玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(21.07.21更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
鮨處 もり山
ホームページ制作【京都 東京】 SEO対策、ホームページ制作のbit-ビット
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2021-07-21 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
コロナ禍で考える東京オリンピック開催の意義
この原稿は、昨年4月以来NHKの『視点論点』という番組で、東京オリンピック・パラリンピック2020のことを取りあげようと打ち合わせて、頭のなかに浮かべていた内容です。東京オリパラは1年延期となり、さらにコロナ禍に見舞われ、開催に反対する人が世論調査の5割前後を占めたり、本当に開催が可能なのかどうか、大いに危ぶまれるなかで、ようやくと言うか、見切り発車と言うべきか、とにもかくにも開催が決定しました。そこで、昨年来の企画も復活し、7月21日にNHKで放送されることが決まり、そのために書いた原稿がコレです。現場のスタジオで「語り」を収録するなかで、長すぎるのでカットしたり、喋りにくい言葉を変えたりしましたが、一番最初に完成した原稿を"蔵出し"します。読んでいただければわかってもらえると思いますが、東京オリパラの招致開催の本当の理由は、菅総理の話したこととはまったく異なりますから、ここに書かれていることは、多くの人々に知っていただきたいという気持ちを込めて"蔵出し"します。
【記事全文を表示】

2021-05-12 タマキの蔵出しコラム「音楽編」
新型コロナ禍、変異ウイルス出現で東京五輪はどうなる!?そもそも聖火リレーは何のために行う行事なのか?!
この原稿は『日本経済新聞』のシリーズ「美の十選」に10回連載(2021年2月16〜25日)第1回と第2回です。この連載の依頼を受けたときは、モーツァルトやベートーヴェンやワーグナーやヴェルディなどの作曲家の肖像画を「十選」選ぶか、バーンスタインやグールドやグルダの演奏家の写真を「十選」選ぶか,スポーツをテーマに「自選」を選ぶか……などなどさんざん迷った挙げ句、野球だけをテーマに「美の十選」に挑戦してみることにしました。野球だけでいい作品が集まるか少々心配でしたが、オモシロイ組み合わせの10作品が集まったと少々自負しています。今回から2本ずつ、5回に渡って"蔵出し"しますので、お楽しみください。
【記事全文を表示】

2021-07-21 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」 NEW!!
日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(5)hoda Shrball「Casey Stengel」 / 日経美の十選/アート・オブ・ベースボール(5)「Baseball scene of Batter,Catcher and Umpire」
今年(2021年)2月16〜25日の『日本経済新聞』のシリーズ「美の十選」に10回連載 した「アート・オブ・ベースボール」。前々回"蔵出し"した第1〜2回と、前回"蔵出し"した第3〜4回に続いて、今回は第5〜6回を"蔵出し"します。第5回はメジャーリーグで最高の監督と言われたケーシー・ステンゲルの銅像と、第6回はチョット面白い角度(構図)で描かれた野球の一場面です。説明は本文を読んで下さい。ベースボールの素晴らしさを描写した見事な逸品を解説とともに"蔵出し"します。お楽しみください。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
BOOK
筒井康隆『活劇映画と家族』講談社現代新書
筒井康隆『活劇映画と家族』講談社現代新書
読み出したら止まりません。「一家」とか「一味」と呼ばれている集団(疑似家族)の面白さの筒井流大分析!
