価値はありますね
【ナンカン11/26】
BOOK
原ゆたか『かいけつゾロリのかいていたんけん』(ポプラ社)
原ゆたか『かいけつゾロリのかいていたんけん』(ポプラ社)
30周年記念のフィギュアのオマケに孫が大興奮。
原ゆたか『かいけつゾロリのちていたんけん』(ポプラ社)
原ゆたか『かいけつゾロリのちていたんけん』(ポプラ社)
こっちもフィギュアが付いていてゾロリとイシシとノシシが揃います。ナンノコッチャ。
ドニゼッティ:オペラ『ロベルト・デヴリュー』
ドニゼッティ:オペラ『ロベルト・デヴリュー』
これは素晴らしいオペラです。題名が『エリザベスの悲劇』だったら『椿姫』並みの人気になった?
【以上、ナンカン11/25】
DVD
ドニゼッティ:オペラ『アンナ・ボレーナ』
ドニゼッティ:オペラ『アンナ・ボレーナ』
ローマ歌劇場の舞台。ドニゼッティは素晴らしい。カラスの舞台が見たかった?
【ナンカン11/24】
DVD
『チャイコフスキー:交響曲第4,5番Vn協他』
『チャイコフスキー:交響曲第4,5番Vn協他』
バーンスタインの指揮が見事。4番4楽章は興奮しまっせ。
『私は貝になりたい』
『私は貝になりたい』
1958年の作品。フランキー堺主演。6歳の時に父親とテレビで見て泣いたことを覚えています。
『私は貝になりたい』
『私は貝になりたい』
中居正広・仲間由紀恵でリメイクされてるんですね。見なきゃ
【以上、ナンカン11/22】
Blu-ray
ドニゼッティ:オペラ『ルクレチア・ボルジア』
ドニゼッティ:オペラ『ルクレチア・ボルジア』
この大悪女をドニゼッティは悲劇の女に仕立て直してます。ルネ・フレミングが好演。可愛すぎるけど…
【ナンカン11/20】
Blu-ray
『A TRIBUTE TO HANS KNAPPERTSBUSCH‐ハンス・クナッパーツブッシュを讃えて』
『A TRIBUTE TO HANS KNAPPERTSBUSCH ‐ ハンス・クナッパーツブッシュを讃えて』
ワーグナーの演奏はこの人ですね。
DVD
モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』
モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』
ライモンディ主演のオペラ映画。なかなか良くできていて面白いですよ。
Blu-ray
チャイコフスキー:オペラ『エフゲニー・オネーギン』
チャイコフスキー:オペラ『エフゲニー・オネーギン』
ホロストフスキーは死んじゃいましたねえ。演奏は悪くないけど演出にチョイと疑問。
CD
『ブラームス:ピアノ協奏曲第1番』
『ブラームス:ピアノ協奏曲第1番』
グールドの独特のテンポに納得のいかないバーンスタインがWhch is the Boss,conductor or pianist?と聴衆に語りかけるスピーチが入っているライヴです。音楽より面白い?
DVD
『ブラームス:ピアノ協奏曲第1,2番』
『ブラームス:ピアノ協奏曲第1,2番』
ツィンマーマン&バーンスタイン。私は個人的にブラームスの音楽にイマイチ興奮できないのですが…
『ブラームス:ドイツ・レクイエム』
『ブラームス:ドイツ・レクイエム』
カラヤン指揮ベルリン・フィル。ヤノヴィッツの歌声は美しいのですが…
【以上、ナンカン11/19】
BOOK
上杉隆+NOBORDER取材班『オプエド 真実を知るための異論反論逆説』(KADOKAWA)
上杉隆+NOBORDER取材班『オプエド 真実を知るための異論反論逆説』(KADOKAWA)
小生もコラムに登場します。「オプエド」に「ニュース」ではなく「ニューズ」と名付けたのは小生です
【ナンカン11/13】
BOOK
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした】
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.