【ナンカン7/10,21】
さいとう・たかを『太平記(下)まんが日本の古典20』中公文庫
さいとう・たかを『太平記(下)まんが日本の古典20』中公文庫
漫画を読んで原作を読みたくならせるのは、さいとう・たかをさんの力ですね
【ナンカン7/18,19】
さいとう・たかを『太平記(中)まんが日本の古典19』中公文庫
さいとう・たかを『太平記(中)まんが日本の古典19』中公文庫
ゴルゴ13版太平記も面白いけど原典を読み直したくなりました
【ナンカン7/16,17,18】
さいとう・たかを『太平記(上)まんが日本の古典18』中公文庫
さいとう・たかを『太平記(上)まんが日本の古典18』中公文庫
いやあ…以前は戦記物は平家が一番と思ってましたが太平記も面白いですね
【ナンカン7/15,16】
横山光輝『新平家物語(下)まんが日本の古典12』中公文庫
横山光輝『新平家物語(下)まんが日本の古典12』中公文庫
子供用としては満点ですが大人としては平家が滅びたあとの建礼門院の様子をもう少し…
【ナンカン7/14】
横山光輝『新平家物語(中)まんが日本の古典11』中公文庫
横山光輝『新平家物語(中)まんが日本の古典11』中公文庫
馬は小さいですが合戦の迫力は大きいです
【ナンカン7/12,13】
横山光輝『新平家物語(上)まんが日本の古典10』中公文庫
横山光輝『新平家物語(上)まんが日本の古典10』中公文庫
馬が小さく描かれてます。昔の日本馬は小さかったのですね
【ナンカン7/11,12】
横山光輝『伊賀の影丸第1巻』秋田書店
横山光輝『伊賀の影丸第1巻』秋田書店
小学校時代大興奮して読んだ一番好きな漫画でした。買い揃えようかな?
Blu-ray
『新映像の世紀第5集 若者の反乱が世界に連鎖した激動の1960年代』
『新映像の世紀第5集 若者の反乱が世界に連鎖した激動の1960年代』
60年代の若者たちはエネルギーに満ちあふれてましたね。
CD
『ドヴォルザーク:新世界交響曲』
『ドヴォルザーク:新世界交響曲』
レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック。小生が小学5年で初めって買ったクラシックがコレの30pLPレコードでした
【以上ナンカン7/11】
BOOK
クーリエ・ジャポン編『変貌する未来 世界企業14社の次期戦略』講談社現代新書
クーリエ・ジャポン編『変貌する未来 世界企業14社の次期戦略』講談社現代新書
ここに日本企業や日本の企業人が含まれないことはやはり悲しむべきことかな?
山口尚『日本哲学の最前線』講談社現代新書
山口尚『日本哲学の最前線』講談社現代新書
日本の若き知性に触れましょう!
【以上ナンカン7/10】
DVD
『太陽の中の対決』
『太陽の中の対決』
ダサイ日本語タイトルですが中味は文芸西部劇で面白いす。
BOOK
エルモア・レナード『オンブレ』新潮文庫
エルモア・レナード『オンブレ』新潮文庫
上記映画の原作は翻訳・村上春樹です
【以上ナンカン7/9】
ジュリア・カジェ『なぜネット社会ほど権力の暴走を招くのか』徳間書店
ジュリア・カジェ『なぜネット社会ほど権力の暴走を招くのか』徳間書店
ピケティ絶賛らしいけど…そりゃヨメハンの仕事なら誉めるわなあ
【ナンカン7/8,9,10】
手塚治虫『火の鳥1黎明編』角川文庫
手塚治虫『火の鳥1黎明編』角川文庫
文庫で読んでも素晴らしい。文庫ならではの特典も沢山あります
【ナンカン7/5.6】
Blu-ray
『新・映像の世紀第4集 世界は秘密と嘘に覆われた冷戦』
『新・映像の世紀第4集 世界は秘密と嘘に覆われた冷戦』
そうか。エジソンやフォードやリンドバーグもナチス支持だったのか…
【ナンカン7/5】
BOOK
石ノ森章太郎『古事記―マンガ日本の古典(1)』中公文庫
石ノ森章太郎『古事記―マンガ日本の古典(1)』中公文庫
同じ漫画家で読むとしたのさ句ヒントのつながりを感じますね
【ナンカン7/4,5】
沼正三+石ノ森章太郎『家畜人ヤプー宇宙帝国への招待編』辰巳出版
沼正三+石ノ森章太郎『家畜人ヤプー宇宙帝国への招待編』辰巳出版
最初に読んで仰天したのは大学生の時でした。
沼正三+石ノ森章太郎『家畜人ヤプー悪夢の日本史編』辰巳出版
沼正三+石ノ森章太郎『家畜人ヤプー悪夢の日本史編』辰巳出版
漫画が先で原作の小説は後でしたけど石ノ森氏の解説の多い漫画がよくできてますね
【以上ナンカン7/4】
小笠原博毅+山本敦久『やっぱりいらない東京オリンピック』岩波ブックレット
小笠原博毅+山本敦久『やっぱりいらない東京オリンピック』岩波ブックレット
東京五輪2020は反対派の本の方が圧倒的に優れてますね
【ナンカン7/3】
竹宮恵子『吾妻鏡(上)―マンガ日本の古典〈14〉』中公文庫
竹宮恵子『吾妻鏡(上)―マンガ日本の古典〈14〉』中公文庫
これは竹宮恵子の最高傑作と思えるくらいの力作ですね。他の作品をほとんど読んでませんが(>_<)
竹宮恵子『吾妻鏡(中)―マンガ日本の古典〈15〉』中公文庫
竹宮恵子『吾妻鏡(中)―マンガ日本の古典〈15〉』中公文庫
義経よりも頼朝を認めたくなりますね。当然のことかな?
竹宮恵子『吾妻鏡(下)―マンガ日本の古典〈16〉』中公文庫
竹宮恵子『吾妻鏡(下)―マンガ日本の古典〈16〉』中公文庫
承久の変をもう少し詳しく…って原作を読めばいいのかな?
高島俊男『中国の大盗賊 完全版』講談社現代新書
高島俊男『中国の大盗賊 完全版』講談社現代新書
難解読み直しても面白い名著。「大盗賊毛沢東」と習近平まで続く「共産党王朝」がよく理解できます
【以上ナンカン7/1】
DVD
『ピンポン』
『ピンポン』
現代スポ根映画。スポーツ理解のためには見るべきところは皆無です
【ナンカン6/30】
Blu-ray
『ハチ公物語』
『ハチ公物語』
山城新伍さん、殿山泰司さん、懐かしかったなぁ。けっこう面白かったのは新藤兼人さんのシナリオと八千草薫さんの笑顔おかげでしょうね。
DVD
『吾輩は猫である』
『吾輩は猫である』
ハチ公の飼い主は漱石の猫も飼っていたのかと思うほど仲代達矢は学者先生にハマってますね。
Blu-ray
『新・映像の世紀 第3集 世界は独裁者を求めた 第二次世界大戦』
『新・映像の世紀 第3集 世界は独裁者を求めた 第二次世界大戦』
ヒトラー、ムッソリーニ、スターリン…民主主義のなかからでも独裁者は出現しますからね
【以上ナンカン6/28】
DVD
『小説吉田学校』
『小説吉田学校』
講和が終わったあとのお父さん(吉田茂=森繁久弥)は我が身を守るだけと娘(夏目雅子)に叱られます。映画として良くできてます。
【ナンカン6/27】
『激動の昭和史 軍閥』
『激動の昭和史 軍閥』
東条英機(小林桂樹)の凡庸さが描かれてます。凡庸な指導者ほど新聞記者(加山雄三)を虐めるんですね
【ナンカン6/25,26】
BOOK
千野帽子『オリンピック』角川文庫
千野帽子『オリンピック』角川文庫
中野好夫のパラリンピック・レポート「明るく朗らかな運動会」だけでも読む価値アリの一冊。
【ナンカン6/25】
DVD
『激怒の昭和史 沖縄決戦』
『激怒の昭和史 沖縄決戦』
この映画、私は岡本喜八監督の大名作だと思っています。多くの人に見てほしい
【ナンカン6/23,24】
Blu-ray
『新映像の世紀第2集グレートファミリー新たなる支配者アメリカ』
『新映像の世紀第2集グレートファミリー新たなる支配者アメリカ』

【ナンカン6/21】
BOOK
井沢元彦『汚れた平和の祭典2022年北京オリンピックをボイコットせよ』
井沢元彦『汚れた平和の祭典2022年北京オリンピックをボイコットせよ』
ビジネス社/小生も真剣に北京冬季五輪のボイコットを訴えたいと思います
【ナンカン6/17,18,19】
DVD
『見知らぬ乗客』
『見知らぬ乗客』
初期ヒッチコックの傑作サスペンス・ミステリー映画。メリーゴーランド映画でもありテニス映画でもあるのですね。
BOOK
塩田潮『東京は燃えたか オリンピック1940-1964-2020』朝日文庫
塩田潮『東京は燃えたか オリンピック1940-1964-2020』朝日文庫
1964東京五輪を考えるには欠かせない一冊。小生が解説を書きました
【以上ナンカン6/18】
池上彰・佐藤優『真説日本左翼史 戦後左派の源流1945-1960』講談社現代新書
池上彰・佐藤優『真説日本左翼史 戦後左派の源流1945-1960』講談社現代新書
意外と知ってることが多かった。戦後左翼は近くに存在 したのですね。
【ナンカン6/16,19,20】
安田浩一『右翼の戦後史』講談社現代新書
安田浩一『右翼の戦後史』講談社現代新書
知らないことが多く勉強になった一冊でした
【ナンカン6/16】
DVD
『新映像の世紀第1集 百年の悲劇はここから始まった第一次世界大戦』
『新映像の世紀第1集 百年の悲劇はここから始まった第一次世界大戦』
戦争を早く終わらせるために創られた毒ガス。愚かな男性(政治)と懸命な女性(生活)の対立も!
『ラ・ボエーム』
『ラ・ボエーム』
ネトレプコとビリャソンでパリのクリスマスの恋物語。音楽も映像も満足2時間です。
『カルメン』
『カルメン』
ジュリア・ミゲネスの妖艶なカルメンが見事!F・ロージ監督のオペラ映画の最高峰!スペインの風景も闘牛も土臭さが匂います。
『ドン・ジョヴァンニ』
『ドン・ジョヴァンニ』
主演はライモンディ。J・ロージ監督が見事に美しい映画に仕立てあげました。マゼールの音楽も豪華歌手陣も見事です
【以上ナンカン6/14】
BOOK
『ジュニアエラ7月号』朝日新聞出版
『ジュニアエラ7月号』朝日新聞出版
オリパラ特集を監修しました。五輪の負の側面も問題点も出してます。大人にも読んでほしい!
【ナンカン6/12】
山本敦久『ポスト・スポーツの時代』岩波書店
山本敦久『ポスト・スポーツの時代』岩波書店
最近読んだスポーツ本のなかで最も刺激的な本でした現在と未来のスポーツを考える人には必読本!
【以上ナンカン6/11,12,14】
小笠原博毅&山本敦久&鵜飼哲『反東京オリンピック宣言』航思社
小笠原博毅&山本敦久&鵜飼哲『反東京オリンピック宣言』航思社
オリンピックを推進している人にも是非とも読んでほしい本です
【ナンカン6/14】
ジュールズ・ボイコフ『オリンピック反対する側の論理』作品社
ジュールズ・ボイコフ『オリンピック反対する側の論理』作品社
東京五輪に欠かせない一冊。「五輪をスポーツと言うのは唐辛子催涙スプレーを食品と言うのと同じ」なんて言葉も
【ナンカン6/7,8,9,10,21,22】
DVD
『映像の世紀第11集JAPAN世界が見た明治・大正・昭和』
『映像の世紀第11集JAPAN世界が見た明治・大正・昭和』
続編「昭和戦後編」も見てみないですね
【以上ナンカン6/7】
Blu-ray
ドニゼッティ:オペラ『アンナ・ボレーナ』
ドニゼッティ:オペラ『アンナ・ボレーナ』
最近大好きになってきたオペラです。クラシックにはそんな「波」が訪れます。ヘンリー8世とアン・ブーリンの物語
【ナンカン6/6】
WEB
『TBS報道特集』
『TBS報道特集』
現在日本でTVジャーナリズムが生きている唯一の(?)番組ではないでしょうか
【ナンカン6/5】
BOOK
『現代スポーツ評論44』
『現代スポーツ評論44』
特集はオリンピックの価値を問う。せっかくの1年延期にもっとオリンピックのこと、IOCのことを、考え直さねば…
【ナンカン6/5,6】
CD
『パリは燃えているか=集成』
『パリは燃えているか=集成』
加古隆の音楽は「俳句のような音楽」というのはメッチャその通りですね。
Blu-ray
『博士の愛した数式』
『博士の愛した数式』
これも音楽は加古隆だったんですね。聴き直してみましょう。
BOOK
城島充『ピンポンさん ?異端と自己研鑽のDNA荻原伊智朗伝』講談社文庫
城島充『ピンポンさん ?異端と自己研鑽のDNA荻原伊智朗伝』講談社文庫
世界王者の卓球選手にして国際卓球連盟の会長。米中ピンポン外交や朝鮮半島南北統一チーム結成にも尽力。日本スポーツ界にもこんな素晴らしい人がいたのだ!
【以上ナンカン6/4】
小林信也『永遠伝説長嶋茂雄』さくら舎
小林信也『永遠伝説長嶋茂雄』さくら舎
はっはっは。神田伯山の講談調による長嶋茂雄伝です。近所の子供に読ませたい!
【ナンカン6/3】
DVD
『ゲロッパ』
『ゲロッパ』
李鳳宇さんプロデュース。井筒和幸監督。小生の大好きな映画です。
HD DVD
『パッチギ』
『パッチギ』
これも同じ製作監督コンビ作品。イイ映画ですね。昔の京都の町はこんな感じでした。
DVD
『フラガール』
『フラガール』
これも大好きな映画です。
『月はどっちに出ている』
『月はどっちに出ている』
久し振りに見直そうかな
【以上ナンカン6/2】
BOOK
『現代スポーツ評論41』創文企画
『現代スポーツ評論41』創文企画
特集はテクノロジーとスポーツの変容。ビッグデータ・スポーツはスポーツを非人間的なものに変えるのか?
【ナンカン5/31】
佐藤弘夫『日本人と神』講談社現代新書
佐藤弘夫『日本人と神』講談社現代新書
沢山の日本のゆるキャラは八百万神の本地垂迹?メッチャ面白く勉強になる一冊です
【ナンカン5/31,6/1,4】
DVD
『西部戦線異状なし』
『西部戦線異状なし』
一人くらい死んでも「異常なし」なんですね。コロナ禍の五輪をそんな考えで開催することだけは阻止しないと!
BOOK
レマルク『西部戦線異状なし』新潮文庫
レマルク『西部戦線異状なし』新潮文庫
高校時代に読んだ心に残った十冊くらいのなかの一冊ですね
【以上ナンカン5/28】
WEB
『スポーツゴジラ』第51号
『スポーツゴジラ』第51号
特集は「愛するバスケット」。小生も「世界で人気NO1のスポーツースピードアップが止まらない」という原稿を書いてます
【ナンカン5/27】
DVD
『運び屋』
『運び屋』
クリント・イーストウッドが90歳の麻薬の「運び屋」を好演。彼の映画はすべて優しさに溢れてますね
【ナンカン5/25】
Blu-ray
『映像の世紀第9集 ベトナムの衝撃アメリカ社会が揺らぎ始めた』
『映像の世紀第9集 ベトナムの衝撃アメリカ社会が揺らぎ始めた』
このシリーズはどれも見事ですね。ディランとバエズは出て来なかったけど…
【ナンカン5/24】
BOOK
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとRakutenブックスへ跳びます。amazonよりもこっちの評価のほうが正しいですね(笑)。どうぞ、お買い求めを!
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとamazonへ跳びます。どうぞ、お買い求めを!
『プロ野球大事典』(新潮文庫)3
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね。
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaitenbooks)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
(以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.